« 今日の一枚、幸せな時 春、ポピー | トップページ | 今日の一枚 高貴なハスの花 »

2007/12/14

公約に重みは無いのか、公約は反古にして良いのか

自民党は夏の選挙時、約5000万件に及ぶ「消えた年金」問題
を来年の3月までに名寄せをすると公約してきた。

当時の安倍首相は、どれだけ大見得を切ってきたか。
そういうコンピューターを開発したから12月中には大丈夫だとも
言っていた。
>専門家に精査させた結果、前倒し可能なことが明らかになった

あれは、その場しのぎの方便だった。
まぁ、私たちも薄々は知っていた。
そんな膨大な量を最後は手作業でしかできないと言うのに、安倍
さんは、コンピューターですぐにでもやれるような事を言っていた。
出来るわけは無いと思っていたが、来年の3月になれば分かる事
と静観してきた。。
が、今までの作業の進捗状況から出来ないとなったのだろう。

選挙のときは、口当たりの良い事を言う。
いかにも国民の側に立ったような発言を平然と言う。
それで、騙されてしまう人も多いのではなかろうか・・・・・

それが、選挙終了と同時に豹変する。

福田首相は、選挙公約が実現不可能になったことは公約違反に
当たらないとの発言の釈明で、公約違反というような大げさなこと
ではないのではないかと弁明したそうだ。
町田官房長官は、選挙のときだから仕方がないような発言もして
いた。

それなら、どの党も選挙時には美辞麗句を並べ立てれば良い。
嘘八百並べ立てれば良いという話になる。
言ったもん勝ちの世界になってしまう。
それでは、選挙の意味がなくなる。何のための選挙という事だ。

舛添大臣も就任時には
>5000万件の記録について「(参院選の)公約の『最後の1人、
最後の1円まで確実にやる』ということで取り組んでいきたい」と
大見えを切って明言していた。

張り切る気持ちは分かるが、国民は総理や、大臣の一語一句を、
祈るような気持ちで聞いているのだ。
出来もしない事を、その場しのぎで甘い期待を抱かせないで欲しい。
裏切られた時の思いは、計り知れないものがあるのだから。
そして、政治家は自分自身の言葉の重みを考えた発言をするべき
だと思う。

選挙のときだから何を言っても良いのだったら、あまりにも国民を
舐めているし、政治不信が募るだけだ。


☆ーーー☆ーーー☆ー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーーー☆
              愛の一押しを切にお願いしますm(__)m
               苦戦してます^_^;



にほんブログ村 ニュースブログへ  ← クリックしてね(^^)




☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪



|

« 今日の一枚、幸せな時 春、ポピー | トップページ | 今日の一枚 高貴なハスの花 »

コメント

まるこ姫さん、皆さん、こんばんは

今年1年を漢字一文字で表すと、「偽」でした。
誰もが、この言葉に賛成だと思います。

吉兆や赤福など、いろいろありましたが、
どれも命や健康に殆ど関係なく、
生活に影響も殆ど出ていません。

しかし、消えた年金は関係する年金受給者の生活そのもの、
さらに老後の生活設計に大きく影響を与えます。
年金自体の信頼、さらには日本の国自体の信頼を損ねます。
今年の「偽」の横綱は年金公約違反です。

コンピューターのデータがある部分はあっという間に出来ますが、
データのない部分は一からやらないといけないのは常識です。
1975万件の記録を紙台帳と照合するのは、人界作戦で対処しないとできません。
年金記録問題は欧米なら連日のデモとなるほどの、
国の信用を揺るがすほどの大問題です。
民主党の長妻議員が言うように、国家プロジェクトで対処すべきような案件です。
民主党は全記録の紙台帳との符合を公約としていたし、
識者、厚労省、自民党も年度内の符合は困難と分かっていたと思います。

