« 道交法改正、聴覚障害者運転手のマークはこれ! | トップページ | 四川大地震、日本人救出チームの苦労と苦難 »

2008/05/16

調査捕鯨、やることが半端でないグリーンピース

環境保護団体グリーンピースは、やり方がすごい!
余ほど、日本の調査捕鯨船に対して思い入れがあるのだろうか?

> 調査捕鯨で捕獲されたクジラ肉の一部が、乗組員によって大
量に持ち出されているという情報が寄せられた問題で。。。。。
>調査捕鯨船の乗組員12人について、業務上横領容疑での告発
状を東京地検に提出した。

業務上横領容疑を告発するために、クジラ肉の入った段ボール箱
を青森市内の宅配便の施設から無断で持ち出したんだそうだ。
>、顧問弁護士は「形式的には窃盗かもしれないが、横領行為の
証拠として提出するためで、違法性はない」としていた。 

と言っていると言うが、横領行為を立証するためには、法律違反を
しても良いというのは、おかしな話だ。
環境を守るためには手段を選ばず、そして自分達の告発は正しい
と思ってるのだろうけど、あまりに身勝手な行いは、誰の共感も得
ないと思う。
そして、なんだか鯨に対して狂信的なものは無いだろうか?

前に、米国の環境保護団体、シーシェパードなども、日本船に火炎
瓶を投げ込むなどして妨害行為を繰り返した事例もある。


エイッ 愛の一押し happy01


自然を守ろう、海を守ろうと思う行為は多いに賛成だけど、行き過
ぎると、環境保護団体自体が偏見の目で見られたり、共感も得ら
れなかったりと、かえってマイナス効果の方が大きいのではないか

それに、自分達の文化の論理だけを振りかざしても、私た
ちは私たちの昔からの文化もあるのだ。

今や、鯨もあまり口に入らないから、別に無理して食べたいとは思
わないけど、西欧の文化が絶対正しいとは限らない。
強者の論理だけを振りかざして、捕鯨は駄目だと言われても、説
得力はないし、すごい傲慢なものを感じるのだ。

鯨肉を土産として持ち帰る慣習についても、問題ならば見直さなけ
れば、いけないだろうけど、個人的には、鯨だけにあまり目くじら
立てなくても良いのにと思ったりして。。。。。(笑い)

それに、捨ててしまうのはもったいない。
これからは、疑惑をもたれないためにも、ちゃんとした決まりを考え
ましょうよ。

業務上横領を立証するために、窃盗をする環境保護団体。
なんだか本末転倒のような気がする・・・・・・


☆ーーー☆ーーー☆ー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーーー☆
              愛の一押しを切にお願いしますm(__)m
               苦戦してます^_^;



にほんブログ村 ニュースブログへ  ← クリックしてね(^^)




☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪



|

« 道交法改正、聴覚障害者運転手のマークはこれ! | トップページ | 四川大地震、日本人救出チームの苦労と苦難 »

コメント

まるこ姫さん、こんにちは∈^0^∋
ぼくも書きましたけれど、これはれっきとした窃盗罪ですし、自己の行動を正当化するための詭弁でしかないです。
 れっきとしたテロリストです。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2008/05/16 20:07

こんばんは、くまさん

グリーンピースの今回の行動は、えらい過激ですね。

告発すると言って、荷物を盗んでは自分達の方が
犯罪者ですよね。
それを顧問弁護士は、違法性はないといっていますが
とんでもないです。

不思議な論理ですね。
ついていけませんよ。

投稿: まるこ姫 | 2008/05/16 22:18

camera こんにちは、ご無沙汰です。
今回のグリピーの行為は、絶対に許されるものではありません。
まさに「毒樹の果実の法理」そのものです。違法に収集された証拠の証拠能力は否定すべきとされています。
まともな弁護士ならば、こんな対応はしません。こういうことを堂々といい、泥棒のお先棒を担ぐ弁護士には、鉄槌を下すべきでしょう。
弁護士会は何をしているのかねー。
司法は、この行為を見過ごすことなく厳格に対応すべきです。
連中のやっていることを見ていると、暴力団や無頼の徒以下の不法集団にしかみえません。
日本は法治国家です。当局の違法行為に対する厳正なる対応を国民は望んでいます。

投稿: イソップ | 2008/05/17 11:14

まるこ姫様、こんにちは。  自分達の文化の論理を振りかざして・・・彼らには侵略と略奪の文化しかないです。「鯨を守る」と言っていますが、独占して眺めていたいだけの、迷惑なわがままですね、いつも不思議に思うのが、彼らの収入源で、そんな事しながら生活できる余裕よくあるなぁ、よっぽど暇で金が余っているんだなぁ金持ちの遊び?いい身分だ、うらやましい!で終わるんですが・・・・先日の記事にも地下水の枯涸がありましたが、牛肉を食べる為には、かなりの穀物を使うので当然、水も大量に使います、地下水が枯れれば、牛肉なんて食べれません、鯨を食べる日は案外近いかもしれません。

