« 緊迫するミャンマー、とうとう恐れた事が! | トップページ | 真実を消すな、教科書検定に怒りの声 »

2007/09/29

法相の「死刑執行見直し」発言、それで良いのか?

問題を提議します。

先日の鳩山邦夫法相の発言をどう思われますか?
*************************************************
鳩山邦夫法相は25日、内閣総辞職後の記者会見で、死刑制度
について「判決確定から半年以内に執行するという法の規定が
事実上、守られていない。法相が絡まなくても、半年以内に執行
することが自動的、客観的に進む方法がないだろうか」などと述
べた。法相の信条や宗教的理由で左右される現状に疑問を呈し
た形だ。
**************************************************

このニュースを受けて、いろんな方がブログを書いていた。

*ーー死刑囚だから、そんなことは当然だ。
*--死刑判決を受けた以上、生かしておくのはおかしい
*--法治国家だからこそ6ヶ月以内の執行ルールを守るべき
*--死刑囚の服役にかかる刑務所の経費も浮くわけだし
*--良くぞ言ってくれた。

結構、鳩山法相の考えに肯定的な人が多かった様に思います。

ここからは、私の個人的な考えです。
全然違う考えの方もいると思うし、いても良いと思います。
あなたの考えを、ぜひお聞かせください。

私は、人一人を国家が殺す権利を持っている死刑制度で、いくら
死刑囚でも自動的に、ブロイラーではあるまいしハイ、お次、ハイ
次の方と、順番に執行するのは反対です。

死刑囚だから、それは当たり前なのでしょうか?
人の命を奪ったのだから、自動的で当然なのでしょうか?
歴代の法相で一度も判を突かなかった人がいます。
宗教上の理由とは言いますが、どんな人でも人を殺す判を押す
のは嫌でしょう。
嫌というのなら、現場で執行する人はもっと嫌だと思います。
それが仕事とはいえ、苦しみぬくそうです。
あまりの心の重さゆえ、執行官の心が壊れる人もいると聞きます。

それでもわが国は、死刑制度を選択しているわけだし、法相は苦し
んで、苦しんで悩みぬいて判を押すのでしょう。
逃げるのなら、なんで法相になったのでしょう。

そんなに嫌なら死刑廃止を訴えれば良いのです。
鳩山さんは、逃げている。

それに冤罪があった場合どうなるのでしょうか?
自動的に処刑された跡に、冤罪と分かったら運が悪かったと言う事
に、なるのでしょうか?
人の命はそんなに軽いものではないと思います。
死刑囚の人が自分が殺した人の命の重みを考える意味でも、牛や
馬を殺すように自動的に処刑はされて欲しくないです。

それでも、死刑囚と決まった以上は自動的に処刑されて当然
でしょうか?


☆ーーー☆ーーー☆ー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーーー☆
              愛の一押しを切にお願いしますm(__)m
               苦戦してます^_^;



にほんブログ村 ニュースブログへ  ← クリックしてね(^^)




☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪




|

« 緊迫するミャンマー、とうとう恐れた事が! | トップページ | 真実を消すな、教科書検定に怒りの声 »

コメント

まるこ姫さま こんはんば。(^^)

 僕の見識がどこまで客観的であるかについては自信がありませんけれど、それを踏まえたうえで申し上げます。
 まるこ姫さまのおっしゃることが、「とても公正」であり、「正しい可能性が大きい」と思えます。

 僕は現行の制度に著しい問題があるようには思えません。(無論、死刑というもの自体が問題ということになれば、話は別ですけれど)
 あくまでも運用の問題です。

 おっしゃるとおり、法務大臣がその責務を果たせばよいだけのこと。法務大臣は死刑の責任を被る。それが仕事です。

でわまた…。

投稿: あゆざかけい | 2007/09/29 18:27

こんばんは。
この問題は確かに賛否両論が分かれますね。
私の立場は、法務大臣になる方は、こうした職務があることを理解し、6ヶ月以内に執行しなければならないルールを遵守する覚悟がなければならないと考えます。
執行する上での心情、苦悩は計りしれませんが、ルールはルールです。法治国家である以上、法を遵守していくことが大事だと思います。
宗教上の理由で判を押さなかった法務大臣に対して、私は、「だったら引き受けるなよ!」というのが率直な想いです。
そして、このルールと死刑制度の賛否は別の問題として考えなければならないと思います。

