« 厚生年金積立金、20031年度に枯渇、エエエッ!? | トップページ | 「首相に相応しい人」のトップが小泉の摩訶不思議 »

2009/05/04

疑いの段階での政府の過剰反応と過剰報道

メデイァは連日連夜、報道の大半を新型インフルエンザに対する
報道をし続けている。
横浜の高校生がどうとか、40代の女性がどうとか、海外から帰
国した女性がどうとか、横田基地の赤ちゃんがどうとか。。。。。
A型が検出されたと言う疑いの段階で、息を潜めるようにしなが
らも、対象者から目を離さない。
一挙手一投足をいつまでも報道し続ける。
たとえ新型にかかったとしても、不幸にしてかかっただけで、何の
罪でもないにもかかわらず、一生懸命犯人探しに奔走するのはど
うなんだろう。
おかしいのは、季節性インフルエンザと決定したと同時に、あっと
い間に撤退!
なんだ?この変わり身の激しさは。

日本にも新型インフルエンザ第一号が現われる。
これだけ交通網が発達していては、水際作戦をしても、それに漏
れる人は必ず出て来る。
あまりに過剰報道を目にしていたら、本当に自分に症状が出てき
ても隠さないか、そのほうが心配になってくる。
誰だって、発症者第一号になって、報道に追っかけられ続けるの
は嫌なものだろうし、注目も浴びたくないのではないだろうか。
そのほうがよほど、感染拡大に繋がらないだろうか。

エイッ 愛の一押し happy01

新型インフルエンザとは、多分長い付き合いになるだろう。
発症者第一号が出てくるまで、お祭り騒ぎのような大騒ぎを続け
るつもりなのだろうか。
疑いの段階で、これだけ大騒ぎしていたら、身が持たない。
”狼少年” よろしく本当に出現した時には、国民が疲れ果てて、
ないかそれが心配だ。
あまりに煽り立てられて、かえってマヒしない事を祈るばかりだ。

厚労省の舛添さんも、疑いの段階で深夜に会見をする必要があ
るのだろうか。
ヒステリックに横浜市を責めるなんて問題外だ。
まだ、海のものとも山のものとも分からない段階で、右往左往す
る事の方が、危機管理能力も疑わしくなるし、対応できてないの
が良く分かる。

今のところ、弱毒性と言われているのだから、発症してもよほど
の事がない限り、死の恐怖はないのが現状だ。
それにもかかわらず、いかにも死の病のような政府の対応も、メ
ディアの報道も、なんか違和感だらけだ。

自分達が冷静さに欠いた行動を取っておいて、国民にばかり冷
静な対応をしましょうって、これってどうよ。
冷静な対応が求められるのは、政府やメディアだろうに。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


              愛の一押し

を切にお願いしますm(__)m  苦戦してます^_^;

にほんブログ村 ニュースブログへ  ← クリックしてね(^^)



☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪



|

« 厚生年金積立金、20031年度に枯渇、エエエッ!? | トップページ | 「首相に相応しい人」のトップが小泉の摩訶不思議 »

コメント

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
ネタ枯れのマスコミは、取材もせずにつまみ食いをし、騒ぎ立てているだけですね。
見るに堪えないマスコミです。
番組を見ても、くだらないものばかり、環境にちっとも優しくないですね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2009/05/04 18:35

まるこ姫さん、皆さん、こんばんは

A北米型インフルエンザは、データ不足で、騒ぎすぎのように思います。
メキシコ以外では、メキシコ人以外の人は誰も死んでいません。
弱毒性で、軽症が正しい可能性が大かもしれません。
何故、メキシコだけ死亡者が多いのか、原因究明が欠かせません。
新型か否か検査がもっと進み、正確な情報待ちです。

健康な人は問題無さそうですが、感染症に対する弱者については、リスクは高まります。
感染症弱者に向けてのチャンとした政府の対策が公表されておらず、マスコミも手洗い・うがい・マスクという一般的なことだけで、感染症弱者に向けての報道が全くありません。

新型の疑いと言いますが、Aソ連型と北米型のどちらかで、ソ連型の疑いという報道もできます。
疑いは関係者に伝える必要はありますが、国民全体に知らせる意味は無く、いたずらに国民に恐怖心を煽るだけでなく、疑いの当事者にマスコミ取材等で迷惑を掛けるだけです。
新型と分かってから、政府・自治体、マスコミは報道すべきで、対策等も何ら問題はありません。

今回のA北米型インフルエンザ騒動で、大儲けしているのがタミフル、リレンザですね。
日本でタミフルを昨年度までに2800万人分を備蓄、今年度は5460万人分にまで倍増する計画だそうです。
全世界では推して知るべし、タミフルを開発した会社のラムズフェルド前国防長官は莫大な富を手にしていますね。
タミフルの会社が新型インフルエンザを作ったという妄想まで浮かんできそうです。

