« 疑いの段階での政府の過剰反応と過剰報道 | トップページ | 厚生(BlogPet) »

2009/05/05

「首相に相応しい人」のトップが小泉の摩訶不思議

あらららら。。。日本人の意識ってこんなものだったのね?

>読売新聞社が実施した面接方式の全国世論調査(4月25~
26日)によると、首相に最もふさわしい国会議員のトップは小泉
元首相14・8%、2位は舛添厚生労働相9・0%で、前回(3月
14~15日)と同じだった。

小泉さんの人気は、相変わらず根強い。。。。
前の衆議院議員選挙では、自民党をぶっ壊すとたんかを切り、自
民圧勝を導いた。
それからというものの、国民はまるで深い催眠術にかけられたよ
うに、小泉さんが大好きなようだ。
小泉さんが、国民に痛みに耐えてくれとお願いしたら、官僚や議
員には何の痛みもなく、国民だけに痛みがどか~んと来ているの
にもかかわらず、首相に相応しい人のトップが、小泉さんだって。
そして、次の衆議院選挙には、息子に地盤を譲ると、宣言をした。
自民党をぶっ壊すと言い切った張本人が、今、盛んに話題になっ
ている世襲の弊害になんら言及せず、真っ先に恩恵に預かる。
こんな自分に大甘の虫の良い政治家が、首相に相応しい人、トッ
プとは。。。。。

国民はどこを見ているのだろう。
小泉さんのどこが首相に相応しいと思ってトップに上げたのだろう。

エイッ 愛の一押し happy01

一方、同じ面接方の世論調査では、昨年の今ごろに比べて暮らし
向きは苦しくなった」という人は54%もいた。
>前回2006年12月の25%から急速に悪化した。

小泉改革は、本当に国民のための改革をしてきたのだろうか?
苦しくなったと、国民が考える今の生活は、全部が全部小泉さん
の改革のせいとは、言わないが、それでもその一端を担って来た
と考える人は多いだろう。
医療は崩壊寸前、雇用はセーフティネット無しに規制緩和をし
過ぎ、今や、失業者が巷にあふれかえっている。
郵政改革も、国民のための改革になっているのか、まだ検証す
ら、されていない。
まぁ、この国の官僚にしても首相にしても、どれだけやりたい放題
で、国民に損失を与えても誰も責任を取る人間がいないんだから、
気楽と言えば気楽だよなぁ。。。。。

と言うわけで、自分の頭で考えない国民は相も変わらず、ムード
に酔い、威勢の良い言葉に幻惑されて、未だに小泉待望論が、
根強いんだってさ!
14兆円だかのあの大盤振る舞いが功を奏して、政策が良いか
らと、内閣支持率が上がり続ける、国民性だもの。
仕方がないかもしれない。
首相に相応しい人の3位が麻生さんと言うのも、笑ってしまう。
今まで酷評は、どこへやら・・・・・
自分の頭で考えない国民性だから流されやすいのかも知れない
が、政権与党に取っては素晴らしい国民性だろう。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


              愛の一押し

を切にお願いしますm(__)m  苦戦してます^_^;

にほんブログ村 ニュースブログへ  ← クリックしてね(^^)



☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪




|

« 疑いの段階での政府の過剰反応と過剰報道 | トップページ | 厚生(BlogPet) »

コメント

こんばんは~。
つまり、1位コイズミ、2位マスゾエ、3位アホウってことですか(笑)最強のトリオです。
情けないことですねぇ。

唯一救いは、読売の調査だってぇことですか。
つまり、いい加減(笑)。

投稿: something | 2009/05/05 18:22

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
本当に何を考えてアンケートに答えているのでしょうか。
馬鹿なものです。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2009/05/05 19:26

まるこ姫さん、皆さん、こんばんは

国民の3割ほどが、馬鹿といえますね。
小泉弱者切り捨て改革で製造業の派遣を解禁したため、、大不況で大問題になったのが派遣切りです。
新型インフルエンザでは、小泉改革で医者を減らしたため、発熱外来体制が整いません。
大企業優遇で輸出依存を強めたので、欧米に比べて、最も影響を受け、最も不況になりました。
あれもこれも、小泉元首相の責任です。
それがどこ吹く風のようにだんまりを決め込み、次男に世襲を譲る、とんでもない人間です。
弱者は切り捨て、強者は甘い汁を吸う、そのシンボルです。

国民の多くが馬鹿、大人しすぎますね。
大人と書いて、大人しい。
何も文句を言わず、ひたすら堪えて我慢する、それが大人とする日本文化に問題ありです。
アメリカにヘイコラするが、韓国や中国に偉そうにする。
強者には従順ですが、弱者は虐げる、これも国民性でしょうか。
小泉元首相のように、強腰で言われるものにヘイコラする、Mの体質があるのでしょう。
そんな考えでは、赤紙1枚で命を捨てることになるでしょう。


投稿: 愛てんぐ | 2009/05/05 20:28

★ーーこんばんは、somethingさん

>位コイズミ、2位マスゾエ、3位アホウってことですか

ハイハイ、そうなんですよ。
最強トリオですよね、パフォーマンスが大好きなね(笑)

