« 最近やけに消費税アップを叫びだした政府 | トップページ | 奨学金予算削減へ、その前に返しとけば良かった »

2007/10/28

この国は官僚天下、政治家はお飾りなの?

どうもこの国は、官僚が国を動かしているらしい。。

薬害エイズや薬害肝炎、厚労省、防衛省の官僚キャリアの談話を
聞いていたら、のらりくらりと話をかわす。
そして、国会答弁での大臣の話も官僚がメモを回したりして、危ない
話をさせないようにしているのも目に付く。

政治家が厚労省に立ち入り調査に入ろうとしても、ここから先は入る
な、とカメラを前にしても言っている。
役人が強大な力を持ち、政治家の言う事を聞かない。
現に重要な話でも、官房長官は聞いていなかったという。
そして、この国のトップである首相すらも蚊帳の外。
厚労省も防衛省も、課長級クラスで隠蔽してしまって上に上げない。

だから国会答弁でも首相さえ知らない話になってくる。
テロ特措法、当時80万ガロンもの給油をしていたにもかかわらず20
万ガロンと改ざんしてしまう。
当時官房長官であった福田さんはまったく知らされていなかった。
こんな国家として重大な問題さえ、知られたくない事は上に挙げない
体質。

年金問題でも、使いたい放題、ネコババし放題。
それも何十年にも渡っての不正の限りは。
ようやく民主党が追求して陽の目を見たが、これもどこまでも闇に
閉ざされていたかもしれない。
薬害エイズであれだけ被害が出て、厚労省も体質を変えたかと思
っていたが、まったく教訓にはなっていなかった。
相も変わらず隠蔽体質で、国民の体を預かる省がまったく国民の
健康はどうなっても良いらしい。
涙ながらの患者の訴えは、見ている方も心が痛い。痛ましい。
薬害肝炎も知っていながら何十年も放置、そして被害拡大。
厚労省の責任は重いと同時に大きいのに、官僚の話を聞いていて
も、すべて他人事で私たちの心には全然響いてこない。

そして役人は莫大な退職金を貰い退官後は天下りが待っている。
外郭団体を渡り歩く、おいしい世界なのだ。

省庁ぐるみで隠蔽、隠蔽。
その間、国民は置いてけぼり。
国民主権とは名ばかりのわが国の体質。

どうして官僚がこうも大きい権限を持ってしまったのだろう。
この体質を変えないと、いつまでたっても同じことの繰り返しだ。
そして、新聞やTVやジャーナリストがこの問題を追及しない
事も不思議で仕方がない。


☆ーーー☆ーーー☆ー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーーー☆
              愛の一押しを切にお願いしますm(__)m
               苦戦してます^_^;



にほんブログ村 ニュースブログへ  ← クリックしてね(^^)




☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪




|

« 最近やけに消費税アップを叫びだした政府 | トップページ | 奨学金予算削減へ、その前に返しとけば良かった »

コメント

まるこ姫さん、皆さん、こんばんは

日本の最大の問題点は、民主主義でなく、官僚主義であることです。
戦争に負けて殆どの制度は変わりましたが、
戦後の秩序維持のために、官僚主義を引き継ぎました。
その改革が手つかず、これこそ戦後レジュームからの脱却が必要です。
国民のためではなく、省庁、官僚の為に働く、それが諸悪の根源ですね。
裁判官だって、例外ではありません。国民は裁くが官僚は裁きたがりません。
役所、役人は間違わない、常に正しいという官僚の無謬性に基づき、
かつお上と下々、官尊民卑の精神が営々と引き継ぎ、
賢いお上が愚かな民を導いている考えが抜けません。

業者と癒着して、仕事を出す代わりに、天下りを受け入れる。
その間に政治家が介在して甘い汁を吸う。
経済が右肩上がりのときは、産業が発展し、官僚も業者も政治家も、国民もおこぼれを頂戴し、問題が顕在化しませんでした。
その仕組みが官僚にとって、良い仕組みだった、それが常識化し、今も抜けきれません。
防衛省、厚労省に関わらず、全ての省庁で、大なり小なり起こっているでしょう。

