« 小泉の最後っ屁、靖国参拝、騒然となるメディア、中韓 | トップページ | ジョンベネちゃん事件、10年ぶりに殺害犯人を逮捕? »

2006年8月16日 (水)

言論の自由を封殺か?民主主義が危ない

終戦記念日の8月15日に小泉さんが靖国参拝した事で
国民の間でも賛否両論、騒動が巻き起こっている。

これだけ議論が起こるということは、靖国をめぐって多くの
問題があることは想像できる。

「わたしの発言、今後も変えぬ」
実家全焼の自民・加藤氏が強調

どうも右翼の仕業らしいが、加藤さんは何も小泉さんの事を
過激に批判していたわけでもないし、日本人のもう一方の
考えを、代弁したに過ぎない。

たとえ批判したとしても意見の違いでしかない

それを暴力でもって言論を封殺するような行為は、後味が
とても悪いし、民主主義国家としては、あってはならない事だ。

今日の中日新聞の社説から・・・・・
新たに加わった懸念は、靖国参拝をもって首脳会談を拒否する
のは論外だとする小泉論理が、国民の排外主義 狭量なナショ
ナリズムをたくみに煽っていることである。

まさにその通りだと思う。
小泉さんは知ってか知らずか、その辺の人身掌握術が旨すぎ!

現にTVを見ていると町の人の声で、内政干渉するなとか、
外国からガタガタ言われる筋合いではないとか、の声が多く
聞かれるようになった。
最近は特にそんな一方的な考えが蔓延しているように思う。

その行為って、私達が批判している中国や韓国のナショナ
リズムに煽られた人達、他国の国旗を焼いて平然として
いる人達と、あまり変わらないなぁと思えるのだけど。

どちらも同じナショナリズムに思えちゃんだなぁ

侵略された側の感情は、私達が思う以上に何十年立っても
複雑な思いが交差していて、憎悪や嫌悪も根深いものが
あるのではないのだろうか?
いつも、いつも意見の食い違いで、角をつき合わせているより
お互いに歩み寄るとの考えは無いのだろうか?

中日新聞社説から・・・・・
>侵略された側の感情もある。自明のように中韓両国は反発し
国内から、内政干渉排除論が出る。そんな悪循環が繰り替え
されてきた。

本当にそうだ。
もう悪い連鎖はここで打ち止めにして、8月15日は日本という
国が無条件降伏した日として、戦没者に対して静かに思いを
馳せて、不戦の誓いを、たてる日にした方がナンボかましか!

こんな騒動を毎年繰り返していては、日本にとっても決して
プラスになるとはとても思えない。

この騒動を英霊達は何思って見ているのだろう

☆ーーー☆ーーー☆ーーお願いーー☆ーーー☆ーーー☆



ブログランキング・にほんブログ村へ ← クリックしてね(^^)




☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪




|

« 小泉の最後っ屁、靖国参拝、騒然となるメディア、中韓 | トップページ | ジョンベネちゃん事件、10年ぶりに殺害犯人を逮捕? »

コメント

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
靖国参拝を外交カードに使ってはいけないとぼくは思っています。
日本は戦争を放棄しましたと言うことを、中韓に伝えなければ、中韓の思想教育に対して対抗できないでしょうね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2006年8月16日 (水) 19:39

こんばんは~くまさん

靖国問題は、政治が介入したら駄目ですね。
いろんな事で、お互いに反目しあう事になります。

いつまでも戦争放棄、無条件降伏をしたと言う事を
中韓に伝えないと、どんどん悪いように捕らえられかねません。
日本も思想教育とまでは行かないまでも、歴史認識を
させる教育をさせないと、若い子達は現状を知らないままになってしまいます。
私達は辛くても過去に向かい合わなければいけないと思います。

投稿: まるこ姫 | 2006年8月16日 (水) 20:12

こんばんは~。
前回記事では、まるこ姫さんもお返事が大変だったようですね。。。皆さんのそれぞれの意見、考えがあるのは今回の参拝問題だけでは無いですよね。この記事には関係なくて申し訳ないですけど、やはり皆さんのコメントではURLを公開して頂きたいのと、それこそ、自分の考えばかり主張してしまわないような配慮も必要かな?なんて私なりに感じてしまいました。意見をぶつけあう事は、良い事だと思いますが一方的ではお話ができませんもんね。今の外交となんら変わらないと思います。

人間同士なんですから、話し合えば、きっとわかるはずですよね!私は少なくても、そう信じています。

投稿: eimeis | 2006年8月16日 (水) 20:17

こんばんは~eimeisさん

そうなんですよ、私はどなたに対してもおざなりなコメントを
書くのが嫌なので、いつも真剣に書きます。

特に参拝問題は、日本人でも是、非が分かれるところです。
分かれてもいいのですけど、あくまでも自分の意見が正しいとのコメントは疲れます。
色んな意見があってもいいし、違う意見でもこんな意見があるのかと、受け入れて欲しい気持ちで一杯でした。

