« ただ今ネガキャン真っ最中、「済州島買っちまえ」 | トップページ | 大本営発表を素直に信じる不思議な国民性 »

2009/03/13

自分の介護はプロに任せると首相、良いなぁ。。。

これから、ますます高齢化が進み、老老介護が重大な問題に
なっている。
重大な病になっても、3ヶ月が過ぎれば病院にはいられない。
特に年を取ればとるほど、病気がちになり、病院のお世話にな
ったりもする。
それでも一度、退院して又入院すると言う経路をたどらなけれ
ば、病院に、長くかかる事もできなくなってしまった。
家族の負担は、心身ともに、そして経済的にも想像を絶するも
のがあるのではないだろうか。
例えば、介護を要する状態になってもお金が潤沢にあれば、施
設入所も出来るだろうが、そんな人は、それほどいないだろう。
介護を要する人も、今では ”家族愛” の名の下に、色んな介
護を、家庭で出来るものは家庭でと、国が方向転換してしまい
大変困っている家庭が増えたと言う。

そんな中、
>12日の参院予算委員会で、民主党の下田敦子氏に「将来、
介護を奥さまに見てもらいたいか」と問われ、こう答弁して笑い
を誘った。
(介護は)精神的に過重なものがあると指摘。舛添要一厚生労
働相が「プロに任せたい」と答弁したことを念頭に「舛添氏が言
った方向が正しい」と述べた。

エイッ 愛の一押し happy01

本当にそうだ。
介護は精神的に過重なものがある。
いつまで続くか、分からない介護には、家族は心身共に疲
れ果ててしまうのだ。
経済的にも、追い詰められる。

よく知っているではないか。
過重なものがあると知っていて、国民には”介護は家庭”でと
責任を家族に押し付けるのは、酷というものだ。
自分達は、全くお金に困らないわけで、介護のプロにも任せら
れるだろうけど、首相いわく、方向性は正しいかも知れないけれ
ど、国民生活とはかけ離れているし、恩恵にも預かれない人が
多い。

与謝野氏も、
>子供に面倒を見てもらえると思っていないし、女房にも迷惑を
かけられないので、入れる施設があれば入りたい」と自虐的に
述べた。

私達も、ほとんどの人がそう思っていると思う。
が、先立つものがなければ、家族に迷惑をかけても家にいるしか
ないし、こういった総理や大臣の発言を聞いていると、やはり全く
住む世界が違うのだと、つくづく感じる今日この頃だ。

自分達は、プロに任せたり、施設に入る、環境にいるだろうけど、
大多数の国民は、自己責任の名の下に家族にしわ寄せが来て
いる現状だという事を、国のトップは認識しているのだろうか?


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


              愛の一押し

を切にお願いしますm(__)m  苦戦してます^_^;

にほんブログ村 ニュースブログへ  ← クリックしてね(^^)



☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪



|

« ただ今ネガキャン真っ最中、「済州島買っちまえ」 | トップページ | 大本営発表を素直に信じる不思議な国民性 »

コメント

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
本当にコネと金がないと老後も安心して生活ができません。そんな世の中にしてしまった政治家はのうのうと老後も多くの年金で生活できます。
おかしな話です。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2009/03/13 20:00

こんばんは、くまさん

今の日本は老後が一番怖いですね。
お金が無かったら、野たれ死か孤独死がまっています。
家族に介護を任せても長い場合は、共倒れになる恐れすらあります。
今から恐ろしいです。

政治家の責任は大だと言うのに、あの人たちはさぞや、良い老後を送るのでしょう。
まったく、私達からかけ離れた生活です。

投稿: まるこ姫 | 2009/03/13 20:06

まるこ姫さん、皆さん、こんばんは

舛添厚労相に便乗した麻生首相の答えは、介護に対する見識が無いのではないかと思います。
麻生グル−プには、病院も介護施設、介護サービスもあります。
そして何よりも、使い切れないほどのお金があり、お望み通りの介護生活が保障されています。
だから、医療や介護にはあまり関心がないのでしょう。

議員たちも議員年金等々、裕福な暮らしが保障されています。
国民も、同様の暮らしを保障してくれたら、お金を残さずに、消費に向けるのですが。
私達と同じ生活にさせることが、国民目線の政治になると思います。

投稿: 愛てんぐ | 2009/03/13 21:39

こんばんは、愛てんぐさん

やはり、介護をして貰う事に思いが行かないのでしょうね。
自分は何の不自由もなく生をまっとうできるわけですから。
他人の弱みは辛さは、全く分からないでしょう?
末端の福祉や介護の世界を知ろうとする意欲も、努力もない人が、福祉の世界を論じても重みはありませんね。

本当は、これから高齢化社会になれば、介護や福祉を意の一番に国会の議論をしていただきたいのですが、関心がない人には、深い論議は出来ませんね。

しかし、国民には痛みを押し付けるだけ押し付けているのに、この国の国民は政治に目覚めませんね。
その時はワッと怒ったりしますが、すぐに忘れてしまいます。
その気質を知っている政府は操縦が上手いです。
だから、何十年も同じ政党が政治を牛耳ってこられたのでしょうね。

