« プロミスの業績予想さらに下方修正(BlogPet) | トップページ | さすが中国!食用油の世界でもあった »

2007/05/19

立てこもり犯投降したけど、警察の対応は?

これは私の頭がおかしくなったのだろうか・・・

立てこもり犯が投降して来た時に対しての警察の言葉
”ありがとうな”
”決してあなたの事を攻撃しないから、それは約束する”

これが耳について離れない

あれだけ地域住民に迷惑をかけて、警察のこれからと言う優秀
な人材をも手にかけたあの犯人に、お優しいお言葉は。。。。。。
見るからにヘロヘロになってでてきたどうしようもない男
丸腰に見えるけれど、ひょっとしたらひょっとするかも知れない
から念には念を入れろとの事だろうとは想像できる。

しかし、乱暴狼藉の限りを尽くした男に対して、”ありがとうな”の
連発は、怒りに駈られている私にしては、どうしても納得出来ない

ああ言えば、犯人の心が和むのは分かる。
常套手段だとも分かる。
分かるけど、あれだ攻撃し放題の男に、攻撃しないとは!

ヒステリックに叫べば、攻撃しろよ!って感じもしたりする。
私の正直な感想は、皆でよってたかってボコボコニして貰いたい
位の、気持ちだ。
そうは行かないのは重々承知の上のだけど・・・・・・

きっと、取り押さえられた時には分からないように痛めつけた警官
もいるだろうなぁ。。。。。

この男は死刑になるのだろうか?
家でも議論になったけど、
”一人が死んだだけでは死刑にならない”
”いや違う!、警察官を手にかけたのだから死刑になる。”

想像で人一人を簡単に死刑にしてしまう夫も恐ろしいけど、現実
に、死刑にならなかったら男は刑を勤めていつかは出所する。

まっとうな人間になるとはどうしても思えない。
この男の受け入れ先は簡単には行かないだろう。
そうした場合、又犯罪を犯すのではないのか?
その時が怖い。
こんな男でも、”人の命は地球より重い”と言えるのだろうか?
どうですか?
本当に人の命は地球より重いと言えますか?

しかし、こんな単なる身内の揉め事が拳銃を持っていただけで
こんな地域住民を巻き込んでの大騒ぎになるなんて、そして莫大な
税金投入になるなんて、まったくお騒がせな元暴力団員組員だ。


☆ーーー☆ーーー☆ー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーーー☆
              愛の一押しを待ってます(^^)



にほんブログ村 ニュースブログへ  ← クリックしてね(^^)




☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪




|

« プロミスの業績予想さらに下方修正(BlogPet) | トップページ | さすが中国!食用油の世界でもあった »

コメント

まるこ姫さん、皆さん、こんばんは

警察官も人の子、何をするか分からない人間には弱いのではないでしょうか。
日本人は態度のでかい人間には下出に出る特性があり、それが本能的に出たのかも知れません。

こういう粗暴な人間は必ず、事件を起こすのが分かっています。
こういう問題人間は、精神科の治療の対象だと思います。
法律を作って、入院させて、治療しなければいけないように思います。

投稿: 愛てんぐ | 2007/05/19 18:27

こんばんは~愛てんぐさん

あの説得工作は、あまりに犯人に対して迎合
していると思いました。
”おまえ” ”出てきなさい!” 位は言って欲しかったです。
ありがとうな、を何度も聞いて情けなくなりました。

まったく暴力団には警察も下出に出るのでしょうか?
町のダニなのに。。。。

刑を終えても、更正するとは思えないんですよね。
あんな人間が生き抜いて、優秀な警察官が不運にも
命を落とす。
本当に矛盾しています。

感情的に言えば、一生精神科に入っていて欲しいです。

投稿: まるこ姫 | 2007/05/19 19:58

こんばんは。
まぁ、これは何をするか予想できない人間を相手に説得するわけだから、ああいうようになったのだと思います。警察の本音は怒り心頭だと僕は思いますよ。
外国の警察みたいに強行突入していれば犯人を射殺していたかもしれません。