官僚主義は官僚制度を変えなくてはいけません。
自らの自浄作用で、変えることは出来ないでしょう。
役所の透明性を高めること、性善説を性悪説に変えること、
役人が訴訟の対象になることなど。
改革はズブズブの関係の自民党ではできません。
政権交代して、民主党に期待するしかないです。


投稿: 愛てんぐ | 2007/10/28 18:29

こんばんは。
官僚主義って古くから中国や日本の歴史に登場する言葉です。権力の中枢にいる者は、特に清廉潔白であって、正しいことを行えることが求められるのですが、どうもそれが欠落していますね。
公務員は、国民全体の奉仕者であると定められているのに、奉仕者としてあるまじき事が多すぎますね。真面目に奉仕している公務員や、その他の国民を欺いて私利私欲に走る様は絶対に許してはならないです。

投稿: ユウ | 2007/10/28 19:52

こんばんは、愛てんぐさん

そうなんですね。
民主主義ではなく、官僚主義ということが
最近の不祥事続きでも、のらりくらりかわし
そして、都合の悪い事は隠蔽し、トップに上げない
と言う事で、良く分かりました。

そうなんですか?
昔から官僚主義だったんですか?
外聞は、民主主義でも体質は官僚主義。
安倍さんは戦後レジュームと言う言葉が好きな
首相でしたが、官僚主義を脱却する事こそが
戦後レジュームの脱却でしょうね。

官僚を見ていると、まったく国民を見ていません。
省庁、自分達の保身を最優先にしています。
そして、国民は頭の悪い馬鹿だとも思っている
のだと。

そして臭いものに蓋、そして隠蔽体質。
政治家よりも頭が良い分、隠すことは上手いし
情もないのだと。

とにかくこんな悪い体質は変えなければいけませんね。
キャリア制度も、悪の温床を作る元ではありませんか?
ピラミッド式に、最後の一人がキャリアのトップ
になる。
それを考えた人はすごい頭の持ち主だと思いました。
こういう図式で、この国の省庁が出来上がっている。

しかし、これだけ不祥事続きではもう変える時期に
来ていると思います。
自民党では駄目でしょうね。
政権交代して、しがらみや癒着の無い党に期待
するしかありませんね。

投稿: まるこ姫 | 2007/10/28 20:04

こんばんは、ユウさん

官僚主義も、ちゃんと機能してこそですよね。
権力を行使できる一番の省庁で、これだけ目に
あまる不祥事や、隠蔽体質が続発していれば
機能を果たしていることにはなりません。

そして国民の利益に反していますよね。

ユウさん
国民のための奉仕者って久しぶりに聞いて
とても新鮮でした(^^)
今の官僚はまったくそんな気持ちがあるとは
思えません。
自己保身や、天下りのために利用していると
しか思えません。

最近不祥事続きで全部そうではないかと、色眼鏡
で見られますから。
真面目に働いている人たちは、苦痛でしょう。


投稿: まるこ姫 | 2007/10/28 20:20

こんばんわ。
「薬害問題」と言い、「年金問題」と言い、相変わらず、全然解決せず、「平行線」ばかりですね。
それも、「野党の尋問」に、「与党の話のかわし」が、目に付きますね。
これでは、話が全然かみ合いませんね。

投稿: H.K | 2007/10/28 20:58

まるこ姫さま こんはんは。(^^)

 最後の2行。
 本当にそうですね。
「ジャーナリスト」たちが、もっと鋭く切り込まないといけないですね。
 しかし、いまの社会に真の意味で「ジャーナリスト」と言える人がどれだけ居るのでしょう。
 飼いならされている…。
 そう感じます。

投稿: あゆざかけい | 2007/10/28 21:27

こんばんは
議員には官僚出身も多いでしょう、この人たちって役にたたないんでしょうかね?
そうですね、大臣の答弁、大臣と省庁とかってマスコミでシリ-ズ化して取り組んでほしいですね。

投稿: ゲン | 2007/10/29 00:06

今日、元官僚様のお話が

『いやぁ~若いr頃●●をよくネコババしてました。
もう●年前の話なので時効ですね~』と笑いながら・・笑えない笑い話を。

70歳の男性です。

ハハハハ♪なんて愛想笑いを致しました。

心の中は『地獄に落ちろ!』でしたけどね


腐りきってますね
腐った人がなるのでしょうか?
中に入ると腐るのでしょうか??

