« 衛藤氏の自民復党容認前首相の代理(BlogPet) | トップページ | 今日広いメンテナンスとか(BlogPet) »

2007/04/13

数の横暴、国民投票法案可決!強引すぎ

国民投票法案 
衆院特委で可決 今国会成立ほぼ確実に

やっぱり数の力で押し切ってしまった。
与党は大型連休前の成立を目指すと言う。

しかし、あまりに性急あまりに横暴。。。。

今までに充分な議論を尽くしたとする意見もあるが、私たち
には、中身がさっぱり分からない。
どれほど周知されてきたのだろう。

いつも決まってしまってから 『こうでした』 と言われても
納得できない。
第一国民の中でも 『国民投票法』 は必ずしも慌てて
成立して欲しいと思っている人間がどれだけいるだろう。
優先順位としては低いほうではないか?

なぜ慌てて成立させないといけないのか?
納得のいく答えは用意されてない。。。。。。

安倍政権は性急にしすぎる。
それも、今国会成立の方針を初めに掲げてしまって、改憲を
参議院選で、国民に訴えると言い切ってしまったものだから
慌てて、国民投票法を可決させたいのだろう。

安倍政権の強攻策を可能にしたのは、衆議院の3分の2を
超える与党の議席数だ。
これを持ってしたら、安倍さんの好きな事が出来てしまう。
とても怖い事だ。

だけどこの議席は郵政選挙での議席数だ。
国民はこんな議席数を与えるべきではなかった。
それほど大きな議席数で、誰かの意図によっては国が変え
られかねない。

安倍さんは、権力を行使しようと思えばどんな事でもやれる
かも知れないけど、これは小泉さんの力だ。
これほど性急に事を進めるのなら国民に真を問うてもらいたい。
本当に安倍さんが信任されているのかどうか・・・・・・

国民投票法は、憲法改正の布石か?
投票率が50パーセントを切れば4人に一人の賛成で憲法が
変えられる危険性がある。
これで本当に民意が反映されていると言えるのだろうか?
それでも成立してしまうのだ。

どんどん、ますますおかくなる日本。
いったい日本は、私たちはどこへ行こうとしているのだろうか?


☆ーーー☆ーーー☆ー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーーー☆
              苦戦しています^_^;



にほんブログ村 ニュースブログへ  ← クリックしてね(^^)




☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪

|

« 衛藤氏の自民復党容認前首相の代理(BlogPet) | トップページ | 今日広いメンテナンスとか(BlogPet) »

コメント

まるこ姫さん、皆さん、こんばんは

数の力で、国会の議論なんてへっちゃら、国会なんかあってもなくても一緒ですね。
議員の不祥事があるときだけ、法案審議がストップし、こなせられないだけで、審議拒否しようが、何しようが関係ありません。

投票総数の確か数%が野党より与党が多かっただけで、この大差の結果です。これで2/3以上で憲法改正できれば、時の政権に都合の良いものに変えられてしまいます。長期を見据えたものにならず、与党に私物化される恐れさえあります。小選挙区制は少数意見、いや半数近い意見も死に票になってしまう、ひどい制度のように思います。

総選挙で郵政民営化以外は議論していません。国民投票法案(教育基本法など全て)は選挙前に議論していません。郵政民営化以外は与党に信任を与えていません。郵政民営化法案以外は、国民の議論を待って充分時間を掛けてから、採決すべきです。

国民投票法案の審議は国民的議論がないのを見ても、明らかに不十分です。
国民は問題点を殆ど把握していません。

国民への周知徹底について、現行の制度は欠陥だらけで、国民が知り始めたときには、国会にかけられ、日程が決まり、議決される頃に漸く、国民が中身を少し知るようになる。
国民への説明を行い法案を知らしめ、議論を巻き起こす仕組みははっきり言って欠陥です。
見えないところで作って、表に出たところでは決めるだけ。
民主主義を守るためには、法案の周知徹底、国民の議論など、手続きを改める必要があるように思います。

有効投票率の規定がないので、極論ですが10%の有権者の賛成でも憲法を変えられてしまいます。無関心の人に寝ていてくれればいいと言うようなことが容易に起こると言っていいでしょう。

正々堂々と十二分に議論することなく、国民を置き去りに、政府が勝手に自分たちの都合の良い国に変えようとしています。
国民は、自分の頭を使って、論理立てて、考えて欲しいと思います。

