« 世襲制限見送り、倒閣運動、自民はただ今迷走中 | トップページ | 郵政社長人事、政府内は泥沼化、譲らぬ鳩山 »

2009/06/04

足利事件、DNA鑑定により菅家さんついに釈放

こういう事もあるんだ。。。。。

足利事件とは、大まかに言えば1990年5月、栃木県足利市で
女児が行方不明になり、遺体で発見された事から始まる。

>アダルトビデオを多数所有していることと、聞き込みの刑事に
対して話した職場の経営者の「そういえば子供を見る目つきが
怪しかった」などという、心無い言葉により、犯人として目星をつ
けられ、以後一年間毎日尾行されることになります。

捜査は、真っ白の所から始まるかと思っていたら、どうも警察は
初めに犯人ありきで、先入観の固まりになっていたように感じる。
どうして、こうも簡単に一方の方向へ流れて言ったのだろう。

>1991年12月、「被害者の下着に付いていた精液とDNA型が
一致した」という理由で足利署に連行された上、刑事たちの言葉
の暴力や暴行などによって、その日の深夜、自白させられた。

一審、無期懲役
高裁、控訴棄却
最高裁、上告棄却

(亀山継夫裁判長以下、5人の裁判官の全員一致で上告棄却を
決定)

という事は、無期懲役が確定したという事になる。
だから、この菅家さんと言う人は逮捕から17年も塀の中にいた
のか。。。。。

エイッ 愛の一押し happy01

今回は、再審請求で
>DNA再鑑定で「菅家さんのDNAと被害者の下着に付着してい
た犯人のものと思われるDNAの型が一致しなかった

格段に発達した科学の前には、いかに検察の頭が固くても、逆ら
えなかったという事になるのだろう。
権力を握っている方が、初めに犯人ありきと言う構図で捜査した
場合、一私人が無罪を立証するのは至難の業のように感じる。
今回は、強力な支援者がいて、粘り強く再審請求を重ねて、犯人
ではないと言う立証をしたから長い時間はかかったものの、救わ
れたが、目だたない事件の場合、個人で、警察、検察と戦うと言
う事は、最初からあきらめてしまうのではと思ったりもする。
権力が一方的に行使されたら、名もない市井の人を飲み込むな
んて、簡単な事だ。
結構、隠れ冤罪は沢山あるのではなかろうか。
裁判員制度は導入されたが、このような難しい裁判で、素人裁判
員が、ちゃんとした役割を果たせるのだろうか。

話を戻して、菅家さんのご両親は無罪を見届ける事無く、お亡くな
りになったと言うから、本当にお気の毒だ。
出来る事なら、逮捕される前に時間を戻したい位歯がゆい思いで
一杯だろうし、警察・検察に対しては煮えくりかえる思いだろう。
一方、被害者の家族身内も、今までは菅家さん憎しで固まった心
をどのように、なだめていくのだろうか。
菅家さんも、被害者のご家族も、失われた時間、年数は戻って来
ないし、やり場のない憤りをどこに、ぶつけるのだろう。
せめて、国が、検察が、組織の断罪をし、菅家さんに誠意を尽くし
謝罪をすると言うのが、これからに向けての第一歩になるのかと
思う。

☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


              愛の一押し

を切にお願いしますm(__)m  苦戦してます^_^;

にほんブログ村 ニュースブログへ  ← クリックしてね(^^)



☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪




|

« 世襲制限見送り、倒閣運動、自民はただ今迷走中 | トップページ | 郵政社長人事、政府内は泥沼化、譲らぬ鳩山 »

コメント

こんばんは~。
本当にこの件は、ご本人にとっては「人生を返せ」と言いたいでしょうね。記者会見で仰っていました。
聞いている方も、憤懣やるかたないというか。
釈放されても、17年間の時間はもう取り返せないのです。

せめて、こうなったら国賠と、民事でその当時の検察や警察担当者から賠償金を取りたいと、言うことでしょうか。
事情聴取で暴力的な取り調べがあったんですか?
許せませんね。