投稿: ユウ | 2007/09/29 19:28

まるこ姫さん、皆さん、こんばんは

死刑制度の是非は別にして、
現在、死刑囚100人のうち、36人が無罪を主張しています。
有名なのが袴田死刑囚です。
先進国で死刑制度のあるもう一つの国、アメリカでは、124人の死刑囚の冤罪が判明し、揺れています。
保存されていた証拠を、DNA鑑定等の科学技術の進歩によって、事実が覆ったためです。
日本では、証拠が無くても自白を最大尊重するケースが多く、冤罪の危険性が指摘されています。
自分のはんこで一人の人間を死なせるのはいい気がしないのは勿論、
冤罪のことも考え、大臣は処刑の印鑑を押せないのだと思います。
6ヶ月規定は処罰はなく、強制力がないのも、裁判が100%真実とは言えないという点を考慮しているのかも知れません。

刑の執行は行政の責任者が行います。死刑以外は検察官が行い、死刑のみ法務大臣が行います。
刑の執行は人が行うものであって、機械的に順番や、乱数表でなど、人の命に関することを物のように取り扱うことは以ての外だと思います。

こういうことを考える際には、他人事として評論家にならず、
自分が法務大臣ならと考えなければいけないと考えます。
私は、はんこを押せません。

鳩山法相の本音は、はんこを押すのがイヤなんだと思います。

投稿: 愛てんぐ | 2007/09/29 19:53

こんばんわ。
自分は、「死刑執行見直し」は、絶対に反対ですね。
もし、「見直し」が決定していたら、完全に「無期懲役」と同じ法律になってしまいます。
それに、「被害者の家族」たちも、「遺憾の意」を表すでしょう。
そうなることは、絶対に良くないし、「遺憾の意」を感じます。
それにしても、「鳩山法相」は、何を考えているのでしょうか。
あまり、「余計な法律」を建てない方が良いと思います。

投稿: H.K | 2007/09/29 20:04

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
法務大臣の権限ですから、難しいですね。
署名したくないからと言うことでしょうが、法律が改正されない限り無理ですね。
ただ、例の死刑反対弁護士集団で話題になっている
あの裁判で死刑が確定したら、死刑を執行して欲しいと思います。
 再審になるかどうかが問題です。
難しい問題ですね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2007/09/29 21:06

問題の本質は、死刑の執行命令書にはんこをつくのが心情的にいやだとか、免罪の問題があるので慎重にしなければならないとか言うことではなく、近代国家の基本理念たる三権分立の問題です。人を法的に裁くのは司法の役割で、行政は絶対にこれに介入できません。ところがどういうわけか死刑に関しては刑の決定は司法が行いながらその執行は行政権力たる法務大臣にゆだねているように見えます。もし政府が政治的理由で死刑にしたくなければ、司法の決定に反してはんこをつかず、死刑執行をサボることも可能かのようです。現に死刑制度に反対の信念を持っているある法務大臣が、自分は絶対にはんこをつかないといったとか。これでは司法権が行政権によって侵されることにならないでしょうか。これは由々しいことであります。死刑の存廃はもちろん大いに議論を尽くし慎重に決定すべき課題ですが、現行制度においては鳩山大臣の提起したことは確かにひとつの深刻な問題であると考えます。

