« 後期高齢者保険料、家族の肩代わり検討って何よ! | トップページ | モンスターハズバンドがモンスターペアレントへ »

2008/05/20

出た!年金税方式、着々と消費税上げの方向へ

年金全額税方式と言う話が新聞を賑わしている。
急に、年金税方式での政府試算まで飛び出てきた。。。。

家計の影響を見ると、税方式に移行すればほとんどの世帯が、保
険料が無くなる、負担減よりも、消費税引き上げによる負担増の方
が大きくなるそうだ。

まぁ、会社員は会社で年金分を引かれている今の制度を撤廃すれ
ば、その分の保険料の負担はまったくなくなるし、企業は従業員の
保険料の半分を支払う必要は無くなる訳で、企業は負担減となる
だろう。。。。。

その分、消費税で賄うとなれば今の消費税がどれだけ上がるのか。
10パーセント以上にはなるはずだから、それを全部の国民が負担
するとなると、また低所得者の負担が重くなるのではないか?
それでも、粛々とその方向へ進むのだろう・・・・・

エイッ 愛の一押し happy01


そんな中、町村官房長官は
>基礎年金の全額税方式、政府が意図的に方向付けするつもりな

としているが、急に新聞の紙面を賑わしているのは、何か意図的な
物を感じて仕方が無いのだ。 何で、急に紙面を賑わす?

それに言わせて貰えば、過去の年金徴収分が、着実に溜まってい
て、それを適正に運用されていたならば、こんなに国民は困らなか
った。
無駄な保養施設や、グリーンピアや、はたまた素人の厚労省職員
が、投機に失敗しなければ、そしてしっかり中身が管理できていた
ならば、まだまだ潤沢に年金は運用できていた筈だ。
巨額な国民の金を無駄遣いしておいて、誰も責任を取らない
国の体質。

各省庁の無駄遣いが、毎日ニュースにならない日はない。
国会で、答弁をしている大臣はいつも、今後は疑惑を持たれない
ように、その制度は止めますと言う。
それって、”チェッバレタ?バレタラ仕方が無いから止めるよ”
と言っているとしか思えないのだけど。。。。。
バレ無ければ、いつまでも制度温存という事なのだろう。

国はお金が無いと声を大にして言う政府。
(誰がこんな国にしたのだ。)
消費税アップに向けて着々と動き出している


☆ーーー☆ーーー☆ー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーーー☆
              愛の一押しを切にお願いしますm(__)m
               苦戦してます^_^;



にほんブログ村 ニュースブログへ  ← クリックしてね(^^)




☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪




|

« 後期高齢者保険料、家族の肩代わり検討って何よ! | トップページ | モンスターハズバンドがモンスターペアレントへ »

コメント

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
本当に頭がクルクルパーの議員ばかり。
無駄遣いを辞めれば、どれだけ税金が浮くか試算して欲しい。
 そのほうが手っ取り早いと思うけれど。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2008/05/20 19:54

こんばんは、くまさん

官僚の思う壺ですね。
取り易いところから取る算段ばかり!

その前にやることがあるでしょう!と言いたいです。
無駄をなくして、天下り禁止です。
とにかく絞れるだけ絞ったと言う所を見せて欲しいです。
それで無かったら、納得が行きませんね。

投稿: まるこ姫 | 2008/05/20 20:40

まるこ姫さん、皆さん、こんばんは

年金の抜本改革も、天下り等の廃止など、無駄遣いを無くし、
道路などから教育・医療・福祉へ、本来必要なことに税金を使うようにし、
行政のしていることがすべて国民の見えるようにしてから、
消費税のアップの論議をはじめるべきです。
消費税アップありきは、ナンセンスです。
その前の絶対条件は、政治・行政が国民の信頼を得ることです。
それなくしては、まともな改革はできません。