投稿: something | 2009/06/04 19:03

まるこ姫さん、皆さん、こんばんは

菅谷さんがようやく釈放されました。
1ヶ月前に別人の結論が出ているの、検察は人権を無視して、組織防衛のため、もったいぶります。
時間が掛かったのは、捜査官等の体液が混じっていなかったか調べていたといいます。
捜査官の体液がついていたとしたら、捜査官のDNAと菅谷さんのDNAが一緒だというのでしょうか。
なんか、不思議な言い訳です。
弁護人側の犯人のDNAを当時の測定法で調べたら、菅谷さんとは違っていたと言います。
これは何を意味するのでしょうか。
警察がでっち上げた可能性が浮かんできます。

検察・警察は絶対許さない、謝罪して欲しいという言葉が印象的です。

弁護人のDNA鑑定で菅谷さんのものでないと分かり、1997年最高裁の上告しましたが、却下され、無期懲役が確定しました。
裁判所は自白の矛盾が色々出ているのに、それを詳細に検討することなく、DNAだけで有罪としました。
17年間も拘束されました。
裁判官の責任も大きいです。

すべてが遅すぎます。
これはお上は間違わないというお上意識が全ての根源です。
裁判員制度で、素人を少し入れても、変わるはずもありません。
警察、検察、裁判所、すべてがお上意識でかたまっている限り、まともな裁判は困難でしょう。
裁判員制度ではなく、警察、検察、裁判所を透明化・可視化すべきでしょう。

自白を優先した冤罪事件はいっぱいあるでしょう。
草加事件など、昔のDNA鑑定が決め手となったものだけでなく、DNAが残っていれば、すべての事件をDNA鑑定で総ざらいすべきです。
アメリカでは200件以上が無罪と分かりました。

100歩譲って、裁判員制度を導入するなら、重罪裁判でなく、国家賠償請求裁判やお上が被告の裁判なら解ります。

投稿: 愛てんぐ | 2009/06/04 19:22

まるこ姫さん、こんにちは∈^0^∋
冤罪は多々あるでしょうね。警察も、検察も思い込みでどうも黒で対応しているからいかんともしがたいですね。どこが中立なのかもわからないです。
 先入観を持っての操作は辞めてほしいですね。
約20年間の人生は取り戻せません。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2009/06/04 19:51

★ーーこんばんは、 somethingさん

疑わしいと言うだけで、一人の人間の人生が狂わされました。
警察、検察を許せないと言う菅家さんのお気持ちはとても良く分かります。
権力の力でよってたかって無実の人間が犯人にされてしまう。
恐ろしいですね。
支援者がいなかったら、未だに犯人扱いでしょうから。
菅家さんは20年近くかかりましたが、冤罪を証明しました。
支えてくれる人たちの力は、無償の愛なんでしょうね。
敬服します。

国家権力は、潔く謝罪なり、賠償なり応じるべきですね。
それでも、菅家さんに取っては、人生が帰ってくるわけではありませんから。
逮捕する前にも毎日尾行が付いたと言います。
初めに犯人ありきなんでしょうね。思い込み、見込み捜査の怖さですね。

★ーーこんばんは、愛てんぐさん

菅家さんのお顔は晴れ晴れしかったですね。
この日が来ると思っていたでしょうか。
やはり、支援者の支えは大きかったでしょうね。
一人ではここまで来られませんでした。

今までも、警察のでっち上げはよく言われていた事でした。
初めに犯人ありきで取調べをすれば、強引にもなるでしょうし、何が何でも自白をさせたりするでしょう。
だからこそ、自白偏重は駄目だという事ですよね。

>検察・警察は絶対許さない、謝罪して欲しいという

私の胸にも、充分響きました。
本当に、怒りが渦巻いているのでしょう。
謝罪をしてもらっても、年月は取り戻せません。
権力によって、菅家さんの人生が狂わされてしまいました。
あってはならないことですが、今までも、これからも充分考えられることだと思います。
民主党の言うように、取調べの可視化、透明化は必要と考えます。
警察、検察は、なんだかんだ理屈を言って、されたくないのでしょうが、国民の側に立つなら、是非とも導入するべきでしょうね。

人の人生を左右する、裁判員制度は、心が苦しいです。
個人の事件は冤罪という事も充分ありえますから、愛てんぐさんの仰るように、国が被告の立場の裁判員制度なら、私も立ち会いたいです。


★ーーこんばんは、くまさん

冤罪は、私達がわからないだけで、日々あるのだと思います。
テレビでも紹介していますが、誰が考えても犯人ではないだろうと思っても、警察や検察は聞き入れません。
そして裁判所の判断もおかしなものが、多々あります。

