« 阿久根市発、市の職員給与公開は是か非か | トップページ | 「在日米軍第7艦隊で十分」、小沢発言について »

2009/02/27

フィリピン人一家の期限を再延長、小出しの延長はヘビの生殺し

情を取るのか、法律を取るのか。。。。。。

>不法滞在で国外退去処分が確定し、在留特別許可を求めて
いる一家について、東京入国管理局は27日、拘束を猶予する
仮放免期限を来月9日まで再び延長し、

延長、延長で、3月9日まで日本にいられることが決定したこの
フィリッピン家族。
小出しの延長はヘビの生殺しのようにも感じる。

そもそも、親が不法滞在を決め込んで日本にいたことが、諸悪
の根源だと思うが、どうなんだろう。
夫婦には子供が産まれたが、最近になって、子供の教育をどう
するかでニュースになり、情緒の部分で、話題になっているが、
その子供が15歳になるまで、なにか行動を起こしてきたのだろ
うか?
何年にも渡って、子供の人権を守るために何かをしてきたのか
分からないからなんとも言えないけれど、切羽詰ってメディアを
巻き込み、情に訴えているようにも見える。
日本語しか話せない、15の子供をフィリッピンに帰らせても良い
物なんだろうか?と言う論調だ。

エイッ 愛の一押し happy01

なにか法務省の大岡裁きを期待しているようにも感じる。
しかし、両親がフィリッピン人で、何で日本語しか話せないのか
母国語か英語を教えてこなかったのだろうか?
子供の将来や、フィリッピン人としての尊厳やプライドがあるな
らば、母国語を教えても良いはずではないか。
日本語しか教えなかった両親は、私には理解不能だ。

>今月13日の期限が27日まで延長されたが、夫妻はこの日
、帰国日を決めずに出頭していた。
>夫妻は「3人で日本に残りたいという気持ちは変わらない」と
訴えた。

どうも、”日本で生きる”と言うのが、夫婦の前提に思える。
フィリッピンへ帰るという選択肢は頭に無いのだろう。

法を盾にする、法務省や、東京入管が、頭が固くて融通の利か
ない悪者のように報道されているが、本当にそうなのか。
一度特例と認めてしまえば、不法滞在者で子供を作った人たち
が、次から次へと私も、私もとなる。
不法滞在をして、どんな事をしても居続ければ何とかなるとなっ
てくる。
それでは、法律の意味がなくなってくるから、難しいものだ。

人道的に処理するか、法が正義か、悩ましい問題だ。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


              愛の一押し

を切にお願いしますm(__)m  苦戦してます^_^;

にほんブログ村 ニュースブログへ  ← クリックしてね(^^)



☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪




|

« 阿久根市発、市の職員給与公開は是か非か | トップページ | 「在日米軍第7艦隊で十分」、小沢発言について »

コメント

まるこ姫さん、こんにちは∈^0^∋
ぼくはこの問題は不法滞在をした親に問題があります。残念ながら、三人で帰って頂くのが一番だと思っています。それこそ、不法残留者のために判例が出てしまうのと同様です。
 きちっと、処罰するべきです。又は、徹底的に不法滞在者を摘発することでしょうね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2009/02/27 18:44

こんばんは、くまさん

勿論、親の方の責任は大ですね。
子供に罪はありませんから、子供だけ残って、支援者がいるそうですから、その人たちが救いの手を差し出す以外、解決策はないような気がします。
向学心に燃えている子供だったら、日本とフィリッピンの架け橋になるような気さえします。
親は責任を取るべきだと考えます。
ここで、特例を持ち出せば、他の人たちも同調するのではないかと思います。
やはり、悪いものは悪いのですから、ちゃんと処罰は受けるべきだと思いますが。。。。。
メディアの論調が気になります。

投稿: まるこ姫 | 2009/02/27 19:45

こんばんは。
日本は法治国家なので、不法滞在であるならば厳しく国外退去すべきでしょう。
>日本語しか教えなかった両親は、私には理解不能だ。
僕も同じ考えです。子供のためにと思ったら、母国の英語を覚えるには早いほうが良いわけで、日本語が出来るという特技を生かして将来良い就職が出来ると思うのですが…。

投稿: とらこん | 2009/03/01 00:15

 おはようございます。まるこ姫さんの発言にしては、珍しく感じました。

* 法を盾にする、法務省や、東京入管が、

 感情論では通用しないですね。

投稿: たべちゃん | 2009/03/01 07:44

★ーーこんばんは、とらこんさん

子供に罪はありませんが、メディアを使って情の方を
訴えているのが、なんだかなぁとおもいます。
特例を作る事になれば、他の人も同じようにやるべきです。
この家族だけという事は、おかしいのではないでしょうか。

普通、どんな国であれ外国に行けば余慶に母国を誇りに思うものです。
なので、母国語か英語は教えて当然と思いますが、何で教えなかったのでしょうか?
すごい疑問です。


★ーーこんばんは、たべちゃん

そうですか。。。
今までの記事と論調が違いますか?
情に訴えて特例を作るのなら、作っても良いとは思いますが、その家族だけ特別と言うのは反対です。
言い難いですが、やはり両親はフィリッピンに帰って出直すべきだと思います。
子供さんは支援者が支援するとか、日本で生きる道は充分あると思います。

投稿: まるこ姫 | 2009/03/01 18:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/44192252

この記事へのトラックバック一覧です: フィリピン人一家の期限を再延長、小出しの延長はヘビの生殺し:

« 阿久根市発、市の職員給与公開は是か非か | トップページ | 「在日米軍第7艦隊で十分」、小沢発言について »