« 給付金で首相発言がこれだけ変わるとは。これぞ支離滅裂 | トップページ | 吃驚(BlogPet) »

2009/01/10

迷走給付金バトルにまたまた公明党の高木が参戦

またまたこの人が発言をして話をややこしくする。。。。
前に、自民党に造反した渡辺氏に離党したらどうかと言ってい
たが、それなら公明党よ、あなたの党はどうなのかと、連立を
離脱したらどうかと、ほとんどの人が思っていたのではなかろう
か。
どうも渦中にいれば、自分の立場が分からないらしい。。。。

今度も、公明党高木は麻生首相の批判発言をしている。
>受け取ると言えば終わりの話だと述べ、受領を明言するよう
求めた。
>首相が一度は高額所得者に受領辞退を促しながら、受け取り
を求める方針に転換したことに関し「さもしいとか矜持の問題と言
わなければ全く問題なかった」と厳しく批判

それはまったくその通りだが、元はと言えば、福田政権の時に
公明党が提案した、定額減税が形を変えていびつな内容になっ
ただけの話で、それでもごり押しせざるを得ない政府を思えば、
未だにこの定額給付金は庶民の強い味方と、思っている公明党
の方が、社会を知らないと言うか、罪が重くないか?

公明党は、渡辺氏の問題行動も、今度の麻生首相の発言に対
しても、他人事のように批判をしているが、公明党の立ち場を考
えたら、そんな発言は出来る筈は無いと思うが。

エイッ 愛の一押し happy01

それに麻生首相も麻生首相だ。
自分が良い格好をして、”さもしい” だとか、”人間としての矜持
の問題”
 だとか大見得を切るものだから、引くに引けなくなった
だけの話で、、受け取ると言えば、人間としての矜持も無く、さも
しくもなるし、受け取らないと言えば他の大臣に受け取りを奨励し
た手前、おかしくなるし、どちらに転んでも自分の首を絞める結果
になると言うのが分かっているのか、分かっていないのか。。。
どうにも整合性が取れないだけだ。
結局、受け取るとした閣僚は、麻生首相の弁からすると、人間と
しての矜持も無く、さもしい人間だという事になる

しかしこれだけ、国民が不信感を抱いている定額給付金は、数の
力で、来週にも衆議院を通過すると言う。
最後は、3分の2で持って、法案を通してしまうつもりなのだろう。

今年は選挙の年だ。
衆議院の選挙は早いか遅いかだけで必ず行われる。
私達は、すぐに忘れる国民性と言われているけれども、この理不
尽さを忘れずに、選挙のときは、必ず私達の意思を示そう!

どうせ、政治は変わらないと言っていたら、ますます政治も生活
も悪くなるだけだ。
政治は変わらないのではない、私たち自身が変われば、必ず政
治は変わる。
そう信じて、みんなが投票をしよう!
私達の意志を示すとしたら、それが一番の近道なのだから。。。

☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


              愛の一押し

を切にお願いしますm(__)m  苦戦してます^_^;

にほんブログ村 ニュースブログへ  ← クリックしてね(^^)



☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪



|

« 給付金で首相発言がこれだけ変わるとは。これぞ支離滅裂 | トップページ | 吃驚(BlogPet) »

コメント

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
公明党の議員がプレッシャをかけると、阿呆太郎も言わざるを得なくなるかもしれませんね。
 阿呆太郎がどうでるかとても楽しみです。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2009/01/10 18:51

こんばんは、くまさん

公明党の議員は、いつもプレッシャーをかけますが、元はと言えば、定額給付金も公明党が福田政権の時にごり押しをした、政策です。
あまりにも公明党が口出しをしすぎるので、嫌気が差して福田さんが放り投げたんですよね。
大体が、自公が組むこと自体が、矛盾をはらんでいると思います。

福田さんは嫌気が差して、麻生さんは鈍感だからあまり感じていないのかもしれません。
どちらにしても、矛盾だらけの定額給付金ですね。

投稿: まるこ姫 | 2009/01/10 19:24

まるこ姫さん、皆さん、こんばんは

高木議員は、公務員OBが天下りを繰り返す「渡り」容認の政令を撤廃させると息巻いていました。
公明党、斎藤環境大臣も入っての閣議に加わっていました。
阿呆首相も、国会で撤廃しないと明言していました。
絶対に覆さないと思うので、高木議員もお馬鹿です。

もともとの公明党の定額減税を、スピードが余りに遅すぎて、ネタは一緒で理由がころころ変わっていきました。
まるで諫早湾干拓工事みたいです。
発案の物価高のときと現在の大不況のときとでは状況が一変しているので、定額給付金はご破算で、仕切り直しが当然です。

