« 調査捕鯨、やることが半端でないグリーンピース | トップページ | 映画デイ・アフター・トゥモロー、人間への警告 »

2008/05/17

四川大地震、日本人救出チームの苦労と苦難

チベット問題は、今やまったく話題にはならず。。。。。。
四川大地震の話題一辺倒。

日本側が救援を申し入れた件が地震から3日以上もたってようやく
許可されて現地入りした。
人命救助という点から言えば、早いほど早いほど良いわけで、誰も
が分かることでも、中国政府は中々許可しなかった。
ここへきて、世界を意識してか日本にも要請があったのだろうけど
あまりにも遅すぎる。
日本のハイテク技術を持ってしても、時間が過ぎていればどうしよう
もないのではないだろうか?
そこへ持ってきて、ニュースで見る限りすべて人海戦術で、重機が
入っている感じではない。
建物は鉄筋が入っておらずペチャンコ状態で、重機がなかったら
手も足も出ない状態にもかかわらず、手作業。
いくら日本の救援部隊が優秀でも、これではなすすべが無いのと
ちがう?
そもそも、日本人救援隊の目的は一刻も早く生存者を救出するた
めに派遣されたのだろうになんで今頃、要請をしてきたのだろう。。
世界に向けてのアリバイ作り?


エイッ 愛の一押し happy01


中国のテレビでは、首相がいち早く現地入りして、次に国家主席。
国民はとても感謝していると言う様な、国家体制そのものの麗しい
美談としての取り上げ方ばかり。
本当は、あんな大混乱している所にトップが来ても、警備の面だ
け取っても大変で、迷惑な事なのだろうけど、さすが共産主義の
お国だけあって、人々の士気が高まると言う方向へ持って行きた
いのだろうなぁ。。。。

しかし日本は世界でも有数の地震大国と言われてきて、何度も大
きな地震にあってきた国だけども、その現場では結構、皆が助け
合い精神をいかんなく発揮してきたように思う。

ところが、私の偏見かも知れないけど、ニュースを見る限りは、中
国人は、とてもそんな風には思えないのだ。
物資が到着したら車を囲み、人々が強奪寸前のようなわれがちに
物資を奪う光景を目にすると、やはり気質が違うのだと改めて感じ
た。

日本人も今までのような美徳とされる気質が失われつつあっても
いざ、何か困難が襲うと、団結力が出てくる。
今のお年寄りがどんどん亡くなって行くと、それも失われていくの
かもしれないけど。
やはりなんだかんだ言っても、日本人の気質は良い所がたっぷり
あるのだから、失われていくのは惜しいような気がする。

中国人の場合、どうなんだろう・・・・・
これでオリンピックは開催できるのだろうか?
しかし大地震でミャンマーもチベットもどこかへ吹っ飛んでしまった。


☆ーーー☆ーーー☆ー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーーー☆
              愛の一押しを切にお願いしますm(__)m
               苦戦してます^_^;



にほんブログ村 ニュースブログへ  ← クリックしてね(^^)




☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪



|

« 調査捕鯨、やることが半端でないグリーンピース | トップページ | 映画デイ・アフター・トゥモロー、人間への警告 »

コメント

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
中国人は完全な個人主義の国です。個人個人の自己主張が強すぎるくらいです。
これらの人々を纏めるには、強権主義が必要なわけです。ですから、今回の状況を見ても、助け合いというより、奪い合いという感じになってしまいます。
 ただ、いまの若い人には、給食費を払わない親なんかは典型的な利己主義ですから、たぶんこのようの日本人が増えてくると、我先にと奪い合いが始まるでしょうね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2008/05/17 19:42

こんばんわ。
今週は、「四川大震災」の話で、沸きましたね。
しかも「死者5万人以上」(中には、倒壊で生き埋めになっている人もいる。)が、いるのだから、改めて「震災の恐怖」を、感じますね・・・。
でも、テレビを見て感じたけど、何となく「救援の対応」の遅さを、感じますね。
これでは、「復旧」するのに、かなりの時間がかかりそうですね。

投稿: H.K | 2008/05/17 20:16

★ーーこんばんは、くまさん

中国も韓国も、顔はにていますがまったく気質は違いますね。
個人主義も個人主義で自己主張も強いですね。
大陸の人間は、強奪の文化で人のものは自分のものとの
考えなのではないでしょうか?

助け合いは少しはあるのかもしれませんが、食料や水も
我先にと取り合っていますからね。
日本の震災の様相とはまったく違うような気がします。

それでもこれからの日本は、大陸風になってくるのでしょう。
日本人の美徳とされるものが、どんどんなくなってきていますから。
それも時代の流れかも知れませんが。

★ーーこんばんは、H・Kさん

ひどいものですね。
すごい震度だったし、家屋もそれに対応できていないしで
悲惨な状態です。

まだまだ生き埋めの人は沢山いるでしょう。
これから病気が蔓延するかも知れません。
オリンピックはできるのでしょうか。

中国政府が応援を要請すればなんでもないのに
やはり、内情が世界に流されるのを警戒しているのかも
知れません。

いつになったら復旧するのか見当もつきませんね。

投稿: まるこ姫 | 2008/05/17 21:07

まるこ姫さん こんばんは
日本への救助要請は遅すぎたですね、言い訳なしの寸刻を争う場でしょうに、、、。
一人でもいい、助けられるよう応援します。
命に国境はありません、頑張って下さい日本の救助隊です。