思い込みjほど、怖いものはありませんね。
自分に照らし合わせても、思い込んでいたら他は目に入ってきません。
それが権力によって、思い込み捜査をされた場合、犯人はいくらでも作る事が出来ます。

菅家さんは、出てこられましたが、服役してから再審要求をする人も出てきています。
やはり、尊厳を大事する人は、必ず復権を果たしたいのでしょうね。

投稿: まるこ姫 | 2009/06/04 20:23

まるこ姫さんこんばんわ~happy01

高知刑務所にも現在、冤罪被害者がお一人服役中です。『高知白バイ事件』 をご存知ですか?
行政の能力低下は、全て政治の責任です。政治の怠慢は、行政の怠慢に直結します。
警察や検察を叩き直す為にも、役所とベッタリの自民党を下野させ、民主党に是非とも政権与党となってもらいたいものですね。

投稿: いっすんぼうし | 2009/06/04 21:40

とても考えさせられる事件ですねぇ・・・・
一度は自白してるのだけど、どうして犯人でないのに自白させられたのか・・・?
検察、警察の体質は江戸時代と五十歩百歩なのかもしれません。
さすがに肉体的な拷問はなくても、精神的な拷問は、今でも存在するのかも・・・
ぜひ、そのあたりを詳細に表沙汰にして欲しいです。
でないと、いつ自分も冤罪に巻き込まれるのか???
とても不安ですね。
ちなみに菅家さんとは同年代なのですが、この17年間の無念さは、計り知れないです。

投稿: 路傍の石 | 2009/06/04 21:55

私にはず~と気になっていることがあって、
それは、数年間隔で起きる、
茨城、福島、栃木県圏内での女性殺人事件です。
いつも犯人が見つかりません。
日光の事件も犯人が見つかっていないでしょう。
似たような事件が、あの辺圏内で多発していて、いつも犯人が見つかっていない。
そのことへの捜査班の焦りが、今回の冤罪の原因のひとつかも知れませんね。

投稿: scotti | 2009/06/05 01:56

はじめまして

裁判員制度は、撤廃するべきです
この国はとにもかくにも強いものに迎合的すぎます
そして、きちんと考えて自分の意見を言うことをしない
こんな中で裁判員制度を導入しても
選ばれる可能性は、無いといってもいいぐらい低いとは思いますが

いくつかのサイトで出ていましたが、裁判員制度→召集令状とかレンタル移籍制度(だったかな)とか選抜徴兵みたいなことをして、また暴走するのではという話しまでありました

なにせ、この国は普段はボケーッとしていても、一回火が付くと痛い目に遭うまで止まりませんから

投稿: 和真 | 2009/06/05 02:16

まるこ姫さん、皆さん、おはようございます。

17年もですか...。
DNA鑑定が無かったら、諦めるしかないのでしょうか?冤罪としては、ほんの氷山の一角かも知れないですね。

昔は冤罪で死刑にされてしまった人が沢山いるかも知れないですね。死刑や無期懲役とまでいかなくても、痴漢や窃盗で濡れ衣を被せられた人も大勢いるのではないでしょうか?

自分も、いつそうなってしまうかと不安です。
人を先入観だけで、判断してはいけないですね。
また今回は支援者の方々の力も大きいです。
自分の味方になってくれる人の存在は重要なんですね。

投稿: ネオン管 | 2009/06/05 02:46

★ーーこんにちは、いっすんぼうしさん

>高知白バイ事件

知っていますよ!
確か、テレ朝でやっていましたよね。
何度もスクールバスでの実験をしていましたし、ブレーキ痕はデッキブラシのようなものでも作れると。
バスに乗っていた人や、後続車も、確かにバスは止まっていたと言っていたのに、どうして警察や検察はかたくななのでしょうか。
どうも、権威とかメンツとか、プライドとか、私達の考えと大きな隔たりがあるように感じます。
やはり、足利事件にも通じるものがありますよね。

行政と政治は直結していますから。。。
小沢秘書事件も、検察の恣意的なものを感じましたから、余ほど、政権交代をされたくないのでしょうね。
政権交代をしたら、膿が白日の下に晒されますから。


★ーーこんにちは、路傍の石さん

警察の色んな圧力があれば、自白も無理はないと感じます。
言葉の暴力や、暴力、誘導もあったのかもしれません。
だからこそ、取調べの全面可視化、透明化が叫ばれているのでしょうね。

