« 亀田大毅、謝罪会見なのに一言も喋らず | トップページ | 家の玄関の前で襲われる、恐ろしくもいびつな社会 »

2007/10/18

美しい国会議「経費高過ぎて無駄」また税金の無駄遣い

そう言えば、niftyって亀田オフィシャルサイトってあったよなぁ
どうなったのだろう。まだやっているのだろうか?

美しい国会議「経費高過ぎて無駄」=福田首相
今更何を言っているのだろう。。。。。
初めから、美しい国会議ってのがあやしい。
美しい国、何を持ってして美しい国なのか。

今の社会、何をとっても美しいものを探すのさえ至難の技と
言えるのに、安倍さんは美しい国に固執した。
美しいものがないからこそ、美しいもの探しに奔走したのだろう
か?

「美しい国づくり企画会議」で4900万円
財政難、財政難と言う割りに首相自ら無駄遣いをしていた。
安倍さんにとっては表面的なものが美しければよいのだろうけど
それに付き合わされた国民は泣くに泣けない。
財政赤字に4900万円もプラスされてしまったお坊ちゃまの道楽

美しいもの探しで4900万円が消え、福田さんは経費高過ぎて無
駄だと、ばっさり切り捨てたそうだ。
あれだけ、お金をかけて無駄だって?
はぁ・・・・・・・・ため息ばかりがでてしまう。

お坊ちゃまの道楽と言えば、国会会期中に政権を投げ出した事が
一番の道楽だろう。
約3週間もの間空転した国会。
一日につき、3億円もの国会運営費が消えた。
3週間だから、どれだけ税金が無駄に使われたかが分かるでしょ?

お坊ちゃまの道楽は、庶民からは計り知れないものがある。
安倍さんは うつ状態は治ったのだろうか?

うつ状態といえば、朝青龍と言い、亀田と言い、日頃傍若無人
な立ち居振る舞い。

そして人を人とも思わぬ不遜な態度を取り続けた挙句、とうとう運が
尽きてしまった。
そうしたら今度はうつ状態だって?

何かあると擁護する人間が出てくる。彼はうつ状態だって
うつ状態ってなんと都合の良い言葉だろう。
身から出たさびと思える事でも、病気にして同情を引こうとする。
病気の人間に、これでもかとムチを打つわけに行かないもの。
敵は心理状態を良く知っているわ。

ウツとは対極にあるとしか思えない朝青龍と亀田。
その人間がウツと言われても、ホントかいな?

しかし、本当にウツで苦しんでいる人たちはなんと思っているのか。
そこの所が知りたい。


☆ーーー☆ーーー☆ー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーーー☆
              愛の一押しを切にお願いしますm(__)m
               苦戦してます^_^;



にほんブログ村 ニュースブログへ  ← クリックしてね(^^)




☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪



|

« 亀田大毅、謝罪会見なのに一言も喋らず | トップページ | 家の玄関の前で襲われる、恐ろしくもいびつな社会 »

コメント

まるこ姫さん、皆さん、こんばんは

「花~すべての人の心に花を~」で知られる
民主党の喜納参議院議員の質問で分かりました。
またしても、民主党のお陰で情報公開です。
職員9人の人件費約1600万円、事務所費約3100万円
役所の人間、役所内でやれば、0円ででしょう。
交通費等、大目の予算で、キックバックがあったのでは、
とあまりの高額に疑いますね。

美しい国づくりは罪ばかりで、功といえば、今の日本が美しくない、汚いと再認識させてくれました。
それも長期にわたって自民党政権が日本を美しくない(醜い)日本へと導いてきたことを。

自民党はこんな中でも消費税をアップしようとしています。
こういう無駄は至る所であるでしょう。
人事院の給料アップの勧告がありますが、
民間より3割は高給です。
ODAで、パシフィックコンサルタンツの不正などもそうです。
外郭団体ゼロベースで見直すなどすれば、
3割はカット出来るでしょう。

会議録を見ると、今の恥知らずの日本、ゴミだらけの富士山、
政治不信などの本質について議論せず、
表面的な美しさばかりで、お遊びのようなものです。
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/utukusii/index.html
有識者を見ると、平山郁夫をはじめ、山内東大教授、岡田投影社長、田中直樹、荻野アンナ、中西京大教授、弘兼漫画家でした。

亀田大毅、朝青龍とも、やりたい放題して、
スポーツ精神は全くなく、勝てば何しても良い。
追い込まれれば、勝つためには何でもする、違反しても。
上手く行かなかったら、すねて、だんまり。
同情する必要はないと思います。

