« メタボリック検診知ってた? | トップページ | 映画「靖国」、ようやく上映館現る »

2008/04/02

どいつもこいつも。ご長寿医療制度って名前を変えただけ

福田首相が、75歳以上の人全員が加入する後期高齢者医療
制度について、周知不足。ネーミングもよくない

として 『長寿医療制度』 にするように指示したそう.
名前を変えただけで制度自体はなんら変わらないのに該当者が
納得するのかなぁ。。。。
どんどん弱者への締め付けが厳しくなってきた。

>3月20日には「後期高齢者医療制度のお知らせ」と題した360
0万部の政府広報を各戸配布したが、

って、年配者の人たちに認知してもらおうと思えば、ぎりぎりの3月
に配布するほうが間違っていないか?
もっと、前から4月からこういう風になるからと、報道などで何度も何
度も流すなどして徹底させないと、無理でしょ。。
それが優しさってもんでしょ。
ネーミングだって、反感を買うことが分かっているような呼称では。。
デリカシーが無さ過ぎるように感じてしまう。

政治家なんて、特に自民党の場合けっこうお年寄りの議員も多そう
だし、その辺の所がなんで分からないのかもすごい疑問だ。


エイッ 愛の一押し happy01


しかし、この制度は裏では『姥捨て山医療制度』とも呼ばれ
ているらしい。。。。。
街頭インタビューで、エライ怒っている人がいた。
それはそうでしょ。一生懸命働いてきた結果が、これではねぇ。。。
でも、私たちが年金を貰える頃は、もっと生き難くなるだろう。

年金と言えば、3月までに
>平成20年3月までに5000万件とすべての受給・加入者の記録
をコンピューター上で名寄せし、記録が結び付くと思われる人に知ら
せる」

とした公約は事実上無理だと言う。

無理と言うか、宙に浮いた年金記録5000万件中、未通知3000
万件超と言うから、まったく宙に浮きっぱなしで、地上に降りる気配
なし。
>記録統合が完了したのも全体の8%の417万件に過ぎない。
と言うから、ひどい話だ。
>最後の1人まで正しい年金を支払う
はっきり言って、無理でしょ。大ボラ吹いてしまった安倍さんだった。
年金をもらええる年代を思うと、なし崩し、うやむやのままに終わっ
てしまう可能性大という事になる。

ちょっと前までなら、お上のいう事、やる事に間違いは無いと思って
いた人は多いだろう。
それを逆手に取り、やりたい放題の社保庁の責任は重いものが
無いだろうか?
と言うか、財務省、国交省、農水省、厚生省、防衛省、etc。。。。
各省庁の国民不在のやりたい放題は、なんとかならないのか。


☆ーーー☆ーーー☆ー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーーー☆
              愛の一押しを切にお願いしますm(__)m
               苦戦してます^_^;



にほんブログ村 ニュースブログへ  ← クリックしてね(^^)




☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪



|

« メタボリック検診知ってた? | トップページ | 映画「靖国」、ようやく上映館現る »

コメント

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
年寄りと弱者に優しくない日本。
長生きしたくないもんです。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2008/04/02 19:07

まるこ姫さん、皆さん、こんばんは

『姥捨て山医療制度』は郵政選挙で大勝ちした小泉政権が作った制度です。
派遣業の緩和と言い、自立支援法と言い、今度の後期高齢者保険制度と言い、小泉政権のために、多くの弱者が痛めつけられ、病気や死亡した人は山ほどつくっています。
なのに、小泉を賛美する、馬鹿な国民がいるとは、本当に情けないとしか言いようがありません。

65歳〜74歳の障害を持つ人も含めており、明らかに死の間近の人だけをひとくくりして、団塊の世代の後期高齢期に向けて、医療費を抑制しようというのは、人生の最期に医療を掛けさせないよう、平安な生活を守ろうとしない、なんと冷たい国でしょうか。
最期の時期は長生きすればするほど、お金が要ります。蓄えを残しておかなければなりません。
被扶養者になっていて保険料0だった者が、新たな保険料は影響大です。
年金生活者の場合、介護保険料と合わせて、天引きでお金を取られると、困窮する人がいっぱい出てくるでしょう。
払えなくなれば、10割負担にする、死ねと言うことですね。
高齢者をひとくくりにした医療制度があるのはアメリカだけで、他の先進国は全体で高齢者を支えています。
小泉政権のアメリカ属国化の一環だったのでしょう。

宙に浮いた年金は高齢者には払わず、保険料は年金から天引きする、馬鹿にするのもいい加減にしろと言いたいですね。
年金記録が6割も未解明はお粗末すぎ、言い訳の出来ない公約違反です。
ねんきん特別便など、社保庁の無駄遣いはそこ知らず、社保庁の幹部を総取っ替えして、当たらねば全く、拉致が明きません。
責任者に責任を取らせ、システムを変えるには、政権交代しかありません。
民主党の長妻議員が、年金記録の解明に国家プロジェクトで当たらなければと言いましたが、今のドタバタを見ているとプロジェクトは真実味を帯び、まさしくそのとおりにすべきですね。

国民は本当に怒らなければいけません。
これだけ、粗末に適当に扱われていて、どこまでも温和しいのでしょうか。
対岸の火事だからと消極的でも、常に弱者になる可能性があります。自分のことと考えなくてはいけません。

政府や官僚のひどさが分かってきたのは、国民が野党に信任を与えた結果です。
この程度の政府に、この程度の国民と言われないよう、真剣に真っ正面から立ち向かって欲しいともいます。

投稿: 愛てんぐ | 2008/04/02 19:08

★ーーこんばんは、くまさん

どんどん、締め付けてきますね。
いくら財政難と言っても、無駄を省いてから
やるべきでしょう。
物言わぬ人たちから取るのは簡単だと
侮っているのですね。
長生きするにも、たいそうなお金が要りそうですね。

