« きょうまるこ姫の(BlogPet) | トップページ | 黄色い雪が降るなんて信じられますか? »

2007/02/03

なんかおかしい、被害者参加制度導入

裁判で求刑意見述べる「被害者参加制度」
導入、法制審

今までは、被害者および被害者の遺族の権利があまりにも
おざなりにされてきたから、裁判に被害者側が参加するのは
良い事だとは思うけど、

>犯罪被害者・遺族が刑事裁判で直接、被告や証人に質問
>し、検察官とは別に求刑の意見を述べる権利を認める
>被害者参加制度の対象になるのは、殺人、傷害など故意
>に人を死傷させた事件や、交通事故を含む業務上過失
>致死傷罪の事件など。被害者や遺族が「被害者参加人」
>として検察側の席に着く

実際の裁判で、被害者側が検察と一緒になって加害者を
裁く事ができるのか、妥当なのか。。
たとえば、被告人が誤認逮捕されて裁判にかけられたと
したらどうなる?
初めに犯人ありきで、被害者側が感情的になる。
当然一番重い刑を要求するだろう。
報復をやろうと思えばできるし、やる人もあると思う。

そして裁判員になって裁判に参加している素人の普通の
一般人も、気の毒だ可哀相と言う事で情に流されないか?
一人の声の大きな主張をとうとうと述べる人間に、多数の
意見がが傾いてしまう事は無いか?

その前に大きい事件だとメディアも報道する。
メディア側の意向で、容疑者の人格や生活態度などは
いくらでもオーバーに悪意に満ちて報道されたりする。
今までにもそんな事例が何度あった事か!

それを見ていた裁判員は先入観が入らないだろうか?
色々想像すると、冤罪が増えるような気がする。

痴漢事件の場合被害者の意見が最優先されると言うし、
悪意のある人間がはめようと思えばいくらでもできる。

昨今の日本のメディアは質が低下しているし、国民が
流されないか、とても心配だし不安だ。
初めに犯人ありきの裁判にだけはならないように望みたい

被害者側に検事のような役目を与えるのは、公平な裁判
ができるのかどうかすごい疑問に思う。

被害者側には、もっと違う権利を与える方法はいくらでもある
と思うけどなぁ・・・・・・
今までのあまりにも被害者をないがしろにしてきた歴史から
大きく変わりすぎだ。


☆ーーー☆ーーー☆ーーお願いーー☆ーーー☆ーーー☆



ブログランキング・にほんブログ村へ ← クリックしてね(^^)




☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪


|

« きょうまるこ姫の(BlogPet) | トップページ | 黄色い雪が降るなんて信じられますか? »

コメント

こんばんわ。
・「文章」を読んで。
確かに、この制度案に関して、良いことだと思います。
けど、なんとなく、「複雑な気持ち」もあるので、
逆に、やめた方が良いのではないかな。

投稿: H・K | 2007/02/03 19:59

こんばんは、H・Kさん

制度を変えて、開かれた司法制度にすると
いうのは評価できますけど、あまりにも性急に
変えすぎと言うか。

もう2年後にはいやおう無く、陪審員に選ばれたら
参加しなくてはなりません。
私たちの責任重大になりますね。

投稿: まるこ姫 | 2007/02/03 20:51

まるこ姫さん、みなさん、こんばんは

刑事裁判は、国の法を犯したとして、国の立場で、検察が訴えるものだと思います。
これまでの被害者をらち外にするのは宜しくないと思います。しかし、被害者の気持ちに添うことは大切ですが、検察と同様に、加害者に求刑の意見を言う、そこまでするのは刑事裁判の精神から見て行きすぎです。被害者とともに責め立てるのではなく、あくまでも国の法律に則り、冷静にが大切です。

それよりも、冤罪の方が問題です。警察は誘導尋問や先入観からの捜査などの誤認逮捕、100%有罪に持ち込むため、証拠のいいとこどりなど、それらの解決が先です。警察や検察の透明化です。

また、裁判員制度は、シンポジウムのサクラ問題から、国民は無関心で、導入は時期尚早です。
ブログに書きましたように、裁判所が国民にとって、親しめるものにならないといけないと思います。

投稿: 愛てんぐ | 2007/02/03 23:13

まるこ姫さん、こんにちは∈^0^∋
本当にね。えん罪だったらどうするのかということも気になります。
被害者が冷静に判断できるでしょうか?
感情的になって、真実を見失うことがあるのかどうかも心配です。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2007/02/04 09:13

おはようございます、愛てんぐさん

>検察と同様に、加害者に求刑の意見を言う

やっぱり、ここが変ですよね。
検察も被害者の意に沿うような求刑はするでしょうが
そこに被害者側が加わると、冷静な判断がされるでしょうか?
感情的になるのは当然だと思います。

警察が検挙した人間が真犯人とは限らず、
裁判の場で被害者が冷静さを欠けば欠くほど、
冤罪事件に発展するような気がします。

そうですね。
この裁判員制度は、できるならやりたくない制度
ですが決定してしまったんですよね。

サクラ問題も、国民の無関心の現れでしょうから
2年後にいきなり殺人事件とかを抽選で決められたら
大変です。
初めは皆が裁判制度になじむように、微罪の裁判から
ぼちぼち徐々に、かかわれるようにして欲しいです。


★ーーおはようございます、くまさん

いつも真犯人逮捕とばかりは行かないでしょう。
間違って逮捕される場合もあります。
この制度だったら、冤罪事件が増えそうな気がします。

まず被害者は冷静な判断はできないでしょう。
感情的になって当然だし、そうなったら裁判員も
情に流されると言う事もあるでしょうね。

投稿: まるこ姫 | 2007/02/04 10:07

こんにちは。
僕もえん罪が気になります。
自分の体験からいえば、高校時代のある日の朝、旧国鉄の職員がたまたま駅の近くの道を通っていただけで捕まえられたことがあります。不正乗車取り締まり中だったようで、僕は電車を利用していないので全然関係ありません。何故捕まえたかというと、「声を掛けたけど振り向かなかった」らしい。バーカ!!僕は聴覚障害者で全然聞こえなかっただけだよ!! 何十年経ってもあの職員に対する恨みは消えません。
愚痴を書いてすみません。

投稿: とらこん | 2007/02/04 10:08

おはようございます、とらこんさん

冤罪は簡単にできると言います。
人の主観や、先入観がとても左右してきます。
だって人の記憶もあてにならないし、そこには
先入観が白いものも黒くしたりするんですから。

>声を掛けたけど振り向かなかった
こういうことって、よくあるんですよね。
それとか、声をかけたら逃げた。。。。
やっぱり人の感情が入ってしまうんですよ。

まだとらこんさんは罪は晴れたから、まだしも。
それでもその人に対しての恨みは容易に消えませんよね。
冤罪で刑務所に入れられた人が最近いました。
真犯人が自供してようやく誤りだったと分かったようですが
これからは、そういった事例が増えるかも知れません。

投稿: まるこ姫 | 2007/02/04 10:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/13770782

この記事へのトラックバック一覧です: なんかおかしい、被害者参加制度導入:

« きょうまるこ姫の(BlogPet) | トップページ | 黄色い雪が降るなんて信じられますか? »