« 出るわ出るわ、水際作戦をスルーした新型ウィルス | トップページ | 水際対策縮小へ、機内検疫終了は当然でしょ! »

2009/05/18

新型インフルエンザ蔓延に付き一斉待機の是非

新型インフルエンザ、昨日の午前中から昼にかけて21人だか
に増えてビックリしていたのもつかの間、夕方には30人近くに
なり、夜には80余人。
今日も、家の取っている新聞は早く来ると見えて、”感染拡大高
校生ら84人”
となっていたが、同じ新聞でテレビに映る最新版
では数が94人になっていた。
一夜の内に、雨後の竹の子のように増えていた。
あまりの勢いには、正直ビックリしている。

その勢いはとどまる所を知らず。。。。。

新型インフルエンザは、いまのところ弱毒性とは言うものの、感染
力が強いのが分かる。
が、従来の季節型インフルエンザにしても、インフルエンザ流行期
にはテレビや新聞を見ていても都道府県の地図が真っ赤になって
いたり、学級閉鎖の報が相次いだりしている。
新型インフルエンザと、季節型インフルエンザとの患者数の比較
はどのくらいなのだろう。。。。。
今のイメージによると、爆発的な患者数にも見えるが、果たしてそ
うなのだろうか?
新型インフルエンザばかりが患者数が突出しているのだろうか?
報道も、新型インフルエンザばかりを、大報道しているが、そういっ
た患者数の比較や、初期の患者からの感染拡大への経緯などを
冷静に報道して貰えないだろうか。
患者数ばかりが一人歩きをして、その地域にいる人たちの不安感
は、私達の想像以上だろう。

エイッ 愛の一押し happy01

そんな中、
>新型インフルエンザの感染が拡大し、関西地方では学校の臨
時休校措置が相次いでいる。行員1人の感染が確認された銀行
は、同じビルの行員約70人の自宅待機を決めた。

この判断については、専門家の間でも見解が分かれていると言う。
学級閉鎖や自宅待機を、是としている専門家もいるが、非として
いる専門家は、

>患者が多い学校と周りの2~3校の閉鎖くらいが納得できる範
囲だと思う。学校、保育所に行けないとなると、親が仕事を休まざ
るをえない。感染拡大を防ぐ社会的な利益よりも経済的な損失が
上回ってしまう

私もそう言う考えだ。
新型も、季節型も同程度と考えた時に思う事は、季節型インフル
エンザの流行期に、全地域移動停止、活動停止のようなものが
行われただろうか。
患者本人は勿論自宅待機としても、同じ銀行内の行員の一斉自
宅待機が行われただろうか?
あまりの過剰反応は、先の専門家の指摘しているように、社会
的利益よりも、経済的損失の方が大きいような気がする。
見せ掛けの対策が増えれば増えるほど、不安に拍車をかけるの
ではと、危惧をする。
これこそがパニックを助長するように思えて仕方がない。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


              愛の一押し

を切にお願いしますm(__)m  苦戦してます^_^;

にほんブログ村 ニュースブログへ  ← クリックしてね(^^)



☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪



|

« 出るわ出るわ、水際作戦をスルーした新型ウィルス | トップページ | 水際対策縮小へ、機内検疫終了は当然でしょ! »

コメント

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
本当に騒ぎすぎです。免疫等が全くできていませんから感染力は強そうですね。ただ、季節性インフルエンザとほとんど比較していないのが、マスコミの騒ぐところかもしれません。何故本当に比較しないのか大疑問です。通常の季節性インフルエンザになった人は、自宅待機が普通ですよね。
なんだか、騒ぎすぎ。東京方面はいまだに感染者が出てませんが、何故?時間の問題と思いますが、皆さん気を付けてくださいね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2009/05/18 18:23

煽るだけ煽って、感染が拡大すると、季節性と同じだって。
対策切り替え、週内に結論=「季節性と変わらず」-新型インフルエンザ・厚労相
 新型インフルエンザの感染者が100人を突破したのを受け、舛添要一厚生労働相は18日、同省内で記者会見し、「対策の切り替えを検討し、週内に決めたい」と述べ、政府の行動計画で「国内発生初期」段階としている対策を見直す方針を明らかにした。
 政府の専門家諮問委員会が同日、「感染力、病原性などからみて、季節性インフルエンザと変わらない」と報告。舛添厚労相は、致死率の高い鳥インフルエンザを前提とした対策は見直しが必要とし、「軽めの症状に合わせた形の対応に変えたい」と述べた。 
危険性がそんなにないのなら、それでいいと思う。
政府は、具体的な行動指針を示さないと、不安を煽るばかりになりますね。
季節性の患者数や流行の速度は実態はどうなんでしょうね?

投稿: scotti | 2009/05/18 19:50

 こんばんは。

 新型インフルエンザは、すでに関西地方だけではなく、ほかの地方でも表面化はしていませんが、隠れた患者はいるのでしょう。

 最初の患者が現れてから何日か経ち、その間に飛行機や新幹線などで人が移動しています。(患者と直接接触したわけでもないのに)関西へ修学旅行に行った生徒たちを自宅待機させる学校もあるようですが、何の効果もないですね。もうすでに病原菌は東京にも名古屋にも九州にもいるでしょうから。

投稿: たべちゃん | 2009/05/18 20:48

★ーーこんばんは、くまさん

騒ぎすぎだと思います。
確かに、新型という事で免疫がないわけで、感染力は強いかも知れません。
新型ばかり大騒ぎをしますが、新型と季節型と比較した報道は見た事がありません。
どの程度なのか知りたい所ですね。

今までだって、インフルエンザになった人は自宅待機ですが、なんで周りの人間まで自宅待機なのかも分かりません。
従来型と同等なら、そうも大騒ぎをする必要もないように感じます。
時間の問題で、全国に飛び火しますよ。
これだけ交通網が発達していて、潜伏期間があればやむを得ないでしょうね。


