« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月の記事

2009.06.29

M・Jニュースの影で横須賀市長選が面白い

マイケル・ジャクソンが亡くなった。
朝から晩まで、マイケルネタばっかり!

確かに、彼はこの先出るか出ないか分からないくらい偉大なミュ
ージシャンかもしれないけど、もういい加減辟易する。
右へ倣えで、どこのチャンネルでも同じような構図で、薬がどうだ
とか、主治医がどうだとか。。。。。。
ジャクソン・ファイブの時代の生い立ちから、現在までの生き様を
微にいり細に入り、説明を加える。
マイケルジャクソンをを知らない人も、これで博学になるのではと
思えるほど、同じような映像ばかりを垂れ流す。
ハァ・・・・・うんざりだ。

お陰で、東国原だとか、橋下だとかのニュースが小さくなったの
は、それはそれで良かったけれど(笑)
東国原も、いい格好をしているようだがどんなに隠しても、結局は
野心家だと言うのがバレバレで、彼の言う郷土愛は、県知事選に
対しての踏み台だったのも良く分かった。
テレビも良く見ると、人の心を映し出す鏡かも知れない。

そんな中、横須賀市長選は、あまり報じられない。
あの小泉首相お膝元の、横須賀での市長選が面白い。

エイッ 愛の一押し

>地元の小泉純一郎元首相が全面支援した現職の敗北だけに、
小泉氏の次男、進次郎氏(28)が立候補表明している次期衆院
選にも影響を与えそうだ。

どうも、最近の人々の考えは政党には捉われていないのだろう
か?
政党色を前面に出すよりも、無所属で打って出る方が有利とか。
今までだったら、自民党だ、民主党だとなったと思うが、横須賀
市長選の場合は、脱官僚や情報公開を訴えて、初当選したとい
うから、市民や、県民の意識も相当変わったのかもしれない。
あの小泉人気が通用しなくなったのも事実で、次の選挙は次男
も、うかうかしておれないだろう。
勿論、小泉大好きメディアによって他の候補者より、より多くの宣
伝をして貰えるだろうが。

しかし、民主党もなんで、自民党と相乗りするかなぁ。。。。
あの、名古屋市長選だって長年続いた相乗りから脱却して、反
自民で戦い、河村氏が当選をした。
もう、自民党政治は通用しなくなったのを実感してほしい。
国政も、このままの旧態依然とした制度や意識では、そのうちに
は国民に政党なんかいらないと、そっぽを向かれる。
特に自民党の意識の古いことは。
時代の波に乗れていないのは勿論、置いてけぼりになっている
のに気付いていないのが哀れだ。

いつまでも人気者を擁立する時代でも無かろうに。。。。。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


              愛の一押し

を切にお願いしますm(__)m  苦戦してます^_^;

にほんブログ村 ニュースブログへ  ← クリックしてね(^^)



☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪



| | | コメント (8) | トラックバック (0)

2009.06.28

政権末期で、何をしてもブレルと言われる麻生首相

今まで清家与党に対して好意的だったメディアの態度が露骨に
変わってきている感じを受ける。
この人たちは、麻生首相と違って、風を読んだり、空気を読む才
能は、ものすごく長けている業界だと思う。
そのメディアは、今までだったら民主党にやけに風当たりが強か
ったり、無視をした番組作りで、公平中立とは名ばかりで、一方
の方への贔屓の引き倒しのような嫌なものを感じた物だ。

ところが最近は、民主党の幹事長に長時間発言権を与えたり、
あまり、頭ごなしの批判をしないようにも感じる。
ひょっとしたら、政権交代をもありうるのかと微妙な空気を感じ取
っているのかも知れない。

麻生首相は、”解散の時期はそう遠くない”と記者クラブで発言
を、したそうだが解散も、任期満了も、何も、残された時間は限り
無く少ないのが現実だ。
どんなにあがいても、どんなにしがみ付いても政権は末期で、そ
うなれば、今まで好意的だったメディアまでもが、重箱の隅を突
くような記事を書いてみたり、身内の議員までもが、色んな所で
色んな不規則発言を繰り返したり、決して政権与党や、内閣の為
には、ならないのが分かっているのか、いないのかてんでばらば
らの状態だ。
自民党議員が賛成多数で選んだ首相を、これでは選挙に戦えな
いなんて、普通なら口が裂けてもいえないはずが、大威張りで発
言するに至っては、その神経さえ疑いたくなる。

エイッ 愛の一押し

>また、ぶれた印象、人事構想の反発予想以上、尻すぼみ首
相党三役人事を事実上撤回する意向を示したのは、党内の反
発が予想以上に強いことを考慮せざるを得なかったためだ。
首相自身が明確な方針を示したわけではなかったが、またして
も首相の求心力低下を招く事態になった。

と言う記事が載っていた。

麻生首相はいつもポロリと口にし、それを後で撤回するが、明確
な方針があるわけではないから、私達から見ているとブレタとい
う事になるのだ。
しかし、この首相は就任当初から風を読まないと言うか、雲の上
の人と言うか、ものすごい狭い自分の世界があるように感じる。
だからこそ、色んな批判が渦巻いていても本心から明るく振舞え
るのだろうが、並の神経だったらとっくの昔にどうかなっているだ
ろう。
腹が痛くなったり、頭が痛くなったり(笑)
そのくらい、色んな批判をされてきたし、発言もブレにぶれた。
挙句の果てに、あの東国原県知事からも総裁選乱入と言う、前
代未聞の通牒を突きつけられたり。。。。

