« 新型インフルエンザ蔓延に付き一斉待機の是非 | トップページ | 水際対策縮小へ、機内検疫終了は当然でしょ!(BlogPet) »

2009/05/19

水際対策縮小へ、機内検疫終了は当然でしょ!

新型インフルエンザは、大阪神戸で日曜日あたりから大量発生

メキシコ発の新型インフルエンザが、日本国内で色んな影響を
及ぼしている。
日曜日に、ニュースを見ていたら、大阪神戸の人たちは、ほとん
どが、マスク姿で、薬局もマスク売り切れ続出状態だ。
(ちなみに、私の地域も、どこの薬局でも品切れ状態だと言う。)
どこの局のニュースも、マスク姿と、薬局の売り切ればかりが映
し出されて、そうなると、大阪や神戸へ行くのも怖いような印象に
なってくる。
そして大阪や神戸から来た人は、全員がインフルエンザにかか
っているような、インフルエンザは潜伏期間があることから、へた
したら、移されているのではと疑心暗鬼にもなるような気がする。
メディアの報道の仕方一つでも、人々の心は右往左往する。
風評被害がもう始まっているのではと思う。

政府の、当初の水際対策と称しての機内検疫は、近く終了する
と言うが、それは当然でしょ!
新型インフルエンザが発生してから、何日経っていると言うのだ
ろう。
政府は、必死で機内検疫を努めて来たが、検疫時に熱が出る
人間ばかりではない。
むしろ、潜伏期間があるという事から、スルーして国内に入りこ
んだ、感染者は多数いたことだろう。
それで、今、関西地方で、新型インフルエンザが蔓延していると
言える。

エイッ 愛の一押し happy01

機内検疫が無意味だとは言わないが、あまり効力がなかったの
も事実で、いくら神経質に管理しても入るものは入る。
だから、機内検疫を強化するよりも国内での医療体制整備に重
点を置く方が、今の事態に適していると思う。

が、政府はようやく季節型と同等と言い出したが、当初の混乱振
りは、相当ひどかった。
私達でさえ、初めから季節型と同等の対応で良いと思い、ブログ
にも散々書いてきたが、政府の対策は、鳥インフルエンザのよう
な強毒性を想定していたからこそ、ピントハズレのおどろおどろし
い、見ているものへ、ものすごい恐怖心を煽るような対応になった
のではないだろうか。
それが今の現場への混乱になっているのだろう。

感染疑いの段階での舛添さんが深夜に会見したのも、私はとて
もビックリした。
今度は、麻生首相が政府の対応を自らCMとして流すと言う。
冷静に対応してくれと言うCMだというが、首相自ら言えば言うほ
ど、本当はすごい病気なのではないかと思う人も出てくるのでは
ないだろうか。
麻生さんが、深刻面しての発表は、私はしない方が良いと思う。
政府の対応をアピールしたいのだろうが、かえって不安を煽る結
果にならないか、それが心配だ。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


              愛の一押し

を切にお願いしますm(__)m  苦戦してます^_^;

にほんブログ村 ニュースブログへ  ← クリックしてね(^^)



☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪



|

« 新型インフルエンザ蔓延に付き一斉待機の是非 | トップページ | 水際対策縮小へ、機内検疫終了は当然でしょ!(BlogPet) »

コメント

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
どうも桝添さんは目立ちたがり屋のようです。専門家がコメントした方がましです。水際検疫も要するに効果がなかったという証かもしれませんね。
 関西でこれほどまでに広まったということが証明です。東京で感染者が出ない方が不思議ですが?何故でしょうね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2009/05/19 18:23

まるこ姫さん、皆さん、こんばんは

水際作戦は自公政権が政権担当(危機管理)能力をアピールするため、目一杯やりました。
よく考えれば、搭乗直前に感染すれば、発熱するのは数日後で、免疫はスルーします。
発症まで1〜7日で平均を4日目とすると、3/7はスルーすることになります。
基本的に、水際対策は無意味でした。

成田で第1号がでてから、数日後、神戸でいきなり二次感染者が出ました。
ということは、他の都市でもいきなり、感染者がたくさん出るという事態はあり得ます。

鳥型インフルエンザ対策のマニュアルを適用したのがミスでした。
豚インフルエンザは科学的に弱毒であると言われていたのに、強毒の鳥インフルエンザのマニュアルを、神戸・大阪で患者続出で入院ベッドが足りなくなって、橋下知事に言われてから、季節型インフルエンザ並みの対策に変更するとは、自公政権は慌てすぎで、冷静な対応ができず、適切な対応がとれませんでした。
選挙対策として利用しただけで、政権担当能力はありませんね。

