« NHK、受信料50円値下げのセコサ、ショボサ | トップページ | 『投票ぴったん』で試してみよう、自分の意識を »

2007/07/26

公務員の給料引き上げ、人事院が勧告しました

6年ぶり引き上げ勧告へ
国家公務員月給で人事院-民間をわずかに下回る公算

そもぞも人事院勧告ってなに?
スト権が無いからそういう制度が出来た?
権利はあっても民間で行使する会社なんてほとんど無い。
なぜなら、行使したら労使共々困るから、もしくは潰れてしまう。

民間をわずかに下回るからって、どうしてすぐに上げる方向へ行く
のだろう・・・・・
民間は誰も勧告してくれないばかりか、従業員の給料をあげる
より設備投資をしたり、株主を優遇したりでさっぱり給料に反映
しない。

債務残高が世界の国と比較してダントツに大きいのに、834兆円
もの国の借金がありながら、これで公務員の給料が上がるとなると
又、莫大な借金が増える事になる。
借金が少しでも減っていく姿が見えれば、給料値上げも良いだろう。
うなぎのぼりに増えつつあるこの国で、給料値上げは笑止千万。

この国の政府は本当に危機感があるのだろうか?
国の財政を立て直すためには、体制側が一丸となって少々苦しい
思いをしても、遂行するのかと思っていたら何のことは無い。

国民に痛みを押し付ける前に、まずは自ら痛みを共有して欲しいと
思っても、すぐに人事院なる第三者機関が介入して来て、民間より
低いから給料を上げろと勧告してくる。

公務員はスト権など労働基本権が制約されているため、人事院が
勧告するというけれど、バブルが弾けて以降中小企業では労働組
合さえなくなり、スト権を行使すれば会社は潰れかねない現状だ。

民間にも勧告してれる人事院が欲しいなんてね(笑)

>「従業員100人以上」から「50人以上」の小規模企業へ42年
>ぶりに変更。この結果、景気回復による民間賃金上昇にもかか
>わらず平均月給は38万1212円(平均40.4歳)、期末・勤勉
>手当(ボーナス)は年間4・45カ月のまま据え置かれた

>これを受け同院は民間との格差を是正するため

その民間ってどこを基準にしていっているのか。
輸出で潤っている大企業や、中小企業でも正社員は恵まれている。
大企業は確かに景気が良いだろう。
ボーナスも年間何百万も貰い、厚生福利もしっかりしている。

しかし、こんな恵まれた人間はごくわずかだ。
日本の中小企業は、正社員中心に動いているわけではなく派遣や
契約社員、パート、アルバイトが企業の大部分を占める今の現状だ。
その人たちの年収といえば、ほとんどが300万に届かない。。

国の大部分を占めるそういった人達の年収は眼中に無いのね。


☆ーーー☆ーーー☆ー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーーー☆
              愛の一押しを切にお願いしますm(__)m
               苦戦してます^_^;



にほんブログ村 ニュースブログへ  ← クリックしてね(^^)




☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪




|

« NHK、受信料50円値下げのセコサ、ショボサ | トップページ | 『投票ぴったん』で試してみよう、自分の意識を »

コメント

まるこ姫さん、こんばんは。
この人事院勧告、私も公務員なので恩恵を受けるのか?と、思いきや、今、地方公務員にはあまり影響がないことが予想されます。
私の住む北海道では、財政再建のため、独自に5%の給料が削減されています。以前の人事院勧告において水準が下げられたのを合わせると、15%削減されているのです。
今回、水準が引き上げられて喜んでいるのは、財政が黒字の自治体の公務員と、国家公務員ではないかと・・・。
この時期に、水準を引き上げるというのはいかがなものかと私も思いました。国が800兆もの赤字を抱えている状況で、公務員の給料を上げておいて、増税しますなんてことになったら、それこそ世論を敵に回してしまうでしょう。

投稿: ユウ | 2007/07/26 18:46

まるこ姫さん、皆さん、こんばんは

公務員の給料が民間より僅かに下回った!?
民間は景気拡大にもかかわらず、人件費を抑制していて、給料は上がっていないはずである。それなのに、逆転するというのはどう考えてもおかしいですね。
2005年度の国家公務員の平均年収は628万円(地方公務員が707万円)です。
2005年度のサラリーマンの平均年収は国税局の調査では、436万円だそうです。
200万円近く、国家公務員の方が年収が多い結果となっています。
国税局の方が人事院より、実態に近いように思います。

