« 補正予算強行可決、メンツが先で国民そっちのけ | トップページ | 歴代首相の中でもっとも無能な首相は誰? »

2009/01/15

5人も殺して、無期懲役って?

思い出すのも嫌な事件だった。
>2005年2月、一家6人を殺傷したとして、殺人と殺人未遂の
罪に問われた市老人福祉施設元事務長、原平被告の判決公
判が13日、岐阜地裁であり、

この事件が起きた時は、あまりの衝撃に、心が打ち震えたもの
だ。
中津川には、良くウォーキングにも行ったことだし、結構思い入
れもあったし、のどかな田舎だとの印象もあった。
その事件も、もうじき、4年になろうとしているとは・・・・
時の過ぎ去るのは、本当に早いと感じる、今日この頃だ。

今回の地裁の判決は(まだ地裁での判決だったのか)
>母親の言動が大きな要因だったことも明らか。被告の主観で
は一家心中という面もあり、極刑をもって臨むにはちゅうちょが
残る」と指摘。死刑を回避した。

身内を5人も殺し、一人は重傷を負って生き残った。
わが国は、残念ながら死刑と言う制度がある。
死刑制度には、賛否両論あろうけども、それでも死刑制度があ
るという事は、死刑になる人もあるという事だ。
山口母子殺人事件の時は、死刑か、無期懲役かという事で裁
判所も判断に苦しんだはずだ。

エイッ 愛の一押し happy01

そのときも、巷で言われたことは、二人だったら無期、それ以上
だったら死刑と、殺人の数でも量刑の判断にされたのではなか
ったか?
私達の頭も、殺人の数での量刑判断が刷り込まれているような
気がする。
そんな時に、岐阜地裁の判断が、極刑をもって臨むにはちゅうち
ょが残ると、死刑を回避した。
>田辺裁判長は完全責任能力を認め、「心神耗弱だった」とする
弁護側の主張を退けたが

心神耗弱との主張を退けておいて、無期懲役と考慮する理由が
分からないのだ。

もうすぐ、そこに迫っている、裁判員制度。
多分、この事件では専門家の間でも、死刑と言う判断と無期懲
役という判断に分かれるのではないかと思う。
私達は単純に、5人も殺すという事実に、心底驚く。
地裁の裁判長のように、事件の背景に考慮できるだろうか?
そこには、ほとんどの人がムードに流されるのではと思ったりも
するのだ。
罪を憎んで人を憎まずと、そんな度量の広い人が何人いるのだ
ろう。多いに疑問に思う。
それを、たったの3日間程度で結論を導く?
岐阜地裁でさえ、かれこれ4年もの間、証拠調べをした事件を。

やはり、どう考えても、死刑か無期かに分かれる判断を、素人に
ゆだねられても、本当に嫌なものだ。
裁判員になっても、量刑だけは勘弁して欲しい

☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


              愛の一押し

を切にお願いしますm(__)m  苦戦してます^_^;

にほんブログ村 ニュースブログへ  ← クリックしてね(^^)



☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪



|

« 補正予算強行可決、メンツが先で国民そっちのけ | トップページ | 歴代首相の中でもっとも無能な首相は誰? »

コメント

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
人が人を裁くことの難しさですが、裁く時にはドライにならないとできないかもしれませんね。
職業裁判官は裁く時に、人と思って裁判をしているのでしょうか。それとも、ものと思ってやっているのでしょうか。聞いてみたいですね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2009/01/15 18:41

まるこ姫さん、皆さん、こんばんは

岐阜地裁のこの裁判長の鑑定を行う必要があると思ってしまいます。
責任能力があるといっておきながら、5人殺しても、極刑にならないのは、どう考えても、不合理ですね。
尊属の無理心中は人数が多いければ、極刑が無期懲役という論理なんでしょうか。
自殺未遂に終わったので、死刑では意を汲んだことになり、61歳から20年間、ほぼ死ぬまで、刑務所で生きさせることによって、苦痛を与えようと考えているのでしょうか。

職業裁判官でも、これほど判断の開きがあるということでしょうか。
殺人には、責任能力があるかどうかが問われることが、頻繁にあります。
これを判断するのは、素人裁判員には難しすぎますね。
何人殺したら、死刑という前例主義によるなら、民間の声を反映する必要はないし、前例主義を無視し個人の考えを尊重すれば、判決の振幅は広がります。

東京江東区のマンション殺人事件の裁判で、検察の用意した、マネキンを切断するモニターを見て、被害者親族が大声で泣き叫び、動揺した被告が死刑だと叫んだと言います。
裁判員制度を睨んだ裁判で、検察は極刑に導くため、残虐な証拠を出します。
検察は刑を重くすることに専念し、素人の参加者への心的影響には無頓着です。
認めた裁判所も無頓着です。
裁判員はPTSDに陥る人も出てくるでしょう。
まさに、これは苦役そのもの、憲法で禁止されている苦役に当たります。

裁判員制度は間違いです。
やるなら、最高裁判事の決め方を民主的な方法にし、お役人出身より民間出身を増やすことです。
裁判所出身、検事出身、弁護士出身、官僚出身、教員出身の比率がずっと変わりません。
長官は裁判所出身が8年も続き、判事の人事は最高裁が決め、首相が追認するだけです。
これでは、お上的な、上から目線の判決しかできません。