新型インフルエンザによる国内総生産は2兆円減ったと言われています。
長引けば、麻生政権自慢の緊急経済対策は、皮肉にも相殺されそうです。

今回は冬のパンデミックの予行であり、鳥インフルエンザの準備とみると、かなりお粗末であったことが暴露されました。
医療体制はボロボロで、もし強毒の鳥インフルエンザだったらと考えると、恐ろしくなります。
小泉改革での、医療切り捨ては、国民にリスクを強いています。

投稿: 愛てんぐ | 2009/05/19 19:05

こんばんは、くまさん

舛添さんは、前から目だつことが好きでしたよね。
しかし、まだ発症しても無い、感染の段階での深夜の記者会見は、やる必要はありませんでしたね。

いくら水際作戦か知りませんが、潜伏期間を考えると無理のような気がします。
目に見えないウィルスは、いくらでも侵入しますよ。
もう、国内へ目を向けたほうがよさそうですね。

関西で大流行、そのうちには全国へ行くでしょうが、流行と言うのは所詮流行で、いつかは下火になりますから、それほど心配しなくても良いのではと思います。


投稿: まるこ姫 | 2009/05/19 19:08

こんばんは、愛てんぐさん

本当ですよね。
搭乗前に感染すれば、日本に帰ってきた時には症状は出ません。
国内に散らばって、その時に発症する。
そうなれば、水際作戦、機内検疫は無意味と言うか、効果がないと言うことになりますよ。
本当に、ウィルスはすっかりスルーしてしまいましたね。
自公政権は、アピールしたかったのでしょうが、抜けてましたね。

これからも、他の地方都市でも、たくさん発症するでしょうが、流行があれば下火にもなりますから、季節型と同じような対応で良いと思います。
メキシコ発の新型インフルエンザが日本に上陸か?と言われた時から、専門家もそんなに大騒ぎをしなくても良いと言っていたわけですから、もう少し余裕を持てば分かりそうなものですが。
自公政権は一般人と同じに、大慌てでした。
強毒性の鳥インフルエンザと同じようなマニュアルを新型に対応したのが間違いの元でしたね。
冷静になれなかったのは、むしろ政府の方でした。
これで選挙はいけると思ったのでしょうが、残念ながら危機管理能力は低かったです。

そういえば、専門化が経済損失は二兆円と言っていました。
奇しくも、定額減税と同額です。
すっかり、相殺されましたね。がっかりでしょう。

今回が、弱毒性でよかったです。
こんな事でも大騒ぎ、パニック寸前ですから、強毒性となると、この国はめちゃくちゃになりそうです。
予行演習といいますが、お粗末そのものです。
これが教訓として生かされるのでしょうか?

やはり、小泉政権下で、毎年、医療費削減何千億が今になって効いていますね。
弱者切捨て政策が、ここへ来て顕著に現われています。

投稿: まるこ姫 | 2009/05/19 19:33

まるこ姫さんこんばんわ~happy01

北米豚インフル、弱毒性の今の内に罹っておいた方が、強毒性に変異した時に免疫が出来てて症状が軽く済んだりしないもんですかねcoldsweats01
私は現在特に持病は無いもので、早めに一度罹ってみたい気もするような気すらし始めてます…happy02

投稿: いっすんぼうし | 2009/05/19 23:32

こんばんは、いっすんぼうしさん

どうなんですかねぇ。。。
前にアメリカの高校生だかが、早く移って免疫をつけるためのパーティなんかやっていませんでしたか?
弱毒性の内に移ってもらって、免疫をつけるという方法は誰もが考えそうな感じでもありますよね。

これと言って持病のない人にはいいかも。
いっすんぼうしさん、日本のさきがけになってはいかがでしょうか(笑)
あのマスゴミが押しかけますよ。

投稿: まるこ姫 | 2009/05/20 20:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/45064307

この記事へのトラックバック一覧です: 水際対策縮小へ、機内検疫終了は当然でしょ!:

» 新型インフルエンザを良い練習台に!気楽に正しく付き合うべき! [日本に迫る危機・イザ]
新型インフルエンザの事について書くつもりは無かったのですが、あまり大騒ぎしすぎなのでエントリを作ります。 リビング・健康カテゴリのエントリは初めてです。 新型インフルエンザの致死率は0.1-0.4%と言われています。0.1%だとして 患者 1000人に1人が死ぬ事になります。 B型肝炎 症状: 嘔吐や右季肋部痛、上腹部膨満感、そして黄疸など。 致死率: 劇症肝炎を発症した場合は約70% 備考: 旅行者がいちばんかかるといわれている。予防接種やってる人もいちばん多い。 地域: インド、バングラデシュほ... [続きを読む]

受信: 2009/05/22 12:15

« 新型インフルエンザ蔓延に付き一斉待機の是非 | トップページ | 水際対策縮小へ、機内検疫終了は当然でしょ!(BlogPet) »