投稿: とらこん | 2007/05/19 21:31

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
日本の警察もクルクルパー!!
死んだ方が浮かばれません。
発言していいことと悪いことがあります。
もう、お馬鹿警察。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2007/05/19 22:01

★ーーこんばんは~とらこんさん

そうですね。
拳銃を隠し持っている可能性もあるわけなんですが
あまりにも、”ありがとな”の連発ではなんだかなぁ
です。

そうですね。
怒り心頭ですね。

それをもう少し表現しても良いのではないかと。
”出てきてくれてありがとうな”
ではね。

アメリカ並みとは言いませんが、もっと早く対応できなかった
のかと、それが残念でなりません。


★ーーこんばんは~くまさん

おや?くまさんも辛らつですね。
なんだか、同士を得たような気分で嬉しいです。
あんな暴力団ごときにやられた殉職された方は
本当にお気の毒でした。

あまりにお優しい言葉に、違和感と同時にビックリ
したものですから・・・・・・

投稿: まるこ姫 | 2007/05/19 22:25

こんばんわ。
また、「銃犯罪」が起きましたね。
しかも、「警官」を死亡させてしまうという悲しい事件でしたね。
ただ、幸いにも、人質にされた「元妻」が自力で脱出し、「大きな怪我」にならずに、済みましたね。
それにしても、人騒がせな「元暴力団員」ですね。
改めて、遺憾の意を表したいぐらいです。

投稿: H・K | 2007/05/19 23:25

まるこ姫様。こんにちわ 同感です!!電話等で情報が遮断されている場合なら、交渉術と理解できますが、市民(野次馬)の前で、殺人犯に謝ることないです。 ボケか?思わず口から出ました。しかしこの口調、オレオレ詐欺と似てませんか?丁寧な感じが、バカにしている様でもありました。射殺してしまえば銃の入手経路がわからないので、あんな言葉がでてきたのでは? この件とは、別に地球と人間の生命の重さですが、人間が絶滅しても地球は、廻り続けますね、人類も一期一会で存在しているのでは?、、だからテロや戦争、無意味な開発は無駄と言えますが反面、必要以上の人類愛も見苦しく思えるのでは、、、

投稿: 赤いとら | 2007/05/20 11:58

こんにちは、H・Kさん

もう暴力団がらみが多い事!
やっぱり一般人より入手しやすいと言う事でしょうね。

警察官はお気の毒でした。
まだ若くて、優秀な人材で将来も嘱望されていた見たいだし。

結局内輪もめが、拳銃があるがために大騒動に
なったんですよね。
町中の人々が振り回されました。
やっぱり暴力団はいけませんね。


★ーーこんばんは、赤いとらさん

やっぱり、ご賛同いただけました?
市民に分からないところなら、あの男に迎合しようと
かまいませんが、あれだけ大々的に報道されていた
所に、何か子供に物を言うような物分りのよさはなんなん
でしょうね。

”ありがとうね”の連発は、もう本当にビックリしました。

>ボケか?思わず口から出ました。
ホント、ホント、わたしもまったくその通りに口から出ました(^^)

そうですね。
ここまで来た以上、犯人を死なすわけには行きませんね。
だからこそ、あの猫なで声だったのでしょう。

あまりにも暴力団組員に対しての、甘えた声は!
いくら生きて捕まえたいかもしれませんが、見苦しい
人類愛ですね(苦笑)


