« 新型インフルエンザ 診療拒否相次ぐ | トップページ | 河村名古屋市長が元副市長ら4人の天下りに退職勧告 »

2009/05/07

選挙カーやポスター 、.選挙活動にかかる費用は?

今、政治家の二世三世議員、世襲制度が問われているが。

”選挙に立候補すると費用はどれくらいかかるんだろう?”
言うのが、多くの一般人が抱く疑問だろう。

>衆議院選挙の場合、選挙期間は12日間と定められており、そ
の間にかかる選挙運動費用は約2300万円
その内訳は、事務員やウグイス嬢、選挙カーにかかる費用、ポ
スターやハガキの製作費など。ただし、ポスターやハガキの印
刷代と郵送料は国が支払ってくれる。

ハァ。。。2300万ですかぁ?
例え、一部は国が払ってくれるとしても、必ず必要なのは供託金
の300万円、そして選挙カーの費用も要る。
人件費も大きいだろう。

政治家を志す人たちに取って、これほどの金がかかると言うのは
やはり、政治は狭き門という事なのだろう。
政治にかかわりたいと思う人間も、初めにこのお金の高を見た
だけで、相当ハードルが高いと思うのではないだろうか。
余ほど自分に資産があるか、はたまた親のすねをかじるかしな
い限り、政治の世界とは縁がないと言うことになる。

エイッ 愛の一押し happy01

”地盤、看板、かばん” をもうすでに持っている二世や、三世議
員に取って、スタート時点から優遇されているからこそ、世間の批
判が強いのだろう。
自民党の議員の中からは、”二世、三世議員でも優秀な人は多い
のだから、職業選択の自由を奪ってはならない”
と、いかにも自
分達に都合のよい発言が相次いでいるが、名もない、一般人か
ら見ると、とても奇異に映る、
最初から、本当に政治にかかわりたいと思っている人達の職業
選択の自由を脅かしているのが、二世、三世議員達だという事に
も、なりかねないのだから。。。。。
世襲議員が政治を独占しているこの日本では、一般人の参入
が狭き門になってしまっていると言っても過言ではない。

それに今の、二世三世議員たちは選挙の時にこそ、地方へ散ら
ばって選挙戦を戦うが、普段は東京のお坊ちゃま、お嬢ちゃま達
で、何不自由なく生活をしている連中だ。
これも、すごい違和感を覚える。
地方の実情も知らない世襲議員が、選挙の時だけ地方の代表だ
とする、日本の政治。
本音と建前を使い分ける日本の政治は、私には胡散臭く感じる。

知名度の高い人や世襲議員ばかりでは、政治も劣化する筈だ。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


              愛の一押し

を切にお願いしますm(__)m  苦戦してます^_^;

にほんブログ村 ニュースブログへ  ← クリックしてね(^^)



☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪



|

« 新型インフルエンザ 診療拒否相次ぐ | トップページ | 河村名古屋市長が元副市長ら4人の天下りに退職勧告 »

コメント

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
選挙に経費がかかりすぎです。だから集票マシーンとして名前の売れているタレントを起用してしまう。バカな有権者は人気投票とばかり投票して当選してしまう。おかしな話です。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2009/05/07 19:12

まるこ姫さん、皆さん、こんばんは

日本の国会議員は特権階級になっています。
政治団体、選挙区を継承するなど、世襲候補は明らかに有利です。
お金がないか、有名でないと普通の人は、立候補はできません。
日本は立候補を制限しているのです。

政治には人材が不足しています。
多様な人材が立候補できることが、政治への活力をもたらすことです。
先進国では、政治への国民参加への障がいを取り去ることを優先しています。

スウェーデンでは、選挙費用は政党が出します。
だから、自分の名を連呼せず、政党の政策を説明します。
イギリスでも、立候補者の実費は140万円を上限に、他は党が面倒をみます。
平均すると、1人当たり300万円ほどです。
ドイツは、選挙費用は政党に国が助成します。
恐らく、欧州の先進国では国が政党に助成し、候補者はあまりお金を出さなくても良いシステムになっています。