ヨミウリ、や、サンケイ、フジ、は信じられないトリオですね。
最近はカルテットやクインテットになりつつあるようですが(笑)
まだ増えるかもしれませんね。


★ーーこんばんは、くまさん

面接ですからね、信憑性はあるでしょうが、聞き手の都合のよいように答える人間の心理もあるそうですから、支持率調査も、どこまで信用してよいのやら。。。。。

しかし、この国の人間は、ブレすぎだと感じる今日この頃です。

投稿: まるこ姫 | 2009/05/05 20:34

こんばんは、愛てんぐさん

本当に小泉さんのやってきた事の功罪を知っていての待望論なんでしょうか?
ただ見た目だけの、そして短いフレーズでの分かりやすい言葉に騙されているだけのように感じます。
中身を知っていての支持だとしたら、日本国民は大馬鹿です。
中身を知らないという事も、あまりに情けないですね。
どちらにしても、政治に関心を持たなかったからこそ、今のこの格差社会になっているのだと思います。
人々は政治不信だから、投票に行かないと言いますが、投票に行かなかったら権力者の思う壺です。
そういう事にも、気付く事の無い日本国民は自ら、民主主義を手放しているのだと思います。
政治家が悪い事をやれば、それに審判を下すのが国民の権利なのです。
その権利さえも半数以上が放棄して、そして政治不信だといいます。
なんだか、とてつもなくもったいないです。
自分の一票で政治が変わるかもしれないのに。。。。

話は少し違うかも知れませんが、政府が新型インフルエンザをあおりに煽ったからだと思いますが、診療拒否する病院がものすごい数に上っていると言います。
これも、病院が少ない上に、他の患者にも感染するかもしれないインフルエンザ患者は厄介者のようです。
うかうかと、病気にもなれませんね。

日本人は昔から、強い者にはなびく、そして自分より弱いと見るや、徹底的に苛め抜くと言う性質があったように感じます。
いじめはいけないと、きれいごとを並べますが、実際は日本人は島国根性が抜け切れていないと思います。
そして、最近、変な愛国心が蔓延しているように思いますが、日本が軍隊を許容した場合、政府の命令での、軍人になる覚悟が出来ているのでしょうか。

投稿: まるこ姫 | 2009/05/05 21:08

まるこ姫さんこんばんわ~happy01

どうせ、自民の広報紙読売が、全国の “自民党員” 有権者3000人を対象にして、意図的に回答誘導する面接形式で実施したインチキ調査でしょう。
こんなバレバレな猿芝居を演じなくっちゃならない程、辞民党の阿呆政権は落ちぶれ果てちゃってるみたい。憐れですね~(爆笑!)happy02

投稿: いっすんぼうし | 2009/05/05 21:23

こんばんわ。
・「最も相応しい国会議員」を見て。
( ̄へ ̄)う~ん。
「小泉元首相」ですか。
彼が「1位」なんて、可笑しいですね。
何故ならば、「首相」を勤めても、何1つ「公約」すら、出来ていませんからね。
自分は、「誰もいない」と思いましたね。
もう少し、厳しく考えて、解答を出して欲しかったですね。
どうせなら、「1番相応しくない国会議員は誰ですか?。」を、調査して欲しいですね。

投稿: H.K | 2009/05/05 22:36

こんばんは、いすんぼうしさん

>全国の “自民党員” 有権者3000人

目からうろこです(笑)
あり得る話ですね。
それこそ、ヨミウリなんて政府の大宣伝部隊なんですから。
前は、支持率調査も、ほとんど信用していましたが、今は眉唾と言うか、話半分と言うか、あまり信用しなくなりました。

不況になればなるほど、メディアの使命感も、中立性、公平性も広告料の前には、風前の灯なんですもん。
バレバレな支持率調査でも、しましたと発表しないわけには行かないのでしょうね。

投稿: まるこ姫 | 2009/05/05 22:39

。まるこ姫様、こんにちは。  うむ~ですかねぇ、確かに人心掌握術は、認めざるを得ませんが、皆様仰る通り捏造ポイですね、少なくとも私の周りには、アンケート結果のような人は居てません、信憑性が疑わしい対面調査で、日本全体が、それを望んでいるかのように紙面化するなんて、まるで三流週刊誌並みです、プライド無しか?。 まるこ姫様、国民性にお嘆きのようですが、年金、保険等で実際に痛みを味わい、意識もだいぶ変わったと感じる事がありますし、危機感持っている若者も多いので、私はまだ望みを捨てずに居ます(涙&嗚咽)。。。

投稿: 赤いとら | 2009/05/06 08:10

★ーーこんにちは、H・Kさん

小泉さんの功罪をしっていての一位とは思えません。
ただ、イメージ的なものではないかと。。。。
自民党をぶっ壊すと声高に叫びましたが、実は日本が
ぶっ壊れました。
そして、自分達一族は安泰なんておかしいですよ。

私も、厳密に言えばそんなに相応しい人はいないと思いますが、目をつぶる所はつぶって、選ぶとすればいますけど。

>番相応しくない国会議員は誰ですか?。

これって、すごく面白いと思います。
一度調査をすれば良いのに(笑)


★ーーこんにちは、赤いとらさん

本当にそうですね。
人心掌握術は天下一品です。
未だに、催眠術から解けない人が相当数います。

やはり、ヨミウリ調査ですからいまいち、信用度は低いですね。
操作はお手の物のように見えます。
日本人が、まだ小泉さん待望論があるとすれば、大馬鹿だし、捏造しているとすれば大変な事です。
大新聞や、大メディアは、とっくの昔にプライドなんか捨て去ったのだと感じる今日この頃ですよ。

天下り禁止や、世襲制限などでは、世論も変わってきたと感じますが、選挙区での大物議員が従来どおり当選する構図は、まだまだ意識が低いと感じますね。
いつまでも、連呼、土下座の時代ではないでしょうに。

投稿: まるこ姫 | 2009/05/06 16:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/44907809

この記事へのトラックバック一覧です: 「首相に相応しい人」のトップが小泉の摩訶不思議:

« 疑いの段階での政府の過剰反応と過剰報道 | トップページ | 厚生(BlogPet) »