« 冤罪って?鹿児島選挙買収事件から思う | トップページ | 三遊亭円楽さん第一線引退に思う今日この頃 »

2007/02/25

都知事選、民主党よだらし無いぞ!

小宮山、海江田両氏の出馬を否定
都知事選で鳩山民主幹事長

民主党がだらしなさすぎる。

安倍政権は末期症状を示している、必然的に支持率も
下落し続けている。
その反対票が民主党に流れないところに今の民主党の
現状を表しているようだ。

結束力のなさや、浮き足立ったところばかりが目に付いて
仕方が無い。歯がゆい。
チャンスを活かしきれない民主党。

今度は東京都知事選。
こんな事は前から分かっていた事なのに、いまだに候補者が
決まらないって、異常な事態だ。
あの候補、この候補、打診をするものの蹴られまくっている。

前宮城県知事の浅野氏が都知事候補に浮上した時は、この
人だったら、選挙が面白くなるかもしれないと思ったが。。。。。
結局、袖にされてしまった。

小宮山氏でもサプライズがあって、良いのではないかと思って
いたが、またもや党の幹事長が否定している。

何なんだ、民主党は!
これが二大政党を目指している党なのか。
選挙民に選択肢も与えられない党の存在意義を疑いたくなる。

石原氏だけが高笑い! ですね。

黒川氏と言う、石原氏の友人だかなんだか知らないけれど、
分かったような分からないような問答を繰り返す候補が、都民
を煙に巻くのも、都民ではない私からすれば、本当に都政を
考えているのだろうかと、疑問符ばかりが浮かぶ。

やっぱり民主党が存在意義を示さなければ、選挙民にも
不幸だし、統一地方選や、参議院選挙も勝てる要素はない。
自民党がこけたからと言って票が民主党に流れるとは
限らないのだから・・・・・・
その点を、ちゃんと見極めているのだろうか?

ホント、しっかり政治をやって下さいよ!民主党は。


☆ーーー☆ーーー☆ーーお願いーー☆ーーー☆ーーー☆



ブログランキング・にほんブログ村へ ← クリックしてね(^^)




☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪


|

« 冤罪って?鹿児島選挙買収事件から思う | トップページ | 三遊亭円楽さん第一線引退に思う今日この頃 »

コメント

こんばんわ。
あら~、「出馬否定」ですか。
それにしても、民主党は情けないですね。
これこそ、「崖っぷち」みたいですね。

投稿: H・K | 2007/02/25 20:33

こんばんは~H・Kさん

民主党はいつまでもごたごたしてますね。
対立候補を立てない選挙なんて。。。。

本当に情けないです。
ある意味、笑いものですよ。

投稿: まるこ姫 | 2007/02/25 21:30

まるこ姫さん、皆さん、今晩は

民主党は管代表代行を出すしかないところに追い込まれていっていますね。

浅野前宮城県知事が、法大の五十嵐教授らの「浅野史郎さんのハートに火をつける会」に出席し、言葉少なに感激したと言っていました。
浅野氏の心はくすぶりだしたというところでしょうか。

この市民運動の広がり・高まりで、出馬に傾くかも知れません。
民主党の公認より無党派で行く方が支持が得られる可能性が高いです。

宮崎県のように、下馬評が有利より不利の方が、勢いに乗って、戦いやすいです。

投稿: 愛てんぐ | 2007/02/26 19:23

こんばんは~愛てんぐさん

民主党のゴタゴタはなんなんでしょうね。
二大政党といっていた党の存在意義は?

浅野さんは民主党からは出ないでしょうね。
東国原氏のように無党派層を動かした方が
絶対票が乗りますもん。。

私も浅野さんには出馬して欲しいです。
浅野さんも考えて欲しいですね。
石原さんの一人勝ちでは選挙が面白くありません。

投稿: まるこ姫 | 2007/02/26 21:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/14041338

この記事へのトラックバック一覧です: 都知事選、民主党よだらし無いぞ!:

» 東京都知事選挙は石原VS浅野の一騎打ち? [現役雑誌記者による、ブログ日記!]
 3月22日に告示される東京都知事選挙は石原慎太郎、浅野史郎、黒川紀章、吉田万三の著名人に加え恒例のドクター中松が突然出馬宣言。 おっと、昔芸人でならした桜金造も出馬するなどなかなかの「にぎわい選挙」になりそうだ。とはいうものの注目は石原慎太郎現.・・・・・・・・・・・・・... [続きを読む]

受信: 2007/03/21 20:31

« 冤罪って?鹿児島選挙買収事件から思う | トップページ | 三遊亭円楽さん第一線引退に思う今日この頃 »