投稿: 愛てんぐ | 2009/05/04 19:20

★ーーこんばんは、くまさん

メディアの程度の低さには呆れますね。
ネタ枯れなのか、新型インフルエンザを煽る、煽る。
犯人確保のような雰囲気まであります。
ひどいものですね。
番組も全く程度が低いです。
何一つ見ようとの意欲の沸き起こる番組がありません。


★ーーこんばんは、愛てんぐさん

全く騒ぎすぎですね。
データー的には、そんなに死人も出ていないのに。。。
1000人も感染者が出たと言いますが、世界でですから、それほどの数ではないと思います。
メキシコでの死亡者も、色んな合併症があったとか、無かったとか。
もっと、正確な情報に基づいて、報道して欲しいですね。
何も分からない状態で、煽るのは不謹慎だと思います。

病気に対しての抵抗力のない人たちの為に、何らかのアナウンスは必要だと思います。
そういう事は一切報道はしないで、いかにも発症するとそれでアウトのような報道ばかりは、いつも疑問に思っています。
いつか変異はするのかもしれませんが、少なくとも今は変異はしていなくて、弱毒性という事ならば、むやみに犯人探しのような、切羽詰まったような報道は、第一号になった人は気の毒だと思います。
しかも、疑惑の段階で深夜に発表すれば、人々は余計に
恐怖心に陥ります。
舛添さんは、パフォーマンスがお好きなようですが、やはり行きすぎだと感じます。
疑惑の段階で、その周りにいた人も足止めされているのですから、感染拡大はしないでしょうから。
決定してから、発表すれば良いだけの話です。

やはり、人の不幸で大もうけする会社も出てきますね。
タミフルやリレンザを作っている会社はウハウハだとは思いますが、ラムズフェルドが絡んでいるとは、全然知りませんでした。
なんだか疑惑もでてきますね。
やけに、都合のよい時に発生しましたから。

投稿: まるこ姫 | 2009/05/04 22:22

タミフルは病気を治す薬ではありません。
初期に投与すれば症状を緩和する薬です。
でもタミフルは、薬効ととるか、副作用ととるかは別にしても、脳に作用して、脳に麻酔をかけたような状態にします。
それで少年では飛び降りのような副作用がでて、乳幼児では麻酔が効きすぎたような症状で死亡する例も多くあります。
そして、インフルエンザの患者の多くは、時間の経過とともに治る病気なので、命の危険を犯して、タミフルを使用する必要性を感じないと警告する医師もいます。
ラムズフェルドはこの薬を開発した企業の大株主です。
世界ではタミフル備蓄とかしていないようですが、日本では異常に早い承認、鳥インフルエンザに効く可能性があるとして、国家備蓄が都道府県に義務付けられています。
それが、ブッシュ退任後は、タミフル耐性菌出現や、タミフルとの異常行動の因果関係を厚生省が認めるなどの発言が出てきました。
どうもタミフルと政治は大いに因果関係があるようです。

投稿: scotti | 2009/05/04 22:55

まるこ姫さんこんばんわ~happy01

私が住む市の隣の市で、豚インフルの疑いのある女性が見つかったという報道をネットで発表直後に知ったんですが、ブログには書きませんでした。案の定、後にシロと出ました。
『ピーターと狼』 じゃありませんが、豚インフル罹患疑惑ニュース報道は、重症患者や死者が出るまで気にしない事にしました。
そういえば昨日ネット記事に、舛添さんが島根県の路上でマスクを配ってる小さな写真が載ってたんですが、よく見たら境港市の着グルミねずみ男でしたとさ(笑)coldsweats01

投稿: いっすんぼうし | 2009/05/04 23:01

恐怖をあおって国民を萎縮させ、いかにも政府が国民のために何かをしたかのような、イメージを与える・・・
西松事件にもかかわらず思い通りに支持率の上がらない麻生政権にとっては、国民の不安を利用して政権浮揚に結びつけたいのでしょうが、そんな政府は不要だと、国民はレッドカードをつきつけるべきです。

それにしても、発熱患者を医療機関が診察拒否するケースも出てきましたね。これはゆゆしきことだと思うのですが、政府がマスコミが必要以上に恐怖心を煽った副作用が出てきてるようです。


投稿: 路傍の石 | 2009/05/05 09:15

こんにちは、 scotti さん

タミフルも脳障害になる人もいますし、副作用もあるかもしれませんが、効く人もいますし(私のように)、選択をするのも患者側なんですから、一概に排除と言うわけにも行かないのではと思います。
タミフルを使用する例が日本が世界一とは知りませんでした。
医療の側の問題もあるでしょうが、日本人の意識の問題でもあるのでしょうね。
それだけ多くの人間が簡単に使用するとなると、日本での脳障害や副作用の例が突出すると言うのは頷けます。