投稿: まるこ姫 | 2007/05/20 18:50

いつの記事にコメントを付けているのか、という話ですが、
立てこもりに限らず、凶悪な犯罪を行う人間というのは、愛を知らない、そして社会や身近な人間を対象とした疎外感を一般の人以上に抱えている傾向があるように思います。
たとえば、こうした凶悪犯を見て「散々周りに迷惑かけて・・・」という怒りをまるこ姫さんが感じるのは「他者への共感性」があるからで、その背景には「他者に愛された」「他者を愛した」という過去が恐らくあると思うのですが、こうした人達にはそれがない気がします。(あるいは希薄である。)
彼等にとって社会や他者というのは敵であり、復讐の対象であり、極端に言えばそうした世界観なので、平気で人が殺せるし、殺しても「ザマー見ろ。思い知ったか」となってしまうわけですね。
彼等のような人間を減らしていくには、彼等を「愛」する他者が必要です。しかし、彼等のような歪んだ人間を積極的に愛していこうとする他者は残念ながら少なすぎる。だって、誰だってそんな人間と関わりたくないでしょう?
結果彼等は更に孤立し、それにより復讐心を更に膨張させていく。
彼等は他者に迷惑をかけることを悪いとは思っていないでしょう。なぜなら、迷惑をかけることは、迫害されてきた彼等にとっては「当然の正義」だからです。
それに対し「逆恨みだ」「精神的に未成熟なんだよ」「気違い」という一般の方の反応があると、彼等は更に「殺し甲斐」を感じます。むしろ否定してくれた方が、「遠慮なく殺せる」わけです。
僕はこの記事の立てこもり犯の背景は詳しくは知りません。
ただ「宅間守」や「加藤智大」のような無差別殺人犯について、2ch等では「(被害者へ)ざまーみろ」「宅間(加藤)は神、あるいは革命家」という書き込みも結構多くて、僕は今の社会には「信じられるものを何一つ持たない」人間が潜在的殺人犯としてあらよるところに巣食っていると思うんです。
何を書けばいいのか分からなくなってきましたが、一般の人から見た「気違い」と、彼等から見た「敵」が精神的な意味で共存出来ないのなら、彼等は敵を力でねじ伏せるし(つまり理不尽に殺すし)、健常者側もまた力でねじ伏せる(社会的迫害、法による制裁)、そうした殺伐とした応酬が永遠に続いていく気がするんですよ。

皆、事件が起こると事件や犯人そのものは責めますが、犯人の自己責任的方向でことを結論付け、そうした彼等のような人間が生まれてしまう「根本的な原因」とは向き合おうとしない気がします。
犯人を責めるのは当然の心理ですが、そうした事件を未然に防ぐなら、彼等のような凶暴な人間、不気味な人間、そうした人間に、もっと積極的に関わっていくことが、僕としては非常に有効なのかなと思う訳です。
彼等に殺される覚悟で話しかけていく、そうしたことが僕は大事だと思うんですね。
でも、誰もそんなことはしたくないし、そしてまたしないでしょう?
だったら、殺されても仕方がないのかなと、僕は思う訳です。「甘えるな」「自分ばっかり苦しいと思いやがって」そうして否定的態度をとって愛を与えないなら、これからも何十人でも何百人でも殺されるでしょうし、殺された人間を見て「スカッとする」人間も増える一方なのかなと・・・
この記事のテーマとはずれましたが、難しい問題ですね・・・

投稿: e4 | 2009/04/22 15:38

こんにちは、e4さん

古い記事にコメントを付けていただき、ありがとうございました。
すっかり忘れていて、読み返しましたが、とても感情的な記事でした。
恥ずかしいです。。。。。

色んな考え、境遇、の人が社会を構成しています。
記事を書くに当たって、自分のような考えばかりではないとは思いますが、今感じた事を書くわけですから、あまりに感情移入している嫌いもありますね。
突然のように、社会を震撼とさせる犯罪が起こります。
その人たちに取っては突然では無いでしょうが、一報を聞くほうは突然と感じます。
犯罪を犯す人たちは、その人に取って重大な理屈があるのでしょう。
分かる所もあり、分からない所もあり。
それでも、日本の社会はその人の犯罪がその人だけでは、終わりません。
一人の人間が犯罪を犯した場合、亡くなった方、その周りの方、そして加害者の家族も嫌が負うもなく巻き込まれます。
不幸の連鎖が広がります。
加害者は、加害者なりの理屈があるのでしょう。
自分の住んできた社会に復讐するのだとの思いもあるかもしれません。
が、それをすると次から次へと連鎖が始まります。
一度大きな罪を犯すと、例え罪を償って刑務所から出たとしても、生きにくいでしょうね。
本当は罪を償ったらそこで、受け入れ側も対等な気持ちでいけいれるべきだとは思いますが、やはりそこには、差別や偏見が付きまとうでしょうし、恐怖もあるのかもしれません。
更正は本当に至難の業だと思います。