選挙に勝つために、嘘を言ったのは許せません。
それを頼りに、票を入れた人を裏切ったのです。
自民党の公約違反は参議院の問責決議に値する行為です。

超巨額の赤字垂れ流し、年金問題、薬害肝炎の問題と言い、
自民党の独裁的政権と官僚が構築した、
政官の馴れ合い体質、どちらも責任をとらない無責任体質が
露呈して、
どうしようもないところに来てしまったと言うことだと思います。

投稿: 愛てんぐ | 2007/12/14 18:54

こんばんは、愛てんぐさん

偽りの一年でした。
どこもかしこも、ブランド力のあるところが
ひどい偽りを平気でやっていました。
バレタラ、仕方が無いという感じですね。

一番大きなことが、国民の命に直結している
年金問題でした。
今までなら、お上のすることは間違いないと思って
いましたが、そのお上が何をするか分からない
この何十年の膿が一気に噴出したと思います。
中身を開けたら、やりたい放題の図が浮かび上がりました。

民主党の長妻さんには感謝しています。
これも、長年の地道な仕事が表に出たからこそ
他のボンクラな議員だったら、追求できなかったと思います。

選挙の時には甘い言葉を言い、有権者を惑わせる
党が、自民党です。
何でもありの党の総裁は、選挙のときにあれだけの
公約を掲げたにもかかららず、首相は変わりましたが
今ではあいまいな答弁ばかりしています。
首相、官房長官、厚労省大臣、全部が責任逃れの発言ばかりです。

これでは対外的にも信用してもらえませんよね。

やはり、国家プロジェクトのようなものを立ち上げて
与野党の英知で、解決するしかありませんよね。
利害関係大の自民党単独では出来る話ではないです。

今までの長年の自民党政治が、今の体たらくです。
やはり選んだほうの責任もあるかもしれません。
この国は真の意味の民主主義が育っていなかったと
いう事でしょうね。

自民党に票を入れておけば安心と言った、国民の側の
責任もありますよ。
やはり、一党独裁が長年続けば水は濁り、人は
傲慢になります。
いつでも、政権交代できる仕組みこそが住み良い
国づくりに繋がると感じています。


投稿: まるこ姫 | 2007/12/14 20:47

こんばんは。
まさにおっしゃる通りだと思います。
私も政治不信が募った一人です。
福田首相のまるで人ごとのような記者とのやりとり、委員会での答弁を聞くと、この人はこの問題を重要視していないことは明らかであり、このままではどんどん日本の政治は死んでいってしまうような気がしてなりません。

投稿: ユウ | 2007/12/14 21:21

こんにちは、ユウさん

ますます、政治不信が募りますね。
公約を声高に言ってきたものが、選挙中だからと
弁明されたら、何を信用してよいやら。。。

福田さんは、飄々としているようで、裏を返せば
すべて他人事なんですね。
弱者や、隅に追いやられた人間の叫びは何も
伝わらないのかも知れません。
まともに働けなくなった時に、政府は力には
ならないと感じました。

投稿: まるこ姫 | 2007/12/15 16:08

同感の一語です、、、。
今夜のテレビでの福田首相と筑紫・安住アナウンサ-との場からも、、、ますます先が不安になりました。

投稿: ゲン | 2007/12/15 23:04

こんにちは、ゲンさん

筑紫さんや、安住さんとの番組は見ていませんが
やはり今の時代公約は大事な事だと思いますよ。

なんでも選挙の時だけ良いことを言うようでは
信用できませんね。
こんないい加減な事が通用するようなら、先が
不安だし、国としてもどうなんでしょうね。

投稿: まるこ姫 | 2007/12/16 17:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/17366059

この記事へのトラックバック一覧です: 公約に重みは無いのか、公約は反古にして良いのか:

» 年金諸問題における発言についての考察 [論理的な独り言]
《『zara's voice recorder』様》《『まるこ姫の独り言』様》《 [続きを読む]

受信: 2007/12/18 16:09

« 今日の一枚、幸せな時 春、ポピー | トップページ | 今日の一枚 高貴なハスの花 »