« 改革へ民権運動 「せんたく」、私は待っていた | トップページ | 年金得別便、裏マニュァルの懲りない世界 »

2008/01/22

なんだぁ、初めに暫定税率ありきじゃないか

今度は総務省まで試算を持ち出してきた。
月末に期限が切れる道路特定財源の暫定税率が廃止された場合
都道府県の税収はどうなるのか、だって!
ぜひとも、25円下げた時の経済効果も試算して欲しいものだ。

暫定税率を存続するためには、なりふり構っていない。
あの手この手で存続させようとしている。
町村官房長官から始まり、高村外相までも援軍を出す。
そして、総務省が試算を出してきた。
そう言えば、年金を貰えるモデルケースと称して試算をしていた
のではなかったか。

あの年金だって、100年安心とか言っていた割りにはズタボロ状態
で、本当に試算どおり貰えるのか疑わしい限りだ。

だから、この総務省の試算もにわかには信じられないし、どういう根
拠で試算をしているのか教えて欲しい。
政府は自分に都合の良い事なら少々捏造しても出してくるが、都合
の悪い事は、一切だんまりで、卑怯だぞ!
初めに暫定税率ありきで、とにかく押し通そうとする魂胆が見え隠れ
して、とても嫌な感じがする。

ガソリン税だけではなく、他のものにも暫定税率がかけられていて
これも、この3月で任期満了になるものがあるという。
ガソリンも他のものも一緒くたにして法案を出すと言うから、政府は
ずるい。
ガソリンと他の法案は分けて審議するべきだろうに。

エイッ 愛の一押し  


そして今日の代表質問に、首相いわく再議決は「憲法で認められた
手続き」と言ったというから、最後には衆議院で数の力を使って乗り
切る腹積りなんだろう。。。。。。

やはりどんな甘い言葉で取り繕うと、生活者重視などとはまったく
考えていない、福田首相という事が分かる。
族議員や官僚たちの意のままに動く自民党は、時代が変わっても
意識は古いままだ。

取ってつけた様に今になって、急に環境問題が浮上してくる不思議。
それほど環境問題に熱心なんて知らなかった。
京都議定書さえ守れない日本なのに。

ガソリンの値段が25円安くなったらガソリンをジャブジャブ使うという
がそれを言うなら、高速道路を作る時の環境破壊、そして作ったら
作ったで、ガソリンを使わなければ車は走らない現実はどう解釈した
ら良いのかしらん。。。。。
高速道路で走る場合は環境破壊にならないんだ。

こんな姑息な手段を使わなくても良いから、ちゃんと議論すべし!
根本的な議論なくして、この国の再生は覚束ないのになぁ。。
国民も外国人投資家も、そこの所は分かっているのに、分かって
いないのは自民党議員ってか?


☆ーーー☆ーーー☆ー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーーー☆
              愛の一押しを切にお願いしますm(__)m
               苦戦してます^_^;



にほんブログ村 ニュースブログへ  ← クリックしてね(^^)




☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪



|

« 改革へ民権運動 「せんたく」、私は待っていた | トップページ | 年金得別便、裏マニュァルの懲りない世界 »

コメント

まるこ姫さん、皆さん、こんばんは

既に官僚と与党で作った予算案があるから、肯定するための、理屈を総動員して、対抗しています。
既に、2兆6000億円の既得権が決まっているのだと思います。

公共事業の経済効果と、ガソリン25円値下げの経済効果がどっちが多いかということですね。
景気刺激策で公共事業を行って、全く改善しなかったことと、物流コストの値下げはあらゆる物の値段を下げて、内需拡大に貢献することを考えれば、ガソリン値下げの方が経済波及効果があるように思います。

2兆6000億円を道路一つずつ緊急性を精査すれば、それ程は絶対に要らないでしょう。
地方の分9000億円がどうしても必要と言うならば、本則税率の29円/lの国の取り分2/3から9000億円を地方に廻せば良いと思います。
政権交代まで、地方は少し我慢すれば、税の無駄遣いが解消され、お金も移譲した地方分権がされれば、地方の好きなように使えます。

値下げは環境に逆行という屁理屈には唖然とします。
温暖化防止に消極的で化石賞を貰った日本政府が、よくもまあ言えなあ、ハレンチさに呆れかえります。
ガソリン税は車社会に対応して道路を造るため設けられたもの。
車の量を増えて、二酸化炭素が増え、道路建設で自然破壊され二酸化炭素は増え、二重の負荷です。
環境のためという、俄仕込みの後付けの屁理屈は、通りません。

地方も道路が必要だから、暫定税率賛成という、その場凌ぎの近視眼的な対応は、情けないと言うしかありません。
税金で飯を食うという公共事業依存の体質を脱却しなければ、地方は活性化しません。
将来の展望を持った地方の意見を言って欲しいですね。

地方の公共事業依存、道路族・土建業・官僚の癒着構造、高度経済成長のモデルから、自民党長期政権は新たな成長モデルを描けず、昔のモデルをヅルヅル、既得権益の旨味を捨てきれずにいることが最大の問題です。
役目の終えた道路特定財源は廃止し、炭素税(環境税)にして一般財源化し、低炭素社会の構築に使うべきです。
こんな調子では2011年度プライマリーバランス回復は無理でしょう。