投稿: 赤いとら | 2008/05/17 18:16

★ーーこんばんは、イソップさん、お久しぶりですね。

やはり、法をおかす行為はどんなに言い訳をしようと
許されるものではありませんね。

>違法に収集された証拠の証拠能力は

そうなんですね。
これは証拠能力としても、使われるべきではありませんね。
この弁護士は問題ないと言っていますが、見識が疑われますよ。
弁護士会はなんとも思わないのでしょうか?

グリンピースは日頃から、活動が行き過ぎている嫌いがあります。
自分達の正義のためなら、何をしても良いと思っているとしたら
とんでもないです。
はたから見ていると、本末転倒なような気がしますよ。
本当ですよ。
厳正な対応を望みたいと思います。
決して許される行為ではありませんから。


★ーーこんばんは、赤いとらさん

そうなんですよね。
自分達はそれなりの文化があるかもしれませんが、私たちは
私たちの文化があるのですから。
それを全否定されるのも、嫌なものがありますね。

私たちから言わせれば、西欧はそれこそ侵略と略奪の文化ですよね。
自分達のすることは何でも良く、アジアの文化は受け入れないなんて
独りよがりだと思いますよ。

捕鯨も取り過ぎたらいけませんが、それなりのルールを守れば
なんら問題ないと思いますけどね。。。。
やはり、他国の文化はそれなりに受け入れていただきたいですね。
自分達の意見が一番だと思う、おごり高ぶりには賛成できません。

資源が枯渇しないようなルール作りをすれば良いだけの話です。
牛が良くて、鯨が駄目だと言う、勝手な屁理屈には賛成できませんよ。

投稿: まるこ姫 | 2008/05/17 19:53

まるこ姫さん、皆さん、こんばんは happy01

彼らは自然保護をする人達に良からぬ影響を与えました。
法治国家なのだから、法律の範囲内で、活動するのが常識です。
でないと、人々の共感を得ません。
捕まっても構わないと言う覚悟の元にしているので、自業自得です。
彼らは窃盗罪ですが、捕鯨員の横流しがあれば捜査すべきです。

私も自然保護派です。
反捕鯨国家の近くまで行って、目の前で遠洋捕鯨するのは感心しません。
アメリカが鯨油を採るために、太平洋まで出っ張ってきたのとあまり変わらないです。
調査捕鯨と言っても、実態は商業捕鯨で、市場も出来上がっています。
近海や沿岸の捕鯨は、古来より、伝統的に行っていたのもので、近海や沿岸の捕鯨だけにすれば、軋轢が少なく、国際的に十分理解が得られるものだと思います。

漁業も牧畜業と同様、野生採取より、養殖等の管理漁業に重心を移すべきと思います。

投稿: 愛てんぐ | 2008/05/18 19:06

こんばんは、愛てんぐさん

自然保護団を提唱する人たち全体に対して、悪い影響を与えましたね。
やはり、どんなに立派な大義名分があろうとも、法治国家で法を
犯してよいわけがありません。
それが許されるのならば、法治国家ではなくなります。
私はこの団体は、日本の捕鯨に関して、とても強い信念を感じます。

西欧社会から見れば捕鯨は野蛮かも知れませんが、日本には日本の文化があります。
それを認め合って、日本もはるかかなたまで行って捕鯨をする必要はありませんね。
調査は随分したのでしょうから、日本近海で操業する条件で何とかならないのでしょうか?

私たちの口には入らない鯨の肉は、そのようなルートの上で
商売が成り立っているのでしょうか?
それは不公平な事です。
人々に疑惑をもたれないためにも、ルール作りが必要でしょうね。
せっかく、グリーンピースが法を犯してまでも、横流しを提唱したのですから、内部調査も必要という事になるでしょう。

投稿: まるこ姫 | 2008/05/18 20:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/41225916

この記事へのトラックバック一覧です: 調査捕鯨、やることが半端でないグリーンピース:

» グリーンピースのやった行為は、単なる窃盗 [たべちゃんの旅行記「旅のメモ」]
 調査捕鯨船の船員が送った荷物。その中には、鯨肉が入っていましたが、送り先の自宅 [続きを読む]

受信: 2008/05/19 22:43

« 道交法改正、聴覚障害者運転手のマークはこれ! | トップページ | 四川大地震、日本人救出チームの苦労と苦難 »