これって、漫画にするとすごく面白くない?
この一年間を漫画にすると、ネタには事欠かないだろうし。
麻生首相のこの一年も漫画にして、漫画の殿堂入りをするのだ
ろうか?(笑)


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


              愛の一押し

を切にお願いしますm(__)m  苦戦してます^_^;

にほんブログ村 ニュースブログへ  ← クリックしてね(^^)



☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪



| | | コメント (9) | トラックバック (1)

2009.06.27

何でもありの自民党はなりふり構わず作戦に

麻生首相は、選挙は遠からず時期に行われると言っていたが任
期満了まで二ヶ月ちょっと。
解散しようがしまいが、政権にしがみ付いていようが残された時
間は少ないのは確かで。。。。。(笑)
別に麻生首相に宣言して貰わなくても、誰もが知っている。

選挙管理内閣と言われた麻生首相には、まったく決断力欠如で
ずるずると、今まで引っ張ってきた。
これも、政策と言えば旧態依然とした、ただのバラマキで敵失で
しか支持率は上がるべくもない、ジリ貧状態の麻生内閣。
いつまで、みっともない状態を続けているのだろうと、早く国民の
信を問えと思っている我々とは、次元が違うらしい。

みっともないと思っているのは国民の方で、麻生首相に取っては
別にみっともないとは、ならないのだろう。
こうなったら、どうしても政権を降りたくない党としては、なんでも
あり状態になってきている。

エイッ 愛の一押し

古賀選対委員長は、人気者の力を借りろとばかりに、あの”宮崎
県をどげんかせんばいかん”
東国原氏を担ぐ作戦にでたようだ。

その、東国原も国政への意欲満々で、盛んに自己をアピールし
ている。
”宮崎県をどげんかせんといかん”の心意気はどうなったのか。
国政へ出馬も良いけど、せめて一期を満了して、宮崎県の財政
再建への目鼻をつけてからだろうと、普通の国民の私は思う。
”どげんかせんといかん” のは、東国原本人だろうに。

自民党も自民党なら、東国原も東国原で。
本当に改革をすると言うのなら、どんなに頑張っても自民党内で
は出来るはずもない。
その自民党に入ろうとする魂胆は、どこにあるのだろう。
上昇志向か、権力欲か?

その自民党は、恥ずかしいぐらいなりふり構わずで、国民はま
ったく、蚊帳の外。
誰のための政治なんだろう。。。。。。
黙っていても、二ヶ月ちょっとまで迫った衆議院選挙に向けて、
人気者擁立に血眼になっている。
やれ東国原だ、それ橋下だと。。。。。。
そのうち、芸能人にも食指を伸ばすんじゃぁないの?
ついでに党の名前も変えたら?
お笑い芸能人党だとか、国民騙し党とか。・・(笑)


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


              愛の一押し

を切にお願いしますm(__)m  苦戦してます^_^;

にほんブログ村 ニュースブログへ  ← クリックしてね(^^)



☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪




| | | コメント (13) | トラックバック (1)

2009.06.26

「自民党をぶっ壊す」から「自民党は変わった!」起死回生のシナリオ

どうも、昨今の東国原氏の発言、言動を見ていると、小泉的手
法を用いての、自民党アピールなのかと思えてきた。。。。

いきなり、総裁選を持ち出し、地方分権を持ち出し、国民の度肝
を抜いたり、自民党議員の発言を引き出したりしたのは、連日の
テレビジャックをするのが狙いだったのかと。
これで、視聴率至上主義のメディアは4年前のように、毎日毎日
この話題で賑わうだろう。
民主党の話題なんかは、何も報道しなくなる。

それを見越しての、古賀氏と東国原氏の今回の仕掛けだとした
ら、こんな茶番に乗っていたら又、郵政選挙の二の舞になるの
では、なかろうか。

小泉は、”自民党をぶっ壊す”と声高に叫び、自分の意見に反対
の物は、党から去っていけとばかりに、選挙区にまったく、ど素
人の候補者を立ててまで、抵抗勢力を作りだした。
古い自民党をぶっ壊す、イメージ戦力が見事に効を奏した。
が、選挙が終わってほとぼりが醒めた頃に、抵抗勢力とされた
人達は、密かに自民党に帰っている。
実は、自民党はぶっ壊れるどころか、ほとぼりが冷めるのを待っ
ていただけで、何も変わっていない。

まったく国民騙しの、イメージ戦略の上手い事は!
それによって、すっかり国民は騙されてしまった。

自民党をぶっ壊すどころか、延命に手を貸して日本沈没に拍車
をかけてしまったのだ。

エイッ 愛の一押し

私は、今回の東国原ショックも、そういったイメージ戦略の一環で
はないだろうかと疑いを持っている。
改革派と称して ”宮崎県をどげんかせんといかん” と当選した
宮崎県知事の知名度、人気度を利用しない手は無いからだ。
政策の実績はともかく、人気度、露出度から言えば、どんな議員
もこの人にはかなわない。

自民党は誰が見ても今は末期症状だろう。
その危機感はいかばかりか。

去年から、古賀は東国原と何度も接触を持っているとも言われて
いるのを考えると、練りに練ったシナリオどおり事が進んでいると
思えてくる。

自民党内に抵抗勢力を作り、改革派と称した東国原の話題で
党内を変革するという構図にもって行けば、自分の頭で考えない
国民は、「自民党は変わった!」と思うのではないだろうか。
それには、東国原が適任だと。
それが狙いだとしたら、どんな汚い手を使ってでも政権維持に持
って行く自民党は、やはり一筋縄ではいかない腐っても鯛の政党
と言うのが良く分かる。

