« 『獅童の父親、離婚問題を語る』って、語ってないよ | トップページ | 快晴に恵まれてとても充実の2日間だった、私のニュース »

2006年11月 3日 (金)

未履修問題、二転三転の救済案って甘いのか厳しいのか

未履修問題 
盛岡中央高「補習、最大280時間」 救済策受けぬ方針

救済策を受けたほうが良いのか受けないほうが良いのか

安易に考えれば救済案を受けたほうが良いと思うけど

>政府が補習時間数削減の方針を固めたことについて、
>中田教頭は「(進学用の)調査書にウソは書けない。
>この問題は学校、校長はじめ教師の責任だが、生徒
>には未履修科目をすべて習得させる」と話した。

この学校のように断固として未履修科目をすべて習得させる
との方針を、貫き通せばカッコよいかもしれないけど、しわ寄せ
を食うのは生徒自身であり、この時期になっての学校側の姿勢
は、清いのか、ありがた迷惑なのか、分かれるところだ。

しかし、政府は救済案を出すといっているのだから、救済案を
受けない学校、受ける学校に分かれると受けない学校の生徒
たちの不平不満がたまるのではない?
そりゃぁ、ちゃんと授業を受けるのは当然なのだが、この時期に
この問題で心が揺れ動くのは気の毒だなぁと思う。

救済案も70時間を50時間に短縮だとか、どこからこういった
数字が出てくるのか、いかにも安易な気もするし・・・・
大人が寄ってたかって安易な方向へと導くのも何か変だ。
これって、自責の念に駆られてってこと?

そもそも生徒たちには何の落ち度もなく、文科省や学校の指導
要領のままに、授業を受けてるのであっていまさら言われても
本当に今の時期迷惑な話だ。
そして未履修の一割の救済案ばかりを言っているがほとんどの
学校はちゃんと授業を受けている。
受けている学校の生徒たちに、どうしても不公平感が残るのは
否めない。どう説明をつけるのだろう。

学校の方針で救済を受けたり受けなかったり。
なにか割り切れないものが残る。。。。


☆ーーー☆ーーー☆ーーお願いーー☆ーーー☆ーーー☆



ブログランキング・にほんブログ村へ ← クリックしてね(^^)




☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪


|

« 『獅童の父親、離婚問題を語る』って、語ってないよ | トップページ | 快晴に恵まれてとても充実の2日間だった、私のニュース »

コメント

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
大人の我が儘に子供が振り回されている現状ですね。
 もう、大人側類似例をしっかり見せてしまいましたから、どうしようもありませんね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2006年11月 3日 (金) 21:11

こんばんは~。
相変わらず、上の人たちが勝手なことをするからいい迷惑ですよね。これってゆとり教育として週休2日制にした事から始まってるわけですよね? あまりにも安易な発想(?!)は何の役にも立たないというか、逆に学力低下になってたりするんですよね? 今の子は、色々と大変だぁ。。。

投稿: eimeis | 2006年11月 3日 (金) 22:51

うーん。
根本的な教育制度の改革が必要なんですが
極左の現場(日教組)と無脳の文科省がアレでは
安倍内閣の教育改革もかけ声だけになりそうですね。
かくいう私も過去政府の無策に振り回されたくちです。

投稿: あらびー | 2006年11月 4日 (土) 15:12

☆ーーこんばんは、くまさん

大人の世界も汚いのが多いのですが
それをそのまま、子供の世界に当てはめちゃった。
この不条理な世界を見てしまった子供は
どこかで同じ事をやりそうですね。
教育現場ではやって欲しくなかったです。
子供にはちゃんと正義を教えて欲しかった。


☆ーーこんばんは、eimeisさん

そうなんですよ。
文科省も、教育委員会も、学校もいい加減ですね。
それを見せられている子供は?
70時間が50時間って、どこでそういう発想に
なるんでしょうね。
とりあえずってところが見えていてとても
嫌なものがありますよ。

私は、半ドン時代が懐かしいです。
土曜日のお昼の過ごし方ってわくわくしましたもん。。
あれが味わえない今の子供は可哀相ですね。

ゆとり教育は行き過ぎてしまって今では
まったく学力低下ですけど、これを立て直すのは
またまた大変な事ではありませんか?


☆ーーこんばんは、あらびーさん

根本的な制度改革は必要でしょうね。
憲法改正以前に、やれる事はあると思いますけど
しかし、日教組もあまりに過激な考えでは
今の時代についていけないでしょう。
なんでも反対、反対では誰もついていきません。
考えを柔軟にしていただけないと、教育を
受ける子供もかわいそうです。
安倍さんも、前途多難ですね。
小泉さんの改革か、破壊か知りませんが
尻拭いをするのは大変な事だと思います。

あら?あらびーさんの受けた被害は
どういうことなんでしょうか?
まぁ、行き当たりばったりの政策をしている
わけだから、どなたが被害を受けても不思議では
ありませんが。。。。。

投稿: まるこ姫 | 2006年11月 4日 (土) 19:49

 おはようございます。突然湧いてきた未履修の話に一番困っているのは受験生ですね。これからが大切な時期なのに。

* 70時間が50時間って、

 「50時間」の根拠は、履修の条件に、3分の2程度の出席が必要とされていることから来ているようです。(70×2/3≒46.7)
(参考:gooニュース http://news.goo.ne.jp/article/sankei/nation/e20061102004.html?C=S)

投稿: たべちゃん | 2006年11月 5日 (日) 09:40

こんにちは、たべちゃん

この未履修問題は根が深いですね。
突然振って沸いたような未履修と言われ
ても一番困るのは受験生ですね。
そうですね。
巻き添えを食うのは生徒自身ですから。
そして履修済みの生徒は不公平だと思って
しまいます。

そうなんですかぁ
救済措置は3分の2程度の出席で、勘案する
わけですね。
それから換算して50時間程度なんですか。
なんだか政治的な決着は後味があまりよくありません。

投稿: まるこ姫 | 2006年11月 5日 (日) 17:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/12526820

この記事へのトラックバック一覧です: 未履修問題、二転三転の救済案って甘いのか厳しいのか:

« 『獅童の父親、離婚問題を語る』って、語ってないよ | トップページ | 快晴に恵まれてとても充実の2日間だった、私のニュース »