ラムズフェルドがかかわっていたり、ブッシュ政権のときに押し付けられた色んな物を見れば、やはり、政治が深くかかわっているのは分かります。
私達が知らない所での裏取引なんかはあるのだろうと、容易に想像がつきますから。


★ーーこんにちは、いっすんぼうしさん

メディアは、白か黒かと言うだけで、騒ぎますが、当事者に取ってはメディアの考える以上に重圧に押しつぶされそうになっているのだと思います。
疑惑の段階で大騒ぎするのは、異常そのものです。
あれだけ大騒ぎして、未だに季節性インフルエンザです。
狼少年にならなければ良いのですが。。。。

感染しても、発症しても、よほどのことがない限り死の病には至らないのですから、冷静に受け入れるしかないです。
あまり扇動されないようにしましょうよ。

>よく見たら境港市の着グルミねずみ男でしたとさ

まさか、境港でねずみ男発見とはね(大笑い)


★ーーこんにちは、路傍の石さん

選挙対策にはもってこいでしょうね。
恐怖を煽って、これだけ政府は誠実に対応していますと、大宣伝できるんですもの。
利用できるものは何でも利用するのでしょうね(笑)

国民はいとも簡単に踊らされますからね。
本質的なものは見ようとせず、今そこに見えているものだけに心を奪われる性質があるようです。
恐怖心をあおり、そして14兆円もの大盤振る舞いで、内閣支持率も上がり、政府は大喜びではありませんか?

>発熱患者を医療機関が診察拒否するケースも出てきましたね。

本当に、路傍の石さんの仰るとおりだと思います。
あまりに政府やメディアが煽るものだから、診療拒否がでるのだと思います。
新型と言えども、弱毒性で、従来の季節性インフルエンザとそれほど大きな違いはないのに、かかると死の病のような報道の仕方は、いい加減に止めて欲しいです。
冷静に正確に報道するべきです。

投稿: まるこ姫 | 2009/05/05 16:56

まるこ姫さん こんばんは
政府与党の”て”ですね、「一事が万事」ここぞとばかりに煽り、”、、、だから俺に任せてくれっ、、、
でも簡単にこれに乗っかる人々が多い、、、悲しいかな、、、日本国民です。
お役人・お上の言うことは、、、これで支持率が上がる、、、何をかいわんですね。

投稿: ゲン | 2009/05/05 19:23

こんばんは、ゲンさん

そうなんですよね。
煽りに煽って、国民を恐怖に陥れる、そして、この対応が出来るのは今の政府しかいないといって、力を誇示するのでしょう。

仰るとおり、国民は引っかかるんですよね。
民主主義国家とは名ばかりで、未だに役人は偉いと言う意識がこびりついていますから、平身低頭になってしまう人が多い。
特に年代の高い人たちがもっとも信頼するのは、お上、役人なんでしょうね。
そういった意識が変わらない限り、自民党は安泰だと思います。

投稿: まるこ姫 | 2009/05/05 20:06

はじめまして。
ブログランキングから来ました。18歳のみどりとゆう者です。

まるこさんの日記を読んだのですが、豚インフルは広まってからでは遅いので、私は政府の過剰反応は別に何も違和感を感じません。


マスコミはなにやっても気に入らないんだけれど、それで国民が危機感を持つのならそれでいいと思う。


疑いのある対象者から目を離して感染してしまうよりは、
やっぱりそういった最悪のケースを考えて安全な方に倒れた行動を取るべき。


それより過剰報道→症状を隠すのでは?の方があまり理解出来ないのですが・・・;

マスク業界は儲かっているんでしょうね~。


また日記読ませていただきます!♪

投稿: みどり | 2009/05/06 13:20

こんにちは、みどりさん

>私は政府の過剰反応は別に何も違和感を感じません

いろんな人がいて良いと思いますが、何の疑いもなく権力者に好意的な人が多いと、政府に取っては大変ありがたいでしょうね。
表彰状ものだと思いますよ。

自分の頭で、よく考えてください。
連日、犯人探しのように新型インフルエンザにかかった人の捜索です。
報道機関には、氏名、住所、学校、企業等、情報が流れているのですから、その周辺に張り付いていると思います。
疑いの段階で、近所や企業にまで聞き込みが行われては生活するのも大変だという事がお分かりですか?
誰も騒がれたくありませんから。
そうなれば、自分自身に感染の疑惑があっても隠すという事は充分に考えれれます。
本当に感染していたら、感染拡大になるのだと思いますが。

投稿: まるこ姫 | 2009/05/06 17:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/44896258

この記事へのトラックバック一覧です: 疑いの段階での政府の過剰反応と過剰報道:

« 厚生年金積立金、20031年度に枯渇、エエエッ!? | トップページ | 「首相に相応しい人」のトップが小泉の摩訶不思議 »