暫定税率を一括法案にして、生活関連予算を人質にするという姑息な手段で、ガソリン税問題を押し切ろうとしています。
暫定と言うからには、一つ一つの法案を吟味すべきと思います。

落としどころとして、暫定税率を12.5円下げて、40円/lほどにして、造る道路を吟味して減らし、政権交代を考え、暫定期間を1年間とする方法も考えられます。

投稿: 愛てんぐ | 2008/01/22 19:48

こんばんは。
民主党には、政府が出す根拠を根底から覆すような主張としっかりとした根拠を持って、闘ってほしいと思います。
のらりくらりとかわされている印象が強いのですが、しっかり追いつめられるよう頑張ってくれぇ~と、心から思う今日この頃です。

投稿: ユウ | 2008/01/22 20:08

★ーーこんばんは、愛てんぐさん

政府は暫定税率を廃止する気は、さらさらないようですね。
そのために、一の矢、二の矢、三の矢を放って来てますね。
予算の配分も決まっているのかも知れません。

これだけガソリンが高騰すれば、閉塞感がすごいです。
地方の公共事業の活性化と、25円元に戻った経済効果も発表するべきですよね。
政府の都合の良い統計なり、試算は出しますが
都合の悪い事は全く情報開示しません。
これは本当に不公平だと思います。

そして今頃になって環境問題を取り出す姑息さには
あきれてしまいます。
高速道路を作れば必然的にガソリンをばら撒き、道路を作ること自体が自然破壊に繋がるのに。
これでは誰も納得しませんよ。

やはり、依然として公共事業頼みの地方にも
問題があるように感じます。
昨日、どこかのTVで言っていましたが新幹線を作っても、経済効果は上がらなかったと。
新幹線に乗って都会に買い物に行くから地元には金が落ちないと。
新幹線の駅の付近に大きな箱物を作っても
誰も利用しないから大赤字だとも言っていました。。
地方には、過大な高速道路神話、新幹線神話みたいなものがあるのかもしれません。

暫定税率も25円の半分でもガソリンを下げて
貰えれば、少しは庶民の暮らしが楽になるのに。


★ーーこんばんは、ユウさん

暫定税率は、感情論だけではなく充分に議論して欲しいですね。
政府はあの手この手で、維持しようと考えています。
民主党にはそれを覆すべく、数字を挙げて反論しなければ政府の思う壺です。
反対なら反対と、説得できる材料を持っての
反論をお願いしたいです。
のらりくらりと、かわされるのが目に見えていますけど。

しっかりした論客はいないんですかね。
追及できる議員が少ないような気がします。


投稿: まるこ姫 | 2008/01/22 20:57

まるこ姫さん、こんにちは∈^0^∋
ガソリン税暫定税率撤廃については、かなり難しい面があり、撤廃することは簡単ですが、その税収をどこで補うかを考えないと、生活道路まで、補修のできない地方がたくさんあるということです。
 都市部は高速道路はどうでもいいのであれば、そのぶんを返上すればいいのです。
 暫定税率で予算を立てている限り、その収入をどこかで補わないと地方市町村の財源はボロボロです。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2008/01/23 13:03

まるこ姫様、こんにちは。 試算を見たとき、これだけ使っていながら、中途半端な道路しか作れていないことに、まず驚きました、そして経済効果を唄うなら、すべて建設中止でしょう、道路が出来るだけで100億とか200億の経済効果が地方で、あがるわけないです、高速の通行料収入は、約2兆円で全揮発油税より少ない事実からみると、今ある高速道路は、すぐに無料化しトラックを高速道路通行させ、市街地のストレスを取り除き、暫定税率は、廃止して道路建設はゆっくりしてもらうのがいいです、建設業界だけを、揮発油税で支えるなんて、おかしいですし、無料化されれば、活性化する地方も在るのではないかと、思います。

投稿: 赤いとら | 2008/01/23 16:02

★ーーこんにちは、くまさん

暫定と言う名の下の法律を30年も維持して
どんぶり勘定に入れるからこういう事になるんですよ。

わたしは総務省の試算も全面的には信じられないです。
少しはそうなるでしょうが、あまりにも悪い
様に試算していると感じます。
例えば、ガソリン税の25円の半分でも下げてくれれば
どうにかなるかもしれません。

この国の方向をどうするのか、根本からの議論を期待します。
が、枝葉末節論に終わるでしょうね。


★ーーこんにちは、赤いとらさん

この試算も、政府与党が出してきたわけだし
にわかには信じられませんね。
都合の良いように試算をするのですから。

高速道路も新幹線も、初めに言われたような
経済効果を期待するのは、無理だと思います。
都合の良い幻想ではないでしょうか?
現に新幹線の来た新庄市は、全然経済効果が
上がらなかったと市長が言っていましたよ。

日本は今まで建設業界が牛耳ってきましたから
まだまだその力が強いのでしょうが、発想を
転換しなければ、この国は生き残れないと思います。
公共事業頼みだけでは、駄目ですね。
世界から取り残されるのではないでしょうか?

投稿: まるこ姫 | 2008/01/23 17:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/17785758

この記事へのトラックバック一覧です: なんだぁ、初めに暫定税率ありきじゃないか:

« 改革へ民権運動 「せんたく」、私は待っていた | トップページ | 年金得別便、裏マニュァルの懲りない世界 »