« 党首討論、西松問題に固執する首相の品格の無さ | トップページ | 見切り発車かアニメの殿堂、選挙はやるやる詐欺の任期満了? »

2009/05/29

機内検疫はパフォーマンス、検疫官の貴重な証言

現役検疫官の衝撃発言、証言するのに勇気が言っただろう。

>28日午前の参院予算委員会で新型インフルエンザ対策など
に関する集中審議が行われ、参考人として出席した厚生労働
省職員で羽田空港の検疫官、木村盛世氏が米本土などからの
旅客便を対象に一律に行った機内検疫を「(政府の)パフォーマ
ンス」などと批判した。

国の政策だったら何が何でも正しいと思う人は別だけど、普通に
考えても、あのあまりにおどろおどろしい機内検疫風景を連日連
夜、メディアで流さなくてもと思う人も多いだろう。
あれで、余計に心配になり煽られた人も多いと想像はつくし、麻
生内閣からすれば、これは選挙に向けて願ったりかなったりの
チャンスだとも言える。
政府は一生懸命、水際作戦でウィルスを食い止めていると印象
付ける、絶好の機会だから。
しかしあの水際作戦は大事と言えば大事だとも言えるが、決定
的に抜けていた事は、三カ国に絞っていた事だ。
メキシコ、カナダ、アメリカに限定しての水際作戦で、ウィルスの
侵入を食い止める事ができるとでも思っていたのだろうか。
思っていたとしたら、それこそあの検疫はパフォーマンスだ。

新型インフルエンザが流行りだした時の発症者数は、メキシコ
カナダ、アメリカが圧倒的に多かったけれども、ヨーロッパやニュ
ージーランドにもいたし、少数でも世界各国に散らばっていた。
そこからの便はスルーして、三ヶ国に限定する理由はなんだろ
う。

エイッ 愛の一押し happy01

これだけ社会がグローバル化して、交通網も格段に発達した、今
の社会では、ウィルスは、どこからでも入る可能性は充分にある。
そして、潜伏期間と言うものもある。
検疫を受けたときには熱がなくてバスしても、後で発症すると
言うのは充分に想定が出来る。
今になって考えれば、例え発症しても、発症者の一部は医者
にかからなかったと言う事も考えられる。
患者に対して、あれだけの誹謗中傷や、意味もない差別や迫
害を加える国民性を考えたら、自力で直そうと思う人も出てく
る可能性すらある。

検疫風景は、北朝鮮の一方からの映像ばかりを流す方式にも
似ていて、国威発揚にも繋がるのだろう。
舛添大臣を前にしての、この検疫官の告発とも言える証言は、
本当に勇気がいった事だろう。
組織の中にいれば、組織優先に考えるものだし、和を乱す物と
しての位置づけになったりしないだろうか。

ネットでは、この技官がバッシング状態になってもいるようだし。
国民に対しての利益を言ったり、正しいことを言えば、官僚から
総スカンを食う、恐れもあるだろうし・・・・・
それにもまして、国民(ネット)からのバッシングは本当に悲しい。
私は、これこそ貴重な証言だと思うし、国民も冷静に判断して欲
しい。
今の時代、こんなに勇気のある人も珍しい。。。。。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


              愛の一押し

を切にお願いしますm(__)m  苦戦してます^_^;

にほんブログ村 ニュースブログへ  ← クリックしてね(^^)



☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪




|

« 党首討論、西松問題に固執する首相の品格の無さ | トップページ | 見切り発車かアニメの殿堂、選挙はやるやる詐欺の任期満了? »

コメント

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
木村盛世さんのホームページは一読すると面白いですよ。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2009/05/29 18:34

まるこ姫さん、皆さん、こんばんは

厚労省の現役の検疫官で医者でもある木村盛世さんは、尊敬に値する女性です。
国会で堂々と、現実を語っていた、その勇気には敬服します。
『厚生労働省崩壊』という本も書いています。
http://www.kimuramoriyo.com/

あの参考人としての発言を聞いて驚いたのは、未だにあの物々しい検疫を続けていると言うことです。
水際作戦より、国内対策に重点を移したと思っていたのですが、未だに同じことをしているとは、唖然としてしまいました。
検疫の状況を見ると、水際からの感染者はずっと見つかっておらず、感染者数は水際8人に対し国内感染353人で、圧倒的に多いです。
水際作戦は意味がないことを意味しています。
水際作戦はもう止めにして、やるとしても発熱者だけに限るように簡便にして、重点は国内対策に移すべきです。

地球外から未知の細菌が入り込んでSF映画を思わせる、物々しい防護服は、論理的にものを考えることができない、情緒的な日本人に恐怖を擦り込みました。
豚インフルエンザは弱毒型インフルエンザと言われていたのに、SARSや鳥インフルエンザ用のマニュアルを使用したのが間違いで、強毒型のマニュアルしか作っていなかったのも政府の失策でした。
政府が危機管理に熱心であることをアピールしたいがためでした。

