« 厚生(BlogPet) | トップページ | 選挙カーやポスター 、.選挙活動にかかる費用は? »

2009/05/06

新型インフルエンザ 診療拒否相次ぐ

日本の医療機関よ、もっと冷静になれと言いたい。

>新型インフルエンザ感染国への渡航歴がなく、感染の可能
性が低いにもかかわらず、発熱を訴える患者が病院から診察を
断られるケースが相次いでいることが・・・・
>2日朝~5日正午までに計92件に上り、大学病院が断ったケ
ースもあった。

政府やメディアが、新型インフルエンザがいかに危ないか、毎日
夜を徹して(笑)宣伝した結果、日本の医療機関が過剰反応して
いる。
今回のインフルエンザA型から枝分かれした新型インフルエンザ
は、メキシコで突然変異をし、豚から人に移る新型になったとして
海外からそのウィルスが入ってくるからと、心配されているものな
のに、渡航歴もなくただの季節方インフルエンザ患者に対しても、
異常な拒否反応を示していると言う。
100歩譲って、新型は恐ろしいと間違ってインプットされていたと
しても、渡航歴がないと言う時点での拒否は、いかがなものか。
個人的には、渡航歴があっても差別して欲しくないし。

医療従事者は、一般人よりも、病気に対しての理解が充分にな
されていると思ったら、そうでもないらしい。
なんでなんだろう・・・・・・

エイッ 愛の一押し happy01

従来は、豚から人へは移ることはなかったと言う。
が、豚から人へと感染したと発表されたと同時に、日本中と言う
か特に、政府、メディアは浮き足立たなかっただろうか。
まずは、豚から人へと移る、従来なかったことが起きた。
報道は、人から人へと移るうちに、スペイン風邪のように教毒性
になり世界中では、何百万人もの死者が出るのではないかと、
過去の例まで持ち出して、過大に恐怖を煽って来た。
私でも、”何百万人”と言う所は、非常に恐ろしかった。

政府も、A型で、新型の疑いがあるとした時点で、深夜にもかか
わらず、舛添厚労大臣が興奮して会見をしていたし、横浜市との
齟齬があったとして、責任のなすり合いまでしていた。
メディアは誇大報道をし、政府も過剰反応をすれば、医療関係も
浮き足立つのか。。。。。

一報から、何日もたち冷静になると、新型と言えども、今のところ
弱毒性で、感染しても従来からの季節性インフルエンザと同じよ
うな対応で、充分治療できると分かってきた。

医療機関は、その事を踏まえて冷静に対応して欲しい。
早く治療すれば、早く治癒し、遅れれば遅れるほど、他への感染
も強まり、症状も悪化すると言うのは基本中の基本だろうに。
煽り立て、煽り立てられて、本当に人の為になるとは思えない。。

しかし、インフルエンザの疑いがあるだけで診療してもらえない
この国って、どこかおかしくないか?


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


              愛の一押し

を切にお願いしますm(__)m  苦戦してます^_^;

にほんブログ村 ニュースブログへ  ← クリックしてね(^^)



☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪



|

« 厚生(BlogPet) | トップページ | 選挙カーやポスター 、.選挙活動にかかる費用は? »

コメント

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
本当におかしな病院です。
過剰反応でしかありません。
厚生労働省も通常のインフルエンザと同様にもう対処して良いはずです。
TamifluもRelenzaも効くのですから。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2009/05/06 19:24

まるこ姫さん、皆さん、こんばんは

ゴールデンウィークで感染国から帰ってきた旅行者が言っていました。
向こうではマスクを付けている人は居なかった、日本の空港でだけマスクをした、外国はもっと冷静だったという言葉がよく日本の異常さを表しています。
日本だけ、どんな人にでもタミフルを使用することも、根っこは同じです。
頭で考えずに、政府やマスコミが出す情報を鵜呑みに、流れに遅れないよう、一つの方向に走り出す国民性は異常です。
パニックになる日本の国民性こそ、危険に思えます。

新型と季節型でどちらの方が可能性が高いかというと、発生数からみても新型の確率は極めて低く、ほとんど季節型と言えます。
それを新型の疑いという公表は、不安を煽るだけ、新型と分かってから公表すべきです。