投稿: やまとのかみ | 2007/09/29 22:19

とても難しい問題です。
死刑がある国は数カ国と聞いております。
人間が人間を裁くわけですから色々な問題や意見が出てきて当然の事と思います。

某、宗教では弁護士や裁判官を一番悪とする職業にされてるそうです。人間が神の行為を行うからだそうです。

ただ、そういう事を踏まえて考えても、もし被害者の家族の気持ちになりますと、、、
親、兄弟、、殺された遺族の気持ちになりますと
きっと早く執行して欲しいと思います

日本は無期懲役と死刑の差がありすぎるような気も致します

投稿: そら | 2007/09/30 00:41

おはようございます、あゆざかけいさん
お返事遅くなってすみません^_^;

私の考えが公正であるかどうかは、まったく
自信がありませんが、皆様のご意見はどうなの
かと。
難しい問題ですから、感じ方も色々だと思います。

私も今の制度自体で考えれば、著しく問題が
あるようには思えません。
日本は死刑制度を選択しているわけですから。
ただ運用の問題があるだけで。
法務大臣は、死刑の判を付く事も仕事のうち
と考えて引き受けたのでしょうから、自動的に
なんて考えずに、自分で苦しみぬいて判を押して
欲しいです。
それが、死刑囚、執行官にも仕方が無いかと
消極的にも納得してもらえる最低限のやり方
ではないかと思います。


★ーーおはようございます、ユウさん

賛否両論分かれるでしょうね。
ニュースを受けて、ブログで書かれているのを
読んでみても、自動的にと考えている方も
大勢いました。

死刑制度を取り入れている以上は、ルールに乗っ取って
運用するのは筋なんでしょうが、過去の大臣達も
ずるずる引き延ばして来た現実は、やはり人の
生死には出来るだけ、係わりたくないとの考え
なんでしょうね。

私も、宗教上と言って判を押さなかった大臣は
逃げていると思いますけど、心情は分かりすぎる
位、分かります。

私自身、死刑制度賛成だけど、死刑のボタンを
押すのは絶対に嫌だと、矛盾した考えがありますから。

これをいい機会に、日本中で考える問題だと
思いますね。
死刑制度をどう考える、どう運用する、根本を
考える事も必要でしょうね。

投稿: まるこ姫 | 2007/09/30 08:22

まるこ姫様こんにちわ。  法相は、政府自民党から選ばれてますが、自民党自体を信用できないのに、法相を信用できるはずありません、仮に金銭問題等起こした法相に死刑されたらたまりませんね、自民党に執行権利まで与えたと思っている有権者も少ないと思います、そもそも議員のドラ息子等が死刑判決受けた場合、正常に機能しないでしょう・・・私が冤罪事件から思うことは、犯罪を繰り返していると間違われることもあると言うことです(袴田さん、だけは別)小さな犯罪でも起こすな!的な警鐘と思います。

投稿: 赤いとら | 2007/09/30 08:40

おはようございます、愛てんぐさん

人間のやることですから、完璧にとは行かないでしょう。
冤罪も起こりうる問題です。
特に日本の場合は自白偏重主義が高じて、相当
自白を強要した過去の経緯もあるわけですから。。

>6ヶ月規定は処罰はなく、強制力がないのも

そうなんですか?
知りませんでした。
だから過去の法相で判を押さなかった人も
いたのですね。
良く分かりました。
人間としては、判を押したくないのは誰にでも
ありますから。
しかし、法相として誰も判を押さなかったら
死刑制度の意味がなくなりますよね。
法を実行するか、人間としての気持ちを優先するか。
判を押す事を前提にして大臣になったわけですから
自動的になんて安易な考えにはなって欲しくはありません。
やはり死刑囚と言えども、人の命は重いですよね。
牛や馬を殺すがごとくのやり方は絶対反対です。

私も矛盾していますが、判は押せません。
人は自分の犯した罪を身をもって償って
欲しいと考えている人間ですが、それでも
人の生き死にに係わる事は嫌ですね。

鳩山さんも法相の仕事は、死刑執行の判を押す事も
仕事のうちと考えれば、そんなに嫌なら大臣を
引き受けなければ良かったのにと思います。
決して自動的になんて言葉は言って欲しくなかったです。