私達は、騙されてはいけない!
自民党の自民党による、自民党のためのシナリオに引っかかる
のは、一回だけで充分だ。
ちゃんと自分の目で本質を見て、自分たちの頭で考える事をして
私達の生活を守ろう!
茶番に引っかかっている場合ではないのだから。。。。。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


              愛の一押し

を切にお願いしますm(__)m  苦戦してます^_^;

にほんブログ村 ニュースブログへ  ← クリックしてね(^^)



☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪




| | | コメント (6) | トラックバック (0)

2009.06.25

なんだぁ、知事職は国政への踏み台だったんじゃん

なんだぁ・・・・・・前から言葉の端々に国政への色気満々だとは
思って来たけど、今回ははっきりと国政へ打って出るような話に
なって来ているじゃん。

東国原氏は、自民党は自分を自民党総裁候補にする覚悟はあ
るのかと、古賀選対委員長と面会した際に突きつけたと言って
いたが、なんで唐突に古賀選対院長と面会したのかと、不思議
に思っていたら、何のことは無い、昨年から数回面会していたと
言う話もあって、お互いに秋波を送っていたという事か。

今や、麻生首相の話は吹っ飛び、民主党もこの自民党から出馬
の騒動の前には、すっかり埋没している。
自民党では霞ヶ関改革は出来ないとほとんどの人が思っていた
だろうが、東国原の発言がどんどんテレビ化して、自民党の改革
派を動かすとか、動かさないとかの話になって、知らぬ間に改革
をするのは自民党のような印象さえ受けるのだ。
これに乗るのは、小泉チルドレン連中あたりかも知れない。
今のままではただ消えていくのみで、存在価値の無い人達ばか
りの集団だし、一発ばくちを打つ価値があると踏むか?

結局は、今にも沈没しそうな自民党がすっかり脚光を浴び、メディ
アによって大宣伝をしてもらっている。
東国原氏に反対を唱えようものなら、国賊扱いにされそうな雰囲
気もあったりもする。

エイッ 愛の一押し

この人は、元芸人だけに本当にメディアを使うのが上手い。
”宮崎をどげんかせんといかん” などと、上手にテレビやスポー
ツ新聞を使い、県と自己アピールをして来たのに、今や、”宮崎を
どげんかせんといかん”
なんて言ったのはなかったかのような、国
政への出馬発言を堂々としている。
しかも、任期満了時半ばにして。。。。。

どうもおかしいと思った。
最初は殊勝にしていたが、最近の言動はちょっと違っていたもの。
やはり、宮崎県と、県民は東国原の国政への踏み台だったのか。
国政が最終目標の前には、県民や県の行政は放っておいても平
気だとでも言うのだろうか。
そこに県民への愛があるのだろうか。
そっか・・・・国会議員になった暁には、真っ先に宮崎県に高速道
路を誘致するつもりかぁ。。。。。。(笑)

しかし、この東国原氏が自民党から出馬するとして、それで当選し
ても本当に総裁になれるのか、100歩譲ってなれたとしても独断
専行で物事が進んでいくとも思えないし。
民主主義意とは、一人の力では動かないのだから。

私としては、国民がこの電波ジャックに踊らされて、4年前の郵
政選挙の時の二の舞にならない事を祈るばかりだ。

橋下氏が全国知事会は、自民民主のマニフェストを見て、支持
政党を表明するといっていたが、それはどうなのか。
傲慢な匂いが、プンプンする。
私は中田氏の言うように、国民を恣意的に誘導するような事は、
避けるべき、慎まなければいけないと思う。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


              愛の一押し

を切にお願いしますm(__)m  苦戦してます^_^;

にほんブログ村 ニュースブログへ  ← クリックしてね(^^)



☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪




| | | コメント (9) | トラックバック (0)

捜査するはずだったの(BlogPet)

きょうmyuuがかおると会見したよ♪
でも、捜査するはずだったの。

*このエントリは、ブログペットの「myuu」が書きました。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.24

東国原氏言いたい放題で自民党はどうする?

またまたやってくれました!あの東国原宮崎県知事。。
おちょくられているよねぇ。。。。自民党は。

古賀選対委員長に、次の総選挙に向けて自民党から出馬しな
いかと打診されたとのニュースが流されてきた時には、ああやっ
ぱりかとは、思った。
元々国政には色気満々で、中山氏がらみでの騒動の時にも、い
かにも県政を投げ打ってでも、国政に参加したいと言うのが言葉
の端々に現われていた。
しかも、、何をさておいても自民党からの立候補と言うのが。
だから、このニュースも、、それほどは驚きはしなかったが。
自民党はもう、わらにでもすがる気持ちだったのだろう。
下がるだけ下がった麻生内閣支持率、今の現状は目を覆うばか
りだ。
政策面での政権浮上は考えられないし、上がるとしたら敵失効
果を期待するだけだとしたら、あまりにも心もとない。
だからこそ、知名度が高い有名人なら、誰でも良いと言うのが古
賀選対委員長の考えなのだろうけど。
やっぱり、あの宮崎県知事に、白羽の矢が立ったか。。。