北米だけでなく、イギリスやスペインでも流行りはじめたようで、時間の問題です。
水際で食い止めるのは限界になるでしょう。
流行したことを想定した対策に重点を置くべきです。

健康な人はタミフルが無くても、自己免疫力で治ると思います。
新型でタミフルを使いまくると、また耐性菌が生まれてくるリスクが高まります。
そうなると、弱者が危険になります。
大多数の健康な人の症状の時間を減らすために、弱者を危険に晒すことになるのです。
欧米のように、タミフルは重症になりそうな患者だけに投与すべきです。

インフルエンザの診療拒否をする医療機関が増えてきているのは、許せません。
命を守るのが使命の医者が敵前逃亡するなんて、医学教育はどうなっているのでしょうか。
医術より算術を重視しているからでしょうか。
医師の数が少なくなっているのも、大きな要因ですね。
この要因は、小泉改革による医療費削減政策の結果です。
小泉元首相が、セイフティネットを外したため、大不況やインフルエンザ等により、弱者を見殺しにする脆弱な社会構造が顕在化しました。
小泉元首相たち自公政権が、如何に、リスクに弱い国にしてしまったことか、よく分かりました。

投稿: 愛てんぐ | 2009/05/06 19:31

こんばんは、まるこ姫さん。

受信拒否した医療機関がどのような形態なのか確認する必要もあると思います。大きく括れば。総合病院なのか、個人開業の町医者なのかというような区別です。

地元の信頼を得ている個人病院であれば、受信拒否の対応にも「まずは、電話相談を利用してほしい」と患者本人と受け持つ人たちのすべてを考えての行動が行われていると信じたいです。

医者不足の世でも、実際には個人開業の医者は多いらしいです。
実績や自ら貯めた開業資金がなくても親からの援助で開業できる医者がいます。すべてとは言いませんが、本来の使命を自覚しないまま、医者としての仕事をしている人たちの問題だと思います。
レイシックでも医療事故がありましたよね。

本来は、厚生大臣やその下で働くいわゆる高級官僚の人たちの想像力の問題だと思います。
日本人すべての人たちへの医療をどうするかから行動しているのではなく、選挙対策や責任問題が頭をかすめている
結果だと思います。

今回の騒動は、これからが本番です。

投稿: あおきん | 2009/05/06 19:53

★ーーこんばんは、くまさん

医療従事者は、一般人よりも医療に関しては詳しいわけですから、どれほどの危険性のものか分かると思うのですが、いかにも過剰反応ですよね。
私達にでも、新型と言っても、A型インフルの枝分かれしたもので、治療法にしても季節性インフルとさほど変わりのないものだと思いますから、そんなに心配するほどのものではないと分かります。

今までのインフルエンザと同等に扱って欲しいです。
それほど、危険性があるとは思えませんから。


★ーーこんばんは、愛てんぐさん

ゴールデンウィークが終わり、続々と帰国ラッシュですが、疑惑をもたれた人も今まで全部が全部、白でした。
もう、犯人探しはやめてほしいです。
世界を見ても、日本人の清潔好き、マスク好きは異常とも思えるほどです。
どこの国でもマスクをしている人の方が珍しい状態で、あんなに騒いで取材をしているのを見ているほうが恥ずかしくなるほどです。
ニューヨークでも、全くマスク姿の人がいませんでした。
日本の常識は世界の非常識と言っても良いほどです。
これだけ、一方へブレる、政府、メディア、そして国民。
異常でもあるし、恐ろしくなります。

疑惑の段階で、これだけ大騒動するよりも、入ってきたときの事を想定して対応を考えた方が、余ほど有意義だと思います。
しかし、タミフルを使用する率は日本が世界一だと言いますから、これもなんだか異常のような気がしますが。。。。
そのうちには、耐性ができ、効かなくなる恐れも十分ですね。
やはり、使いすぎの感がありますね。
日本人の特性を見事に表わしてはいますが。。。。

私達一般素人でさえも、季節型インフルエンザと同等に扱えばよいのにと思っているのに、医療に詳しい専門家が何で、あんなにパニックになっているのでしょうか。
冷静に受け止め、対策をした上で来るもの拒まずで、診療するべきだと思います。
適切な対処で、大感染は防げると思います。

