« 心温まるニュース、冤罪被害者の就職報道 | トップページ | ひこにゃんは誰のもの? »

2007/11/24

認知症の男性、山陽道を逆走の恐怖

認知症の男性、高速道路を逆走
**************************************************
広島県福山市の会社役員男性(74)が運転する軽乗用車が上り
線を逆走し、避けようとした兵庫県尼崎市の左官男性運転のワゴ
ン車が中央分離帯に衝突、横転した。
軽乗用車はさらに逆走を続け、現場から約8キロ西の倉敷インター
チェンジ(IC)を越えた地点でパトカーに止められた。
**************************************************

アメリカ映画を地で行くような話だけど、怖いのは認知症の
男性が起こした事故だという事だ。

この男性は、会社役員だという事だけど会社では偉い立場の人間
でも、病気には勝てない。
むしろ、社会的に地位の高い人間の方がボケたりするという話は
聞いたりするけど、真偽の程はどんなんだろう・・・・・

最近認知症の人が交通事故を起こした、もしくは逆
走したニュースを良く目にする。

本人は罪の意識も、自分が何をしでかしたかも分からないのだろう
けど、巻き込まれた人たち、そして家族は、どこへこの怒りを訴えた
ら良いのかと、他人事ながら心配になる。
高齢者で運転するとなると男性がほとんどだろう。
実際、女性が認知症で人を撥ねたと言うニュースはほとんど聞いた
事が無いから、加害者としては男性が多い事になる。

もうすでに、高齢者社会に突入している今の社会において、もっと
認知症の患者も増えるだろうし、運転せざるを得ない状況にも置か
れるとしたら、こういった悲惨な事故は増え続けるのではないだろ
うか?

都会に住んでいれば、公共交通機関を利用すれば生きていける。
しかし、過疎の村とか田舎に行けば、車なくしては生きていけない
社会なのだ。
私も、休日を利用して田舎にドライブに出かけたりしているけど、軽
トラと高齢者マークがセットになっている光景を多く見かける。
田舎では、好むと、好まざるに係わらず、車は生きるための必須条
件なのだ。

それを考えれば、どう考えてもこの認知症患者の起こす交通事故
は爆発的に増えるのではなかろうか。
そうかと言って、ある一定の年になった時に、強制的に返納させる
事が本当に出来るのだろうか。
若い時から認知症になる人間もいるし、高齢になってもかくしゃくと
している人間もいるし、一律に決め付ける事はどうなんだろう。
しかし、身体能力は著しく劣るはずだから、本人の自主返納に頼る
しか、道は無いのだろうか?

どちらにしても社会現象になる前に、今から検討しておくに
越した事はない問題だろう。。。。。。


☆ーーー☆ーーー☆ー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーーー☆
              愛の一押しを切にお願いしますm(__)m
               苦戦してます^_^;



にほんブログ村 ニュースブログへ  ← クリックしてね(^^)




☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪




|

« 心温まるニュース、冤罪被害者の就職報道 | トップページ | ひこにゃんは誰のもの? »

コメント

こんばんは。
その前も岡山県内の高速道路で76歳男性の車が逆走して死亡事故が発生したばかりなのに、また同じような事故が起きましたね。

>都会に住んでいれば、公共交通機関を利用すれば生きていける。しかし、過疎の村とか田舎に行けば、車なくしては生きていけない社会なのだ。

全くその通りです。市町村によっては福祉バスとか福祉タクシーをやっているところもありますが、僕の住んでいる田舎では何もありません。ウチの母はバイクの免許を持っていますが、交通量の多いところは危ないので出来るだけ行かないようにしています。
先月末になるのですが、母が遠い眼科医院に行くのに父が運転する車に乗せて行ったのです。父が亡くなる2週間前のことで、かなり体が苦しかったみたいですが、無事家に戻っていました。今から考えると運転すべきではなかったですね。免許の自主返納制度を進めるには、代わりの交通の便をどうするのかといったことを考えなければならないと思います。

投稿: とらこん | 2007/11/24 21:25

こんばんわ。
いや~、驚きましたね。
まさか、「逆走」するとは・・・。
おまけに、その男性は、「認知症」でしょう。
信じられませんね~、怖いですね~、恐ろしいですね!!。

投稿: H.K | 2007/11/24 21:37

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
同感です。身体は健康体。そして、まだらボケの人が一番子ワイです。時として正常であるとき突然呆けてしまうと、凶器に変身します。
それは怖いですね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2007/11/24 21:53

自分で気付かない、、、なってみないと分からない、、、では済まされないですね。
2年後には75才以上の人の更新時に「認知症」に関した検査をするとか?、、、、
特に地方での高齢者に対する公共機関での交通ラインの確保が必要だと思います、病院も役所も、、、遠距離になって来ています。

投稿: ゲン | 2007/11/24 21:53

★ーーこんばんは、とらこんさん

最近、高齢者の事故が多いですね。
高速道路逆走って、何度聞いたことでしょう。
すごい、勢いで増えているような気がします。

多分、都会の人は何のことか、分からないでしょう。
公共交通機関が発達していて、車の方がかえって
不便なんですよね。
一方、田舎に行くと鉄道もないところもあるし
バスは高いし、便数が無いし、どこの市町村も
福祉バスがあるとは限らないし。
お年寄りが生きていく事は、本当に大変なんだと
思います。

