« 造反議員の復党は時間の問題だそうだ。それってあり? | トップページ | 体罰ってなに?こんな事で大騒ぎするメディア »

2006年11月21日 (火)

教育基本法改正、審議拒否の野党4党が審議再開か?

自民・民主、国会正常化めざし協議

ようやく野党も審議の土俵に上がるようだ。

教育基本法 改正案を衆院特別委員会が与党単独裁決に
踏みきり、民主、共産、社民、国民新の野党4党が欠席した
まま賛成多数で可決された。

前の郵政民営化選挙により、世論の圧倒的多数の票が
自民党に回ってしまった結果、自民党に膨大な力を与えた。

それによって、今の国会は与党絶対有利の場になっている

与党が教育基本法案の改正に向けて数の論理で、性急に
法案可決をしたいのは見えていた。

それに反発した野党4党が審議拒否と言う、戦術に出た。

それは国会戦術の1つなのだろう・・・が。
この戦術は現代にまったくそぐわない。

審議拒否するよりも、徹底的に攻め込んだほうがインパクト
はあると思うが古いんだよなぁ。。。。。戦法が。。
せっかく自民党が、いじめ問題、未履修問題、タウンミー
ティングやらせ問題で、こけまくっているのにもったいない

野党にとっては与党を攻める良い材料がそろっているにも
かかわらず、自らがこけてしまった。

民主党って、自民党がこけて、いざチャンスと言う時に党内
から、不祥事が出たりして自ら首を絞める事って多いよなぁ。

だから、民主党が政権を交代をと声高に叫んでも、自民党
からも、国民からも半信半疑と言うか、冷ややかな対応を
されているのだ。
もっと民主党が力をつけなければ、自民党の思う壺だ。

これは、ひょっとしたら安部政権を転覆させる、千載一遇の
チャンスかもしれないのに。
民主党のアンテナは、曇ってるのかな?

国民の反発に目覚めたのか、とにもかくにもようやく野党
4党が審議をする方向へ進みそうだ。

国会運営に毎日莫大な費用がかかっていると言うのに、審議
拒否をするなんて、どんなに大義名分があっても許されない。
与党の弱点をついて、精一杯がんばってもらいたい。
問題点を追求するのが野党の使命なのだから。。。。。。

丁々発止の緊迫した論議を見てみたい!


☆ーーー☆ーーー☆ーーお願いーー☆ーーー☆ーーー☆



ブログランキング・にほんブログ村へ ← クリックしてね(^^)




☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪


|

« 造反議員の復党は時間の問題だそうだ。それってあり? | トップページ | 体罰ってなに?こんな事で大騒ぎするメディア »

コメント

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
毎度お馴染みのやり方で、進歩がないですね。
どう頑張っても、多数決の原理で勝てないですから、野党ももう少し、やり方考えた方がいいですね。
 数が均衡していないと駄目ですね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2006年11月21日 (火) 20:53

こんばんは、くまさん

本当ですね。
毎度毎度、同じ戦術ばかりで・・・・
古いですよねぇ
審議拒否で、どれだけの賛同を得られるのでしょう。

多数決とは恐ろしいですね。
どんな法案でも与党のやりたい放題では。
それだけ力を与えた国民にも責任の一端がありそうです。

何を言っても最後には数の論理。
はぁ~。。。。。

投稿: まるこ姫 | 2006年11月21日 (火) 21:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/12767837

この記事へのトラックバック一覧です: 教育基本法改正、審議拒否の野党4党が審議再開か?:

« 造反議員の復党は時間の問題だそうだ。それってあり? | トップページ | 体罰ってなに?こんな事で大騒ぎするメディア »