小泉改革で、年々医療費削減してきたツケが今、来ていますね。
小泉さんの改革の方向性は弱者へ厳しくでした。
国民に痛みに耐えてくれといいましたが、自分達議員や、官僚には何の痛みもない改革なんて、真の改革と言えるでしょうか。

それでも、麻生首相のバラマキによって、ありがたがる国民も増えましたから、何をか言わんやですが。

投稿: まるこ姫 | 2009/05/06 20:20

こんばんは、あおきんさん

そうですね。
全部1くくりとは行かないとは思います。
個人病院の場合、風評被害にもなりかねませんから、拒否する場合もあるでしょう。
まずは電話で相談とは思います。
公立病院の場合は、やはり拒否しては欲しくありません。
いくら患者数が違うとはいえ、公立なんですから患者はわらにもすがる気持ちもあると思うのです。
それが拒否したとなると患者はどこを頼ってよいのやら。。。。

医療の世界の、既得権益もありますから二世三世となる場合も多いでしょうね。
しかし、これも腕が頼りですから駄目と烙印が押されたら経営も成り立つかどうか。
そうなれば、経営者の道を選択するのでしょうが。
そういった人たちには使命感よりも経営術あるのみですけど。

>厚生大臣やその下で働くいわゆる高級官僚の人たちの想像力の問題だと思います。

私もそう思います。
この国をどういう国にしたいのか、するのか、その想像力が欠如しているからこそ、今のこの医療が貧困な国になったのだと思います。
まさに、私達国民に取っての医療とかではなく、自分達のことしか考えが行かないのだと思いますし、思われるような行為があるからこそ、医療に対しての不信感が募っているのでしょうね。

投稿: まるこ姫 | 2009/05/06 21:34

病院てのは一般の人よりもはるかに免疫力が低下した人が山ほどいる場所で、そこで豚インフルエンザが蔓延したら本気で多くの死者が出かねない。
単なるインフルエンザで熱がある程度なら過剰反応せずに帰って寝ていてもらうのがいちばんと考えるのが合理的かと・・・

投稿: gt | 2009/05/06 21:50

「諸君、担当医は、院長命に背き患者の診察を放棄した。受け入れ態勢がないから医療は出来んと言って患者の診察を勝手に断りよった。これが病院か。病院は受け入れ態勢がなくても受け入れをしなければならないのだ。検査キットがない、やれタミフルがない、リレンザがないなどは診察を放棄する理由にならぬ。

(中略)

担当医には応召義務があるということを忘れちゃいかん。病院は公立である。市長が守って下さる・・・」

以下、訓示は一時間以上も続いたため、当直明け通常勤務後の残業の連続で、抵抗力の落ちている医師がウイルスに罹り、病気で抵抗力の落ちた入院患者および外来患者に伝染する事態となった。

…。
……。
………。

感染者や感染者疑いを受け入れる、院内感染を防ぐための態勢が整ってないのに、「応召義務云々」で無理に患者を受け入れたら、院内感染が起きて「病院自体が感染源」になってしまう危険性があるんですけどね…。

感染者を受け入れるための準備が整っている「発熱外来」ならともかく、検査キットも無い、リレンザが無い、タミフルも無い、院内感染を防ぐための設備も整えられてない一般病院では、患者を受け入れられなくても仕方がないと思いますよ。

一般医療機関の現状はこんな感じです。

●タミフル・リレンザは既に出荷制限がかかっており現在は指定病院にしか入荷されない。各病院におけるそれらのストックも(当然ながら)万全ではない

●インフルエンザ検診キットは消費期限が短く、この時期に一般医療機関におけるストックはまずない。もし追加生産されても、それらは指定病院や検疫機関へ最優先に出荷される為、一般医療機関には入荷されない。

上記のように受け入れ体制が不充分な一般医療機関にてそのような患者を受け入れ、新型インフルエンザによる集団院内感染が発生したら誰が責任を取るんでしょうか?

