« 日米同盟に加減する(BlogPet) | トップページ | 橋下知事、今からそんなにカッカしなさんな »

2008/02/16

プリンスホテルの波紋 連合の抗議に発展

先日、プリンスホテル側が日教組に対し会場利用契約を突然
解除した件で、波紋が広がっている。

今度は日教組の上部組織である、連合側の構成組織が当分の間
プリンスホテル系の施設を使わない方針を決めた。

ブログなどでは私が少し見ただけでも、日教組を非難してプリンス
ホテル側の肩を持つ意見が少なからずある。

私は日教組とは縁もゆかりもないし、中身も知らない。
知らないからこそ見えるものもある。

ブログで日教組を頭から否定して非難する人たちの、いったいどれ
程の人が、本当に日教組の実態を知っているのかと思うと、本当に
これで良いのかな?と思う。

どんな組織でも集会の自由、思想の自由や組合活動は憲法に認
められているわけで、ネットで中傷し日教組は諸悪の根源みたい
な書き方をするのも、どうなんだろう。

諸悪の根源だから、日教組の集会がプリンスホテルに拒否されて
も当然とする考えにはすごい抵抗を覚える。
民主主義国家とも思えないような、問題ありの団体だから何をされ
ても、文句は言えないような、書き方も異様だ。


エイッ 愛の一押し happy01


日教組は認められた団体で、破防法適応かとの論議のあった
オウム真理教の類とは根本から違う。

そもそも契約後に解除してきたのはプリンスホテル側で、失礼だけ
ど日教組に街宣車は付き物位は周知の事実で、それも頭に入れて
の契約ではなかったのか。
街宣車が出て、安心安全に不都合があるのなら、契約段階で断れ
ば良かったものを。

しかも東京高裁の判決にも従わない、プリンスホテル側の社会的
責任は非常に重いものがある。
今後、自社に都合の悪い人間なり、組織には法を破っても良いと
の前例を生んでしまった責任も大きくないかな?

プリンスホテル側に反省の色がないとして、今度は連合側が
>複数の構成組織が記念行事や春闘学習会でプリンス系ホテル
を使う予定にしていたが、すべてキャンセルした。

あわてたプリンスホテルは
>ほかのお客さまの安全、安心を考慮して使用をお断りしたとい
うことを、連合に理解してもらえるように努めていきたい

とコメントしている。

どうして連合なら良くて、日教組はお断りなのか。
企業の姿勢が、あまりにもご都合主義で情けないし恥ずかしい。

何かと問題ありの日教組は嫌だけど、連合の膨大な団体の会合
だったらお金になるから来ていただきたいなんて思っているとした
ら、随分都合が良過ぎないだろうか?


☆ーーー☆ーーー☆ー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーーー☆
              愛の一押しを切にお願いしますm(__)m
               苦戦してます^_^;



にほんブログ村 ニュースブログへ  ← クリックしてね(^^)




☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪



|

« 日米同盟に加減する(BlogPet) | トップページ | 橋下知事、今からそんなにカッカしなさんな »

コメント

まるこ姫さん、皆さん、こんばんは

この件について、私もブログで書きましたが、プリンスホテル側は一度契約したものを急遽、解約したのは、何か分かりませんが、かなり圧力が掛かったのかも知れません。
圧力があったとしたら、日教組を頭から否定する人達で、強力な力を持つものであることは、想像ができますね。

会場だけでなく、宿泊用に190室も借りていたそうですが、190室も拒否されたそうです。
宿泊は基本的な生活行動で、街宣活動によって妨害される対象ではないのに、拒否したというのは、客の安全を確保できないと言う理由に当てはまりません。
日教組自体を拒否したと言えるのではないでしょうか。
お客さまの安全、安心以外の本当の理由を言って欲しいですね。

一流の法人が言論の自由を守るという社会的役割を担わないならば、連合がプリンスホテルを使用しないなど、社会的制裁を受けるのは当然と思います。

投稿: 愛てんぐ | 2008/02/16 18:53

こんばんは、愛てんぐさん

やはり何らかの圧力がかかったのかも知れませんね。
しかし、日本の国は民主国家がと思っていたら、どうも
そうではないようですね。
裏で手を回して、圧力を書けたとしたら最低最悪です。

宿泊には街宣車はあまり関係ありませんよね。
それを理由にするプリンスホテルも、企業としても
使命感がありません。
安心安全と言えば聞こえが良いですが、法の遵守も
出来ないようでは、情けない企業と言わざるをえませんん。

