« 神田高校、見た目で入試不合格に賛否両論 | トップページ | オバマ氏初の黒人大統領、アメリカ国民はよく決断した »

2008/11/04

田母神航空幕僚長、処分せず退職の政府の対応は?

日本政府としての見解とはまったく逆行したようなトンでも
ない航空幕僚長の論文発表。

航空自衛隊のトップがゆがんだ歴史認識を堂々と発表する。
こういった行為こそが国益を損なうものになるのではないか。

せっかく村山談話と言うものがありながら、こういった誤った
歴史認識を堂々と発表する神経は信じられないのだ。

「アジア諸国の人々に多大な損害と苦痛を与えた」として
「痛切な反省」「心からのおわび」が地に堕ちてしまった。
ようやく当時の村山首相が国としての真摯な対応をして、ア
ジア諸国の方達も、日本国に対して少しは寛容の精神で対
応して貰っていると思っていたら、神経を逆なでするようなトン
でも発言の数々。

この人物は過去にも、問題発言をしていると言う。
何で、思想的に問題ありの人間が空自のトップにいるのかも
疑問だし、任命者の責任はどうなるのだろう。。。。。
個人的な発言ならまだしも、自衛隊の最高幹部ともあろう人物
が、こういったひどい発言をするのは許される事ではない。
政府見解とは、まったく正反対の論文を堂々と発表すると言う
事は、日本国、ひいては日本国民を馬鹿にしているとも言える
のではないだろうか。
少なくとも私は、村山談話は非常に優れた発言だと思っている。


エイッ 愛の一押し happy01


>このような人物がトップの組織では、同様の考えを持つ人が
多数を占め、正論と受け止められているのではないかとの疑念
がわく

自衛隊の内部では、戦争を美化しているのかも知れないし、侵
略を侵略とみなしていないのかも知れない。
とても怖いものがある。
だからこそ、トップの発言となって論文を発表したのだろう。

そして自民党の政治家たちは、右よりの発言を繰り返してきた。
せっかく近隣諸国に対して謝罪と反省をした村山談話を踏みに
じるような発言も沢山ある。
やはり政治家も、自衛隊幹部も近隣諸国に対して、神経を逆な
でするような発言は控えるべきだろうし、村山談話を踏襲すると
言うものの、どうも意識は違っていると感じるのだ。
だからこそ、日本政府の対応も、生ぬるいのだろう。

>政府は処分もせず3日付で退職にしたが、
>防衛省が調査をわずか3日で打ち切った理由は、「本人が事
情聴取に応じない」。
>定年退職のため、退職金は満額支給されるとみられる。

なんで政府は更迭と言っておきながら、処分をしない?
事情聴取に応じないと言うのもすごいが、応じないからと手をこ
まねいているだけでは、あまりにも無責任すぎるし、退職金の
満額支給も疑問に思う。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


              愛の一押し

を切にお願いしますm(__)m  苦戦してます^_^;

にほんブログ村 ニュースブログへ  ← クリックしてね(^^)



☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪



|

« 神田高校、見た目で入試不合格に賛否両論 | トップページ | オバマ氏初の黒人大統領、アメリカ国民はよく決断した »

コメント

まるこ姫さん、皆さん、こんばんは

私もこの問題を記事にしました。
田母神航空幕僚長はこれまでも同様な発言を繰り返したり、論文を発表したり、イラク派遣の違憲判決にはそんなの関係ねえと言ったりしていました。
内規では上司、彼にとっては制服組の官房長に文書を出すことになっていますが、それを無視して口頭で伝えた(本当にされたかどうかは?ですが)と言います。
彼を調査しなくても、文書がなければ、内規違反ではないでしょうか。
彼は内規を指導する立場にある航空自衛隊のトップです。
そのトップが明らかに内規違反しました。
更迭で済むわけが無く、懲戒免職ではないでしょうか。
満額の6000万円の退職金支給は内規違反で満額の筈がありません。
空将(60歳)に降格させたのは、幕僚長の62歳定年ではなく、60歳定年で無理やり退職させたのでしょう。
問題が大きくならないよう、異常に迅速に、トカゲの尻尾切りをしたと言えるのでしょうね。

この人の発言は戦前の軍国主義の主張を継承しています。
自衛隊は戦前の軍隊の意志を引き継いでいるのかさへ思います。
こんな偏った考えの人がトップにまで出世するということは、この考えが自衛隊では主流を意味していると言えるのではないかと思います。

自衛隊はシビリアンコントロール下に置かなければなりません。
言論の自由は国民に認められていますが、武力を持つ自衛隊には、政治的な発言については、制限されるべきです。
特に、指導的立場・命令関係にある幹部においては、許されないと思います。
自由に政治的発言をしたいなら、民間人に戻るべきです。
そんな自衛隊員は不適性、不要です。