投稿: 都筑てんが | 2009/05/07 01:02

毎年、既存のインフルエンザで死ぬ人の数は世界で25万人~50万人だそうです。
一ヶ月で最低2万人超の死者が出ていることになります。
それに比べて豚インフルエンザの危険性はどうでしょうか?
初期のメキシコでの死者数200人も訂正されて、現在は42人、世界全体でも100名にも満たないのかも知れません。
それで、WHOも既存のインフルエンザのワクチン製造を豚インフルエンザ用に転換することへの疑問さえ示しています。
今回の豚インフルエンザの危険性は、これまでのインフルエンザと比較しても、テレビが警告するほど、心配することはないと思えます。
テレビの映像にマスクをしている外国の状況がよく出ますが、周りの人はマスクもしていない状況で、マスクをしている人だけ映し出す手法にも疑問を感じます。
それとタミフルの効用と副作用については、各自が調べて必要なのか?確認したほうがいい、と私は思っています。
効果とリスクを今のテレビ新聞では知ることは出来ません。
小児では特に、脳に働き、突然死するリスクを見落としてはいけません。
危険を承知した上での使用判断ならいいのですが・・・
知らなかったで、少年や小児、乳幼児に起こった悲劇をくり返さないで欲しいと願っています。

投稿: scotti | 2009/05/07 08:56

はじめまして、管理人さま:
管理人さまや常連の皆さまの発言を拝見すると、
「また医療機関を悪者にしたマスゴミの飛ばし記事で煽られているよ」
と思えてなりません。
もちろん、一番悪いのはマスゴミですがね。

医療系では一番のブログです。今回の一連の騒動の裏側について書かれています。ぜひご覧ください。

http://d.hatena.ne.jp/Yosyan/20090507


もうひとつ。

結局、今まで国民は「医療には無駄が多い。医療費はもっと削減するべきだ」とマスゴミに洗脳されてきて、実際に医療費が削られてきました。その結果がこれなのだと思います。

無駄を削る = 冗長性が失われる

つまり、無駄をなくすこととは、いざという時に対処が出来なくなることでもあるのです。
警察署も消防署も火事・事件・事故がなく暇にしている時間があるからこそ、いざという時に総動員して対処することができるのです。

お金は払わないくせに文句ばかり付ける国民性をなんとかしてほしいものです。

投稿: ぴん | 2009/05/07 13:25

★ーーこんにちは、gt さん

病院は、病原菌が蔓延していると言うのはわかります。
私の知人も、院内感染で死亡しましたから。
インフルエンザ程度と言いますが、インフルエンザか風邪かの診断はして欲しいわけですから、一度は病院に行き、診断をしてもらい、適切なお薬を貰う必要はあるでしょうね。
後は、むやみに出歩かない、安静を保は基本中の基本だと思います。


★ーーこんにちは、都筑てんがさん

てんがさんの言われる事が過剰反応ではありませんか?
病院が少なくなったのは政府の方針です。
医療費を年間何千億円も、削減してきた結果ですから。

新型インフルエンザを特殊の病気だと思っていたら、過剰反応もしますが、季節型インフルエンザと同程度という事なら、それほど恐れる事もないでしょう。
どんな病気でも、必ず死亡する人はいます。
それが多いか少ないかだけです。
季節型インフルエンザでの死亡例は、今の新型インフルエンザよりもはるかに多いです。

私は、町の医院で診察をして貰い、B型インフルエンザと判定されました。
タミフルを処方されて、症状は劇的に改善されました。

マスクや、手洗いで、院内感染をそんなに恐れる事もないし、検査キットが全くないと言うのも、タミフルが病院にないと言うのも、にわかには信じられないです。

>新型インフルエンザによる集団院内感染が発生したら誰が責任を取るんでしょうか?

不幸にして、そういう結果になっても一生懸命治療を行った結果なんですから、責められないと思いますが。
一時、結核が院内感染した例もありましたが、責められたでしょうか?