しかし宮崎県知事が明かした、その条件には驚かされた。

エイッ 愛の一押し

>全国知事会がまとめたマニフェストを一言一句漏らさずに自民
党のマニフェストに盛り込むことを約束すること。
マニフェストに盛り込んで、4年間で実現、実行する事
わたしを次期総裁候補として次期衆院選を戦う覚悟があるかと
いう事。

これを聞いた、古賀選対委員長は、ビックリしただろう。
未だかつて無い、、前代未聞の条件は、舐めているのか、おちょ
くっているのか、足元を見ているのか、元芸人だけにあまりに奇
抜な発想には驚かされるとでも思っただろうか。

しかし、古い古い体質の自民党に、こんな条件は飲めるわけが
無い。案の定、自民党議員からは、総スカンを食っている。
それはそうだろう。
この条件を飲めば、今まで栄華を誇ってきた自民党ではなくなっ
てしまうのだから。
既得権益はしっかり守り、改革とは名ばかりで弱者に痛みを押し
付けて来たのが自民党政治で、地方分権を本気で唱えたり、新
参者をいきなり次期総裁候補にする訳が無い。

笑ってしまうのが、自分だってタレント議員といわれているのに、
弁護士の丸山氏の怒りようは並大抵ではなかった。????

しかし東国原氏は国政出馬が野望なんだろうけど、私(素人)か
ら見ると、宮崎県を利用している気がしてならないのだ。
それを言われないためにも、一期は勤めるべきだと思うがどうな
だろう。

”宮崎県をどげんかせんといかん。” はどうなった

あらららら、ニュースを見ていたら出馬する意思があると言っちゃ
ったよ。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


              愛の一押し

を切にお願いしますm(__)m  苦戦してます^_^;

にほんブログ村 ニュースブログへ  ← クリックしてね(^^)



☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪




| | | コメント (9) | トラックバック (0)

2009.06.23

骨太から骨抜き骨なしへ、一体この国をどうしたいの?

何が骨太か・・・・骨抜きの間違いではないの?(笑)

選挙が近くなると、今までの方針が一変するのは自民党の常
套手段だとは分かっているが、あまりに露骨な方針転換は、こ
の国をどういう国にしたいのか、どのような未来を描いているの
か、国民にちゃんと説明してもらわなくては困る。

100年に一度の経済危機が、格好の口実になっているがいか
にも、選挙目当て、これによって少しでも自民党への票が伸びる
ようにと思っているのがミエミエだ。

日本郵政社長の西川続投を閣僚が了承したと言うが、麻生首相
は民間会社の人事に政府がいちいち介入するのは、おかしいと
いっていたような気がするが、結局は新しい佐藤総務相から続
投方針について説明を受けた首相本人が即座に了承したと言う
から結局は、政治が介入しているではないか。
いう事が、その場その場のご都合主義で困ったものだ。

一方、自民党議員の節操のなさにも、いい加減うんざりだ。
今度の総選挙に麻生では戦えないからと、山本なにがしが総裁
選前倒しに対する賛同者集めをしていると言う。
総裁選前倒しに必要な216人の半数に達したそうだけど。。。。

何度、○○では選挙に戦え無いと行ってきたら気が済むのか。
それも自分達がこれで選挙に戦えるからと言ってきた人物を。

エイッ 愛の一押し

過去、自民党内だけの理屈だけで、国会を停止してまでも、仲
良く同じバスに乗って全国行脚をする姿を、御用テレビ局が連日
放送して来た。

安倍は若くて活きがよいからと、みこしに担ぎ上げたものの、重
圧に耐え切れず、心だか、お腹だかが拒否反応を示して、政権
を放り投げ、次に福田も創価学会の抵抗に嫌気が差して突如、
政権を投げ出し、今度の麻生もまったく首相の器ではないにもか
かわらず、最後の砦とばかりに神輿に担ぎ上げた。

はっきり言って、選出する方の見る目の無さは、いかばかりか。
国民に信を問う事無く三度も自民党内の勝手な理屈で選んで来
た総裁が、まったくの役立たず、首相の器でなかった事を、反省
する事無く、この首相の下では、選挙に戦えないと・・・・

よく言うよ。
これも駄目だった、これも駄目だった、ついでにあれも駄目だった。
今度は、あの人なら良いだろうと?
これではまるでわがままな子供の理屈だ。

総裁選前倒しを言い出す議員も議員だけど、それに賛同する議
員も議員だ。
あなた方、一体どちらを向いて政治をしているのかと言いたい。
それでも4度目を言い出す議員達。今度は舛添だって。
恥ずかしいと思わないのだろうか。日本の政治が低レベルと言わ
れるゆえんだ。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


              愛の一押し

を切にお願いしますm(__)m  苦戦してます^_^;

にほんブログ村 ニュースブログへ  ← クリックしてね(^^)



☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪




| | | コメント (6) | トラックバック (0)

2009.06.22

あの与党より新聞でも内閣支持率急落17・5% 

これは末期的症状か・・・・・
任期満了まで、あと数ヶ月を残すのみとなってしまった麻生政権
今のジリ貧状態は早くから言われていた事で、こうなればもっと
早くに解散総選挙をやっていればと思った事だろう。

あの、与党大好き産経新聞と、同じような意識構図のFNNの世
論調査が発表されたが、目を覆うばかりの惨状だ。

>産経新聞社とFNNが20、21日に実施した合同世論調査で、
麻生内閣の支持率は17・5%と前回調査(5月17日実施)から
9・9ポイント急落、不支持率は11・8ポイント増の72・7%となっ
た。