>彼等のような凶暴な人間、不気味な人間、そうした人間に、もっと積極的に関わっていくことが、僕としては非常に有効なのかなと思う訳です。

本当にそう思いますが、理想で終わりそうです。
誰だって、自分が可愛いのですから。
よほどの志に燃える人間がいれば別でしょうけど。
理想と現実の差ですね。

投稿: まるこ姫 | 2009/04/22 17:17

まるこ姫さん、皆さん、こんばんは

e4さんの仰るとおりです。
不幸の連鎖を止めるには、犯罪者の背景ごと理解し、許し合うところから始まるように思います。
罪を憎んで人を憎まず、目には目を歯には歯をでは、不幸の連鎖は終わらないでしょう。
社会の方が寛大の精神で、理解して、反省の機会を与えることが必要だと思います。
全て自己責任に帰するのではなく、社会の要因は無かったのか、社会の方で改善すべきことは無いかを常に問いかけることが、犯罪の少ない社会を作る方向だと思います。
現代は、それを怠っているのではないかと思います。
ストレスの押し付け合いの社会で、犯罪者を罵倒、侮蔑することで、ストレスの捌け口にしている嫌いさえあります。
理想論と諦めてしまうと、何の解決にもならないように思います。

問題人間、粗暴な人間は社会から煙たがられ、それが逆作用となって更に問題を起こす、それが自己主張であり、自己の存在を確かめているのでしょう。
そういう人物、精神的に不幸な人物が生まれたら、社会のシステムとして、公共の仕事として、救済する、矯正するような施策やプログラムが必要のように思います。

時間は掛かりますが、教育の過程で、差別したり、落ちこぼれを許したり、阻害される人間をみて見ぬ振りをしたり、そんなことが良くないこと、人が人として互いに尊重し合い、協力し合うような教育がなされれば、かなり変わってくるように思います。

投稿: 愛てんぐ | 2009/04/22 18:14

度々失礼します。
僕のコメント、どうもまるこ姫さんを不快にさせる要素があったのではないかと、あれから個人的に思いましたので、そうであった場合を想定して謝らせてください。
理想論であることは僕自身よくわかっています。
ただ、僕がこうした理想論を大事にするのには根本的な理由というものがあって、それを上記のコメントには記述していなかったので、書かせてもらいたいと思います。
こうした事件が起きると、メディアも大衆も皆、「被害者の冥福を心よりお祈りします」「このような事件を二度と起こさない為にも一人一人が・・・」「死刑にしてしまえ」そういった反応を確実に示しますよね?
しかし、では、実際問題、こうした事件を繰り返さない為(繰り返させない為)に、果たして僕等は「防止に繋がるだけの直接的且つ具体的な何か」を実行しているのか?ということを問う時、僕はそこにほとんど何も見出せないわけです。
たとえば、上記のコメント中の「彼等への肯定的なアプローチ」だとか「彼等への認識の改善」だとか、そうしたことを僕等の大半は「意図的に」怠っている(拒否している)ように思うんですね。
にも関わらず「被害者の冥福を祈る」「我々一人一人が・・・」というのは、ある意味自己欺瞞であり、被害者への結果論的侮辱になりはしないかと僕は思う訳です。
僕は、彼等のような人間を意識的に差別し(当時は差別ではなく区別だ、などと称していましたが)、関わりを忌避している一方で、「こうした事件を防止する為に何も出来ない自分は無力だ」という認識を同時に所持していたことへの矛盾に、ある時気付きました。「していない」を「出来ない」へすり替える、そうした自身の無意識的改竄行為を知ってしまったんですね。
だから、それ以降から今に至るまで、僕は自分が他者に対して最善を尽くしている場合と、社交辞令としての定形文の必要性がある場合を除き、冥福の祈りだとか、彼等への評論だとか、そうしたことは口にしないようにしています。
(仮にするにしても、自身の中の「自己欺瞞」と汚さを認識した上で行うでしょう。)
まるこ姫さんの仰る通り「人は自分が可愛い」もので、僕も勿論その一人です。だからこそ、「相互理解」という理想は、理想論として機能し続けているわけです。
僕は、当事者意識が、今の人達に恐ろしく欠けている気がしています。
しかし一方で、掲示板内や身近な人間間での、「彼等をテーマにした議論」は、其処彼処で沸き起こる。そして、それを「社会問題の土俵に自分は参加している」と当事者意識と錯覚している。単に自分の身の安全が保障された領域で知的好奇心を満たしているだけに過ぎないというのに。(勿論、全員がそうであると、画一的に語っているわけではありません。)
今僕は、少年院へのボランティアの参加や児童自立支援施設等の見学に参加したりしていますが、(それでも十分ではありませんが・・・)可能な限りの当事者的行動を伴わせた上で、彼等という存在を語りたいと思っています。