URLを伏せてだと思ったままを書くことが出来るし
私は、ある意味卑怯だと思っています。
持論があるなら、堂々と私のように言いたい事を
御自分のブログで展開すべきです。
たんなる批判は、悲しいし、虚しすぎます。

やっぱり自分の意見は意見として、相手の事も
もっと聞く耳を持ちたいものですね。

eimeisさん、ありがとうございます。
慰めていただいて。
私はたんなる一庶民の声、疑問を書き綴っています。
それを、絶対受け入れないようなコメント。
日本人の考え方にも、本当に多々あるなぁと感じた
靖国参拝問題でした。

投稿: まるこ姫 | 2006年8月16日 (水) 20:54

まるこ姫さん、こんばんは!
僕からのコメントはドキドキしますか(笑)
いつも丁寧にコメント返ししていただき感謝です。

さて、加藤紘一代議士の件、右翼団体の幹部がコメントしていましたね。
加藤代議士は中国・韓国に対して弱腰な発言を繰り返していたので、右翼団体の批判の対象になっていたとのことでした。
いつから日本はこんな国になったのですかね?暴力では何も解決しないことを戦争から
学んだのではなかったのでしょうか?
今回の小泉首相の靖国参拝が、右翼団体の
行為を肯定する結果となっている、と言っておられる方がいましたが、まさにそうだと思います。いろんな意見があることは理解しますが、対外的にも国内的にも、今回の参拝はマイナスのほうがはるかに大きいと感じています。

投稿: てっけん | 2006年8月17日 (木) 00:50

おはようございます、てっけんさん!

てっけんさんのコメントは、ある意味安らぎます。
てっけんさんはお嫌かもしれませんが、考えが似たところが
あるような気がするんです。

もちろん仲良しごっこで固まって、嫌な人の意見は
受け入れないとは思っていません。
色んな意見があって、色んな考えがあって社会を形成して
いるわけだし、批判コメントでもあえて受け入れます。(^^)

これからが本題ですが・・・・
加藤さんは、最近特にメデぃアでの露出が多くなっていました。
特に小泉さんの靖国参拝に対しての疑問の声
を上げておられました。
そんなところが、右翼的な考えの方達の神経を逆なでしたのだと思いますが、それを暴力で封殺する行動は、ただただナンセンスだと思います。
そして最近の風潮として、力のあるものに対して異議や、批判を唱える事を良しとしない時代になったような気がしてなりません。

言論は自由です。民主主義国家なのですから。
それは相手の意見も尊重しての言論です。
相手の発言を一切を受け入れないような言論は
虚しいだけでなく、心の貧困さにもあると思います。

靖国問題はこれからも尾を引くでしょうが、国民の全部とは言いませんが、多数の納得いくような考え方ってないのでしょうか?

投稿: まるこ姫 | 2006年8月17日 (木) 08:58

まるこ姫さん、こんばんは。
先日は失礼致しました。わたしのブログは皆様に情報提供というか何ら貢献ができるものではないので、まあ平たく言うと恥ずかしいので、伏せましたが、やっぱり反則ですね。以後、吐き逃げは止めます。そして、よろしかったら、一度お寄りになってください。
わたしも、こういった暴力で言論を圧迫することには反対です。こんなのがいるから、右寄りの意見を吐くと、戦争・暴力・黒バス大好きと思われるんだよな。

投稿: ふしぎなナイフ | 2006年8月18日 (金) 02:49

おはようございます、ふしぎなナイフさん

再度コメントありがとうございます。
私は、人を見下ろしたように言うのも嫌だし
言われると、とたんに反骨精神の固まりになる
癖があるようです。
それで、思うがままにコメント返しを綴ってしまいました。
日本は民主主義国家ですから、お互いに言いたい事を言う
自由があります。
しかしながら、自分の主張は主張として、最低限
相手の方の意見も尊重したいと、自戒をこめて
思っています。
不思議なナイフさんは、前にコメントをしていらして
お知り合いの方ですので、嫌な気はしなかったですよ。
これからも違った意見でもお互いに交流できたら
どんなに嬉しい事でしょう。

今日はこれから出かけますので、お邪魔できませんが
また帰りましたら、ゼヒお邪魔させていただきたいと思います。


投稿: まるこ姫 | 2006年8月18日 (金) 07:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/11462979

この記事へのトラックバック一覧です: 言論の自由を封殺か?民主主義が危ない:

» 映画「男たちの大和/YAMATO」を観て [ダーリンのコーヒータイム]
観るのを避けてた。戦艦大和の甲板上の悲惨な地獄絵をみたくなかった。けれど次男坊が [続きを読む]

受信: 2006年8月19日 (土) 23:12

« 小泉の最後っ屁、靖国参拝、騒然となるメディア、中韓 | トップページ | ジョンベネちゃん事件、10年ぶりに殺害犯人を逮捕? »