他の報道ならいざ知らず、偏向報道も何のそのの、産経新聞で
さえ、この体たらくはもう一部国民からも見放されたのだろうか。
当初選挙管理内閣として発足したはずの麻生内閣。
それが ”100年に一度の経済危機” を良い事幸い、国民の信
を問う意識など微塵も無く、居座り続けたのが失敗の元だった。
唯一、自民党が元気付いたのは、年が開け、降って沸いたような
”小沢秘書逮捕” その時は、待ってましたとばかりに、政治家、
検察、メディアと、総力で小沢追い落とし、ネガティブキャンペー
ンにいそしんでいた。

エイッ 愛の一押し

渦中の一ヶ月間は、暴風雨のような状態で、民主党の株は地に
落ちたかに見えた。
今から思うと、最後の手段として姑息と思われてもその時に、総
選挙をやっていれば少しはどうかなったと思うのだけど。。。。。

こういう”100年に一度の経済危機” だからこそ、根本的にシス
テムなり、考えを思い切って未来を見据えたものに変更していた
ら少しは国民も評価したものを、一貫して旧態依然とした自民党
お得意のただのバラマキがミエミエの政策では、たとえ恩恵に預
かったとしても、誰も評価しないと言う恐ろしい現実を突きつけら
れている。

今では、身内の大臣が瓦解崩壊状態で、一人の大臣が二つも三
つも兼任では内閣の体をなしていないし。

麻生首相は、何度も挑戦してようやく自民党総裁に当選した身だ
から、ここは、どんなことがあっても政権にしがみ付いていたいの
だろうけど、リーダーシップも無ければ、指導力も無い、決断力も
無い、無い無い尽くしの人間に居座られているこの国の経済も国
民も、”失われた一年” にならなければ良いが。。。。。

ご本人はいたって楽観論者というから、雲の上の人と言うか、あさ
っての人と言うか(笑)


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


              愛の一押し

を切にお願いしますm(__)m  苦戦してます^_^;

にほんブログ村 ニュースブログへ  ← クリックしてね(^^)



☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪




| | | コメント (11) | トラックバック (0)

2009.06.21

昔もらったラブレターを表に出すなと言うが。。。。

鳩山弟に対して、自民党内で批判の的らしい。

>18日の自民党の各派閥総会で、日本郵政社長人事をめぐり
麻生太郎首相批判を続ける鳩山邦夫前総務相に対する批判が
相次いだ。
伊吹文明元幹事長は、昔もらったラブレターをオークションに出
すようなことはやめてほしい」と述べ、鳩山氏が、日本郵政社長
の後任候補を提示した首相の手紙を公表したことを批判した。

まぁ、自民党としては、麻生内閣支持率がた落ちになった元が
鳩山弟の、麻生首相からの日本郵政社長の公認候補を提示し
た手紙を暴露したり、その前から公然と社長批判を繰り広げて
いたり、麻生首相が喧嘩両成敗どころか(それもおかしいが)社
長は未だにその座に座り、身内の内閣である鳩山弟の首を切っ
た事に繋がるのは、ほとんどの国民の知る所だ。

鳩山弟が総務相を辞任する時に、麻生首相からの書簡を白日
の元にさらけ出した事が、自民党議員達には気に食わないの
は分かるが、私達国民に取ってはとても面白いと言っては失礼
かもしれないが、重要な情報が表に出てきたことはとても喜ばし
い事でもある。

エイッ 愛の一押し

麻生首相は、
>個人との間に出された手紙やら文書やらというものが安易に
外に出される方がおかしい。

とも言っているようだが、あのラブレター騒動は、個人間のプラ
イベートな書簡ではなく、公の問題に関しての首相と大臣のや
り取りであったと言うのなら、公表されても仕方がないと思った
りもする。
別れた愛人が二人のプライバシーを暴露するのとは、全然意味
が違うんだからさぁ。。。。。

あの変人の鳩山弟だからこそ出来る技なんだろうけど。

自民党に取っては、一番バラサレテはいけない事が表に出たの
だから、それはご立腹だろうけど、あたふたしている自民党内が
あぶりだされて、とても面白い。

今や、政策についての評価は期待できず、身内からも造反され
て、唯一敵失によってしか政権浮上は考えられない自民党にな
ってしまった。
ようやく何十年も続いた一党独裁政治の落日の日が間近かに迫
っているのが、ひしひしと感じられる今日この頃だ。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


              愛の一押し

を切にお願いしますm(__)m  苦戦してます^_^;

にほんブログ村 ニュースブログへ  ← クリックしてね(^^)



☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪



| | | コメント (8) | トラックバック (0)

2009.06.20

検察の「天の声」は選挙妨害ではないか

麻生内閣の支持率がジリ貧で、どんどん下がり続ける。

政府与党の政策は、旧態依然のバラマキばかりで、昔ならいざ
知らず、国民はお金は貰うが、それに対して何の評価もしない。
政策面での効果は期待が出来ないと、こうなったら、敵失だけが
唯一の政権浮上のの足がかりだ。

そんな所へ、西松事件の前社長の初公判があった。
検察は小沢事務所からの「天の声」があったとし、大久保秘書
の内容調書まで朗読して悪質性を強調したと言う。
検察側は、大久保秘書の生々しい献金交渉まで引き合いに出
したと言うが、前に大久保秘書が自白したと報道された事があ
るが、その時も弁護人は、そんなことは事実無根だと発表した。