投稿: まるこ姫 | 2009/05/07 17:05

こんにちは、scotti さん

私も、scottiさんの意見に賛成です。
新型、新型と大きく騒ぎますが、季節型のインフルエンザの方が、余ほど被害が大きしし、死者の数も多いです。
メディアでは、世界で1000人とか、2000人とかが感染したといい、煽り続けていますが、今回の新型インフレエンザは、A型インフルエンザの枝分かれだと考えた方が早いかと思います。

日本で報道する場合、マスク姿が目に付きますが、感染者が何十人も出たとされる高校でも、マスク姿の人間はごくわずか、それにもう授業が行われています。
日本だけは異常に騒ぎますが、水際作戦と言っても、そのうちには上陸するのだと思います。
その時に、どれだけ冷静な対応を取れるか、どのような対策をするかという事でしょうね。

>それとタミフルの効用と副作用については、各自が調べて必要なのか

それはその通りですね。
医師の処方する薬を選択するのは、患者側です。
医師も、リスクを伝えたうえでの処方をするべきだと思いますから。

投稿: まるこ姫 | 2009/05/07 17:17

こんばんは、ぴんさん

煽られていませんよ。
医療機関の方が、メディアのよる情報操作と言うか、あまりに新型は怖いと言うような構図に煽られているのではと思います。
新型と言っても、A型インフルエンザの枝分かれしたものだし、それも弱毒性で、季節型インフルエンザの方が余ほど感染者も多く、死者も多いというのを、初めから失念していると思います。
そして煽られた結果、新型インフルエンザ第一号を収容した病院と言うレッテルを貼られるのを恐れているようにも感じます。
そして、風評被害を恐れているようにも感じます。

従来どおりのインフルエンザを、どこの病院が拒否したでしょうか。
従来型を拒否すれば、私達は見てもらえる医療機関がなくなります。
今まで、町医者で判断されたものが、新型が入ってきたからという理由で、なんで拒否されなくてはいけないのでしょうか。
手洗い、うがい励行、人に移さないためのマスクで、そんなに恐れる病気ではないと思いますが。

>今まで国民は「医療には無駄が多い。医療費はもっと削減するべきだ」とマスゴミに洗脳されてきて

ここに集う人たちは、マスゴミに洗脳されてもいませんし、そういった論調を批判してきた人たちばかりです。
この記事一つを取って、結論付けないでいただきたいです。

>お金は払わないくせに文句ばかり付ける国民性をなんとかしてほしいものです。

無駄なお金は払いたくありませんが、適材適所に使われるお金は厭いませんが。
文句ととらえるか、権力者批判ととらえるかは、その人の感性の問題だと思いますが。

投稿: まるこ姫 | 2009/05/07 18:31

医療機関には免疫不全の方もいらっしゃいます。
(AIDSだけではなく、抗がん剤投与中、先天性免疫不全症候群なども含めて)

ではもし、発熱の方が来院されるのであれば、そういう免疫不全の方はどちらの病院に受診すればよいのでしょうか?

発熱の方ばかり、`俺は患者だ’とおっしゃるようですけれど、その方のために受診できなくなる人々が存在することを忘れないでください。

もしひとつの機関病院に新型インフルエンザが発症したら、その時点でほぼその機関病院が機能しなくなります。
(マスコミの風評も含めて)
その機関病院受診の方々が別の病院を求めて、移動します。その別の病院は余裕がある病院ではありません。
そうやって次々と崩壊へのステップを踏むような気がしてなりません。

投稿: 一言だけ。 | 2009/05/07 19:24

こんばんは、一言だけ。さん

あれ?
医療機関って、発熱患者は受け入れられないのですか?
知りませんでした。
発熱患者が来院すれば、免疫不全の方は生きていけないのでしょうか?
即、病気が進行するのでしょうか?

>、`俺は患者だ’とおっしゃるようですけれど

何も、そんなごたいそうなことは言っていません。
新型と言っても、季節型インフルエンザとそれほど変わりがないのですから、冷静に対応できないのかと言っているだけです。
マスクをして人に移さないように充分気をつけても駄目だとすれば、どこで受診すれば良いのでしょうか?
発熱は、風邪の場合もあるし、一概にインフルエンザとは言えません。
まずは検査をしなければ、何の病気か断定できないのではと思います。

>新型インフルエンザが発症したら、その時点でほぼその機関病院が機能しなくなります。

何で、新型インフルエンザを死の病のように思われるのでしょうか。
季節性インフルエンザの方が余ほど死亡例が多いです。
機能しないとしたら、メディアの過剰報道や、風評被害です。
次の病院へ行くという事は、人が浮き足立ち冷静さを欠くからだと思います。
新型インフルエンザの正しい情報を、メディアは伝えるべきです。
何度も言いますが、新型インフルエンザと季節型インフルエンザは、同等だと思います。
忌み嫌う必要はありません。

