« ガソリン卸価格改定、公表しない出光の苦しい言い訳 | トップページ | 支持(BlogPet) »

2008/08/13

一本柔道の面白さ爽快さ、人事院勧告

一本柔道の面白さ、爽快さは!!

最近の柔道は、思って来たような日本柔道ではなかった。
勝てれば何でもありの、ポイントを稼ぐだけのセコイ?柔道は、日本
が求めてきた真っ向勝負の柔道とはかけ離れてしまったのではな
いか。

柔道とは名ばかりの、ただただ競技のための柔道に成り果てたよう
な感さえあった。
少し、試合が硬直すると、すぐさま指導がかかる。
手を前でぐるぐる回されると、それも主観によってずいぶん違うジャ
ッジにはがっかりさせられてしまうし、面白さも半減してしまう。
技の掛け合いで勝った負けたとなれば、それはそれで仕方がない
けど、指導で勝敗が決まったりする今の国際柔道はおよそ日本柔
道とは違ったものだ。

それが今回谷本のオール一本勝ちの清さは今までのウップンが晴
れた。
一本柔道にはおのずと返し技のリスクが伴うもので、それを押して
でも、一本にこだわった谷本の心意気には拍手を送りたいし、技が
決まった時の爽快感は、何ものにも変えがたいものがある。

それに谷本のはじけるような笑顔がとてもいい!
勝てば素直に喜びを表す。それがこちらに一番響いてくるものだ。


エイッ 愛の一押し happy01


国家公務員の給与据え置き
今年の人事院勧告は、こう答えを導き出した。

>据え置きは、18年の勧告以来2年ぶり

という事は、毎年上がってきたという事か?
何年にも渡り不景気の真っ只中にいる中小企業からすれば、本
当に、恵まれている。

国税庁が昨年発表した民間給与実態統計調査では、勤労者の
平均給与は、9年連続で減少して年収300万円以下が1700万
人以上と、全体の4割近くを占めている現実をどう見るのか。

>今年度の勧告を行うに当たって人事院は、前年度より約900企
業増やし、1万1000の民間企業の約44万人を調査。その結果
、4月時点での民間企業と国家公務員の月給格差はほぼゼロに
近く、1年間のボーナスの支給月数も4・50カ月で均衡していたた
め、人事院は改定を見送った。

国税庁の民間給与実態調査では年収300万円以下が全体の4
割を占めるとしているのに、公務員の高年収と変わらぬ景気の良
い企業がそれほどあるのが、とても不思議に思える。

どこかに、からくりがあるとしか思えないのだ。

それにしても、国の財政赤字が800兆以上もありながら、給料を
下げる事を知らない。
これでは、どんどん赤字は増える一方だ。
給料を下げると士気が下がると、いつも言われるが、年収が少なく
ても、文句も言えず生きている人たちは沢山いると言うのに・・・・


国家公務員の給与据え置き

☆ーーー☆ーーー☆ー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーーー☆
              愛の一押しを切にお願いしますm(__)m
               苦戦してます^_^;



にほんブログ村 ニュースブログへ  ← クリックしてね(^^)




☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪



|

« ガソリン卸価格改定、公表しない出光の苦しい言い訳 | トップページ | 支持(BlogPet) »

コメント

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
人事院勧告は手前味噌の企業しかピックアップしてません。逆に給与のアンケート調査を中小企業に依頼しても、めんどくさくてやりません。
 そこそこ、調査に対応してくれる企業は自ずと悪くない企業です。
 統計の嘘ですね。
 谷本歩実の決勝の内股は教科書に出るような決まり手でした。感動しました。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2008/08/13 19:29

こんばんは、くまさん

やっぱりそうでしたか。
通りで変だと思っていました。
だって普通の庶民は年収500万円も無いと思います。
それが公務員は、中小企業の水準とはかけ離れたお給料。

安定した企業ばかりを対象にすれば、都合のよいような
高水準になりますよね。
からくりなんですね。
それに赤字なら赤字のように、水準も下げるべきだと思いますが
そういった発想はないのですね。

谷本さんの一本は全部感動しました。
勝っても負けても清い試合運びだと思います。。
日本古来の柔道が国際柔道になって欲しいものです。
が、理事まで下ろされては、もっとひどいルールになる可能性大
だと思います。

投稿: まるこ姫 | 2008/08/13 21:10

こんばんは、まるこ姫さん。
年金受給者からもいつの間にか健康保険料を天引きする制度ができあがっています。おおざっぱにいうと年金額が18万円以上の人は自動的に徴収されるのです。これを”特例徴収”というそうです。
つまり、年金受給者も給与所得者と同列に見なし始めたと言っても言い過ぎではないとおもうのです。
であるならば、年金受給者も含めた形で平均給与所得を計算してほしいものです。
このような大胆発言をする政治家はいないと思いますが。
役人が発信する情報は、それひとつをみると正しいことのような気がするのですが、そのた日本全体で見ると疑問噴出です。
日本の歯車がおかしくなってきていますネ。

投稿: あおきん | 2008/08/13 22:49

まるこ姫さん、皆さん、こんばんは

上野選手も70キロ級で、オール1本勝ちで優勝しました。

なでしこジャパンはノルウェーに5:1で大勝しました。
対して、反町ジャパンは、僅か1ゴールのみの3戦全敗でした。
ゴールまではより可能性のある人にパスをして、より得点の可能性を下げて、逆にカウンターに合う始末です。
日本男子は、勝負せずに負けたというような気がします。
相対的に、女子の方が頑張っている気がします。

