« 2007過ぎ行く秋、撮りためたもみじはいかが | トップページ | 逮捕した(BlogPet) »

2007/12/11

薬害C型肝炎、あまりにひどい首相の対応、他人事さ

薬害C型肝炎、原告らの首相面会実現せず 失望の声相次ぐ

昨日の報道ステーションで全貌を明らかにしていたが、あまり
にも、政府の対応はひどすぎる。

国会答弁でも、舛添大臣は政府と連携を密にしているとして言って
来たにもかかわらず、福田首相はまだ中身がわからないのではっき
りした事は言えないし、この場での政治決断は出来ないと言っていた。

舛添大臣と政府の齟齬がはっきりした。
大臣と総理の連携は何もなかった。
舛添大臣は単なるその場しのぎで言ってきたのか。。

その後、福田総理に政治決断を迫るために、面会を求めたが結局
多忙を理由に、面会できなかった。

ハンセン氏病の裁判では、小泉さんが政治決断をしたために患者が
救われたというから、決して出来ない事はないと思うのだ。
が、いかんせんこの薬害C型肝炎の場合患者数が多すぎる。
患者側の要望を全面的に受け入れれば、莫大な費用が掛かる。
だから簡単に政治決断ができないと言われているが、それは本末
転倒な考えだ。

何の罪もない人たちが、何の知識もなく、瀕死の場でこの薬は危険
だから、止めてくださいと言えるわけもない。
誰もがその場に立てば、100人中100人が投与を認めるはずだ。
それがどんなに危険な薬とも知らずに・・・・・・・

しかし専門家の間では充分危険だとの認識はあった。
アメリカでは随分前から中止していたと言うし、それこそアメリカの
子分的存在の日本ならば、厚労省にはすぐに情報は来るはずだ。
それを、製薬会社への天下りと厚労省の関係があるのか、ひた隠し
に、して来た厚労省と製薬会社の罪は大きい。

使い続ければどんな影響があるのか分かる筈の立場の人間が、何
でいつも情報を開示しないのだろうか?
小さいうちに、全貌を明らかにすれば、薬害などにならなかった。
そして、死なずに済んだ命も沢山あるだろう・・・・
感染者や、発病者を極力抑えられたか計り知れないのに。

この国は何事も隠蔽体質で来た。
何事も臭いものに蓋で来た。

そんな時代でもないと思うのに、未だに古い体質を引きずっている。
何百億円かかろうと、患者を救済する義務はあるし、その費用も各
省庁の無駄を省けば、充分捻出できる。
何の落ち度もない人間を死の恐怖に晒している厚労省、政府は
一刻も早く患者を、救済してください!
最近、こんなに腹立たしい事はない。

いつも思う。国は誰のためにあるのだろう・・・・・・


☆ーーー☆ーーー☆ー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーーー☆
              愛の一押しを切にお願いしますm(__)m
               苦戦してます^_^;



にほんブログ村 ニュースブログへ  ← クリックしてね(^^)




☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪



|

« 2007過ぎ行く秋、撮りためたもみじはいかが | トップページ | 逮捕した(BlogPet) »

コメント

まるこ姫さん、皆さん、こんばんは

福田首相の支持率は、降下する一方です。
この人は物事に正面から立ち向かおうとしない、
いつもはぐらかして、本心を語らない
日本を引っ張っていく迫力も気力もない、
首相失格ですね。
だんだん、正体が見えてきました。

大阪高裁の和解案の延期は、
政治決断のために高裁が配慮したものと言われています。
首相が重要な問題となっている薬害肝炎裁判について
知らないという話は通りません。
予算に余裕があるか無いかは別にして、
予算に限りはあるが、出来る限り、救いたいというのが、
答えではないでしょうか。