投稿: 愛てんぐ | 2008/11/04 19:10

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
なんだかナーですね。
日本の将来は怖いです。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2008/11/04 20:21

こんばんは、愛てんぐさん

この田母神さんの頭の中を覗いてみたいです。
さぞや、軍国主義のの思想が色濃く入っているのでしょうね。
自衛隊の人間は、結構こういった古い考えの人が
目だちますね。
右傾化しています。

制服組と、背広組みの確執もすごいと聞きました。
こんな意思統一が出来ない組織で、国を守れるものでしょうか?

>更迭で済むわけが無く、懲戒免職ではないでしょうか。

まったくもって、なんで退職金が満額もらえるのか分かりません。
官僚に甘い、この国の体質はどうにかならないでしょうか。
しかし、今回の措置は、えらい早かったです。
政府に傷がつかないようにとの配慮や、トカゲの尻尾切りに思えますね。

この人の考えは非常に偏っています。
村山談話は、まったくお飾りだったという事ですね。
トップの意見を反映するとしたら誰も村山談話を踏襲していくとは思ってもいないのでしょうね。

言論の自由は一般国民だけにあって、自衛隊の人間にはありませんよ。
それを勘違いしている点からも、変な人だと思います。
あれだけ言いたい放題で、満額退職金を出すこの国の
政府も、恥を知れと言いたいです。

投稿: まるこ姫 | 2008/11/04 20:33

こんばんは、くまさん

なんだかいつの間にか、日本は恐ろしい国に
なっていたようです。
空自のトップが誤った歴史観を持ち、政府見解と反対の論文を発表し、その論文が優秀とみなされた。

この論文のどこが賞金を貰うほどの論文なんでしょう。
トップの人間がこのような癖を持っているという事は
部下の人間は相当洗脳されているのかと思うと
日本の将来は、暗いですよ。

投稿: まるこ姫 | 2008/11/04 21:44

まるこ姫様、皆様、こんばんは。

自衛隊内には、この人のような考え方の人が大半を占めているのでしょう。
しかも、自民党のタカ派の方々と一致した思想なのでしょう。
だから、今回の処分なし、退職金全額支給にも別に驚きもしませんし、自民党がそういう本質をもっているからこそ、私は支持してこなかった訳ですから。
野党は元より、平和の党を自称する公明党はこの対応を問題にして国会追及するべきだと思います。

私としては、それよりもネット上で戦争の悲惨さを知らない若い人がこの人の意見に賛成する書き込みが多いのには驚いています。
若い人がまんまと自民党タカ派に騙されて戦争美化の考え方になってしまっているのが怖いですね。


投稿: ジーコ | 2008/11/04 22:05

こんばんは、ジーコさん、いつもコメントありがとうございます。

空自のトップの発言は影響力があると思います。
訓示の中にも、そういった思想がこめられているのでしょうし
部下は相当洗脳されているかと思うと、とても怖いものがあります。

なんでこんな誤った歴史観を持っているのか。
村山談話は何だったのか。
村山談話を聞いて、腹の中で舌を出していたのかも知れませんね。
自民党議員の中でも、右傾化している議員は目に付きます。
どうしたらこんな自分勝手な考えになるのか、まったく分かりません。

野党は国会追及するといっていますけど、公明党も追及しなければ
平和の党が泣きますよ。
自民党とくっついている事自体が矛盾なんですから。

私もネット右翼には驚きと恐怖を感じます。
他者との関係は希薄で、自分勝手な意見ばかりです。
あの中山恭子夫でも、賛美されていました。
どうして、あのような国粋主義的な考えになるのか
まったく理解できません。

これでは中国の愛国主義を非難できませんね。

投稿: まるこ姫 | 2008/11/04 22:20

まるこ姫さん こんばんは
なんで退職?更迭したのに、、、一体政府はどうなってるだ、、、。
退職金はなしでしょう、歴史を都合良く解釈・ねじ曲げて近隣諸国をまたも冒涜するのでしょうか?
こんな亡霊が今なお彷徨ってると思うと自衛隊は恐ろしい組織ですね。
平和憲法が泣いています。