弱毒型であることとから、一般病院でも受け入れOKとなっているのに、あの防護服は異常で、季節型インフルエンザ並みで十分ではないでしょうか。

それよりも、国内対策が全く駄目だったことの方が大問題です。
発熱相談センター、発熱外来は、あっという間にパンクしました。
強毒型の鳥インフルエンザが変異したときを考えると、思わずぞっとします。
医師数も足りなければ、ベッド数も足らず、医療体制に全くゆとりがありません。
それと、感染者に対するバッシング、人間性に欠如する日本人が多いのも情けない限りです。
いずれも、小泉改革による新自由主義導入による、弱肉強食の自己責任社会、医療の切り捨てが要因です。

投稿: 愛てんぐ | 2009/05/29 19:03

★ーーこんばんは、くまさん

国民の利益や、本当の事を言えば、バッシングを受けるこの国はおかしいです。
しかし、厚労省にも、筋の通った人がいたんですね。
ずるがしこい人間ばかりだと思っていましたが。


★ーーこんばんは、愛てんぐさん

国会で、体制にそむくような発言をするのは勇気がいった事でしょう。
しかも、舛添大臣の前ですから。
しかし、真実を言ってくれる人がいないとこの国は権力者の良いようにされてしまいます。

今更、水際作戦もないものでしょうに。
これだけ、国内で発症者が増えてしまえば、検疫をしようと止めようと、あまり意味のないものに思えます。
国内での対策に重点を置いたほうが、余ほど有意義だと思いますが、大きい組織は中々、歯車を逆回転させたり、止めてしまえないんですね。
ここにも、税金の無駄遣いをしています。

>感染者数は水際8人に対し国内感染353人で

これでも、季節性インフルエンザに比べても少ないほうでしょ?
当初は、何万人もかかったり、亡くなったりする様な報道でした。
恐怖が刷り込まれてしまったのではと思っています。
政府も、舛添さんや、麻生首相が恐怖を煽った首謀者です。
機内権益の、防護服姿も恐怖を煽りましたよね。
政府もメディアも一体になって煽り立てましたが、今では何事もなかったかのように、一切の報道をしなくなりました。

水際も駄目なら、国内対策もなっていませんでした。
あまりに強毒性を前面に出しすぎて、医療機関でさえも診療拒否をし、人権侵害もどきの例は日常茶飯事で、ベッド数も足りなければ、医者も足りません。

日本人は、元から村八分的な体質があったのでしょうが、それが新自由主義と共に、もっとひどい人種に成り果てたように感じます。
自己責任という言葉は、人を突き放すには一番最適な言葉ですね。
自己責任、本当に嫌な言葉です。

投稿: まるこ姫 | 2009/05/29 20:35

まるこ姫さんこんばんわ~happy01

数日前の国会で、野党議員による
「CDCでは、弱毒性なのでそれほど心配には及ばないと言っているのに、日本の現状はあまりに過剰反応ではないか」
との問いに、ピーター舛添氏は
「私どもの対策チームではそうは考えてない。CDCの判断より信頼している」
みたいな事をのたまわっていました。

“箱の中のネズミ 外界を知らず”

ってとこでしょうかね(笑)

投稿: いっすんぼうし | 2009/05/29 21:33

 おはようございます。

* しかしあの水際作戦は大事と言えば大事だとも言えるが、決定的に抜けていた事は、三カ国に絞っていた事だ。

 アメリカ大陸への路線は、成田のほかに関空や中部からも出ていますが、残念ながら成田以外の便は少ないのが現状です。大阪の高校生が成田で感染が分かったのもそのためです。

 地方空港を含めて、ソウル経由で帰ってきた人は大勢いると思われます。

 もし本気で水際対策をしたいのなら、すべての入国者を10日間隔離しないといけないでしょうね。

投稿: たべちゃん | 2009/05/30 07:51

★ーーおはようございます、いっすんぼうしさん

この風景は、ほんの少ししかニュースで流されませんでしたね。

私もチラッと見ましたが、あくまでも、政府の対応の正当性を主張していた舛添さんを見ていると、やはり外国から見た日本とか、客観的に見た政府の対応とかは、頭にないのだと思いました。
政府の対応をありがたがって何でもOKと考えている人は別ですが、公正に見た場合、マニュアルの不手際もあり、政府の対応のあわてぶりも見て、危機に対して対応できていなかったのは良く分かります。
あれがベストだとした舛添さんの意識にはとても違和感がありましたよ。


★ーーおはようございます、たべちゃん

やはり、成田だけの機内検疫には無理があったのだと感じますね。
発症しているのは三カ国だけではありません。
世界には少数でも感染している人がいるわけですから、地方空港の検疫はパスでは、どのようにでもウィルスは入ってこられます。
ソウル経由が、スカスカではそちらの可能性は特に大きいでしょうね。

>もし本気で水際対策をしたいのなら、すべての入国者を10日間隔離しないといけないでしょうね。

私も送思います。
全員留め置かなければ、水際作戦にはならないと思います。
なんだか、政府の対応はヌケているなぁと感じますよ。
パフォーマンスとしてなら頷けますが。