この国の為政者はすべて、官僚と一緒になって、
生産者、企業、業者の立場に立って、
消費者、生活者、国民の立場には立とうとはしません。

この体質は、政権交代でしか、改められないと想います。

投稿: 愛てんぐ | 2007/12/11 19:06

こんばんは。
私も昨日の報道ステーション、観ました。
本当に腹が立って仕方がありませんでした。なぜ、福田首相は、薬害被害にあった方々の代表と、会わなかったのか?その神経が分かりません。
国会答弁しかり、記者に対するコメントしかり、本当に首相の言葉か?と疑いたくなるようなものばかりです。
憤りを隠せません。

投稿: ユウ | 2007/12/11 20:09

★ーーこんばんは、愛てんぐさん

福田さんは、小泉政権の官房長官のときは、ハンセン氏病の
控訴取りやめに尽力を注いだ人との評判ですが
総理になってからは、なんだか存在感がありませんね。

本当に!
物事をはぐらかすわ、腹に一物ありそうな感じで
本当に官僚改革をしようという意気込みがあるとは
思えません。

やはり首相失格ですね。
自民党体質にドップリの人でした。

昨日の発言で、薬害の中身は知らないと言ったのには
唖然としました。
こんな重要な問題を知らないわけがありません。
本当に患者を救おうという思いはなさそうです。
結構線引きをしていましたから。

私は、前に舛添さんが患者代表の福田さんは
救うといって他の患者と差別していたのが
とても引っかかりました。

今でも官僚主義と言うか、主導と言うのは良く分かりました。
全く国民の事を見ていない。
自分達の利害関係、天下り先を見ているだけです。

一度、どぶさらいをするしかありませんね(笑)


★ーーこんばんは、ユウさん

やはり、ユウさんも見ていらっしゃいました?
患者代表の女性が、失望したと涙ながらに訴えて
いた光景が目に焼きついています。

国が放置していて、その年度で線引きはないでしょう。

福田首相に面会を求めているのに、多忙を理由に
会わなかった。
心がないのかと思いました。

国会でも、記者の質問でもすべて他人事のようでした。
自分の家族だったらと思えないのでしょうか?

原告や被害者を分け隔てすることなく、救済を
して貰いたいですね。
なんといっても、国の責任なんですから。


投稿: まるこ姫 | 2007/12/11 20:41

<<つも思う。国は誰のためにあるのだろう・・・・・・

何度言ってきた、、、ことでしょう?
圧倒的多数の国民ではなく極少数のために”この国はあるのでしょう”、、、。
昨日のテレビで、、、涙ながらに、なんにも出来ない、、、と言ってた姿が忘れません。
福田首相の言はすべて他人事ですね。
目線が違います、、、。
政権交代以外にありませんね。

投稿: ゲン | 2007/12/11 21:24

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
この国は弱者のためにあると思ってはいけないのかもしれませんね。
 強者のための政策ばかりが目につきます。
防衛省の予算をすべて、一年凍結して、弱者に割り当ててほしいですね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2007/12/11 22:02

★ーーこんばんは、ゲンさん

この国は、弱者にはとても冷たい国なんですね。
明らかに国のミスなのに、救済が遅遅として
進みません。

やはり、ゲンさんも見られましたか?・・・
こちらまで貰い泣きしてしまいました。
本当に国の対応、首相の対応はひどすぎます。

首相になる人は、目線が全然違うのでしょうか?
まるで他人事の発言にはビックリしました。
全然感じていないようです。

そうです。
一度政権交代して、色んな膿を出さなくては
この国は立ち行かなくなっていますね。


★ーーこんばんは、くまさん

本当にそうですね。。
いつも思います。
強者にとっては生き易い国なんでしょう。
弱者は目障りなんでしょうね。
少しも、国の誠意が見えません。
官僚をかばうような姿勢ばかりで、一般人は
何の足しにもならないのでしょうね。

江戸時代の、悪代官を見ているようです。
防衛省の巨大な予算を持ってしたら、どれだけ
弱者が助かるか分かりませんね。

投稿: まるこ姫 | 2007/12/11 22:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/17340755

この記事へのトラックバック一覧です: 薬害C型肝炎、あまりにひどい首相の対応、他人事さ:

« 2007過ぎ行く秋、撮りためたもみじはいかが | トップページ | 逮捕した(BlogPet) »