★ーーこんばんは、愛てんぐさん

やっぱりね。
派遣の緩和セーフティネットなしにも小泉さんが決めました。
自立支援法も、障害者の人たちはとても困っています。

未だに小泉再登場を願っている人のなんと多い事か。
中身を知らない人たちは、ワンフレーズの短い言葉で
大喜びしていますから。
いかに国民がムードに弱いかという事ですね。

この後期医療制度も団塊の世代を対象にしていると
聞きました。
これから先、年金は貰えるかどうか。
貰えても、生活できるほどもらえませんし、持ち出し部分は
相当蓄えておかなければ、満足に生きていくのも困難に
なるでしょうね。
本当に生き難い国になってしまったんですね。

この制度の卑怯な所は天引きで有無も言わせぬうちに
取る所です。
国民年金者は、保険を滞納すれば滞納分を払ってから出ないと
医療も受けられないそうです。
お金の無い人は野垂れ死にの運命にあるようです。

どうしたらこんなひどい制度を作ることができるのでしょう。
議員や官僚は高額な年金は貰えるから、本当に困窮
している人たちのことにまで思いが行かないのでしょうけど
これだけ、高齢者に厳しい国は他にありますか?
礎を刻んできた人たちを粗末に扱う国は、ひどすぎます。
韓国とは大違いですね。


しかし、これだけひどい仕打ちにあっても弱者や
高齢者の場合、抵抗も出来ないと踏んで、そういった
制度を平気で作るのでしょうか?
年金も正当な額を貰うことなく、亡くなっていく人たちは
多いでしょうね。

日本人は本当に寛容と言うか、権力者に対して甘すぎます。
権力者は批判を受ける立場にあるのだから、批判を受けて
当然なんですけどね。
メディアも、国民もお人よしと言うか、優しい羊と言うか
抵抗しませんね。
私たちは、どんなに虚しくても言い続けることが必要だと思います。
ブログでもホームページでも良いから書き続けることだと思います。


投稿: まるこ姫 | 2008/04/02 20:24

こんばんは、先日、町内会での集まりがありましたその時にこの「後期高齢者、、、」について「あとの無い高齢者、、、」のためのことなんだと話されていました
。そして「長寿医療制度」ですか?  
高齢者の議員達にとっては他人ごとなんでしょうね、いくらでも支払われるお金をもっているんだね。
圧倒的に多い低所得者・低額年金者の生活なんて想像できないところで生活している人たちが政治家なんでしょう。
どんな仕打ちをされても、また、これらの政治家に投票するこれらの困窮者がいるのも現実でしょう。
一人一人ではなく声掛け合って、語り合って国会に出すべき政党(人)に投票するようしたいですね。

投稿: ゲン | 2008/04/02 21:09

こんばんは、ゲンさん

後期高齢者制度って、ひどい制度ですね。
お金持ちにとっては支出が少なくて、かえって
今まで払わなくて良かった人が支出増になるそうです。

議員さんは報酬も良くて、議員年金も大盤振る舞いですから
全然心配はありませんね。
まったくの他人事だと思いますよ。
人の痛みの分からない人が多そうですもんね。

年金額の良い人は一部の人なんですから。。
大多数の人は、困りますよね。

だけど、ゲンさんの仰るとおり、どんな仕打ちを
されても、自民党に任せておけば安心と言う人たちが
多いのも事実なんです。
そして、頼まれたからとか、義理で入れるだとか
言う人の多い事も事実なんですね。
今日を作り上げてきたのも、そういう人たちが
多いからという事にもなるでしょう。

政治と言うものは身近に、そして自分のことと
捉えないと、困るのは自分達なんですから。

投稿: まるこ姫 | 2008/04/02 22:06

まるこ姫様、こんにちは。   人生最後のささやかな、楽しみまで、簡単に奪っていきますね、表現としてロスタイムよりウイニングランの方が好きですけど、そんな風には、いかないようです、馬鹿ほど無意味な公共工事をし、くだらない役人に高級外車を与えて来た結果、無収入の老人から年金のピンはねです、涙が出るくらい情けないですね、国民の一人として悔しいです。 官僚は、もとより正義感、平等感の無くなった自民党は、もうだめで、自民党自信でも、きっと気付いてるはずです、最後だからって無茶苦茶しないで欲しいです。

投稿: 赤いとら | 2008/04/03 16:47

こんばんは、赤いとらさん

本来なら、余生は幸せなものであって欲しいですね。
それが、国に苦しめられるってなんなんでしょう。

最後の花道のはずがねぇ・・・・・
まったくそのようにいかないみたいです。
本当ですよ。
無意味な箱物公共事業は、ひどすぎます。
今日も年金から色んな無駄な公共事業を勝手に作り、挙句に
後始末に大変だとTVでやっていました。
そして作った時の足元にも及ばない値段で売却ですって!

あれだけの年金が残っていたら、もっと裕福な生活が
待っていたはずなんですが、役人に使われてしまいました。
そして最後は又弱者にしわ寄せが返ってきます。
ひどいものです。
情けないし、悔しいですね。

自民党と役人がツーカーでこのような結果を招いた
訳ですから、責任を取ってもらいたいですが、未だに
取っているようには見えません。
自民党政権化では、改革なんて土台無理なんだと思いますよ。


投稿: まるこ姫 | 2008/04/03 19:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/40738378

この記事へのトラックバック一覧です: どいつもこいつも。ご長寿医療制度って名前を変えただけ:

« メタボリック検診知ってた? | トップページ | 映画「靖国」、ようやく上映館現る »