投稿: まるこ姫 | 2009/05/30 09:00

従来指摘されていた「鳥」ではなく、何故か「豚」。今年の冬が心配です。

投稿: shige | 2009/05/30 13:13

まだ麻生首相がテレビに出て、豚インフルエンザに冷静な対応と呼びかけるCMを流しています。
冷静な対応をしている国民にとって、実に無駄なCMです。
本当に、税金の無駄遣いとしか思えません。
何億円か、何十億円のCM代金。
こんなことに使って欲しくない。
これで、税金が足りない、増税だって言われても困ります。
税金は打ち出の小槌ではありません。
一生懸命に働いた国民の苦しい生活の中からも支払われているお金です。
テレビに出ていると支持率が回復するとでも勘違いしているのでしょうが、それは全く逆の効果しかないように思いますが・・・それも分からないアホー首相ですね。

投稿: scotti | 2009/05/30 13:14

★ーーこんにちは、shigeさん

今までは鳥の方に重点が置かれていましたよね。
ところが、豚に感染。
今までになかったことなので、余計に恐怖に煽られたのでしょうね。

今年の冬は油断大敵ですね。


★ーーこんにちは、scotti さん

本当にね!
いつまで流し続ける気なのでしょう。
とっくの昔に、詳細が分かってきて冷静な対応を
していますよね。
大体が、大元は政府やメディアの過大な反応の仕方が
国民に恐怖を与えたのだと思います。
あまりに過剰反応で、国民も煽られたのですから。

麻生首相は、何でも選挙に結び付けたいのでしょうが
それも、ミエミエではかえって不信感に陥ります。
税金の無駄遣いの何ものでもありません。
今は、補正予算といって何でも大盤振る舞いをしていますが、後々困るのは国民です。
良く考えてと思っているのは国民の方で、麻生首相や官僚に取っては、焼け太り状態でしょう。
なんでも予算を付けれるのですから。

支持率が上がると麻生首相は思っているのでしょうが、見る人は見ていますから、首相の言動で透けて見えるものはたくさんありますよね。
本当に、この人は思いつきで口にします。

投稿: まるこ姫 | 2009/05/30 17:07

。まるこ姫様、こんにちは。  内部告発と言うか、誰しも分かっていながら発言しなかった、「王様は、裸のひょっとこだ!!」ちょっと違うか? 、まさか身内から批判されるとは、思わなかっただろうし、騙し通すつもりだったはずです、よく発言したと思います。 バイオハザードごっこの煽りで、大阪では倒産した会社もあるとか、全く馬鹿げています、鳥インフルの時は鎖国でもしないと駄目ですね、機内検疫の異常さと比べると、患者のプライバシー保護がまるで手落ちで、無能ぶりと無責任ぶりが良くわかりましたね、私には、ウイルスの突然変異もオカルトにしか思えませんが、政府やマスコミが堂々と発言していている、それにびっくりです。。。

投稿: 赤いとら | 2009/05/30 17:23

こんばんは、赤いとらさん

>王様は、裸のひょっとこだ!!

思わず笑っちゃいました。
ほんとうにひょっとこですよね。
身内としては本当のことでも言いづらいでしょうね。
それを公表した技官の勇気には恐れ入ります。

政府、メディアの過剰とまで言える報道で、あおりを食うのは小さい企業やお店なんでしょうね。
持ちこたえられませんもの。
関西地方は異常なマスク姿でしたね。
本来なら移さないためのマスクが、患者でもない人がしてるのも変です。
外国から見たら滑稽でしょうね。

季節型インフルエンザと同等の豚インフルで上を下への大騒ぎですから、強毒性を水際で阻止しようとするなら、鎖国をして人々が死んだように息をつめているより仕方がないでしょう(笑)
これも、なんだか滑稽ですが。

患者さんに対する、誹謗中傷、言われなき偏見差別は、日本人として、本当に恥ずかしくなりました。
それも、政府が無用に情報流出したか、メディアのハイエナのごとき執拗さもあったのでしょうが、これはこれで人災のようなものだと思いましたよ。

御用学者の、突然変異質が人々を恐怖に陥れたのも事実で、影響力を考えても、たら、れば的な発言は謹んで欲しいと本当に思いましたよ。
日本人は煽られやすいんですから。

投稿: まるこ姫 | 2009/05/30 19:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/45167294

この記事へのトラックバック一覧です: 機内検疫はパフォーマンス、検疫官の貴重な証言:

» 新型インフルエンザについて [新型インフルエンザ]
新型インフルエンザの感染拡大が懸念されていますが、新型インフルエンザについての知識や感染予防の方法などを述べてみたいと思います。 [続きを読む]

受信: 2009/05/30 18:02

« 党首討論、西松問題に固執する首相の品格の無さ | トップページ | 見切り発車かアニメの殿堂、選挙はやるやる詐欺の任期満了? »