人事院は「全国の従業員50人以上の事業所約5万4000カ所のうち約1万200カ所で4月分の月給などを調査」しているそうですが、都合の良いデータばかりをピックアップしているとしか考えられません。
国税局で全数調査をしているならば、人事院で調査の必要性は無いのではないでしょうか。

人事院は内閣の所轄にある独立行政委員会で、3人の人事官と事務局697人で構成されています。人事官は内閣によって任命され、歴代の人事院総裁を見ると、元高級官僚ばかりです。
高級官僚がトップているようでは、官僚たちに対して、適正な業務遂行は困難なように思います。人事官は事務局や民間から任命する方がより第三者の視点となり、適切のように思います。

国が800兆円以上の巨額赤字を抱えていながら、人事院勧告制度に則っているなんて、高度経済成長時代の遺物をいつまで後生大事に抱えているのでしょうか。
日本が破産するかも知れないのに、悠然と過去の遺物を継承しているなんて、危機感の欠如も甚だしいです。
累積赤字が無くなるまでは、即刻、この制度を廃止すべきです。

こういった大きな転換が断行できるのは、既得権益にしばられない、しがらみのない野党です。

投稿: 愛てんぐ | 2007/07/26 19:07

>こんな恵まれた人間はごくわずかだ。

働く側はあくまで条件を上げるための発言だけをすればいいのであって、「そんなことをしたら会社が危うくなる」という発言は、経営者側が(ホントにそうなのかの証明を含めて)その責任において言うべきことだと思います。

従業員から「給料は上げなくてもいい」とか「サービス残業するよ」とか言い出してしまったら、それは大企業の論理に飲み込まれると思います。ガマンをしすぎる国民性が、そもそもの問題のような気がします。

#もっとも、自分もそういう国民性になじんでしまっているので、その「強いものに流される」国民性がキライというわけでもないんですよねぇ(^^;)。

投稿: ちゃいにーず | 2007/07/26 19:46

★ーーこんばんは、ユウさん

ユウさんにはちょっとコメントし辛いかもしれませんね。
ただ、一公務員を責める記事ではないということを
ご了承ください。
公務員には罪は無いのです。
この財政難の時代に政府のやり方を、疑問に思った
ものですから。

財政改革といいながら、国が大赤字の責任は誰も取らず
そして、まだ給料アップと言うのは、話が違うような気がします。
地方公務員なら、独自に地方自治体でお給料は決められる
科も知れませんが国家公務員はそうも行きませんね。
国こそ、もっと国民に痛みを押し付けるのではなく
自ら痛みに耐えて欲しいです。
やはり増え続ける財政赤字をいつも頭において公務員の
給料アップが妥当かと考えていただきたいです。

国家公務員の数を減らすのも改革の一つかも知れませんが
それより痛みを分かち合うのなら、給料を抑えるもしくは
削減の方向へ頭を切り替えていただいたら、風当たりも
少しは和らぐのではないかと思ったりしています。


★ーーこんばんは、愛てんぐさん

民間の給料が上がったとは思えませんね。
ボーナスの何百万円とかは、一部の大企業の話です。
それかIT企業とか。
中小企業はまったくその恩恵を与えてもらっていません。

バブルが弾けて民間は本当に年収が下がりましたよね。
そして未だに上がったような実感はわきません。
やはり、年収にしたら公務員の方がダントツに良いでしょうね。
その差はすごいあると思います。

それが逆転したとは・・・・・
どういう調査方法なんでしょうね。
私もからくりがあると思います。
人事院と言うのは、いつも都合の良いような調査をして
いると思ったら、天下り組織ですか?
それなら、納得がいきます。
第三者機関といいながら、みんなツーといえばカーと
答える人たちばかりなのですね。

843兆円もの赤字を抱えて、どうして給料アップという
発想に行くのでしょうか?
しかも民間より大幅に給料が低いならいざ知らず。
700万円前後の年収がありながら、しかも税金で賄う
費用が民間より高いとは、納得がいきません。