投稿: まるこ姫 | 2009/05/07 19:53

まるこ姫さん、皆さん、こんばんは

新型インフルエンザには20歳未満が50%と多く、60歳以上は殆ど罹っていないそうです。
60歳以上は若干抗体反応があるため、昔流行って、似たタイプのインフルに罹ったことがあるため免疫があるのではないかと言われています。
未熟なウイルスは若い細胞で増えやすいので、若年者が罹りやすいそうです。
だんだん分かってきて、恐れるに足らずですね。

投稿: 愛てんぐ | 2009/05/07 22:34

管理人様:

>そして煽られた結果、新型インフルエンザ第一号を収容した病院と言うレッテルを貼られるのを恐れているようにも感じます。
そして、風評被害を恐れているようにも感じます。


違います(キッパリ)
そもそも今回、厚生労働省は当初、

「豚インフルエンザの可能性がある人は むやみに 一般の医療機関を受診せずに、まずは発熱相談センターに電話で相談し、『発熱外来』を設置している医療機関を自家用車で (公共交通機関ではないです) 受診してもらうべきである」

としていたのです。
(厚生労働省のこの判断を批判するつもりはありません。むしろ適切な処置です。インフルエンザは感染力が非常に高いので、可能な限り他人との接触を避けるのは大事ですから)

この方針に従えば、豚インフルエンザの感染が懸念される人から一般の医療機関に問い合わせがあれば、当然 発熱外来 を受診してもらうように説明するのは当然でしょう。


ちなみに、その発熱外来を設置した医療機関では、高度な防護設備が防護用品が必要ですが、これがかなり費用がかかる。(マスクひとつとっても高額です。激安の診察報酬ではマスクひとつ購入したら消えてしまいます。)
この莫大な費用をだれが負担するかといえば利用者・政府ではなく当の医療機関です。ただでさえ診療報酬が削減されて収支が大幅に悪化しているにもかかわらず、そんな費用を負担する余裕などありません。ですから、発熱外来を設置する医療機関が少なかったのです。

また、発熱外来を設置した医療機関としても、正直なところ「疑い患者」を引き受けるのは嫌でしょうね。その一人のために完全防護して診療に当たらなければいけませんから。費用・院内で発生する混乱を考えれば。

豚インフルエンザの可能性が低ければむしろ普通のインフルエンザとして一般の医療機関で診療してもらいたい、という心理も分からなくはありません。


私が医療費の問題だ、といった意味がお分かりいただけたでしょうか?

投稿: ぴん | 2009/05/08 06:26

追記:

>>お金は払わないくせに文句ばかり付ける国民性をなんとかしてほしいものです。

>無駄なお金は払いたくありませんが、適材適所に使われるお金は厭いませんが。
文句ととらえるか、権力者批判ととらえるかは、その人の感性の問題だと思いますが。


「後出しじゃんけん」で言われても困ります。
小泉改革真っ只中の時期に、「医療費を増やすべき」と言う非医療従事者にお目にかかったことがありませんでしたが。
日本医師会が「医療費を削減すると医療崩壊が起きる」と訴えても、一般の論調は「どうせ自分たちの高額な収入が減るから言っているのだろう?政府はどんどん医療費を減らせよ」と言っていました。
(本当は諸外国と比較しても全然医師の収入は高くないのに。。。旧国立病院の給料なんて月額20万程度。それで24時間365日働かされますからね)

もしかして、管理人様はあの当時から先見の明があって、

「医療費は減らすべきではない。このまま増額するのはやむを得ない。いや、諸外国と比較する安いからもっと増やすべきだ」

とお考えだったのでしょうか。それならこちらの勘違いですが。


ちなみに、
>>無駄なお金は払いたくありませんが

この一見無駄なお金が大事なのだと思います。これこそ「冗長性」なのです。この冗長性がないから、今のような 咄嗟の時に対策が取れないのです。

今まで無駄なものとして削ってきた結果がこれなのだと思います。

そもそも、火事がなくて消防署員が待機している時間が無駄だと思いますか?
医療現場ではそういうものまで「無駄」と判断されて削られてきたのです。
(日本の医療従事者の勤務は無駄が多い、とされていた以前であっても、諸外国と比較すると過酷でしたが)