だから免許証を取り上げることも出来なかったり
難しい問題だと思います。
お父様は、苦しい中とても頑張られましたね。
それでも家族のことを思うと行かざるを得なかったのでしょう。
本当に、大変でしたね。

生きていくためには、高齢者に免許を返納せよとは
言えない場合もあるし、やはり交通機関が充実していない
田舎が抱える問題ですね。


★ーーこんばんは、H・Kさん

最近、逆走ニュースが多いです。
何度聞いたか知れません。
高齢者になっていない身としては、びっくり
しますが、病気なら仕方がありませんね。

この問題は今から対策を考えないと、大変な
事になると思います。
公共交通機関が無い田舎では、とても大きな
問題だと思いますよ。

投稿: まるこ姫 | 2007/11/24 22:23

★ーーこんばんは、くまさん

今から、対策を練っておく問題でしょうね。
なんだか、すごい勢いで認知症の人の事故が
増えているような気がします。

まだらボケは、正常な時もありますから
ボケている時の境界線が分からないのですよね。
正常であったり、ボケていたり・・・・・
車は、一般の人間でも凶器に変わりうるものですから
ましてや、認知症ともなればどういった行動を
起こすか分からないだけに、怖いものがあります。


★ーーこんばんは、ゲンさん

悲しいかな、人間は自分だけは認知症にかからない
と、言えない事です。。
誰にでも、いつか認知症になってしまうかもしれません。

本人は良いでしょうが、周りの人間が気の毒です。
認知症の検査も必要かも知れませんね。
病院は、どんどん少なくなり車でないといけない
距離になってしまい、役所も合併に次ぐ合併で
遠距離になっていますね。
足の無い人には生きていけない時代になってきました。
年を取るという事は悲しいことですね(-_-;)

投稿: まるこ姫 | 2007/11/24 22:35

こんばんは。
難しい問題ですね。ただ、報道されるものはほんの一部、氷山の一角に過ぎないのではと思っています。
過疎地での交通手段は、自家用車という方は多いですね。
そうしたことを考えた上で、私もまるこ姫さんと同じように、社会現象となる前に対策を考えるべきだと思います。

投稿: ユウ | 2007/11/24 22:50

こんばんは、ユウさん

そうですね。
地方へ行けば、今の報道よりたくさんあるでしょう。
センセーショナルな報道はしますが、地味で目立たなければ
ニュースにはなりません。

過疎地に行けば、どうしても車に頼ざらるを
得ない生活です。
認知症でも、軽度なら運転を頼んだり、しちゃいます。
どこまでが乗ってよいのか、乗ったら駄目なのか。
交通手段を市町村で担えるのか。
田舎や、過疎地の抱える問題だと思います。
これから超高齢化社会になると言いますから
今から対策を練っておく必要があるのではと
思っています。

投稿: まるこ姫 | 2007/11/24 23:20

 おはようございます。2年以上前に書いた記事がありましたので、トラックバックさせていただきました。

 東京や大阪のような公共交通機関が発達しているところはともかく、地方では車がないと生きていけないですね。

 ただ、そうだからといって野放しにしていいかといえばそうではありません。強制的に免許を取り上げる規定を設けておくべきでしょう。

投稿: たべちゃん | 2007/11/25 07:56

こんにちは、たべちゃん

都会では、公共交通機関が発達していますから
人が老いても暮らせるでしょう。
田舎に行くと、鉄道さえない所はざらですから。
市町村営のバスも無い所は沢山あります。
生きるためには自家用車は必須条件でしょう。

認知症と診断されたら、強制的に免許も取り上げるのは
分かりますが、年齢によって取り上げるのはちょっと疑問です。
その前に、取り上げても生きていかれるような
対策を練ってからの話にしていただきたいです。

投稿: まるこ姫 | 2007/11/25 17:28

まるこ姫様、こんばんは。  農業政策の失敗が、過疎といわれる地域を作り老人だけの村になる、そこには当然、車が必要でしょう、車に乗れない=餓死、病死になることもありえますね、過疎地域で産業を興すのはそんなに難しい事ではないと思っています、しかしそれには利権も見返りもないので、無駄なODAに巨額の税金をつぎ込み、国内は放置されてます、半分も使えばほとんどの問題は、解決するでしょう、老人になってから、若者、子供を事故で死亡させるほど、悲しい事はないでしょう、言われるとうり、免許制度だけでは、解決しないですね。

投稿: 赤いとら | 2007/11/25 18:31

こんばんは、赤いとらさん

農業の後継者も育ちませんね。
よって、田舎は高齢者だらけです。
農業の未来は無いかも知れませんね。

過疎地ではどうしても車が必要なんです。
生き死にの問題なのに、行政は何のて立ても
してないように感じます。

外国には援助しても国内がおろそかになっては
本末転倒ですね。
高齢者でも生きる権利はあるわけですから、免許返上
とするなら、それなりの対策、対応は必要でしょう。
私は、これから深刻な問題になると思いますよ。

投稿: まるこ姫 | 2007/11/25 20:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/17173427

この記事へのトラックバック一覧です: 認知症の男性、山陽道を逆走の恐怖:

» 認知症と免許証 [たべちゃんの旅行記「旅のメモ」]
 最近は、「痴呆症」と言われていた病気が、「認知症」と言われているようです。その [続きを読む]

受信: 2007/11/25 07:45

« 心温まるニュース、冤罪被害者の就職報道 | トップページ | ひこにゃんは誰のもの? »