給料アップは、赤字幅が大幅に低くなってからしても
いいと思いますよ。。
まったく危機感の無い人事院勧告と政府ですね。

投稿: まるこ姫 | 2007/07/26 20:03

こんばんは、ちゃいにーずさん

今は正社員の数は激減していると思いますよ。
派遣や契約社員が増えている昨今は、正社員は
恵まれていると思います。

>働く側はあくまで条件を上げるための発言だけをすればいいのであって

良く分かりません。
条件を上げるための発言ってなんでしょう。。。。

労働組合がしっかりしていた時代なら、条件を上げるための
発言も出来たでしょうが、この時代にそういう発言が個人で
出来るでしょうか?
それを言えば、変えは幾らでもいるといわれるでしょう。
使い捨ての時代ですよ、今の政策なら。

我慢をしたくなくても、しなければ生き残れない時代に
やはり、公務員の給料アップは恵まれすぎていると思いますが。

サービス残業だってしたくありませんよ。
給料は上げて欲しいですよ。
本音で生きられたらどんなに良いか分かりません。

投稿: まるこ姫 | 2007/07/26 20:39

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
人事院勧告で給料を頂いたものですから、よくわかります。人事院勧告って不思議なものです。
仕事が多くても、少なくても、お馬鹿でも、均等に上がってきますから、社保庁のように怠け者にはいいものです。本当にやる気のある人は、ある段階で自立していく人も多いです。
 ただ、大半はエスカレータに乗っていく人がいますね。
 今の時期に、人事院勧告でベースアップするのはでもオカシイですね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2007/07/26 21:21

こんばんは、くまさん

そうですか。。。。
お役所は能力主義ではなく、年功序列なんですね。
小説などでは、どんな変人でもどんなに仕事を怠けてても
一律にお給料が上がる話が多いです。
やらない人の方へ巻き込まれていくとか・・・・
能力がありすぎても、異端児扱いだとか・・・・

やる気がある人は出るくいは打たれるで居心地が
悪いのかも知れませんね。
のらりくらりとやっていれば、お給料が貰える。
やる気のある人は疎まれる。
これでは飼い殺しですね。

しかし、人事院はどういった基準なのか、すぐにベースアップ
を、勧告する機関なんですね。
民間より、数段良い公務員、財政大赤字の政府。
それなのに、お給料アップを勧告されて公務員天国ですね。

投稿: まるこ姫 | 2007/07/26 21:46

まるこ姫様、こんにちわ。  この時期に、『給料upしてあげようか?その代わり選挙では、わかっているだろう、ウイ奴じゃ』そんな感じもします。2002年に国際通貨基金から2010年に財政破綻警告?見たいなものを受けています、内容は公務員、会社員、問わず身も凍るものでした、人事院勧告は警告を無視していますね、そして社会保険丁の解体時期と一緒なのは、偶然でしょうか?計画的に財政破綻させ、国債、年金、社会保障を無効にすると言われてますが、納得できます。 余分な金は一円もありません、政府自民党と一緒に自殺したくありません。

投稿: 赤いとら | 2007/07/27 17:44

こんばんは、赤いとらさん

この時期に勧告しますかね。
反発必至なのにね。

そっか~選挙目当てですか?
でもそういう場合ではないような気がします。
一部の人の利益ではなく、長い目でこの国を見たら
国民だけではなく、公務員も議員も官僚も痛みを分かち
あって欲しいですね。
税金で押し付けるのではなく。

この国の長はまだまだのんきに構えているのでしょうか?
一国の猶予も無いと考えれば、人事院の勧告は
危機感がありませんね。

>計画的に財政破綻させ、国債、年金、社会保障を無効に
>すると言われてますが

怖いですね。
これが考えられるから、若い人たちは年金を払いたく
無いのですかね。
財政破綻しないためにも、抜本的な改革をしないと
太刀打ちできない気がします。
自民党は小手先の対策ばかりです。

どこかしがらみの無い党が大鉈を振るわなければ
改革は出来ないと思います。

投稿: まるこ姫 | 2007/07/27 21:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/15906493

この記事へのトラックバック一覧です: 公務員の給料引き上げ、人事院が勧告しました:

» NEWS 人事院勧告・・の反応 [月日は百代の過客にして]
NEWS 人事院勧告・・・ についてけっこうコメントをいただいて、こんなブログでも読んでもらってるんだなって意外に思っています。実はみんな知り合いかな? 俺様のコメントに対する意見ですが本文にものっけておこう... [続きを読む]

受信: 2007/08/06 11:14

« NHK、受信料50円値下げのセコサ、ショボサ | トップページ | 『投票ぴったん』で試してみよう、自分の意識を »