平成18年度の国税庁 民間給与実態調査では、平均435万円(男539万円、女271万円)となっています。
人事院勧告では、一般行政職の平均月給38.75万円でボーナス4.5ヶ月を掛けると、年収639万円になります。
国税庁と人事院で200万円も差があります。
国税庁の詳細なデータがあるのに、人事院で専門に雇ってお金を掛けて調査する必要はないのでしょうか。
二重行政で、人事院の職員は大半は不要だと思います。
かなり税金の無駄が省けます。
国税庁の調査に取って変えるべきです。
それによると、国家公務員の給与を32%、概ね3割下げられるはずです。

国家財政が火の車なのに、右肩上がりの制度、人事院勧告制度は廃止すべきです。

投稿: 愛てんぐ | 2008/08/13 23:03

こんばんは、まるこ姫さん。
昨日が誕生日だった私は、人生の半分は生きた計算になります。最近考え方が本当に極端になります。実際の行動は、臆病の性格のせいか中道を歩んでいますが。
いま、こんな事を考えました。介護職員(いわゆる介護の平社員)の平均給与を、公務員の給与と同じにする法案を提出する政党があれば、私は絶対絶対支持します。(私は介護職員ではないですが。)
”国民全体に奉仕する”ではなく、本当は”国民一人一人に奉仕され感謝された”ものが公務員としての職を有する。その職の存否は、5年ごとにこれを確認する。(更新ではなく、確認という言葉が大切。教員の免許更新よりも厳しいからこその職であって良いと思う。)
というような考えを、どのような形で実現させるるかが、政治家に課せられた課題だと思うようになりました。
外国から人を甘言でおびき寄せて奉仕させる(アメリカの奴隷制度よりも後生に批判されるかもしれない制度)より、公務員がその職を担うことが、これからの日本に必要な景気回復の姿と思うようになりました。
あまりに極端な発言をお許し願います。

投稿: あおきん | 2008/08/14 15:24

★ーーこんにちは、あおきんさん

声の小さいもの、力の弱いものから、手っ取り早く取ろうとする
魂胆がミエミエです。
誰しも、年を取るのですから、年を取った時に不安で仕方のない国って、政策が間違っていると思います。

めまぐるしく変わる大臣、政治家には、国の予算編成の根本を
知らないのではないかと考えるようになりました。
官僚達が考えたり、作ったりする資料に満足しているようでは
官僚主導主義を脱却できないと思います。

今まで長い政権のツケが今、恐ろしい勢いで来ているのでは
ないでしょうか。
それをいつまでも認めない自民党では、先は長くないと思います。
国民も少しは分かってきたのではと思います。

これからはますます超高齢化社会になります。
介護を支える人たちが低賃金できつい労働では、誰も担い手が
いなくなります。
そして人口も少なくなるのを見越して、外国人労働者を頼るのも、分かりますが、根本的には国内でも供給に答えようとしない限り、国は滅びると思います。
人の嫌がる仕事の人たちにこそ、高収入を与えて報いるような
待遇にして欲しいのですが、政治家の発想は違うみたいです。

今の公務員は一般社会からかけ離れたような、待遇に高収入。
給料が下がると士気が下がると盛んに言われますが、士気が下がり様子のない収入の人がどんどん多くなっている現状では、まだまだ考えが甘いなぁと感じます。

国の財政赤字が増える中、あまりにも浮世離れした人事院勧告だと思ってしまいました。

投稿: まるこ姫 | 2008/08/14 16:55

こんにちは、愛てんぐさん

やはり、一番最初の反町ジャパンの試合が、とても印象に
残りました。
その後、三戦全敗では・・・・・
やる気が見受けられません。
他の試合の士気が下がるのではないかと思いました。

それに引き換え、女子の活躍は胸がすくような試合運び。
なでしこジャパンも、男子顔負けの戦いぶりで、頼もしい存在です。
女子柔道も、思いっきりよく一本。
これぞ、日本柔道の復活かと思いました。


>国税庁と人事院で200万円も差があります。

人事院に都合のよいデータですね。
国税は、税の総元締めですから、それこそ性格に所得を把握
していると思います。
手前味噌のような、人事院データは信じられません。
人事院無くす方向へと言っていたはずですが、未だに存在して
公務員に有利なようなデータばかり出しています。
天下り団体だからでしょうか?

これだけ一般国民と年収がかけ離れている今の現状。
赤字財政の脱却を言うのなら、やはり人件費カットでしょう。
民間ならリストラの嵐です。
それを乗り越えて、ようやく会社が正常化してきたのですから、国も痛みを分かち合って欲しいですね。

本当に人事院勧告は、摩訶不思議、浮世離れしています。
今の国民感情から言っても、誰も受け入れる人はいないでしょうね。

投稿: まるこ姫 | 2008/08/14 17:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/42156183

この記事へのトラックバック一覧です: 一本柔道の面白さ爽快さ、人事院勧告:

» 人事院 [まさる日記]
人事院勧告 「官の魅力」を取り戻せるか 毎日新聞人事院は08年度の一般職国家公務... [続きを読む]

受信: 2008/08/14 01:54

« ガソリン卸価格改定、公表しない出光の苦しい言い訳 | トップページ | 支持(BlogPet) »