これでも、まだまだ氷山の一角だと思います

投稿: sora | 2007/10/29 00:12

★ーーこんにちは、H・Kさん

そうなんですよね。
全然解決しませんよね。
解決までには程遠い状態なんだろうと
思います。

与党のかわしは、相も変わらずですよ。
昔から、のらりくらりと追及を逃れる。
追求するほうも弱いものがあるし、話は
噛み合いませんね。


★ーーこんにちは、あゆざかけいさん

真から日本の国を変えないと、この国は立ち行かないでしょう。
そのくらい、どこからも膿が噴出していると思います。

報道者の弱腰の態度は。。。。
もっともっと、庶民の目線に立って追求して
ほしいと切に、思っていますがそういうジャーナリスト
は、見当たりませんね。

やっぱり、飼いならされているのでしょうか?
御用聞きのような人たちは沢山いますが。

投稿: まるこ姫 | 2007/10/29 14:52

★ーーこんにちは、ゲンさん

そうなんですよ。
議員にも官僚出身者は沢山いますよ。
そういった人たちは内部情報を知っている
分けだし、改革をしようと思えばできる筈
なのに、何のための政治家なんでしょうね。
やっぱり、役に立たないのかも知れませんね。

大きな新聞社や、出版社くらいがシリーズ化
すれば、影響力があると思うんですけどね・・・


★ーーこんにちは、soraさん

本当に笑えない笑い話ですね(笑)
笑っているのは、ご当人だけで、聞いている
方は腹の中煮えくり返りますよね。
KYですね。

確かに、はたから見ていると腐りきっています。
元々は、国を動かそうと省庁に入ったのでしょうが
朱に交われば赤くなるのたとえどおり、赤くなっちゃったんでしょう。

外務省も伏魔殿といわれていましたよね。
財務省元大蔵省もそうですよね。
どこの省も多かれ少なかれ隠蔽体質ですよ。

投稿: まるこ姫 | 2007/10/29 15:04

官僚の隠蔽体質って・・ずっと昔から変わっていませんね。最近は特にひどい。省庁は内向きで国民を見てないしね、自分たちの不手際は隠蔽しないとって先輩をかばって、貸しを作り・自分も天下りの恩恵が受けられないってね、自分たちの省益・利権しか頭にないんだろうね。与党自民党も官僚と貸し借りがあるだろうしここは、関係をニュートラルに戻すため政権交代も必要だろうね。
天下り関連の改革がなされない限り安易に増税とか、もっての他だよ・・・官僚にいいように使われるんだよ。ったくね

投稿: ひろし | 2007/11/01 11:47

こんにちは、初めましてひろしさん

本当に!
官僚の体質は旧態依然とした体質で改革しようとは
思わないのでしょうね。
既得権益がなくならないように、先輩後輩全員で
必死で守る聖域なんでしょう。。

最近は色んな情報が出てくるにつけ、省庁ぐるみで
隠蔽体質ヤ、事なかれ主義が分かってきました。

国民の方へは顔が向いていないのも良く分かりました。
どこの国の官僚なんでしょう。
本当にひどい話です。

政治家は官僚にかかったら、下の存在なんでしょうね。
だから、政治家を騙す事なんか朝飯前でしょう。

ここは癒着や、ズブズブの関係になっている自民党と
決別しない限り、官僚の新の姿をあぶりだせないでしょうから、
政権交代も一つの考えかも知れません。
国民もそれを良く考えないと・・・・

自民党にしか政権を任せられないと言う幻想を
捨てて、どうしたら官僚体質から抜け出せるのかを
考える時期に来ていると思います。

全部膿を出して、それからですね、増税論議は。

投稿: まるこ姫 | 2007/11/01 17:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/16899846

この記事へのトラックバック一覧です: この国は官僚天下、政治家はお飾りなの?:

« 最近やけに消費税アップを叫びだした政府 | トップページ | 奨学金予算削減へ、その前に返しとけば良かった »