« 飲酒運転事故、逃げ得は絶対許さない社会にしよう | トップページ | 吉野家牛丼限定だけど復活、食の安全は大丈夫? »

2006年9月17日 (日)

シンクロワールドカップって、予想通りで面白くなかった

テレ朝の「シンクロワールドカップ2006」 
3夜連続で見ていたけど。。。。。。

まったくといって良いほど予想通りで、面白くなかった
ロシアには逆立ちをしても勝てない。
ライバル、スペインは2位で。
いくら日本がフリーで頑張っても覆せない。
結局3位が良いところだった。

そのうちオリンピック次回開催国の中国にも追い抜かされて
しまうのと違うかしら?
それほど中国の躍進振りはすごいものがあった。
だって、中国のデュエットは双子なのだ
日本で言う、まなかなちゃん状態だった。ピッタリ!!

初めから順位が決まっているかのごとくでは
見ていても意外性が全然無くて、解説やアナが一生懸命
声を振り絞って、暫定2位だといっても、素人の私が見て
いても2位にはなるはずも無く・・・・・・
逆立ちしても3位がやっとと言う有様ではねぇ

3日目に、いや?ひょっとしたら銀メダルか?と思ってまた
見てしまったが、やっぱり力の差はいかんともしがたく、
2位にはならなかった。

素人目にも力が分かってしまってはまったくといって良い
ほど盛り上がらないのだ。
これほど面白くない盛り上がらない大会も珍しい。

そして今日でシンクロも終わりかぁッと思っていたら
柔道ワールドカップと言うものまで、中継している。

スポーツ業界も色んな大会を作り出すんだなぁと驚いた
と言うか、今まで中継してこなかったのを中継するように
なったって事?

ふうぅ~ん。。。。。


☆ーーー☆ーーー☆ーーお願いーー☆ーーー☆ーーー☆



ブログランキング・にほんブログ村へ ← クリックしてね(^^)




☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪




|

« 飲酒運転事故、逃げ得は絶対許さない社会にしよう | トップページ | 吉野家牛丼限定だけど復活、食の安全は大丈夫? »

コメント

こんばんわ。
「シンクロ」、見ましたよ。
確かに、「日本は、メダル候補」と、良いながらも・・・。
「2位か、3位」で、精一杯ですね。
「技術・芸術」は、いいですが・・・。
「スペイン・ロシア」には、歯が立ちませんね。
彼女たちは、「日本」より、上回っているんですからね。
これでは、一生勝てませんね~!!。

投稿: H・K | 2006年9月17日 (日) 20:30

確かにロシアは別格。
立ってる姿だけでもう2点くらい差がでちゃいそうですが
その上しなやかさも力強さもあり、負ける気はしません。

しかしそれを分かっていてチャレンジしていくことに
意味がないとは思いません。

でもきょうのチームの演技は魅せてくれたと思います。
結果より感動できることに意味があると思いました。

中国の水上スピンはもう一度見たかったです。

投稿: 樹里亜 | 2006年9月17日 (日) 20:57

こんばんは~H・Kさん

昨日までは全然盛り上がりませんでしたね。
今日は、やっと日本がスペインをかわして
ようやく2位になって盛り上がりました。

しかし芸術性ではヨーロッパにはかなわない様な気がします。
独創性とか芸術性とかは、やっぱりね。

下に中国とかアメリカとかが来ていますから、
うかうかしていられませんね。

投稿: まるこ姫 | 2006年9月17日 (日) 20:58

こんばんは、樹里亜さん

ロシアは、完璧でした。
いつも完璧なんですけど。
芸術性や、独創性、技術面何をとっても、他の国は
かなわないと思いました。

それでも日本も追いついていた時もあったんです。
また差が出ちゃいましたが。
追いついても追いついても、するりと逃げてしまうロシアは
層が厚いということでしょうか。

今日の日本チームはとてもいい演技でした。
規定の時の失敗を挽回しました。
最後は感動的でしたね。
とても良かったとおもいます。

しかし中国も力をつけてきているから油断できませんよ。

投稿: まるこ姫 | 2006年9月17日 (日) 21:04

まるこ姫さん、こんにちは!
3連休で心の洗濯中のてっけんです。

シンクロの採点って、すごく謎だな、と思っています。
もちろんプロが見れば違いはわかるのかもしれませんが、
てっけんは何がどう違うのかわかんないです。
ロシア・スペイン・日本・・・トップクラスのチームの
ごく僅かの差、でもとても大きな差って、
一体どこにあるんでしょうね?

個人的には、シンクロの採点は、多分に主観的な要素があって、それはフィギアスケートとか、新体操とか、
演技性の高い競技にはつきものかも、なんて思います。

ひょっとしてボクシング(亀田戦)なんかも、
演技性の高い競技だったりして。
採点も主観的だったのかもしれないなあ、なんて
思ったりします。

投稿: てっけん | 2006年9月18日 (月) 14:33

こんにちは、てっけんさん

てっけんさんは、忙しすぎてやっと心の洗濯ですか?
3連休はホッとしますね。

そうでしょ?
シンクロも、スケートもある意味、イメージの世界ですから。
審査員によっても、好き嫌いもあると思うし。
どうもシンクロの場合は、世界的に有名な大会に出場して
名前を売っておかないと、いきなり高い点はもらえない
みたいですね。
スケートにもいえるのかもしれません。

だから今回日本は、冴えない演技にも関わらず、
最低3位をキープしてました。
最後のチームは、本当に日本は素晴らしかったですけど
前の3日間は、首をひねる場面が多かったです。

素人が見てても、ロシアは別格でしたけど、後のチームは
どこが2位になっても3位になっても不思議ではなかったと
思ってみてましたけど。

やはり美を追求する、それを採点すると言うのは、主観によって
大きな差が出てきますよね。
万人が納得する採点は難しいでしょうね。

亀田の試合は、バリバリ主観と言うか思惑が入りすぎて
まったく納得がいきませんでしたが。
これは万人が納得していないでしょう。
主観と言うよりも、商業主義にやられてしまいました。

投稿: まるこ姫 | 2006年9月18日 (月) 16:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/11932067

この記事へのトラックバック一覧です: シンクロワールドカップって、予想通りで面白くなかった:

« 飲酒運転事故、逃げ得は絶対許さない社会にしよう | トップページ | 吉野家牛丼限定だけど復活、食の安全は大丈夫? »