念の為に。当事者意識や、自己欺瞞に関して、まるこ姫さんが、そうしたものを所持しているとの否定的メッセージではありませんので、誤解のないようお願いします。
何かまた、長々書いてしまいましたが、失礼致しました。

投稿: e4 | 2009/04/23 21:14

こんばんは、e4さん

愛てんぐさんがとても良い事を書いていらっしゃるので、私のコメントは差し控えましたが、e4さんのコメントは不快でも何でもありません。
人それぞれの意見があっても良いし、世の中のことを一人でも多くの人が真摯に考えて向き合う事が、大事なのではと思います。
謝る事なんて、全然ありませんから。

何かあると、”ご冥福をお祈りします”とは誰もが言いますが、少しも心に響きません。
ただの形容詞、常套句に思えるからです。
自己欺瞞もあり、高じては被害者への冒涜でもありますね。
それも空疎な言葉の羅列ばかりです。

今の日本人は、非常にぶれやすいと感じます。
その人が悪いとなるとよってたかって、いたぶりますが、人間は全部が全部悪い所があるわけでもなく、良い所もあるはずです。
が、一つの人間像を作り上げ、勝手に断罪してしまいます。
やはり、本当にその場に立たないと分からないのだと思います。
被害者や、その家族、加害者や、その家族はその立場にならなければ、本当のところは分からない。
当事者意識が欠けるのも、すべて他人事だからです。
自分の身に降りかからなければ、本当のところは分からないし、動かないのだと思います。
理想から行けば、犯罪者も罪を償えば犯罪者ではなくなるとは頭では考えますが、実際問題自分とは違う世界の人と言う意識も、頭の隅ではあると思うのです。
そして、偏見や差別をあからさまに表わす人も多いですね。
やはり、すべて自分は犯罪者にはならないと言うのが前提にあるのだと思います。
ある意味傲慢でもありますが。

>身の安全が保障された領域で知的好奇心を満たしているだけに過ぎないというのに

私もそう思います。
ほとんどの人が自己満足しているだけだと感じます。
自分は崇高な理念を持っている、考える事はちゃんと考えているのだと。
でも、自ら飛び込む事はほとんどの人はしないでしょ?

e4さんは、実践できる人なんですから、どうぞ色んな体験をして、その中から真理を見出してください。
頭で考える事は誰にでも出来ますが、中々実体験は出来るものではありませんから。

投稿: まるこ姫 | 2009/04/23 22:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/15125336

この記事へのトラックバック一覧です: 立てこもり犯投降したけど、警察の対応は?:

« プロミスの業績予想さらに下方修正(BlogPet) | トップページ | さすが中国!食用油の世界でもあった »