選挙カーで名前を連呼する運動はナンセンスで、禁止すべきです。
インターネットを認めるべきです。
そうすれば、選挙費用も安くできるはずです。
選挙費用の上限1000万円くらいに定め、それ以上越えると、当選無効にすべきです。
そうすれば、知恵を使って、費用を抑えるでしょう。
費用は掛かると決めつけていては、絶対に減らせません。

供託金も高すぎ、先進国では数万円で、没収点ももっと低いです。
供託金を数万円に下げるべきです。

できれば、日本も欧州先進国にならって欲しいと思います。

投稿: 愛てんぐ | 2009/05/07 19:38

★ーーこんばんは、くまさん

なんで選挙に、何千万円ものお金がかかるのでしょう。
だから、一般人は中々、立候補できません。
ちょっとなの知れた芸能人が立候補すれば、すぐに当選する日本社会は、変ですね。
政治家になっても、政治の姿が見えてきません。

知名人や、世襲議員ばかりでは、日本の政治が劣化するばかりです。
本当に政治を志す人たちが立候補できるよう、ハードルを下げて欲しいですね。


★ーーこんばんは、愛てんぐさん

日本の政治は、特権もいいところ。
色んな特典がありすぎだと思います。
がからこそ、議員になれば偉くなったと錯覚するのでしょうが。

本当に政治に参加したい人にも立候補できるように、政治化になるハードルを下げて欲しいですね。
今のままだと、知名人か、世襲か、それとも大金持ちしか立候補できません。
こんなのおかしいです。

愛てんぐさんが調べられて先進国の選挙事情が分かるにつれ、日本の政治がいかに遅れているか、いかに4流5硫か、分かります。
民主主義国家、先進国とは名ばかりの、あまりにお粗末な政治なんですね。
国民の意識も低すぎます。

日本では、政策よりも、選挙カーでの名前の連呼、そして最後は土下座の泣き落とし、情実に訴える方式です。
これが本当に選挙と言えるのかどうか、あまりに日本的な政治の仕組みだと感じます。

>費用は掛かると決めつけていては、絶対に減らせません。

まさにその通りですね。
選挙に費用はかかるものと決め付けて、かからないようにするにはどうするかとは、誰も言いません。
費用がかかるのが前提条件にある限り、日本の政治は変わらないのではと思いますし、人員整理もしていただきたいですね。
あんなに大きなアメリカの上院議員数がたったの100人とは。。。。
>衆議院議員の定数は、480人
日本は本当に多すぎると思いますね。
本当に、何なんでしょうね、この数の多さは。

投稿: まるこ姫 | 2009/05/07 20:54

こんばんは~。
2300万円!凄い金額ですね。
だから金権政治になるのですね。
日本の政治は、まず入り口からして金がかかる。その時点で制限してると言えるでしょう。
職業選択の自由なんて言えるのか、と思いますよね。

投稿: something | 2009/05/07 21:24

まるこ姫さん こんばんは
~ 右を見ても、左を見ても~ ~ ~
・ と ・ の~ ~ なんて言う 歌があったよね?
なんてシアワセな人が多いんでしょう?
我が国の脳天気な国民性はどう育ってきたんでしょうね?

投稿: ゲン | 2009/05/07 21:59

★ーーこんばんは、somethingさん

一般国民は、全く手が出ないですね。
政治家になるのは、高嶺の花です。
金がかかるからこそ政治家になった場合、取り戻そうと
色んな所で奔走するのでしょうね。

入り口のハードルが異常に高いというのは、異常に感じます。
政治が、もっと身近にならなければある特定の人たちだけのものになってしまいます。
本来なら、政治と生活は密着しているのですから誰もが立候補するような仕組みにして貰わなければ、雲の上で政治がなされている感じになってしまいます。
ますます、乖離してしまいますね。