投稿: まるこ姫 | 2009/03/13 22:29

。まるこ姫様、こんにちは。  国民の大半は、プロに任せるほど、経済的に余裕はないので、自宅介護になる、しかし仕事を辞めてまで介護すると共倒れになるので、仕事と介護の板ばさみで疲れ切る事になりますね、 国民の幸せの名目で作られた各種公共物に巣を作り税金を蝕む官僚、その巣に寄生する大臣、議員、このあたりが直接責任ではないでしょうか?この害虫を退治しない限り、税金が福祉となって国民に還元される事はないでしょう。  個人的雑感ですが人生最期をプロ任せなするより、多少迷惑かけても、やっぱり家族に囲まれ迎える方が幸せじゃないでしょうか、勿論具合によりますが。。。

投稿: 赤いとら | 2009/03/14 07:37

まるこ姫さん。お早うございます。
こう書いている間に、今息を引き取り孤独死している方もおると思います。老老介護に疲れて心中しようとしている人々や、年取った母親を介護している青年が、母に頼まれて、母を殺そうとしている人がいるかも知れません。
この世はまさに地獄です。麻生自公内閣ではもはや人々を救うことは不可能です。今最善の措置は、解散総選挙をして民意に問い、新しい政治をつくることです。この内閣が居座ればそれだけ、国民が死んで行くきます。不幸になって行きます。

投稿: hamham | 2009/03/14 10:20

★ーーこんにちは、赤いとらさん

これからの介護は本当に大変だと思います。
核家族が進んでいて、それほど蓄えもないでしょうし、年金も心もとないと来ては、プロに任せられるとは思えないし、施設にも入れるかどうか、分かりませんから、弱ったら終わりでしょうか?
最後は、野たれ死か孤独死が待っている人は多いでしょう。
これから、どんどん増えるのではないかと思います。

私達の税金を、天下り団体や、寄生虫もどきの人に使い続けていく限り、底辺の人たちは切り捨てられていくのでしょう。
税金が適正な所へ使われる事なく、一部の人達ばかりが超え太る社会は異常です。
この構図をいつまでも温存しておいてでは、税金も払いたくありません。
いつになったら、国民目線の政治になるのでしょうか?

勿論、赤いとらさんの仰る、最後は家族に看取られてと言うのは理想ですが、これも余裕のある人や、短期の介護に限りますね。
現実は、そんな幸せな人は少ないような気がします。


★ーーこんにちは、hamhamさん

今の介護の現状は、ひどいと思います。
介護は家庭へと言うのは、あまりにも国民に負担を押し付けだと思います。
働かなければ生きていけない状態で、それでも家族だったら介護も仕方がないとは思いますが、早晩行き詰ります。
肉体的にも精神的にも、家庭だけに押し付ける今の介護の仕組みは、官僚や議員たちには分からないでしょうが、深刻な現状なんですよね。

麻生さんは特に、そういう底辺の庶民の現状は絶対分からない人だと感じます。
能天気に異常に明るいだけで、中身はすっからかんと見ました。
やはり、今の状態こそが政治空白ですね。
民意をえていない首相は弱いと思いますが、この麻生さんの無駄に明るい、粘り越しは驚異的です。
何代も自民のお家の事情でばかりを見せ付けられて、私はうんざりしていますよ。

投稿: まるこ姫 | 2009/03/14 17:02

まるこ姫さん こんばんは
正に政治家の言うのが理想でしょう。
然し、現実は望めません最初の数ケ月でしょう、後は家族愛の美名のもとに家族の死闘が続くのが現実です。
私も見てきました、聞いて来ました。
目線が違う、大根一本を買うお金の重さが違う人たちの言い分でしょう。
目線を合わせられる政治家を早く国会に送らないと、、、。

投稿: ゲン | 2009/03/14 22:53

こんにちは、ゲンさん

やはり、庶民の生活は分かっていないようですね。
理想をいとも簡単に実現できる政治家、理想はあくまでも理想で、手が届かない庶民。

>最初の数ケ月でしょう

私もそう思います。
短い時は、同じ事でも苦労に思えませんが、長期になればなるほど、人々の心は荒みます。
経済も立ち行かなくなります。
全面的に、家庭で介護は大変だと思います。
そのうちには、身体的にも精神的にも経済的にも破綻するのではないかと思います。

政治を、私達の元に取り返したいですね。
もう少し介護の現場を痛切に感じている人たちが、政治を治めていただきたいです。

投稿: まるこ姫 | 2009/03/15 16:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/44333408

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の介護はプロに任せると首相、良いなぁ。。。:

« ただ今ネガキャン真っ最中、「済州島買っちまえ」 | トップページ | 大本営発表を素直に信じる不思議な国民性 »