小泉元首相の規制緩和してからの、弱肉強食社会で、
ホリエモンのように、何をしても勝てば良いという
風潮が蔓延しているように思います。
モラルの意識が著しく低下しました。

投稿: 愛てんぐ | 2007/10/18 19:17

こんばんは、愛てんぐさん

そうなんですか?
民主党の質問ですか?
メディアではねじれ国会と言って、すごい悪い事の
様にいつも言っていますが、私は国民にとっては
すごい良い事だと思っています。
まずは情報公開を少しずつするようになったことです。

美しい国づくりって、夢のようなネーミングですが
現実とはかけ離れて、政官業何をとっても美しく
ないですよね。
その中でも、自民党政権が長年続いた結果
今の、何をとっても膿が噴出している社会であり
政治の世界。
私の心にはいつも虚しく響いていました。

消費税アップもやむをえないとは思いますが
それも、色んな無駄を省いてからですよ。
天下り談合体質、全部放置しておいて私たちに
だけ、痛みを押し付けるのは絶対反対です。
国営の天下りバンクってひどいですよね。
そんなことが平気で通過する議会も変ですよ。

まずは公務員、議員、官僚から痛みに耐えて
頂きたいです。

有識者会議は絢爛豪華な割には中身が伴っていない
見たいですね。
ただのお飾りですか?

朝青龍、亀田って、通じるものがありますね。
やりたい放題を許してきた回り、そしてどんどん
増長、暴走する本人。
上手くいかなくなったら、病気?になる。。
それで許されるとしたら、もう最悪です。
ごり押しの世界ですね。

私の本音は、朝青龍も亀田も見たくありません。
TVに出てこなければ良いのに・・・・

何をしても勝てば良い世界なんて見たくありません。
それに迎合する人間も山のようにいるし

投稿: まるこ姫 | 2007/10/18 19:56

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
安倍さんの無駄が今頃になって出てきました。
福田康夫氏は無難です。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2007/10/18 21:32

こんばんは、くまさん

無駄遣いもいい加減にして欲しいですね。
自分の持論の美しい国ですけど、会議にどれだけの
お金がかかっているのやら・・・・

消費税アップの話がチラホラ出ていますが
まずは、自分達が無駄遣いに注意して欲しいです。

福田さんは相も変わらず、のらりくらり。。。

投稿: まるこ姫 | 2007/10/18 22:05

こんばんは。
鬱状態を経験した私の意見って、ちょっと重要かもしれませんね(笑)
さて、亀田の問題にしても、朝青龍の問題にしても、鬱病をこんなところで持ち出して欲しくないという気持ちがあります。鬱病に対する理解がまだ、浸透していない中で、こうしたセンセーショナルな形で報道される事によるマイナス効果を危惧しています。
その一方で、本当に鬱病ならば、私はそっとしておいてあげて欲しいという気持ちもあります。マスコミの騒ぎには、ちょっとうんざりしています。どちらの問題も、マスコミが持ち上げた部分だってあるのに、手のひら返したように責め立てる様は見ていて、不愉快です。
どちらにしても、私は正直、マスコミの無責任さが一番の悪なのではないかと考えています。

投稿: ユウ | 2007/10/18 23:17

こんにちは、ユウさん

そうですよ。貴重です(^^)

私もそう思います。
ウツを軽々しく出しすぎだと。
ウツでも個人個人違うと思うのです。
そして、本当の所、よく分からないんですよ。
彼らが、簡単にウツを持ち出すのはなにか
自分達の身の不始末を病気に転嫁してして
いるのではないかと、疑ってしまうのです。

うつ病って一週間くらいでなってしまうのでしょうか?
その前にも伏線があれば別ですが、その前には
わが世の天下のようにしてきた人間がいきなり
病気になるのかがとても疑問に思えたものですから。

本当に病気ならそっとしておいて上げるのは
当然のことでしょうね。
それを引っ張り出してまでもとは思いますが
今までの言動が言動だけに仮病を疑っちゃうんですよね。

いずれにしても、今までの勝てば官軍と言った
TV局やマスコミの対応が、ここまで亀田親子を
暴走してしまったわけですから、責任は重いと
思いますが、マスコミは全然責任を感じているとは
思えません。
行き過ぎた迎合や、行き過ぎた宣伝は、私としては
とても不愉快でした。
もう亀田親子は見たくありません。
出てこなければよいのに。。

投稿: まるこ姫 | 2007/10/19 16:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/16798404

この記事へのトラックバック一覧です: 美しい国会議「経費高過ぎて無駄」また税金の無駄遣い:

« 亀田大毅、謝罪会見なのに一言も喋らず | トップページ | 家の玄関の前で襲われる、恐ろしくもいびつな社会 »