投稿: 愛てんぐ | 2009/01/15 19:18

★ーーこんばんは、くまさん

本当に!
人が人を裁くことは難しいし、悩むと思います。
プロの裁判官でも、量刑に落差があるわけだし、素人が難しい判例で、裁くことが出来るのか疑問です。

どうなんでしょうね。
人を人と思わなければ、悩むことも無いわけですし、やはり
どんな極悪非情な犯罪者でも、人と思って裁くのでしょうね。
ものだと簡単に割り切る裁判官だけは、見たくありませんね。

★ーーこんばんは、愛てんぐさん

>裁判長の鑑定を行う必要があると

本当にそう思います。
なんだか、浮世離れした超理想主義者のように感じます。
責任能力があって、5人もの尊い命を奪っておいて、無期懲役は、不自然ですね。
私は、いくら無理心中と言えども、身内が身内を自分の占有物のような扱いをするべきではないと思います。
だれでも個々の人格があるはずですから。

結局は、被告に取ってこれからの人生は終生刑務所暮らしという事になりますね。
生きて刑罰を与える思いなのでしょうか?
何か、解せませんけど。

>何人殺したら、死刑という前例主義によるなら

今までの判例は、ほとんど数によりましたよね。
これからは、素人裁判員に5人殺しても10人殺しても、無期懲役もありうるとの、判例を作るつもりなのでしょうか?
余計に私達は悩むのではないかと思います。
裁判になったら、残虐な写真も証拠として見なければいけません。
被告に、壇上から問いたださなければいけない場面もあります。
慣れるでしょうか?
怖いし、とても嫌ですね。

やはり、裁判員は民間出身、例えば弁護士の様な法律的知識を見につけた人にして欲しいと思います。
素人では荷が重いです。

>長官は裁判所出身が8年も続き、判事の人事は最高裁が決め、首相が追認するだけです。

こういうところから、改革して欲しいですね。
下っ端を変えても、上の組織が旧態依然としたあり方では・・・・・

投稿: まるこ姫 | 2009/01/15 20:48

まるこ姫様、皆様、こんばんは。

裁判員制度は絶対に止めるべきものと思います。
法律のプロでも判断が違う場合があるのに、素人にはとても無理です。
時の政府の見解は憲法第18条には抵触しないとなっていますが、私は相当の苦役だと思います。
必ずや5月以降、問題がおきるでしょう。その時になってやはり裁判員制度は間違っていたと言っても何かあってからでは遅いのです。
派遣法の改悪の時も同じです。不況になれば真っ先に派遣労働者の首が切られることは、法改悪をした時に予測は出来ていた筈です。
新政権にはまずはこうした悪法を廃止していただきたいと切に願っています。

投稿: ジーコ | 2009/01/16 20:27

こんばんは、ジーコさん

私も、人の運命を決めるのを素人にゆだねるのは、無謀だと思います。
犯罪に対しての量刑の知識もありませんし、むごたらしい写真を見たりするのも、ちゃんとできるのかどうかも疑問です。
本当に、苦役だと思います。
100歩譲っても、量刑まで踏み込むのは、抵抗があります。

やはり、5月以降は思ってもいない問題続出でしょうね。
指定した日に裁判員が全員揃わないという自体になるかもしれませんよ。
そうなったら、どうするのでしょう。

今から思うと、セーフティネットもなしに、派遣法を作ってしまった政府は、相当な能天気だったですね。
どれだけの人が、路頭に迷うと思っていたのでしょうか?
最悪を想定しての法案作りでしょうに。
怠っていましたね。

裁判員制度も、きっと破綻するのではないかと感じます。
次から次へと、不備が見つかるのではないでしょうか。
早く、政権交代して欲しいものです。


投稿: まるこ姫 | 2009/01/16 22:01

 こんにちは。

* むごたらしい写真を見たりするのも、

 すでにこの事態は起きています。

 江東区のバラバラ殺人の集中審理が14日行われましたが、そのとき、被告が遺体をバラバラにした行為を再現したビデオが法廷内に流れました。傍聴中の遺族のひとりが精神的にショックを受けたようで、退廷しました。

 今回の集中審理は、5月の裁判員制度のモデルケースとして行ったことであり、裁判員に短期間で事件の概要をわかりやすく説明するため、今後もビデオによる再現がおこなわれることは十分考えられます。

 プロならともかく(このあたりはビデオに頼らなくても、書面で話が通ります)、一般の人には難しいところでしょうね。これが原因で辞退を認めるわけにはいかないでしょうし。裁判員をやりたくない人にとっては、ちょうどいい大義名分でしょうから、辞退者が続出します。裁判員が集まりません。
(参考:朝日新聞1月15日朝刊 14版)

投稿: たべちゃん | 2009/01/18 17:11

こんばんは、たべちゃん

そうですかぁ。。。。
赤の他人でも、死体写真は見たくありませんし、ましてや遺族になると、死体を切り刻むような再現ビデオなどは、相当、心的負担になるでしょうね。
ショックが大きすぎると思います。

それに、たったの3日間での審理では、本当に裁けるのかも疑問です。

そうなんですよ。
今までだったら書面で、大体分かったことでも、素人だと微に入り細に入り説明してもらわなければ、分かりません。
ビデオに頼ることになると、見たくないものも見なければいけませんし、裁判員が怖い思いをするのではないかと。。。。
辞退者も続出するかも知れませんよ。
そんな時にも、強制できるのでしょうか?

投稿: まるこ姫 | 2009/01/18 20:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/43749164

この記事へのトラックバック一覧です: 5人も殺して、無期懲役って?:

« 補正予算強行可決、メンツが先で国民そっちのけ | トップページ | 歴代首相の中でもっとも無能な首相は誰? »