★ーーこんばんは、ゲンさん

日本人の特性としては、”赤信号、皆で渡れば怖くない” なんですね。
突出するのを異常に嫌います。
枠の中に入っていれば、安心と思う人がほとんどですね。
政治に関しては特に、自分の頭で考えない。
メディアの大宣伝に載せられる人が、とても多いのが
気にかかります。
国民が自分の頭で考えるようになれば、政治も変わると思いますけどね。

投稿: まるこ姫 | 2009/05/07 22:23

選挙にお金をかけれない制度にするばいいと思う。
条件は候補者に平等。
低額の選挙用供託金以外は国が費用を持つ。
政治家の給与は最小限かボランティア。
政治にお金をかける、選挙にお金をかけるのは、お金持ち優遇、世襲のための制度にも思える。
そして政治家を減らすことは、ますます官僚支配につながる危険が多い。
国民の生活考えるための優秀な人材を多く国政に送る、
こういう選択をする国民と制度が必要だと思います。

投稿: scotti | 2009/05/08 12:07

まるこ姫さん、皆さん、こんばんは

scottiさんの仰るとおり、政治家を減らすことは、ますます官僚支配につながる危険が多い には賛成です。

欧州の先進国では、議員の数は多いです。
イギリス、イタリア、フランスは人口当たりの議員数は3倍前後、ドイツで2倍弱です。
自民党が直ぐに引き合いに出すアメリカは日本の1/3と議員数は少ないですが、社会民主主義的な欧州の先進国は日本より圧倒的に議員の数は多いのです。
しかし、議員報酬はイギリス、ドイツ、フランスは1000万円以下と日本の1/3強です。

日本は議院内閣制で、官僚を押さえ込む上でも、議員が行政のトップに多数送り込むことが必要に思います。
官僚内閣制を打破し議院内閣制を取り戻すため、政権党議員の半数、200人くらい送り込むためにも、議員の数は減らすことに重点を置くべきではないと思います。

議員報酬は、河村名古屋新市長が実践するように800万円、大借金国家の議員として、ピッタリではないでしょうか。
議員歳費は1/3になります。

投稿: 愛てんぐ | 2009/05/08 14:19

★ーーこんにちは、scottiさん

>低額の選挙用供託金以外は国が費用を持つ。

本当にそうですね。
供託金くらいは立候補者が持つとして(冷やかしでない証拠に)、後の選挙にかかる費用は国で持ってほしいですね。
そうすれば、資金の面だけでも平等になります。
それでも二世三世議員から比べると、ハンディがあるのですから。
今の議員はプロ化していますから、本当に私達の実情を知る人たちに、政治に参加して欲しいと思っています。
二世三世では、私達の受け皿にはなりえませんから。

国民の方も、本当に政治とは何かを考える事も必要でしょう。
生活を嘆く前に、自分の頭で考えてちゃんと投票をすることだと思います。


★ーーこんにちは、愛てんぐさん

>政治家を減らすことは、ますます官僚支配につながる危険が多い には賛成です。

私は、議員が少ないほど歳費も減らせるし、国会で議員が寝たり、遊ぶ暇がなくなると思っていましたが、そういった面もあるのですね。
官僚は狡猾です。
議員が少なくなれば、官僚に余計に操られる負の可能性もあるわけですね。
なるほどと思いました。

その分、議員の報酬を減らせば良いと。
それで歳費が3分の一になれば、議員改革にはなりますね。
とにかく、国の大借金を考えると議員達には崇高な使命感や、ボランティア精神で政治に望んで欲しいです。
悲しいかな、プロ化している現状では議員の抵抗が一番大きいでしょうけど。

投稿: まるこ姫 | 2009/05/08 17:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/44932097

この記事へのトラックバック一覧です: 選挙カーやポスター 、.選挙活動にかかる費用は?:

« 新型インフルエンザ 診療拒否相次ぐ | トップページ | 河村名古屋市長が元副市長ら4人の天下りに退職勧告 »