>検察、警察の体質は江戸時代と五十歩百歩なのかもしれません。

捜査方法は、変わったかもしれませんが、体質はとても古いといいますね。
上司との関係は縦割りで、絶対逆らえないとも。
菅家さんは、今日はどこのテレビ局にも出演されていますが、暴力はあったと言っていましたね。
検察、裁判所も、もっと早くDNA再鑑定をやっていれば、せめて10年は早く冤罪が証明されました。
権威、権力の力は恐ろしいものと感じました。
17年もの間、囚われの身であった菅家さんを支え続けてこられた、支援者の方の無償の愛には頭が下がりますし警察、検察、裁判所には、謝罪をしてするべきですよね。
メンツとかプライドと言っている場合ではないと思います。

投稿: まるこ姫 | 2009/06/05 15:49

★ーーこんにちは、scottiさん

>茨城、福島、栃木県圏内での女性殺人事件です

今日も、紹介されていましたね。
幼女の殺人事件ですね。
警察は、これと決めた人にターゲットを絞ったのでしょうが、今から思うと、まったくの見当違いでした。
捜査に相当無理があったようですし。
一方では、未解決事件が多発していますから、警察の焦りはすこがったでしょうし、検挙してナンボの警察ですから、何が何でも犯人逮捕だったんでしょう。

検察も裁判所も、菅家さん側からのDNA鑑定に信頼が置けなかったら、独自のDNA鑑定をしていれば、菅家さんが長年苦しまなくても良かったのにと思うと、行政のプライドや権威は、誰のためにあるのだろう。
国民のためには無いと言えますが・・・・・・


★ーーこんにちは、和真さん、初めまして

本当ですよ。
日本人は権威に弱いし、強い者にすぐ迎合する傾向にあるようです。
昔からなんでしょうか。
”虎の威を借る狐”では、あまりにも情けないではありませんか。
人として,こちら側にはつきたくありませんね。

裁判員制度は、これから色んな問題点が浮き彫りになるでしょう。
思っていた以上に、拒否反応が高そうですから。
人を裁く難しさや、恐ろしさは、素人には荷が重過ぎます。
量刑まで踏み込むのは、お断りしたいですね。

日本の国民性は、今に始まった事ではありませんが、ムードに流されやすいし、忘れやすいとは、いつも思います。
人に煽られるのも特徴でしょう。
一人一人が、自分の頭で考えることをしないと、、権力に取っては思う壺なんですがね。


★ーーこんにちは、ネオン管さん

今回の事件は、冤罪になるのも、冤罪を解いたのもDNA鑑定でしたね。
昔と今では、精度の差がとてつもなく大きかったのでしょうね。
私も、昔も今も、冤罪で罪に陥れられた人は沢山いると感じています。
裏を返せば、真犯人が逃げ延びて、のうのうと生きているといいう事にもなりますが。

>痴漢や窃盗で濡れ衣を被せられた人も大勢いるのではないでしょうか?

小さい事件なら、なおさらもっと多いでしょうね。
権力が小さい人間を飲み込む事は造作ないです。
罪は簡単にでっち上げられるのだと思います。

私達には、先入観と言うものがありますが、権力を握っているものには、あってはならないことだと思います。
先入観や、思い込みで、どれだけ冤罪を生んできた事か。
支援者の方達も、本当に永木に渡って支え続けましたね。
あきらめる事無く司法を動かした、支援者の方たちには頭が下がります。
中々できることではありません。
余ほど、犯人ではないと言う信念が強かったのでしょうね。

投稿: まるこ姫 | 2009/06/05 16:38

。まるこ姫様、こんにちは。  私も隠れ冤罪は、もっとあると思いますね、仰るとおり絶対的権力を前にしては、絶望と泣き寝入りです、裁判官と検察が、天下り団体を通じて癒着しているとしか思えません。  警察のいい加減で人権無視な取調べは、裁判官が有罪にしてくれるという暗黙の了解があるからではないですか?本当に怖いことです、過去の犯罪歴から冤罪に巻き込まれることは、教訓として「小さな犯罪もするな!!」で納得出来る所もありますが、後で作られた様な噂話で逮捕です、警察並びに、官僚は国民を、馬鹿にしています。。。