組合活動を守るためにも連合の役割は大きいと思います。
プリンスホテルも、日教組は嫌だ。連合はお得意様
とのやり方は、いかがなものかと思いますね。

投稿: まるこ姫 | 2008/02/16 20:09

こんばんわ。
いや~、揉めていますね。
しかも、「プリンスホテル」でしょう?。
これでは、「ホテルの信頼感」が、無くなりますね。

投稿: H.K | 2008/02/16 20:20

こんばんは、H・Kさん

プリンスホテルは、こういった前例を作っては
いけませんね。
そうなんですよ。
信頼感がなくなります。
イメージが落ちました。

投稿: まるこ姫 | 2008/02/16 21:20

こんにちは。
宿泊さえも拒否、これは弁解の余地がないんではないでしょうか。旅館業法か何かで原則的に宿泊予約は断れないんじゃないかと思います。たとえ暴力団員の人でも個人で宿泊する分には、断ると違法だったと思います。もちろん宿泊して他の宿泊客に迷惑になるような行動をとった場合は、退去を要求できるとは思いますが。
ブログの情報なので本当かどうかはわかりませんが、プリンスの担当者の言では、「個人の利用であっても日教組の組合員と判明したらお断りする。」そうです。
何か、妙な力が働いていることを感じますね。

投稿: kirara | 2008/02/17 09:53

まるこ姫様、おはようございます。 一度契約してから、一方的に破棄したのはわざと、困らせたのでしょうか?左翼団体とグルと思われてもしかたないですね、西武グループは反社会的行為が多い気がしますね(派遣会社や株)  雑感ですが、私から見ると、プリンスホテルといえば高級で、日教組の会場、宿泊代は誰が出しているのか、気になったりしました、勿論私は宿泊した事ないですよ。

投稿: 赤いとら | 2008/02/17 11:27

★ーーこんにちは、kiraraさん

やはり、一流企業と自認しているホテルなのでしょうから
宿泊まで拒否とは、ひどすぎますね。
何か、日教組に対して色眼鏡と言うか、外から圧力が
かかったのか、すごい警戒していますね。

>個人の利用であっても日教組の組合員と判明したらお断りする。

これはやはり行き過ぎた行為だと思います。
弾圧に対して、すぐ屈するような企業は、日教組の
方から願い下げにしたらどうでしょう。
全く偏見がありすぎのような気がしますよ。


★ーーこんにちは、赤いとらさん

一度契約しているのですからね。
嫌なら、初めから断れば良いのですよ。
それを裁判所の命令も聞かないでは、恥ずべき行為
だと思いますよ。
日本は法治国家なのですから。

そうですね。
西武グループも、中々問題が多い企業ですね。
勿論、私もプリンスホテルには泊まったことがありません(笑)

こんな企業なら、たとえお金があっても泊まりたくも
ありませんが。。。。。

投稿: まるこ姫 | 2008/02/17 17:30

まるこ姫さん こんばんは
ホテル側の一方的な破棄は言語道断です。
利用者の客の安全・安心を語るなら、これを脅かすものがいる、日教組に使わせるなと、、、こういう団体が、、、組織が、、、人物が、、、言ってきた、、と公表し、自衛組織を一時的の作るなり、警察に警備を依頼するなり、、、マスコミに報知するなりの対策をすべきでないんですか?
それこそが客の「安全・安心」を守る早道であり、安全・安心の地域づくり、、、日本となると思います。日教組は他の民間企業の労働組合と同じ、小学・中学の教師の組合でしょう?
未来を担う子ども達の教育のための先生達の組織だと思います。だから憲法でも認められてじゃないですか?

投稿: ゲン | 2008/02/17 23:17

こんにちは、ゲンさん

プリンスホテルの契約解除は言語道断ですよ。
日教組は駄目、連合はお願いしますなんて
おかしいですよね。

やはリ、裏から圧力をかけられたと思わざるを得ませんね。
高裁の判決の際に、警視庁は警備を充分にすると発表しています。
だから警備の点で不備があるとは言い逃れできません。

客の安心安全を隠れ蓑にして、日教組を排除しようとする
意図がミエミエです。

集会の自由、思想の自由は憲法で認められた権利です。
そして日教組自体も排除される団体ではありません。
それを、一方的な見込みで排除すると言うのは、日本社会の
民主主義が成熟していないという事になりますね。

投稿: まるこ姫 | 2008/02/18 16:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/40144144

この記事へのトラックバック一覧です: プリンスホテルの波紋 連合の抗議に発展:

« 日米同盟に加減する(BlogPet) | トップページ | 橋下知事、今からそんなにカッカしなさんな »