★ーーおはようございます、H・Kさん

法相は、自分で判を押したくないだけと思いますよ。
快楽主義者で無い限り、誰だって自分の手で判を
押したくないと考えるのは当然ですよ。
しかし、法相としてはその仕事も仕事のうちと
認識して引き受けたわけだし、自動的にとか
乱数票でとかの発言は、人間を冒涜していると
感じます。

被害者の遺族の方で、ごく少数ですけども
加害者の死刑で、自分の心は救われなかったと
発言していらっしゃる方もいます。
私は、自分の身で罪を償って欲しいと考える
人間ですけど、死刑になっても心が救われない
と、感じる遺族の方がいるという事がわかって
最近は自分自身、死刑制度是非の葛藤しています。

投稿: まるこ姫 | 2007/09/30 09:01

★ーーおはようございます、くまさん

鳩山さんも例外ではなく、判を押すのが
嫌なんでしょうね。
しかし、自動的にとか乱数票で執行との
発言自体が、命の重みを軽んじているように
感じます。
法務大臣が言ってはならない言葉のように
思います。
そもそも、鳩山さんが法務大臣としての資質が
あるのかどうかも疑問です。

今話題になっている死刑反対運動の先鋒の
方々の論理にはついていけませんね。
自分達にしか分からない世界感があるように
思って、反発を感じますよ。


★ーーおはようございます、やまとのかみさん
初めまして、コメントありがとうございます。

私たちのように感情論ではなく、法律の観点
からのコメントですね。

三権分立ですか。。。。。
介入できない問題ですね。
だからこそ、その理念が尊重されるわけですよね。
最後は、法務大臣が判をつかなければ死刑執行が
出来ないわけですから、思想や個人的な理由を
前提に、判を押さないのなら法務大臣になるべきでは
無いでしょう。

パンドラの蓋を開けた鳩山さんですから、これから
非難を受けるでしょうけども、ぜひ死刑執行制度を含めた
議論をしていただきたいですね。
しかし、法相がこんな軽々しい発言をするとは
思ってもいませんでした。
人間は、牛や馬ではありません。


投稿: まるこ姫 | 2007/09/30 09:41

★ーーおはようございます、そらさん

とても難しい問題ですね。
しかし、死刑制度を選択している日本ですから
その中での運用を考えていかなければ。。。。

人が人を裁く。
なんと傲慢で恐ろしい事でしょう。
人は神ではありませんから。
だからこそ慎重に、法務大臣は苦しみぬいて
判を押すべきでしょう。
機会のごとく選ぶのは、私は納得が行きません。

ほとんどの遺族の方は早く執行して欲しいと
願っているのでしょうが、それで心が開放する
のか、癒されるのか、それが知りたいです。

やはり、死刑と無期懲役の間は無限にありますね。
そこを考えないといけない問題でもありますね。


★ーーおはようございます、赤いとらさん
昨日は失礼しました。

やはり法相の資質の問題もありますね。
本当に一つの判を押すのも悩み苦しむような
人ならともかく、鳩山さんのように自分の仕事を
軽減するようなやり方、自動的にとか乱数票にとかを
口に出す事事態、命を軽く考えていると思えて
しまいます。
そういう人は信用できませんね。

大物警察官や大臣の息子や娘だと、事件も
もみ消すと巷では言われていますよね。
死刑執行ともなれば、絶対判は押さないでしょう。
やはり、人情が入ると思います。
鳩山さんは死刑囚だから、何をやっても良いと
牛や馬のように殺されて当然と考えているとしか
思えません。

やはり、今でも冤罪は起こりうる問題だと
思いますね。

投稿: まるこ姫 | 2007/09/30 09:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/16608694

この記事へのトラックバック一覧です: 法相の「死刑執行見直し」発言、それで良いのか?:

« 緊迫するミャンマー、とうとう恐れた事が! | トップページ | 真実を消すな、教科書検定に怒りの声 »