投稿: 赤いとら | 2009/06/05 17:05

こんばんは、赤いとらさん

権力の力は絶大ですからね。
抵抗は出来ないでしょうし、ほとんどが徒労に終わるのだと思います。
国がかかわった裁判では、ほとんど国は勝訴します。
という事は、裁判官も国の意向には逆らえないのだと思います。
時に、定年間際の裁判官によって国は敗訴したりしますが、それはまれですから。
検察と、裁判所は、どこかで通じているのだと思います。

何も無い人は犯罪に巻き込まれないと言う思いはありますが、それでも巻き込まれる時は巻き込まれるのだと思います。
菅家さんの場合は、アダルトビデオや、上司の色眼鏡で犯人としての導きがありました。
やはり、うわさや、思い込みや、先入観で捜査をすれば、誤った犯人像に結びつくのだと思います。
あってはならないことですよね。

投稿: まるこ姫 | 2009/06/05 19:57

なんだか、わけのわからないコメントですみませんでした

投稿: 和真 | 2009/06/05 20:17

こんばんは、和真 さん

いえいえ、そんなことはありませんよ。
コメントありがとうございました。

投稿: まるこ姫 | 2009/06/05 20:45

一日も早く無罪が確定されることを待っています。
暗い時代のデッチあげ事件、、、そう遠くない記憶にある松山事件、免田事件、、、あってはならない白を黒とする判決、裁判員制度がスタ-トします。
このような冤罪裁判を無くすため、この足利事件の検証を期待します。

投稿: ゲン | 2009/06/06 16:37

こんばんは、ゲンさん

無罪は確定されたようなものですが、未だに警察や検察はその時はこれ以外なかったと、正統性を主張していますね。

本当に、警察・検察の捜査が正当であったのか、これからじっくり検証をするべきです。
人、一人の人生が、どこで狂わされたのか、もっと早く救う事は出来なかったのか、権力の力がどれほどのものだったのか。。。。。

それをしない限り、又同じ問題が起きるでしょうし、裁判員制度にも、影響するでしょうし。
いつ、私達の身に降りかかるか分からない問題でもありますよね。

投稿: まるこ姫 | 2009/06/06 19:50

 警察や検察の本来の仕事は「社会の悪から国民を守る」事にあるはず。だって、彼等(彼女等)の給料は国民から集めた税金によって支払われているのですから。
 ところが現実には、警察や検察は“体制の護持”のために命をかけている。そのように飼い慣らされている。
 その上、裁判所にしても考え方の根っこの部分では警察&検察と同じです。そのことをいみじくも「足利事件」はDNA再鑑定拒絶という形で、(裁判所の)本性を明らかにしてくれました。残念ですけどそれが現実です。
 ならば、裁判員制度はこのような“体制の護持”に懸命で、国民の側に立てない法曹界に、“一国民としてはっきりともの申す”チャンスと捉えたい。そう思うようになりました。
 確率は低いけれど、裁判員に選ばれたら、それくらいの決意と覚悟を持って(裁判に)臨みたいと思います。

投稿: tadas | 2009/06/27 01:00

こんにちは、tadasさん

>社会の悪から国民を守る

勿論ですよね、警察・検察は、国民を守るためにあると
誰もが思っています。
昨日はオウム真理教のサリン事件の実話を見ていましたが、河野さんも検察・警察は自分を守ってくれると思っていたと話していました。
それが無実の罪を着せられたのですから、恐ろしい事です。
体制を守るためなら、強力な組織力で捏造さえしてしまう時もあります。
裁判所も右へならえでしょう。
なぜなら、国がかかわった裁判では、高裁までなら敗訴しても結局は、最高裁では勝訴しますよね。
やはり、基本的には国家と言う物は過ちを犯さないとの前提なのかと思います。

私は裁判員制度も、量刑まで踏み込むのは素人には荷が重いと考えます。
行政が訴えられているような裁判なら参加したいと思いますが、人が人を裁く、それも死刑になるか分からないような裁判は、自信が無いです。
人の人生まで、背負う事は勘弁して欲しいです。

投稿: まるこ姫 | 2009/06/27 19:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/45232696

この記事へのトラックバック一覧です: 足利事件、DNA鑑定により菅家さんついに釈放:

« 世襲制限見送り、倒閣運動、自民はただ今迷走中 | トップページ | 郵政社長人事、政府内は泥沼化、譲らぬ鳩山 »