投稿: ゲン | 2008/11/04 22:29

まるこ姫さん、みなさん、おはようございます。
この幕僚長、なんとなく「日教組罵倒」問題を起こした中川元大臣を思い出しました。でも、中川氏はKYだったけど、この幕僚長は確信犯ですよね。そこが中川氏よりうんと罪深いところだと思います! 時の国家が踏襲してきた事柄に関して、公の人物が確信犯的な反論を堂々と晒し、国はそれを罷免することもできないのでは、この人の思うつばではと憤りを感じます。影響力をもつ立場の人がその力を悪用するのは怖いことです。ネットで若い人の賛同を得ているということをジーコさんのコメントで知りぞっとしています。それこそ、自分が良いと思えば何処に迷惑をかけようが何をしてもいいのだというエゴを若い人に植え付けたということ一つをとっても、この人の罪は相当深い。反省してないからなお始末に悪い。この人はきちんと罪を問うべきだと思います。それが出来ない現国家であるということなのでしょうが…。

投稿: yukiy | 2008/11/05 08:10

こんにちは、ゲンさん

不思議と言うか、納得が行きませんよね。
更迭なら、そのような罰を与えるべきでしょう。
退職金の満額も、どうにも我々の意識からは
かけ離れていますよね。

歪んだ歴史認を堂々と発表する神経。
それも自衛隊の幹部ですよ。
こんな考えを性懲りも泣く発表して、反省の色も無いという事は、自衛隊の中にもそういった意識が慢栄しているのかも知れません。

だから、私達は単純に恐ろしいとなってしまいます。
ダブルスタンダードがここにもありました。


★ーーこんにちは、yukiyさん

あの能天気な、KY中山、認められている団体を
場所もわきまえず、空気も読めない人間が、信念があるからと、
罵詈雑言の数々。
こんな人間が、5日間でも閣僚ですよ。
あまりに程度の低い大臣で、心から軽蔑してしまいました。

もっとすごいのが、今回の田母神幕僚長です。
まぁ、ひどいとしか言いようがありません。
確信犯も確信犯です。
政府の見解とは真反対の論文を発表して、自分行動も,反省できない人間がこの国の防衛のトップにいるとは。

国もだらしないですよね。
早急に対応したのは、この人物の口からもっとひどい言葉が出るのを阻止するように、退職扱いにしてしまいました。
トカゲの尻尾切りも良い所です。

>影響力をもつ立場の人がその力を悪用するのは怖いことです。

まったくその通りだと思います。
今、影響力を持つ人間がまったく浅はかに、自分の思ったままを口にするという風潮にあります。
影響力の強い人間ほど、自重して欲しいと思いますが、声を大にして言い切ると、それを賞賛する人間も出てきて、英雄視されることすらあります。
なんだか変な社会になってきましたね。

ネットの中では、自分さえ良ければの考えが蔓延しています。
特にネット右翼は、周りが見えていない人が多いです。
自分が良いと思うことと、他から見た評価とはおのずと、違うこともあります。
それが分からないんですね。

田母神さんはまったく反省していません。
それをネット右翼は、よくやったと素晴らしいと言います。
こういった人が増えないように、言葉には充分気をつけて欲しいのですが。
はっきり言えば、”馬鹿につける薬は無い”ですね(笑)

投稿: まるこ姫 | 2008/11/05 17:06

まるこ姫さん、皆さん、こんばんは

若い人が右に傾くのは、確固たる自信がない、強いものにあこがれるという特性から来ているのだと思います。
弱い人ほど、虎の衣を借りて、自分より弱いものと自分を差別化し、下と思うものを叩くことによって、優越感に浸って自分の存在を確認し、強くなったと思い込み、精神的安定を得るのだと思います。
俯瞰してみれば、強者に利用されているだけで、さほど変わらない弱者に過ぎません。
競争だけを煽り、差別化だけを進めた教育や社会が悪かったのだろうと思います。

投稿: 愛てんぐ | 2008/11/05 17:16

こんばんは、愛てんぐさん

そうかも知れませんね。
自分に自信が無いから、匿名性の名の下に相手を身勝手な非難する。
自分が優位な立場にいたいのだなぁとは思います。
自己分析はしたことも無いでしょうね。

ネットの中で、自民党や右翼を擁護している人間
も、政府には守られていないという事も分かっていませんね。
自分達だって、政策の犠牲になっているにもかかわらず。

私は、右に傾いても、良い事は一つもないように思います。

投稿: まるこ姫 | 2008/11/05 19:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/43010322

この記事へのトラックバック一覧です: 田母神航空幕僚長、処分せず退職の政府の対応は?:

» 自衛隊解体論も [ブログ blog で 情報交換]
政治学者五十嵐仁さんがblogで、最近の自衛隊の腐敗の状況に心痛されて自衛隊の解 [続きを読む]

受信: 2008/11/04 19:06

« 神田高校、見た目で入試不合格に賛否両論 | トップページ | オバマ氏初の黒人大統領、アメリカ国民はよく決断した »