基礎年金部分は税金は賛成ですが、何故、全額なんでしょうか。
税方式が困難とする発表に対し、この辺にからくりがありますね。
低所得者は税金でOK、金持ちにまで、基礎年金を出す必要はありません。
従って、消費税を3.5〜12%も上げる必要はありません。
企業も社会的使命として、一定以上は企業年金の企業負担分で対応すべきです。
財界は企業負担を減らそうとしていますが、それは許しません。

税源=消費税と短絡させるのは政府の狙いで、税源はそれだけではありません。
サラリーマンは定率減税が廃止されましたが、金持ちや大企業の優遇税制は正されていません。
金持ちや大企業を元に戻す、増税などもあります。

消費税を語る場合は、税率を必需品とそれ以外の2種類以上に分けて論じるべきです。
均一だと、低所得層ほど、生活費が嵩み、逆進性が強くなります。

投稿: 愛てんぐ | 2008/05/20 21:28

こんばんは、愛てんぐさん

またぞろ、消費税の話が出てきました。
今度は年金を全額税負担にするという案です。
今日の新聞は、経済から政治まで、4箇所くらいで載っていました。
なにか恣意的なものを感じるのです。

年金が破綻している、そのためには税で賄うという話ですが
その前に、やるべきことをやりましたか?と言いたいです。
自分達の無駄遣いは頬かむりしておいて、天下りはまったく
手付かずで、取れるところから取ろうとする、安直な考えは
反感を買うだけです。

愛てんぐさんの仰るように、全額税負担と言うのは変ですね。
基礎部分は低所得者だけで充分です。
金持ちの分まで税で賄うというのは、不公平ですね。

やはり経団連の御手洗と政府はなあなあのようです。
献金を貰い、経済界の言うとおりに動いているのですね。
企業が、今までの折半が無くなるというのはすごい企業有利
という事になります。
この国の制度は、何でも弱いものにばかり負担を強いるように
なっています。
どうして、ここまで追い詰めるのか、強者の論理ばかりが
まかり通っています。
政治家と一般人の間には、ものすごい格差があるような気がします。
生活も、考えも。

投稿: まるこ姫 | 2008/05/20 22:02

 こんばんは。

 基礎年金の財源について、従来のように社会保険料で調達すべきという考えと、税で調達すべきという考え方があります。

 今回、全額消費税で負担した場合の試算を発表したのは、「税方式」へのけん制という見方もあるようです。「税方式」になれば、社会保険庁の仕事はかなり減りますから。

* 企業は従業員の保険料の半分を支払う必要は無くなる訳で、

 浮いた保険料で、従業員に還元することはまず期待できません。何らかの形で負担を課すべきでしょうね。

 もっとも、国際比較の観点からは、ストレートに法人税率を上げるわけには行きませんから、ひとひねりする必要はあるでしょう。

投稿: たべちゃん | 2008/05/22 23:20

こんにちは、たべちゃん

大まかに言えば、二通りの考えがありますね。
どれも一長一短で、どちらか一方にすれば、不満も出てくると思います。

しかし、全額税方式導入となれば、消費税で賄うしかなく
すごい負担になりますね。
それに今までかけてきた掛け金はどうなるのかと言う矛盾も
ありますし。
難しい所です。
今、どちらの方向へ転換するのか岐路に立っているとは思いますが
今までの、社保庁の責任を誰も追及しないのは、ちょっと片手落ちだと思います。
どれだけ無駄遣いされてきたことか。

法人税を下げれば、国際競争力に勝てない事は充分承知です。
が、
その分の恩恵を与えられてきていないのも事実です。

あちらを立てれば、こちらが立たず。
年金はかけてきた私としては、存続して欲しいのは山々ですが
破綻しているのは分かります。
だって、これからは貰う人ばかりで、支える人が極端に少なくなるのですから。

投稿: まるこ姫 | 2008/05/23 19:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/41268095

この記事へのトラックバック一覧です: 出た!年金税方式、着々と消費税上げの方向へ:

« 後期高齢者保険料、家族の肩代わり検討って何よ! | トップページ | モンスターハズバンドがモンスターペアレントへ »