天の声があったと言うなら、大久保秘書の罪状が政治資金規
正法の虚偽記載と言うのが解せない。
何で談合の罪で起訴しないのか。
これは、体のいい選挙妨害ではないか。

今回も検察の主張を受けて、弁護団は猛抗議をしている。

エイッ 愛の一押し

>検察官の主張は、ゼネコン関係者の一方的な供述に基づくも
のに過ぎません。しかも、受注業者の選定に決定的な影響力
、などという、極めて抽象的な内容に終始しています。それを具
体的に裏付ける証拠も何一つ出されていません。

今の時点で、検察の言い分がすべて正しいとは言えないし、ゼ
ネコン関係者の供述で、大久保被告を一方的に断罪する事が
出来るのだろうか。
欠席裁判をし、検察が正しいとする主張はいかがなものか。
今の段階で、検察は正義と言う構図は成り立たないのだと思う。
警察だって検察だって、暴走をするときはする。
裁判所だって、国に不利な判決は出さないのが一般的だし、現
に、足利事件は、警察、検察の暴走で、無実の人が17年間も投
獄されて、ようやく警察・検察の非が明るみに出たばかりだ。

政府与党は、このときとばかりに検察は正義と言う構図に持って
行きたいのがミエミエで、小沢氏批判に明け暮れだした。
”推定無罪”もなにもあったものではない。
そして、またぞろ、説明責任をしろと。

オイオイ、敵失でしか政権浮上が期待できないのかい!!
”人の振り見て我が振りなおせ”だ。
小沢は金に汚い、金丸時代から云々と、過去の話を持ち出す前
に、自民党で色んな議員が違法献金ではないかと告発されたり
取りざたされているのを、思い出したほうが良くはないか?

まぁ、自分達は内閣官房副長官のウルマが付いているから、火
の粉は降りかからないだろうし、選挙までは安泰だろうけど
(笑)


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


              愛の一押し

を切にお願いしますm(__)m  苦戦してます^_^;

にほんブログ村 ニュースブログへ  ← クリックしてね(^^)



☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪




| | | コメント (11) | トラックバック (0)

2009.06.19

臓器移植法A案が衆議院を通過したが。。。

あまり複雑すぎて素人的感想をしか出てこない。

この臓器移植法改正は、何時間も審議されたのだろうか。
私的には、唐突に法案が出てきてすぐさま、A案が可決された
ような、不思議な感じがする。
映像で映し出せれる、衆議院本会議場での傍聴者の人、人、人
祈る人あり、涙を流す人ありで、一種独特の雰囲気だ。

A案、B案、C案、D案と、4つの案があったけども、最初のA案が
賛成多数で可決されたために、残る案は採決されなかった。

国内で移植提供がなかなか進まない現状では、海外に移植を求
めざるを得ない家族に取って、今回の改正は待ちに待った一歩だ
とは分かる。
だからこそ、傍聴している人の中に涙を流す人が多数いたのだろ
う。
これで死なずに済む命もあると。

患者や家族に取ってはさぞや、嬉しい出来事だろうと思っていた
ら、この法案に反対する人も紹介されていた。
脳死=人の死。は、受け入れられないと。
どうしても温かい体を死とは考えられないと。

エイッ 愛の一押し

脳の状態は元に戻らないし、いずれは心停止に行くとは言うが、
赤の他人でも、手も足も体も、温かい状態の人を死んでいるとは
思えないのに、家族や身内に取ってはなおさら受け入れる事が
出来ない人も、それは沢山いるだろう。
これほど、賛否両論、両極端の考えが存在するとは。

ひいては、日本人の死生観にまで行き着くのだろうが、欧米のよ
うに、脳死=人の死。とはっきり割り切る事が出来るのか。
死生観の議論の無い所での、今回の衆議院通過は、改めて私
達に、命の重みを突きつけた。

移植を切望している人たちに取っては、一刻も早く法律になって
救える命を救って欲しいだろうし、それでも温かい体を持っている
人の脳死状態を人の死とは受け入れられない人もいるだろうし。

本当はどの法案がベストなんだろう・・・・・・
それともベターを選ぶか。

WHOでは、日本人が海外に移植を求めるのをいさめているとも
聞くし、自国で賄えるものは、賄うようにとか。
そう言われればそう言うような気もするし、脳死状態になってもま
だ生きていると必死に思う家族の気持ちも分かるし、なんだかと
ても、切ない・・・・・・


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


              愛の一押し

を切にお願いしますm(__)m  苦戦してます^_^;

にほんブログ村 ニュースブログへ  ← クリックしてね(^^)



☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪




| | | コメント (7) | トラックバック (1)

2009.06.18

検察のえこひいきが明るみに、二階氏側不起訴は不当

やはり、検察の捜査は自民党有利になっていた。

先だって、漆間官房副長官が西松問題真っ最中の時に”自民党
議員には捜査は及ばない”
とオフレコ発言をした事が、事の発端
だった。

虚偽記載で逮捕された小沢秘書と同じような構図の、自民党議
員はわんさかいるにもかかわらず、官房副長官の発言は、著しく
国民の政治不信を増大してしまった。

案の定、東京地検は二階の政治団体

>「新しい波」が04~06年、西松建設からダミーの2団体名義
で計838万円のパーティー券代を受領していた問題で、当時の
会計責任者らを不起訴とした。

同じ構図でも、一方では任意の事情聴取をすっ飛ばして、
いきなりの逮捕。
一方では、お咎めなし。

誰が考えても、あのウルマの意向が検察に浸透していると考え
るのが常識的だろう。
二階陣営を不起訴とした東京地検の処分を不服とした、政治資金
オンブズマンは、東京検察審査会に審査を申し立てた。

