« アフガニスタンに散った伊藤和也さんを悼む | トップページ | とんだ茶番だ、改革クラブの行く末は・・・・ »

2008/08/29

定額減税年度内に実施、選挙対策バラマキの始まり

どんなに遅くなっても来年には総選挙がある。
その選挙対策として、自公のバラマキが始まった。。。。

>政府・与党は29日、公明党が総合経済対策への盛り込みを求
めていた低所得者向け定額減税について、2008年度内の実施を
明記する方針を決めた。

公明党が、低所得者向けに定額減税はどうしても譲れないと、頑
張った結果がこれだ。
しかも財源のあては先送りだと言う。

前に恒久的にと言いながら、定率減税を廃止しておいて今度は定
額減税だと。
暫定税率は30年も続き、恒久減税があっという間に終わってしま
った、この国の政治の国語力の弱さ。
野党が法案を出してくると、いつもその財源はどこにあるのだと人
を馬鹿にしたような居丈高な態度を取る割には、与党の補正予算
とやらも、まったく財源は先送りか、赤字国債発行。
財源を何の工夫も無く禁じ手を使うのなら、与党でなくても野党で
も、素人でも予算を作ることが出来る。


エイッ 愛の一押し happy01


そして、選挙が近づくとバラマキをやってきた結果が今の800兆円
を超える財政赤字と、自民党が政権の座を死守できた結果だ。
そして、この国は目先の選挙対策だけで、何の中長期のビジョンも
無く、その場しのぎを繰り返してきたのだった。
都合が悪い事は、先送りで、何も見なかったことにしようとする。

公務員の人件費を抑えることも無く、天下りを無くそうとする事なく
官僚天国はいつまでも続き、議員達は暑い夏になると、海外視察
と称して、ファーストクラスで国外脱出を図る。

選挙の時だけ、平身低頭して土下座をする議員。
それを選ぶ国民も国民だけど。。。。。

ガソリンが異常に高くなって、車を手放す人も増えいつもの年に比
べて、一般道も、高速道路もスイスイ走れると言う。
それでも国交省は、道路に関して、前の年よりも多く見積もり予算
請求をしている。
この際、一時的にでも良いから、道路に使う予算を他の予算に付
け変えて貰ったら、どれだけ国民は助かるか知れないのに。
そういった発想はこの国の官僚や、与党議員には、これっぽっちも
持ち合わせていないのが悲しい現実。

国民生活は、どんどん悪くなっている、先の見通しも立たない。
公明党の言うように、低所得者向け定額減税を実行すれば、一時
的には、喜ぶ人もいるだろう。
特に公明党関係者は大喜びだろう。
これで選挙は乗り切れると。
思っているのは自公の議員連中だけ。

国民は、ツケを子孫にまわして欲しくないのに。。。
この国に生まれて心から良かったと思える国にして欲しいのに。


☆ーーー☆ーーー☆ー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーーー☆
              愛の一押しを切にお願いしますm(__)m
               苦戦してます^_^;



にほんブログ村 ニュースブログへ  ← クリックしてね(^^)




☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪



|

« アフガニスタンに散った伊藤和也さんを悼む | トップページ | とんだ茶番だ、改革クラブの行く末は・・・・ »

コメント

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
政府の緊急経済支援対策とは名ばかりで本当の名前は緊急選挙対策公明党版です。
 ひっかからないようにしましょう。
 どうせ単年度しか使えないまさに選挙対策。
バカにしてます。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2008/08/29 19:41

こんばんは、くまさん

選挙の前になると、緊急とか言ってバラマキが行われますよね。
何度同じ事をやったら目が覚めるのでしょう。
バラマキをして、それで今まで勝って来た自民党。
そしてこれが財政赤字に積み重なっています。

何でいつも選挙民はj引っかかるのでしょう。
目先の利益よりも、将来の展望をと言いたいです。

その場しのぎの政策ばっかり!
そうやって、どんどん日本は沈没していくのでしょうね。

投稿: まるこ姫 | 2008/08/29 20:54

まるこ姫さん こんばんは
またまた借金を膨らませ、後代への重荷を政府与党の自民党と公明党はバラマキをもって負わせようとしています。もう、国民は騙されてはいないと思いますが、、、。

