« 報道の移ろいやすさ、手口紹介、無責任さ | トップページ | 問責決議可決VS内閣信任決議可決どっちもどっち »

2008/06/11

秋葉原通り魔、両親謝罪、自分の子供は大丈夫か

秋葉原で起きた無差別殺傷事件、加害者の両親が謝罪をした。

勿論、大量に殺害をし、そして障害を与えた犯人の親ともなれば
どういう子育てをしてきたのかとか、家族関係はどうだったのかと
かとか、色んな疑問もあり、みんなが親にも謝罪を求めたい気持ち
も分からないでもないし、親に向けての怒りも多分にあるかも知れ
ないが。。。。。。。

最近、犯罪を犯した親が謝罪する場面を、報道で映し出している
が、成年に達していても、親が子供の犯した犯罪にまで全面的に
出てこなければいけないのだろうか?

両親が子供の謝罪をしていたが、見ている方も辛く重い。
テレビはどの局も何度も両親の謝罪を映し出す。
父親は気丈に対応していたが、母親は崩れ折れる。
立てないほどの憔悴振りだった。
何度もこの場面が映し出されるから見ざるを得ないのだけども、何
度見ても、胸が張り裂けそうになる。


エイッ 愛の一押し happy01


自分の子供は大丈夫なのだろうか?
自分はちゃんと子育てしてきたのだろうか?
事件が起きるたびに、そう思う。他人事ではない。

殺された方の遺族の方は、怒りのやり場が無いだろうし一瞬にして
理不尽に殺されてしまう不条理さも良く分かるし。。。。。
加害者の親も、永遠に地獄が続くのだろうし。

親は子供を育てる時には、子供の将来を思い、その子に取って良
かれと思って教育や、しつけをしているだろう。
教育の方法も、100の家庭があれば100通りある。
今回のように凶悪な犯罪が起これば、真っ先に親のしつけがなって
いなかったのだろうとか、スパルタ教育の弊害が子供の性格を歪め
たとか、いろんな人が評論をする。

それでも、教育方法に問題があっても、この男の性格が歪んでいた
としても、成年に達した子供の謝罪をしなければいけない時代にな
ったのか。
親は一生、連帯責任を取らなければいけないのだろうか?

犯行を犯す人間も、凶行後の事態を良く考えれば良いのに。
自分を生んでくれた父、母、がどんなに辛く悲しい思いをしているの
かを。
兄弟も今後の人生は過酷なものになるだろうし・・・・・・


☆ーーー☆ーーー☆ー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーーー☆
              愛の一押しを切にお願いしますm(__)m
               苦戦してます^_^;



にほんブログ村 ニュースブログへ  ← クリックしてね(^^)




☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪



|

« 報道の移ろいやすさ、手口紹介、無責任さ | トップページ | 問責決議可決VS内閣信任決議可決どっちもどっち »

コメント

まるこ姫さん、皆さん、こんばんは

崩れ倒れるように自宅に入った、母親の憔悴振りは心配ですね。
献花台に訪れた、多くの関係者たちの涙をみると、被害者や家族たちの深い悲しみが想像できます。

悲しみの連鎖、不幸の連鎖は、社会にとって、非常にマイナスです。
犯人はこういうマイナスすら敢えて突き進んだ、心が歪んでしまった。
その心の内は掲示板に偽りなく書いており、落ちこぼれたエリートは負け組の派遣社員の悲哀を思う存分味わっていたようです。
這い上がれない格差社会が要因とすれば、悲しみの連鎖、不幸の連鎖を引き起こしている温床だと思います。
派遣業種を一気に拡大した小泉元首相は、隠れた犯人かも知れません。
個人攻撃して、さらに不幸の連鎖を進めるより、もっと建設的に、幸福の連鎖になるように、悪い点は改善すべきと思います。

負けたものは切り捨てていく格差社会を、もっと助け合う支え合う、優しい社会に社会の仕組みも改めるべきと思います。
教育においても然り、落ちこぼれさせない、支え合う心を育てて欲しいものだと思います。

投稿: 愛てんぐ | 2008/06/11 19:08

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
親の躾も問題ですが、犯罪を犯す人間は親の責任の範疇を逸脱しています。
 面前と責任はないと言い切られると、納得できませんが、完全に責任はないですよね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2008/06/11 20:13

★ーーこんばんは、愛てんぐさん

犯人は、自分の引き起こした犯罪ですから、責められて罵倒されて当然だと思います。自業自得ともいえます
が、それの後始末をしなければならない親の、心労や心痛は
並大抵のものではないでしょうね。
育て方が悪かったかも知れませんが、それでも犯罪を起こさない子供もいるわけで、すべて親の責任ではないでしょう。

不幸は連鎖します。幸福はあまり連鎖しませんが。
この犯人が殺した人たちの不幸も連鎖します。
この事件を考えるたびに、胸が痞えます。
犯人が正気に返ったときに、失った命の重さを考えると愕然と
するでしょう。
どれだけの人生を壊してしまったのかと。
なんだか、哀れですね。

私も小泉さんには直接の責任はありませんが、彼が規制緩和の中で雇用体系も変えてしまい、人々の人生も変えてしまった責任は、あると思います。
本人はそんなことにまで、思いを寄せないでしょうが。

一度雇用が確定してしまうと、なかなか上がれない社会、努力が報われない社会、夢の持てない社会、国が衰退する元でしょうね。

今回の事件は個人が起こした事件ですが、今の優しくない社会を反映していると考えるのなら、そこまでにいたった背景も考える
必要もあるし、どうしたらこんな人間を生まない社会にするのか
徹底した議論を深めて欲しいですね。

自己責任という言葉がとても嫌いです。


★ーーこんばんは、くまさん

勿論親のしつけや、教育も問題だと思いますよ。
それでも同じ親がしつけや教育をしても、事件を起こす人間もいるし、真面目に生きる人間もいます。

個々の根っからの性質もありますから、あまり親を前面に出すのも
酷と思います。

そうですね。
初めから開き直られると、本当に親の責任は無いのかといいたい気持ちにもなりますが、死ぬほど苦しんでいる人を前にしてそれでも鞭打つ気にはなりませんね。

投稿: まるこ姫 | 2008/06/11 20:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/41501565

この記事へのトラックバック一覧です: 秋葉原通り魔、両親謝罪、自分の子供は大丈夫か:

« 報道の移ろいやすさ、手口紹介、無責任さ | トップページ | 問責決議可決VS内閣信任決議可決どっちもどっち »