« 早朝のグリーン車内でまた強姦事件 | トップページ | 洞爺湖サミット、でもこれって単なるセレモニー? »

2008/07/06

なんだかおかしい、半年先まで分娩予約一杯って

産婦人科医が足りない、とにかく足りない、今の日本。

>産婦人科医が足りず、半年先まで分娩の予約が取れない。

これはある特定の市での話ではなく、日本中でそういった現象に
なっているのだ。
ある市では市に一つも産婦人科医がいなくて隣の市に頼っている
所もあるという。
最近急に、こういったひどい状態になっている。
妊娠が分かった時点では遅いと言うから恐ろしい。
結婚した時点で、子供ができるか出来ないか分からなくても、とに
かく産婦人科医を探さなくてはいけないと言う。
知人で、妊娠が分かった時点で奥さんは故郷の鹿児島へ里帰り
してしまった人がいる。
出産するまで夫婦はバラバラだそうだ。
なんだか変な話だ。

政府は、少子化に歯止めをかけなくてはいけないと言う。
そのためには対策にも力を入れているという。

本当に抜本的な対策をしているのだろうか?
子供が生まれたら補助金を出すだけだったら、少子化対策にはな
らないと思う。


エイッ 愛の一押し happy01


まずは若者が安心して子供を生める社会になってはいないのに
ただ補助金を出すだけでは、何も解決しないし、誰も補助金欲しさ
に子供を生もうとは思わない。
年収200万円以下が1000万人以上にもなり、非正規雇用が増
え続けていて、税収が増えるわけもない。
そういった人たちは当然国民年金で、そんな人たちが国民年金を
払うわけもなく、破綻同然だと言うのも分かる。

そんな社会構造になっていて、自分が生活出来きるかどうかなの
に、結婚して子供が生めるのは奇跡に近いのではないだろうか?
そして、子供が授かったら授かったで、産婦人科医は激減してい
て、奔走しなくてはならないと言う。
無事生み終えても、今度は小児科医が足らないと言うから日本は
どうなってしまったのだろう・・・・
子供を預けて働こうと思っても、今度は託児所が極端に少ないとの
現実もある。

雇用も、医療も、崩壊寸前で、どうして少子化対策ができると言う
のだろう。
少子化って一つの、ただ単に人が結婚しない、子供がいらないと
う現象ではないと思うのだけど。。。。

満足に生んで育てられる環境作りがない事には、どうしようもない。


☆ーーー☆ーーー☆ー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーーー☆
              愛の一押しを切にお願いしますm(__)m
               苦戦してます^_^;



にほんブログ村 ニュースブログへ  ← クリックしてね(^^)




☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪




|

« 早朝のグリーン車内でまた強姦事件 | トップページ | 洞爺湖サミット、でもこれって単なるセレモニー? »

コメント

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
産婦人科医の不足は、医療訴訟が多いためになりたがらないそうです。
 歯医者だけはコンビニ以上に増えているのに。
 どうしても、訴訟の起きにくい医業にすすむのだとのこと。
 訴訟社会の弊害が医療に出ていると言うことかもしれません。
 くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2008/07/06 20:02

こんばんは、くまさん

最近はモンスター○○が多いですからね。
訴訟も勿論あるでしょう。
一度訴訟になれば、大変な労力と苦痛が待ってます。
それと、国が医者の養成を削減してきた事もあると思います。

とにかく最近になって、政策の失敗がいろんな面で顕著になってきています。
農政も失敗して、医療も失敗しています。
訴訟を起こされても良いように、医者の側の保険加入も必要になってきました。
ちゃんとケアをして、医者の養成もしっかりお願いしたいです。

投稿: まるこ姫 | 2008/07/06 20:42

こんばんわ。
・「文章」を読んで。
これは、「大変」の一言しか、言いようがないですね。
それで尚かつ、「産科人科医不足」なんて、どうしょうも無いですね。
これでは、「少子化への危機感」が、増えるばかりですね。

投稿: H.K | 2008/07/06 21:38

こんばんは、H・Kさん

これだけ、産婦人科医が少なくなっては、生もうと思っても
生めませんね。
少子化対策に逆行していると思います。
対策を打たないと、ますます少子化に歯止めがかかりませんよ。

投稿: まるこ姫 | 2008/07/06 21:56

まるこ姫さん、皆さん、こんばんは

自民党政権、特に小泉政権では、少子化促進策を採ってきたため、少子化が止まるどうか進むばかりです。
規制緩和で、若年の貧困層を増やしておいて、経済的に、結婚できない、結婚できても子供を作れない、社会構造を少子化推進体制にしています。
福祉より競争へで、医療は切り捨て、医療費削減には医師の数を減らせ、自由なら儲からずしんどい産科、小児科のなり手が減るのは当然、これも医療切り捨て策の一環、少子化促進策と言えます。

保育所の待機児童の問題はいっこうに解決していません。
少子化を真剣に考えていない、政策の優先順位が低いと言わざるを得ません。
高齢少子化が叫ばれて久しく、高齢者1人を子ども2人で支える、大変なことになると言いながら、実際は少子化を進める政策を続けてきました。
競争で活力が生まれるというのは真っ赤な嘘、競争で少子化は進み、活力は削がれていくのが実態です。

女性は子どもを産む機械と発言するような自民党有力議員のいる女性を物扱いする男社会、離婚後300日条項を延々と継続する女性に不利な民法、強盗罪より罪の軽い強姦罪など、男尊女卑の思想が残る諸制度、法律を女性が男性同様、自由に生きられるものにしていかなければ、少子化の根本は解決できないのではないかと思います。

投稿: 愛てんぐ | 2008/07/07 17:46

こんばんは、愛てんぐさん

政府は少子化対策と言いますが、そのありようと言うか日本社会は、少子化に逆行しているような政策ばかりだと思います。
役人には特典がありながら、民間には自己責任の世界です。

雇用は、派遣制度はある特定の職種、それも一段高いランクの職種だったはずが、全部規制緩和したがために、人間は使い捨てになってしまいました。

若い人たちが結婚できる年収もなく、明日の生活が分からない
雇用で税収が増えるとも思えず、年金も払いませんよ。
少子化は国が促進しているではありませんか。

医者も育ててこなかったし、保育所も、待機児童が未だに入るようでは、どうして子育てが出来るでしょう。
本当に少子化を考えるのなら、雇用や、医療、教育は、政府がバックアップしなければ、どうしようもありません。

挙句の果てに、まだ道路に固執する政策では、国は滅びます。
そして、金が足りなくなれば、消費税アップ?

いくら考えてもあの300日規定や無戸籍は納得が行きません。
法律が女性不利に作られているうちは、この国の進歩はありませんね。

投稿: まるこ姫 | 2008/07/07 21:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/41753298

この記事へのトラックバック一覧です: なんだかおかしい、半年先まで分娩予約一杯って:

« 早朝のグリーン車内でまた強姦事件 | トップページ | 洞爺湖サミット、でもこれって単なるセレモニー? »