投稿: ゲン | 2008/05/17 23:05

まるこ姫様、こんにちは。    意図的な報道かも知れませんが、救援物資を奪い合うのは、みにくいですし、余計な時間と手間が掛かるだけですね、昔、憎いはずの残留孤児を、育てたやさしい中国の人は何処にいったのでしょう?現政府の程度が低いので、将来地震が起きればご推測どうり日本も奪い合うでしょうね、体験する地震より怖いです。  阪神大震災より大規模なので、当てはまらないかも知れませんが、建物の倒壊で亡くなる場合、94%近くが即死なので、救援活動は思ってるほど意味がない現実があります、それでも奇跡を信じて救援活動を迅速に行なうのが、人間の務めだと思います、相互扶助の精神が災害を乗り越えれるものだと、示して欲しいですね。

投稿: 赤いとら | 2008/05/18 13:46

★ーーこんにちは、ゲンさん

そうなんですね。
人命がかかっているのですから、一刻も早く対処して
欲しかったですね。
遅ければ遅くなるほど、日本チームの存在意義はなくなる
訳ですから。

助かる命があるのならば、ぜひとも助けていただきたいです。
こうなったら国境を越えて、日本チームの活躍を期待します。


★ーーこんにちは、赤いとらさん

中国にはボランティアと言う意識が無いそうですね。
災害が起これば、全部政府がやるのが当たり前で、助け合い
も、日本のように活発ではないそうです。
すごい、金品の強奪もあるそうです。
TVに映っているところは、一部分かも知れません。
中国も良くない場面を海外に流すのは嫌でしょうから。

『大地の子』の中で中国人が日本人残留孤児を育てて
いても、社会からはすごい迫害を受けた内容は、涙なしでは
読めませんでした。
一部の人たちは人道的博愛精神で育ててくれたのでしょうが
中国人から見れば、変人と映っていたのだと思います。

日本の場合、美徳が薄れてきていますから、これからは今までのような助け合い精神も薄れてくるのかも知れませんね。
地震も怖いですが、人間関係も怖くなりつつありますね。

中国人は、過去の歴史もあり、そして愛国教育の成果もありで
日本人がとても嫌いなようです。
しかし、今回国境を越えて受け入れOKが出て、日本チームのハイテク技術が、役立つと良いですね。
でも、いかにもどう考えても遅すぎます。


投稿: まるこ姫 | 2008/05/18 16:19

まるこ姫さん、皆さん、こんばんは

死者は3万人を上回り、5万人に達っしそうです。
7000もの学校が倒壊、被災者は1000万人、阪神大震災の30倍のエネルギーを持つ四川大地震の揺れは日本列島をすっぽり覆う規模で、そのすさまじさが分かります。
多くの死者のご冥福をお祈りしたいと思います。
がれきの下にいる人達が少しでも助かるよう祈ります。
また、被災された人々が第二次被害に遭わないよう、災害を克服されるよう、望みます。

阪神大震災でも、海外の救助隊に直ぐの入国は無かったように思います。
大国の権威というのが、あるのでしょうね。
また、震源域は山岳部で、崩壊が激しく、道路を頻繁に寸断され、ヘリも下りられないところが多いと聞きます。
救援物資が3、4日届かなくて極限状態になり、奪い合いが起こったとしても、格差社会の中国では仕方がないように思います。
今では、中国内で、ボランティアの動きが活発になっていると聞きます。
30年前の大地震のときよりは隠しましたが、今回は大分、情報を出し改善されました。
こういうことを通して、ふつうの国になっていくように思います。

投稿: 愛てんぐ | 2008/05/18 20:20

こんばんは、愛てんぐさん

四川大地震の詳細が分かるにつけ、すさまじい地震だったという事が、良く分かりますね。
阪神大震災の比ではないようです。

その国には国の事情があり、援助物資は受け付けても、救援となると、二の足を踏むようです。
日本の場合も、私たちが思うように簡単には行かなかったようですね。
やはり、メンツとか、捜索の違いとかがあるのでしょうか。
こんな状態で聖火リレーどころではありませんね。
それよりも、オリンピックができるかどうかのような大惨事です。
今年の中国は、次から次へといろんな問題が噴出して、大変と言えば大変だと思います。
これも、中国にとって真の国際社会の仲間入りとしても試練とでも言えるのかも知れません。

どんな国であれ、国民には罪はありません。
未曾有の天災なんですから、世界は援助を惜しまないと思います。
これからは病気も蔓延するでしょうから、まだまだ気が休まりませんね。

投稿: まるこ姫 | 2008/05/18 20:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/41235468

この記事へのトラックバック一覧です: 四川大地震、日本人救出チームの苦労と苦難:

« 調査捕鯨、やることが半端でないグリーンピース | トップページ | 映画デイ・アフター・トゥモロー、人間への警告 »