投稿: ゲン | 2008/08/30 22:02

まるこ姫さん、皆さん、こんにちは

自民党は小泉改革路線を転換し、先祖返りをしましたね。
ばらまきで選挙を乗り切るという、連綿と続いてきた常套手段に打って出ました。
高度経済成長のときに、効いた景気対策は、低成長時代に入ってからは、全く効果無く、累積赤字を拡大するだけで、現役世代が将来世代のお金を先食いする放蕩政治が復活しました。

今回は、金融バブルと資源デフレによって引き起こされたスタグフレーション(不景気なのに物価高)、今の資本主義が抱える矛盾が出るべくして出てしまったもの。
赤字補填しても、乾いた裁くに降った雨の如く、染み通るだけ、川は出来ません。

温暖化防止に役立つ新エネルギーの開発や、競争力の弱い産業のテコ入れなど、プラス面に重点的に力を入れていくべきだと思います。

投稿: 愛てんぐ | 2008/08/31 11:14

まるこ姫様、こんにちは。  選挙対策の為に定額減税ですか?政府自民党だからできる、やらしい選挙活動です、おっしゃるとおり、「やかましい愚民達、はした金を与えてやるから、せいぜい投票しなさい、せいぜいね、憂い奴じゃ」馬鹿にされちゃいました。 暫定税率廃止の時に、口から泡飛ばす勢いで、財源不足を訴えた自民党議員は、何処に消えたのでしょうか?まるっきり一貫性がないですね。 姫井議員はどうなんですかね、三流雑誌の記事は無視する主義ですが、この騒動は駄目ですね、自民党の古参を選挙で打ち破った実力を、もっと生かして欲しいですね、くだらない事で、ゴタゴタしている時間は、ありません。。。

投稿: 赤いとら | 2008/08/31 15:34

★ーーこんにちは、ゲンさん

小手先の対策をたてるだけでは、この国は立ち行かなくなって
いますね。
そして、それは借金になるだけです。
対策が身にならないのがが、悲しい現実ですね。

今は先送りで良いのでしょうが、後になればなるほど
子孫が借金を押し付けられて可愛そうです。
借金は押し付けられ、年金は払ったほど貰えないでは
何のために生まれてきたのかさえ分からなくなります。

今度の選挙は騙されないで欲しいですね。


★ーーこんにちは、愛てんぐさん

今までのバラマキが、今の財政赤字になっているのに
まだ懲りずに、それをやろうとしています。
自公も、まったく能無しだと思います。

ただ小手先のバラマキでは、何も変わらないし、借金が
増えるだけです。
どうして、懲りないのか。
霞ヶ関改革に行かないのか。
議員改革に行かないのか。
天下りを根絶しないのか。
システムを再構築しない限り同じことの繰り返しです。

私達に見えるものが、官僚、議員には見えません。
と言うか、見えても見ない振りをしているのかも知れませんが。。

いい機会ではありませんか。
でも、しがらみや古い体質に縛られた政党には改革は出来ません。
村社会を未だにやっている、自公には無理ですね。
時代についていけてません。
政治不況と言う面もあるかもしれませんね。


★ーーこんにちは、赤いとらさん

そうなんですよ。
政府だから出来るともいえますね。
自分のお金のように、税金をバラマキ、そして選挙民に恩を売る。
そして与党に投票する。
他人のふんどしで相撲を取り、自公に都合の良い票集め。
結局、後は増税という事になりそうです。

財源不足といえば、国民が黙ると思っているのですよ。
その割には、どこから財源を持ってくるのかバラマキ。
辻褄が合いませんよね。

姫井議員は、問題児ですね。
奔放すぎます、それによってどれだけ民主党に傷がつくか
考えないのですかね。
民主党も、ビシッと言えば良いのに。
追求するほうがコケていては話になりませんから。

トラも駄目なら、姫も駄目。
情けなさ過ぎます。


投稿: まるこ姫 | 2008/08/31 16:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/42318018

この記事へのトラックバック一覧です: 定額減税年度内に実施、選挙対策バラマキの始まり:

« アフガニスタンに散った伊藤和也さんを悼む | トップページ | とんだ茶番だ、改革クラブの行く末は・・・・ »