« 拉致問題、結局日本はアメリカに無視されているのだ | トップページ | 麻生首相、拉致解決して国交正常化とは言いも言ったり! »

2008/10/13

1VS15、疑惑の格闘訓練。どの世界も国際化の波が

いくら訓練とは言え、1対15は、異常というかすごいと言うか。

>徒手格闘訓練として、同課程の隊員15人と1人につき50秒
間、連続して対戦させられた。男性は14人目のパンチがあご
に当たって転倒、意識不明となり、同25日に急性硬膜下血腫
で死亡した。訓練当時、審判役で教官2人が同席していた。

審判役の教官二人は、どうしていたのだろう。
素人が考えても一対15は異常に映るのに、内部では正常と
いう事なのだろうか?
不思議な世界だ。。。。。
しかも、訓練を続けていた当人が、自信がなくなったとしてすで
に、移動が決まっているというのに、こんな過酷な訓練をするの
だろうか?

>呉地方総監部は男性が意識不明になった直後と死亡時に概
要を発表していたが、15人を相手にした格闘訓練中だったこと
は公表しておらず

取材で聞かれなかったから黙っていたと言う、呉地方総監部の
隠蔽体質は、まだまだ何か隠して言いそうな気がする。
聞かれなかったら、言わなくても良いと言う考えは、今の時代、
どう考えても、情報公開を充分に果たしたとは言えないのではな
いだろうか。。。。。


エイッ 愛の一押し happy01


しかし、暇に開かせて出雲駅伝を見ていたら、助っ人名目で
外国人の姿が目に付く。
上位で走る学校のほとんどが留学生の姿。
それもアフリカ勢。
走力にかけては,どうしても日本人は見落とりして見える。
外国人なくして、学校の発展はないと言うか、TVにも映らない

大相撲の方は、外国人と言ってもモンゴル系やヨーロッパ系の
活躍が目に付き、ここでも日本人はガッツがないと言うか、体
力がないと言うか、比べても見劣りがする。

日本人ばかりのスポーツを見つけてきたせいか、なんだか異様
にも感じたりするが、もうそろそろ受け入れる気持ちも必要なの
かもしれない。
国技と言われた相撲でも各国入り乱れている現実。

日本人だけで競技していた時代は過ぎ去ってしまったのだろう。
しかし、切磋琢磨して伸びればよいけど、日本人だけが置き去ら
れている姿をみると、なんだか情けなくもあり、強く声援を送りた
くなるのだ。。。

介護の方面でも、外国人介護士を大幅に受け入れている。
受けいれざるを得ないほど、日本人の働き手が減少している現
実を考えれば、これも致し方のないことだろう。。。。

しかし、どの世界にも本当の意味の国際化の波は押し寄せて
いる。
いくら国技大相撲と言えども、避けられないのかも知れない。
私達も、違和感を持って見るよりも、心を開いて受け入れる時代
になったと気付かなければいけないのかも知れないなぁ。。。。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


              愛の一押し

を切にお願いしますm(__)m  苦戦してます^_^;

にほんブログ村 ニュースブログへ  ← クリックしてね(^^)



☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪



|

« 拉致問題、結局日本はアメリカに無視されているのだ | トップページ | 麻生首相、拉致解決して国交正常化とは言いも言ったり! »

コメント

まるこ姫さん、皆さん、こんばんは

海上自衛隊のこの事件、練習が厳しくて、この「特別警備隊」養成課程から抜けたいと言って、転属の直前に15人で訓練の名を借りた暴行事件です。
何か、そっくりな話しがありましたね。
時津風部屋で、何度も辞めたがっていた新弟子を、親方の命令で可愛がりという名の稽古で死亡しました。
両者とも、リンチ事件です。
指導した教官たちは、相撲部屋の事件のことを知っていたか、知らなかったのか、どちらにせよ、馬鹿ですね。
教官二人は明らかに傷害致死罪です。
警察は当然、逮捕すべきです。

海上自衛隊も、相撲協会と同様、隠蔽体質も含めて、封建的な組織であることが露呈しました。
透明性の高い、民主的な組織へと改善して欲しいですね。

投稿: 愛てんぐ | 2008/10/13 18:58

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
自衛隊の問題は相撲界で言えば間違いなくかわいがりですね。国際化の波のなかで、なぜかに本陣の資質の弱さを感じてしまいます。
昔に比べて、弱い日本人がそこにいるように感じます。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2008/10/13 19:49

まるこ姫様、皆様、こんばんは。

自衛隊の本質は、旧日本軍となんら変わっていないのでしょうね。
上官の命令は絶対という条件の中で、日々こういったことが行われていたのでしょう。そこには人権というものは何もないのでしょう。
これが死亡という取り返しのつかないことになり、表面化しただけのことと思います。
今まで泣き寝入りした人が何人いるのでしょうか?
恐ろしい世界です。

投稿: ジーコ | 2008/10/13 21:33

★ーーこんばんは、愛てんぐさん

足抜けを許さない、いじめやしごきまがいの事は
相撲でもありますがまるで、暴力団か吉原の花魁
まで思い出したりします。

自衛隊のこの組織も、いかにも古い体質が残っていると
いう事でしょうね。
指導していた教官は最も罪が大きいでしょうね。

新しいところでは今裁判が始まっている、時津風親方の可愛がり。
事件が露見すると、全員でなすりあいです。

どこでも古くからの組織はおのずと、古い体質が引き継がれ
それが当たり前のように疑いも持たずに、行われているのでしょうが
時代が変わっているという事を上の人は考えて欲しいですね。
新しい風が吹かなければ、また同じことの繰り返しでしょう。
民主的な組織に生まれ変わるのは、本当に大変なことだと思います。
出来るでしょうか?


★ーーこんばんは、くまさん

相撲も、自衛隊も、可愛がりですね。
力のある人間が多い組織だけに、この可愛がりも
すさまじいものがあるのだと思います。
恐ろしくなるような暴力なんでしょう。

国際化の波は嫌が負うもなく押し寄せているのに
それに対応できない日本人です。
やはり、島国だけに気持ちが閉鎖的なのも一員かもしれません。
気持ちも弱くなったのでしょうね。


★ーーこんばんは、ジーコさん

いつまでも、軍隊の体質が残っているのかも知れません。
開かれた自衛隊にしなければ、第二第三の事件は
度々起きるかもしれません。

一人に対して、15人が交代で訓練?するという事は
やはり、上部の人間の命令と考えられますよね。
勝手に訓練?して、それを教官が見過ごすとは考えられませんから。

私もそう思います。
死亡したからこそ、表ざたになりましたが、それに似たような事例は、たくさんあるのだろうと考えれれますよね。

下手したら氷山の一角かも。
閉ざされた世界だけに、分からないことがたくさんあるのでしょうね。

投稿: まるこ姫 | 2008/10/13 22:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/42775704

この記事へのトラックバック一覧です: 1VS15、疑惑の格闘訓練。どの世界も国際化の波が:

« 拉致問題、結局日本はアメリカに無視されているのだ | トップページ | 麻生首相、拉致解決して国交正常化とは言いも言ったり! »