>>今まで国民は「医療には無駄が多い。医療費はもっと削減するべきだ」とマスゴミに洗脳されてきて

>ここに集う人たちは、マスゴミに洗脳されてもいませんし、そういった論調を批判してきた人たちばかりです。
この記事一つを取って、結論付けないでいただきたいです。


いいえ、最初のエントリーを見れば洗脳されているのがわかります。というか、自分の知識のない範囲であれば、だれでもマスゴミに洗脳されても仕方ないと思います。
私だって自分の守備範囲以外のことになるとマスゴミに洗脳されますもの。

洗脳されないためにネットで相反する情報を集るべきなのですが。

非は非として素直に認めるのも大事かと。

投稿: ぴん | 2009/05/08 06:45

もうひとつ。

今回のこの騒動はゴールデンウィークに起きています。休日に完璧な診療体制を望む方が間違っています。医療従事者だって休んでいますから。

もしそのような完璧な診療体制を望むのであれば、国と国民は莫大な医療費(税金・保険料)を支払う覚悟が必要です。反対にそのような覚悟がなければ、ある程度の診療制限を受け入れる覚悟をもっていただきたいです。

投稿: ぴん | 2009/05/08 06:50

おはようございます、びんさん

色々と反論すべき事は沢山ありますが、反論すればするほど、一語一句を取っての批判が二倍三倍になりますので、もうこの辺で打ち切りたいと思います。

私は、素人なりの”独り言”でして、専門的な知識もありませんが、それでも私の疑問や、権力に対しての批判も含んでいます。
それは、終始一貫しています。
今に始まった事ではないことを、お断りしておきます。
が、ずれている記事を書く時もあります。
それでも、それが私自身なのですから、小さい人間という事ですね。

私の拙文にわざわざ、それを全部否定されるようなコメントを下さらなくても、ご自分のブログで主張される事を進言いたします。
前にも違う方から、執拗に批判を受けました。
何を書いても平行線をたどるようなコメントの応酬は疲れます。
それで貴重な時間の大半を取られてしまうのも苦痛です。
文責は当方にありますが、どの記事も個人的に非難中傷をしては
いないとの自負はあります。

医療関係者のように感じられる、びんさんのコメントですが
このような弱小ブログに寄せられるより、力の大きなブログなり、厚生労働省等、権力者へ投稿されてはいかがでしょうか。

投稿: まるこ姫 | 2009/05/08 07:25

おはようございます、愛てんぐさん

今度の新型インフルエンザは、10代の患者が圧倒的に多いそうですね。
当初、日本で発表されていたのは、なんだか分からない未知の生物のような、むやみに恐怖を煽るような物でしたが、正確な情報が出てくるにつけ、今のところ、そんなに恐ろしいウィルスでもなさそうです。

政府のトーンも、相当弱まっているように見えます。
今回の感染者疑いの全部が、季節性ですから、季節性インフルエンザがいかに、多いというのが良く分かります。
政府、報道は、あまり煽り立てないで欲しいですね。
あの、物々しい防護服は何とかならないのでしょうか?

投稿: まるこ姫 | 2009/05/08 07:59

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/44920781

この記事へのトラックバック一覧です: 新型インフルエンザ 診療拒否相次ぐ:

» 牟田口コピペ・インフル編 [ぷにっと囲碁!なブログ]
■薬も検査キットも無いのにどうしろと? 発熱で都内の診察拒否92件=新型インフルに過剰反応?−都まとめ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090505-00000082-jij-soci 5月5日18時14分配信 時事通信 新型インフルエンザへの感染が世界的に拡大する中、東京都内の一般病院で、発熱の症状があるだけで診察を拒否したり、出勤の際に非感染の診断書の提出を求めたりする、過剰反応とも言えるケースが続出していることが5日、東京都のまとめで... [続きを読む]

受信: 2009/05/07 22:07

« 厚生(BlogPet) | トップページ | 選挙カーやポスター 、.選挙活動にかかる費用は? »