国民の一部を馬鹿にした、さもしい、矜持と、首相が使ってはいけない上から目線の言葉を使ったため、自ら墓穴を掘っています。
本当に、阿呆首相ですね。
閣僚は受け取らないとしたら、上手く行くものを、細田幹事長も馬鹿ですね。
自民党は末期状態ですね。

阿呆首相は政権の座にしがみつこうとしています。
総選挙では、政権交代に追い込んで、自公政権を下野させて、自民党を空中分解させましょう。
政界再編の余地がないよう、絶対、自公を過半数割れにしなければなりません。


投稿: 愛てんぐ | 2009/01/10 22:10

こんばんわ。
本日、「3連休モード」に入りましたH.Kです。
「公明党・高木氏」が、「麻生総理の法案」に、厳しく批判をしていますね。
けど、「麻生総理」にすれば、耳は届かないでしょうね。
そうなってくると、また、いつものパターンで、「ごり押し法案」をするでしょうね。
今まで、色んな法案で国民に、不安や怒りが買われ、苦しんできましたね。
今度の「定額給付金」で、国民の不信感も出てくるでしょうね。

投稿: H.K | 2009/01/10 22:26

こんばんは、愛てんぐさん

高木さんはいつも、批判をしていますが、その批判も天にツバしているという事に気付かないのでしょうか。
全部、公明党に被って来る話だと思います。

渡り問題も、麻生さんは官僚の言いなりです。
まったく国民の方へは向いていませんから、なんだかんだ理由をつけて、撤廃はしませんね。
高木さんあたりが、何を言っても無駄だと思います。

とにかく、政府与党の考える事業は、まずはじめに事業ありきで、その内容はどうでも良いのでしょうね。
本当に国民感情が分かっていたら、無駄金や死に金などは、使わないでしょう。
景気対策の一環にしては、あまりにもお粗末な、選挙対策に向けてのバラマキです。
政府与党は、バラマキではないと言っていますが、ほとんどの国民はそう思っていますよ。

すべての元凶は、上から目線の麻生首相の問題発言ですね。
矜持とか、さもしいとか言うから、抜き差しなら無い所まで行ってしまうのですよ。
閣僚は、結局受け取らざるを得なくなり、矜持も無くさもしい人間とレッテルを貼られてしまいます。
本当に、馬鹿ばかりですね。

とにかく、こうなったらいつ選挙が行われても、今のこの状態を忘れずに、個々が必ず投票に行き、意思を示すことだと思います。
国民の声を結集しましょう!

投稿: まるこ姫 | 2009/01/10 22:29

こんばんは、H・Kさん

わたしも三連休ですよhappy01
今日が一番、くつろぎますね。

公明党の高木さんは、渡辺さんのことも批判していましたが、自分こそパフォーマンスですね。
今度も麻生さんの批判です。
が、麻生さんは相当意固地だし、頑固だから変えないでしょう。
究極の無駄金になりそうですね。

まぁ、最後はお得意のごり押しで進んでいくのでしょう。
目に見えています。
どの法案も、今までそうでした。
不信感で一杯です。

投稿: まるこ姫 | 2009/01/10 22:44

こんばんは まるこ姫さん

ネットで、衆議院の国会中継を見ました。
”わたり”での法律と政令の矛盾について、真剣に耳を傾けていたのは鳩山総務大臣のみ。あとは、馬耳東風。
定額給付金も聞く耳を持たない総理は、「これが一番!」という信念でなく、何か違うものを握っているかのようです。

あの不敵な笑いを見ると、何か隠されている問題があるような気がしてきます。何か怖いものを感じますね。

投稿: あおきん | 2009/01/10 22:48

こんばんは、あおきんさん

国会で審議しているわけですから、真剣に耳を傾けて欲しいですね。
ほとんどは、官僚の思ったままに議員が動かされていると感じます。
珍しく鳩山さんが耳を傾けているわけですね。

定額給付金は、本当に首相がこれと思えていないから、あちらに動き、こちらに動きでぶれまくりです。
やはり、確固たる信念が一番でしょうが、ありませんね。
悪いけど首相は、ただ笑いで誤魔化しているだけで、中身は何も無いと感じています。
今までが、買いかぶりすぎでした。

投稿: まるこ姫 | 2009/01/11 19:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/43697683

この記事へのトラックバック一覧です: 迷走給付金バトルにまたまた公明党の高木が参戦:

« 給付金で首相発言がこれだけ変わるとは。これぞ支離滅裂 | トップページ | 吃驚(BlogPet) »