« 船場吉兆、とうとう力尽きた。。。 | トップページ | クラスター弾、追い詰められた末苦肉の決断 »

2008/05/30

四川大地震、自衛隊機派遣見送りだって!

初めは中国側から要請してきたんでしょ?

>中国側が27日に自衛隊派遣を含めて支援を要請したのは、被
災地のテント不足という問題とともに、中国重視の福田康夫政権下
で、国際社会に対し協調姿勢を示すだけでなく、日中関係をさらに
強化したいとの意向があったためだ。

>中国側は「自衛隊機派遣に関する日本の報道の扱いの大きさに
とまどった

とあるけど、中国は未だに自衛隊に対して、すごいアレルギーが
あるのが分かった。
このニュースが流れてからと言うものの、インターネットで自衛隊
派遣に対して、拒否姿勢と批判がすごい勢いで広がったと言う。
日本人は本当に忘れやすい民族だと思うけれども、中国人や韓
国人は一度受けた憎しみや悲しみは、末代まで受け継ぐと言う。
日本の場合はやってくれて当たり前という事になっているの
だろうか?

ODAを散々して来ても、政府は国民に向けて広報しないと言う。

自衛隊イコール軍隊と言う捉え方なのだろうか?
もっとも、自衛隊は自衛するだけと思っているのは日本人だけで
諸外国は軍隊とみなしていると言うから、中国も軍隊と思ってい
るのかも知れない。
しかし、今回自衛隊派遣見送りの件も、中国国内では中国有利
の報道をするのだろう。
例えば、日本が自衛隊派遣を申し込んだけれども中国側が拒否
したとか言うのではなかろうか。


エイッ 愛の一押し happy01


でも、本当に困っているのは底辺の人間で、政府やネット上の思
惑よりも、救済を最優先することが何で出来ないのだろう。
軍隊でも自衛隊でも、何らかの協力をすることがどうして悪いのか
日本人の忘れやすい性格と、中国人のいつまでも忘れない性格
とは、どこまで言っても平行線なのだろうか?

それにしても、中国は大きい。
一方では天災で多大な被害を受け、住居も食もままならない状況
にもかかわらず、もうすぐそこにオリンピックを控えている。。
苦しみのどん底と、世界を招いての華やかなスポーツの祭典がど
うしても重ならないのだ。

あまりに広い国土だからこそ、遠い地方の出来事なのだろうけど、
日本の出来事だったらどうなんだろう。
日本で大震災が起きていたら、果たしてオリンピックを強行できる
だろうか?


☆ーーー☆ーーー☆ー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーーー☆
              愛の一押しを切にお願いしますm(__)m
               苦戦してます^_^;



にほんブログ村 ニュースブログへ  ← クリックしてね(^^)




☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪



|

« 船場吉兆、とうとう力尽きた。。。 | トップページ | クラスター弾、追い詰められた末苦肉の決断 »

コメント

まるこ姫さん、こんにちは∈^0^∋
てっきり、自衛隊機の要請は中国からだと思っていたら、違っていましたね。
日本の勇み足?
でも、中国は大きすぎますが、国を挙げて支援すればいいと思いますね。それこそ、被災者に選手村を開放しても良いくらい。オリンピックなんて、いつやってもいいじゃない。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2008/05/31 12:32

■幻の日本軍中国救援は歴史上の転換点?
こんにちは。今回の、中国側の反応は当然のことと思います。しかし、今までは一度もこのような大きなミスはありませんでした。おそらく、中国の外交に関する今までの最悪のミスだと思います。いずれにせよ最初の時点では、少なくとも自衛隊の中国への空輸活動は絶対反対という意向は示さなかったと思います。その意向を受けた日本が、自衛隊機で事をすすめて、今度は、都合がわるくなったから、断るというのですから、これが中国以外のまともな国家であれば、正式に相手に対して謝罪をするのが、国際儀礼というものです。中国側があれこれいうのは、ミスを隠蔽するために、後付で理屈をつけているに過ぎません。いずれにせよ、この出来事は現在の中国政府は迅速な意思決定ができない、リスク管理ができないことを如実に示していて、内部の混乱、分裂ぶりを示す査証になったと思います。その意味から、この一見当たり前のようにみえる事柄が、あとから振りかえってみると大きな歴史上の転換点になっている可能性がかなり高いと思います。詳細は私のブログをご覧になってください。