投稿: 愛てんぐ | 2007/04/13 18:49

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
安倍政権は先を急ぎすぎています。
怖い。
どうしても憲法改正したいと言うことでしょうね。
恐怖政治の始まりかもしれません。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2007/04/13 19:41

まるこ姫殿こんばんわ

小泉さんといい阿部さんといい
重要なのは
「自分の公約を守ること」
のようですね。
郵政民営化だって急ぐ必要があったのか?
そして今回もそうですもんね。

ちなみに私的には少年法とか
犯罪系の整備をして欲しいです。

投稿: ぽち | 2007/04/13 20:15

こんばんは、愛てんぐさん

これだけ衆議院の数が違ってくると
何でもやれますね。
議論は少しで、最後は数の力で押し切る事が
できる。
傲慢になりますね。

国民は蚊帳の外です。
審議拒否すれば、待ってましたとばかりに
自民党は民主党を能無し呼ばわり。
そして粛々と、審議は通ってしまいます。
数の力は恐ろしいですね。

安倍さんは憲法改正を自分の任期中に
したいと。
その一念を通す第一歩を踏み出しました。

この人の頭の中はどうなっているのでしょう。
完全に私物化していますね。
歴史的評価を期待しているのでしょうか?
岸首相より優っていたと。

小選挙区制は、勝つか負けるかの世界です。
そして比例が入って最悪の制度になりました。
だって、落としたと思っていた人が復活するなんて
ありえませんよね。
その結果、自民党の大勝利。
これは国民にとって不幸の始まりです。
一党独裁政治が良いわけ無いですから。

郵政民営化は、決して選挙の争点ではありませんでした。
それを小泉さんがマジックで国民的な盛り上げに
成功して自民党の大勝利です。

安倍さん国民から信任されたわけではありません。
こんな大きな制度を変えようと思った時は
信任されてからの話だと思います。

国民からの議論は全くありませんでした。
何年かけたからもういいではないかと言う話ではありません。
私たちは何の関心も無かったですから。
どういう中身かも知らされてませんでした。

これが通ってしまったから、後は与党の判断で
どの様にも変わりますね。
怖い話です。

この国はどうなっちゃうのでしょうか?
私たちは、政府に監視された息苦しい社会を
生き抜くのでしょうか?

投稿: まるこ姫 | 2007/04/13 21:58

★ーーこんばんは、くまさん

安倍政権は、何でこうまで強硬姿勢なんでしょうか?
急ぎすぎだと思います。
国民は、憲法改正はそんなに急ぐ必要は
無いと思っていたのではないですか?
怖いですね。

安倍さんの念願であった憲法改正に向けて
着実な一歩を踏み出しましたね。
私もそう思います。
恐怖政治の一歩を踏み出したような気がします。


★ーーこんばんは、ぽちさん

小泉さんの頃から政治手法が変わりました。
自分の思ったように国民を動かす事。

そして宣伝の上手いもの勝ちな事。
郵政民営化も、ワンフレーズの勝利です。
よって、自民党の大勝です。
それが今の国民投票法を押し通す力になりました。

これは大変危険な事ですよ。

勿論少年法の厳罰化、年齢を下げるのは
重大な課題ですね。
子供は大人を舐めています。


投稿: まるこ姫 | 2007/04/13 22:13

60年安保、70年安保、ベトナム戦争、数多くの炭坑での諸闘争、、、小選挙区制、、、いろいろな国会での与野党の激しい論争、そして多くの国民の、中央(東京)での、各地方(県都、市町村)での抗議集会やデモ、、、を、今は懐かしく想いだされます。自由と民主主義の成長と就実した姿なのか?全てを議員に委ねた暁が、、、これなんでしょうかと、、、思うばかりです。この国会の姿を変えられるのも国民です、、、ね。

投稿: ゲン | 2007/04/14 00:07

こんにちは、ゲンさん

そうなんですよ。
なんだかんだ言っても、有権者が権利を
行使しなければ、何を言っても始まりません。

とにかく一票を投じる事ですね。
残念ながら私の一票はいつも死に票ですが
いつも虚しいものを感じつつも、いつか
私の一票が生かされるように、投票しています。
今度は良いチャンスですね!
国民の意思を示す時だと思います。

投稿: まるこ姫 | 2007/04/14 15:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/14665786

この記事へのトラックバック一覧です: 数の横暴、国民投票法案可決!強引すぎ:

« 衛藤氏の自民復党容認前首相の代理(BlogPet) | トップページ | 今日広いメンテナンスとか(BlogPet) »