★ーーこんばんは、scottiさん

>煽るだけ煽って、感染が拡大すると、季節性と同じだって。

これってひどいですよね。
報道も、当初は発病をすると今にも死んでしまうような感じでしたもんね。
政府も感染疑いだけで、深夜に会見までして、大騒ぎでした。
私は、初めから色んな報道を取捨選択した結果、そんなに大騒ぎをすることもないとは、思っていました。
冷静に、煽られないように、たとえ不幸にして感染してもすばやく対応すれば、そんなにひどい病気ではありませんから。

新型とされた時に、強毒性の鳥インフルエンザに対応したような隔離政策を強行しましたが、それも今となってはあまりに厳しい判断でしたよね。
今度は、規制を改めると言い直しましたが。
政府が、一番浮き足立っていたと思いますよ。

やはり、季節型と新型との比較が欲しい所ですね。
流行の速度もどうなっているのか、それが分かるだけでも
人々の考えが相当変わると思いますよ。


★ーーこんばんは、たべちゃん

そうですね。
全国に隠れ患者が相当いるのでしょうね。
これだけ、交通網が発達していては、どこまでもスルーしてしまいます。
潜伏期間があるのが、ネックですね。

もう、広まっているのに、現象だけを見て、規制をしても
自宅待機をさせても、無駄のような気がします。
移るときは移ります。

病原菌は、全国に移動しているでしょうね
しかし、マスクはどこも売り切れ状態だそうです。
パニック寸前ですね。

投稿: まるこ姫 | 2009/05/18 21:55

まるこ姫さん、皆さん、こんばんは

水際対策が功を奏してた自慢していた政府と厚労省、水際作戦が殆ど意味ないことが露呈しました。
国内感染が見つかったときには、既に二次感染の段階、3日で140人、北米三国を除いて、最も感染者の多い国になりました。
舛添厚労大臣の自慢げな態度は、へし折られました。

発熱相談センターの電話が繋がらず、直接患者が来ます。
受け入れるベッドは、この段階で満タンで、受け入れられず。
これが高病原性の鳥インフルエンザだったらと思うと、空恐ろしくなりました。
鳥インフルエンザ対策が機能しないことを露呈しました。

厚労省の対応は、鳥型インフルエンザのものを流用したため、防疫体制や発熱相談センターなど、大事の対策が低病原性の北米型インフルエンザには、相応しないもので、異常すぎました。
低病原性の新型インフルエンザへの対応マニュアルを作っていなかったのが、厚労省の失敗です。

兵庫・大阪に留めることは100%不可能です。
兵庫・大阪では、医療体制が鳥型には対応できないため、既に季節型対応へと移行しています。
季節型インフルエンザと同様の対策が妥当ではないでしょうか。
鳥型のような過剰に反応する必要はないと思います。
都市機能をストップさせる必要はないと思います。

免疫の弱い人が重症化すると言いますが、季節型インフルエンザも同じで、死亡者の1万人/年の殆どが免疫の弱い人でしょう。
これまで、季節型インフルエンザで1万人も死亡を出しているのが問題です。
死亡を無くしていたら、新型も恐れるに足らずの筈ですが。
免疫の弱い人に感染させる危険のない人は、新型に罹っても軽症で、むしろ先に罹った方が免疫ができて安心するくらいです。

投稿: 愛てんぐ | 2009/05/18 21:59

季節性インフルエンザの発生状況を調べて愕然としました。

最新報告の5月3日から5月9日を見ると。

去年は0人
今年は879人!

10月26日からの累計で見ると
去年は14.2万人程度
今年は48万人程度

過去10年で見ても比較的今年はインフルエンザがはやっている年です。

投稿: sansaka | 2009/05/18 23:46

★ーーこんばんは、愛てんぐさん

水際作戦を物々しくしていましたが、ほとんど無意味だったですね。
感染者がいないといって威張っていましたが、あっという間にその他の国を抜いて上位に入ってしまいました。
急展開ですね。

弱毒性のインフルエンザでもこの始末ですから、鳥インフルエンザだと大変なことになります。
国の体制はそんなに上手く機能していませんでした。
弱毒性でも、強毒性のマニュアルどおり動いているから、地方自治体にも大変な被害が出ています。
やはり、頭が固いんでしょう。
官僚、役人の考えるは、いつも押しなべて、柔軟な対応が出来ませんね。

新型と言って煽りましたが、季節型の一種なのですから、そのそばにいた人全員に自宅待機となったら、経済が疲弊してしまいます。
季節型が流行していると言い換えても良いと思います。
煽りすぎた結果が、全国の薬局でマスクが姿を消しました。
感染力は強い者の、症状はとても軽いと聞きました。
不幸にして発症しても、これは免疫が付いてよいくらいに考えれば、それほど煽られることもないように感じます。
季節型も、相当死者が出ているのですよね。
それを考えると、新型、新型と声を大にして叫ばなくても良いような気がします。


★ーー こんばんは、sansaka さん

貴重な情報、ありがとうございました。
季節型インフルエンザは、すごいですね。
ものすごい数の患者数ではありませんか。

今年はインフルエンザが流行っていたのですか?
知りませんでした。
そういった報道は、あまり聞きませんでしたが、
それほどとは。。。。

それなら、新型ばかり、大騒ぎしなくてもと思いますが。

投稿: まるこ姫 | 2009/05/19 19:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/45054493

この記事へのトラックバック一覧です: 新型インフルエンザ蔓延に付き一斉待機の是非:

« 出るわ出るわ、水際作戦をスルーした新型ウィルス | トップページ | 水際対策縮小へ、機内検疫終了は当然でしょ! »