投稿: yutakarlson | 2008/05/31 15:54

★ーーこんばんは、くまさん

あれ?中国からの要請ではなかったのですか?
わたしはてっきり中国からだと。。。
日本の勇み足ですか。

どうも中国の情報統制が良く効いて、国民は日本の軍隊への
拒否感がすごいですね。
困っている時なんですから、受け入れれば良いものを。
余ほど昔の恨みが消えないのでしょうね。

どうしてもオリンピックと地震は切り離して考えたいようです。
オリンピックどころの騒ぎではないと思いますが。


★ーーこんばんは、はじめまして、yutakarlsonさん

少しは意識が和らいで来ていると思っていましたが、永遠に
許せないのでしょうね。

中国も、日本も、情報の先走りや、ボタンの掛け違いも
あるかもしれませんね。
過去の歴史が歴史だけに、こじれてしまってせっかく救援しようと
思っても、両国の意思の疎通はなかなか難しいようです。

中国の内部は、バタバタしているそのものですね。
しかし、中国は転んでもただ起きない国ですから、きっと国内では
日本が悪いと言うようになっているのだと思います。

本来なら、いつまでも日本憎しの気持ちは、お互いの国にとって
本当の意味での友好にはならないのですが。
どうして日本は憎くて、アメリカは良いのでしょう。

投稿: まるこ姫 | 2008/05/31 20:30

まるこ姫さん、皆さん、こんばんは

自衛隊機派遣のニュースを聞いたとき、一足飛びだなと感じました。
中国が自衛隊機OKといったのを、この機に日本も自衛隊機派遣を進めたのですが、
中国国民(被災地ではない)が人本の軍隊の上陸に反発したため、
中国政府は批判が国に向かいのをかわそうと、取りやめたのではないかと思います。
一足飛びに自衛隊輸送機派遣は急ぎすぎで、民間機チャータと言う落ちつくところに落ち着いたという気がします。

隣国と友好関係にないと、日本の平和は安心できません。
いがみ合うのは、日本の利益になりません。
こういう機会に、日中の友好関係を深める良いチャンスだと思います。
防災や公害など、中国が必要とすることがあると思います。
そういう面で技術支援をしながら、理解と交流を深め、関係を良くしていくことが大事だと思います。
そうしていく中で、人権や民主化などの意識が根付いていって欲しいと思います。

投稿: 愛てんぐ | 2008/05/31 21:53

こんばんは、愛てんぐさん

やはり、中国国民の自衛隊への反発は相当なものが
ありそうですね。
加害の国の日本国民は忘れてしまっている事も、被害の国の
中国は未来永劫忘れられないのでしょう。
国民性もあるでしょうが、被害国と加害国の違いでもありますね。
それにしても、原爆を落とされた日本国民はアメリカが大好きなようで
不思議ですね。
アメリカコンプレックスが中々抜けないようです。

中国国民感情から言えば、一足飛びに自衛隊機と言うのは
アレルギーがありすぎかもしれません。
最近の中国人の言動を見るにつけ、日本人の方もやたらと
中国への反発が強まっているように感じます。
隣の国でいがみ合っていても仕方が無いし、どこかでお互いに
良い折り合いがつけば良いのですが。

お互いに反発すればするほど、不幸な事です。
言うべき事は言い、お手伝いする時はして、少しでも理解を
し合いたいですね。

投稿: まるこ姫 | 2008/05/31 23:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/41372135

この記事へのトラックバック一覧です: 四川大地震、自衛隊機派遣見送りだって!:

« 船場吉兆、とうとう力尽きた。。。 | トップページ | クラスター弾、追い詰められた末苦肉の決断 »