>東京第3検察審査会は前社長の国沢幹雄被告を起訴猶予とし
た東京地検特捜部の処分を「起訴相当」と議決した。議決は16
日付。当時の会計責任者で元国家公安委員長、泉信也参院議
員や担当者らの不起訴処分については「不起訴不当」とした。

エイッ 愛の一押し

しかしながら検察審査会には、正義があった。
誰が考えても、小沢秘書と同じ構図なら、小沢秘書だけ逮捕、二
階陣営だけ不起訴では、納得が出来ないだろう。

東京第3検察審査会の議決書によると

>政治にかかわる問題だけに、すべてを公の法廷で説明した方
が国民全体が納得する」とした。一方、泉議員ら二階氏側につい
ては「捜査が尽くされているとは到底言えない。現在の日本に強
い政治不信が見られるという政治状況を踏まえると、さらに踏み
込んだ捜査が期待される

この議決書が、私達国民の思いを充分に語っている。
それでなくても、政治不信が充満している今の日本に、いかにも
片手落ちと思えるような捜査がなされていては、ますます政治不
信に拍車がかかると言うものだ。
こんな事がまかり通るようでは、与党に取って都合の悪い人間は
いつでも検察の手によって、拘束されかねない恐ろしい社会にな
ってしまう。

それが、この大々的なニュースをメディアは流さない。
ネットで注意深く見ていないと分からないのだ。
西松事件の時は、嘘が本当か分からない検察リークを延々と流
し続けていたメディアが、国民に取ってこんなに大事なニュース
を報道しないとは。。。。。

やはり忘れやすい国民性を利用して、よりインパクトの強い逮捕
をぶち上げて、後は尻切れとんぼか、うやむやと言う作戦に出た
のだろうか。
という事は、小沢秘書逮捕報道の裏ではメディアも、官僚も、政
府与党も一枚も二枚も噛んでいたという事にならないだろうか。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


              愛の一押し

を切にお願いしますm(__)m  苦戦してます^_^;

にほんブログ村 ニュースブログへ  ← クリックしてね(^^)



☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪




| | | コメント (5) | トラックバック (0)

2009.06.17

麻生VS鳩山、二回目の党首討論、軍配はどちらに?

国会内は、フラッシュの嵐になっている。
二回目はどちらに軍配が上がるのか、興味しんしんだ。

鳩山代表は、一発目からぶちかました。
郵政人事に対して、麻生首相のリーダーシップや判断力を問う
質問だった。
相も変わらず、のらりくらりとかわす首相。
民間会社の人事に政府の介入はありえないと。
国が100パーセント株式を所有していて、総務相が社長の認可
権を持っていては、真の民間会社とは言えないと思うのだが。。。
半官半民のどっちつかずの存在を、民間会社だから社長人事に
に、口は出さない、だから大臣を切ると言うのもおかしな話で。

そして、又麻生首相得意の民主党攻撃の最骨頂は、財源論だ。
与党が野党になったのかと思うような、財源に対しての公開質問
状を出してみたり、財源はどうするのだと詰問したり。

結局は、自民党の場合、財源はいつも赤字国債発行で賄うだけ
で、この国は大赤字国家になってしまった。
民主党が4年間は無駄遣いを徹底的に洗いなおすと言っている
にもかかわらず、それを冷笑する政府与党。
国民の為に、官僚システムをぶっ壊すと、困難な挑戦をしようとし
ている党に、初めから駄目だ駄目だと言う党。

エイッ 愛の一押し

無駄遣いや、優先順位を見直すと言っても、鼻で笑ったり、納得
が行かないと言うのは、自民党には見直す気もないし、天下り
を、根本から変える気もないのだろう。

自分たちのして来た政策のツケが回って、財政赤字になっている
のに、民主党には財源を示せと言う。無責任もいいところだ。
自分たちは官僚の操り人形そのものの無責任体質で、政権を取
ろうとする党にはやけに厳しい責任追及は、すごい違和感がある。

”自民党と同じく赤字国債で財源を賄います。”と言ってやったら、
どんな反応をするのだろう。
反論できるのだろうか。
”それなら、わが党と同じではないですか”とは口が裂けても言え
ないだろうし(笑)

それにしても、党首討論の時間は、なんで45分間と限定してい
るのだろう。
一つか二つにテーマを絞り、徹底的に党首の違いを浮き彫りに
するほど、時間を割いて討論をすれば良いと思うのに。
なんだか、いつも消化不良に終わる。
これでは生煮えのご飯を食べさせられているようで、まったくもっ
て、オイシクナイ。
長ければ長いほど、突っ込みどころ満載になるだろうに。

しかし、麻生首相、絵・画のことを、”えが”と言ってなかったか?
私の耳が悪いせいなのか、”えが”と聞こえた気がする。

******************* 訂正 ************************
もう一度聞き返したら、アニメの殿堂だけに、絵・画 え・が
でした。
麻生首相は間違っていませんでした、謝罪致しますm(_ _)m


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


              愛の一押し

を切にお願いしますm(__)m  苦戦してます^_^;

にほんブログ村 ニュースブログへ  ← クリックしてね(^^)



☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪



| | | コメント (9) | トラックバック (1)

きょうmyuuが退任した(BlogPet)

きょうmyuuが退任した。

*このエントリは、ブログペットの「myuu」が書きました。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.16

郵政社長人事、分かりやすいなあ、首相のノーコメント

盟友 鳩の最後っ屁か・・・・

総務省で退任の記者会見を開き
>麻生太郎首相から今春の段階で、日本郵政の西川善文社長
の後継候補を記したリストを受け取っていたことを明らかにした。
>首相は「西川後継の人事でお悩みではないかと思う。ついて
は、自分なりの考えで後継にふさわしい人が何人かいるから、リ
ストを同封します」との手紙を送ってきた。

鳩山弟は、これですっかり麻生首相をよりいっそう信頼したのだ
ろう。
しかし、政治の世界は一寸先は闇とは、よく言ったものだ。
あんなに信頼していた麻生首相に、すっかり裏切られてしまった
鳩山弟は、麻生首相からの手紙の内容を暴露してしまったのだ。

その日の夕方、ぶら下がりの会見で、首相に事の真意を問いた
だしたら、麻生首相は笑顔で”コメントはありません” ”ノーコメン
ト”
と言っていたが、鳩山弟の会見の内容がまったく違っていたら
あの首相の事だ。語気も荒く、事実無根の発言だ”と言う筈では
ないか。

エイッ 愛の一押し

それが”ノーコメント”を繰り返す麻生首相は、本当に分かりやす
い人間だ。
それしか、言いようが無いもんなぁ。。。。。。

麻生首相のリーダーシップの無さがこの郵政人事を殊更に大き
くしたのだろうけど、本質は自民党内でも、郵政民営化に反対の
勢力も多数いることにもあるのではなかろうか。
表向きには、自民党議員は郵政民営化賛成と言う立場にあるが
賛成か、反対かで踏み絵を踏まされた議員は多い。
選挙に勝つために、勝ち馬に乗った議員も多いだろう。
だからこそ、表向きには小泉構造改革の象徴的な存在の西川
社長を切れなかったのだろうけど、麻生首相は国会で、”私は郵
政民営化には反対だ”
と言っていたから、ものすごい矛盾がある。

結局は選挙の大恩人を切り、西川社長が残った。
そして、支持率も急落した。

この期に及んで自民党は、内閣改造だとか、総裁選挙前倒しだ
とか言い出した。
麻生降しが、公然と始まった。
その心は、自分たちが選挙に戦えないと言う一点だけで、国民
の生活や国の財政はどうでも良いという事なのか。
この浅ましい姿は、政治は二流、三流と言われて来たゆえんだ。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


              愛の一押し

を切にお願いしますm(__)m  苦戦してます^_^;

にほんブログ村 ニュースブログへ  ← クリックしてね(^^)



☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪




| | | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.06.15

麻生内閣の支持率が激減!またジリ貧に。。。。

世論調査というものが本当に世論を反映しているのか、変だと
思ったことも、しばしばだけど。。。。。

小沢秘書問題がメディアの格好の材料になり、連日連夜、ある
事無い事、書きたてられている時には、なるほど、民主党の支
持率は大幅に下がったが、それに乗じて内閣支持率が上がった
ように見えた。
が、それは官僚が裏で工作をしメディアがアシストし、敵を貶めた
結果上がっただけで、政策が認められたからとか、首相に全幅
の信頼を置いたから上がったのではなかったと、私は思っている。

>日本テレビが12〜14日に行った世論調査によると、麻生内閣
を支持率は先月より9.4ポイント減の23.5%、不支持率は11ポイン
ト増の61.7%となった。
JNNの調査でも、内閣支持率は先月より7ポイント減の24.4%とな
っている。
毎日新聞が13、14日に実施した世論調査では、麻生内閣の支持
率は前回から5ポイント減の19%となり、再び1割台に突入した。

エイッ 愛の一押し

どの調査も、25パーセントを割り込んでいるから、大体妥当な線
と言えるのだろうか。
どの調査も、前の悲惨な支持率に逆戻りしつつあるのは確かで。

そんなところに、14日に行われた千葉市長選挙では、民主推薦
の熊谷俊人氏が当選した。

笑っちゃうのが、負けた時の自民党の対応が

>直接国政に影響するとは考えていない

で、これが自民系が勝利した時には

>総選挙に弾みがついた。

負け惜しみなのか、現実を直視したくないのか、本当にそう思っ
ているわけではないのは確かだろうけど。。。。。
次の静岡県知事選、東京都議選の結果、官房長官や選対委員
長、副委員長の反応はどうなるか、どういう会見になるのか。
ある意味、楽しみではある。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


              愛の一押し

を切にお願いしますm(__)m  苦戦してます^_^;

にほんブログ村 ニュースブログへ  ← クリックしてね(^^)



☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪



| | | コメント (7) | トラックバック (3)

2009.06.14

つくづく呆れた麻生首相の街頭演説

明るさがとりえと言われているが、ただの能天気だけの人だと思
っていたあの麻生首相。
あまりのアホらしさに脱帽の麻生首相の街頭演説だった。

>麻生太郎首相は13日、長野県内の2カ所で街頭演説し景気
対策として実施した定額給付金や高速道路料金の休日値下げ
などを挙げ、「半年で予算編成を4回やった人はいない。自民党
は責任ある仕事をやっている。今後もこういう政策をやり、私は先
頭に立って頑張っていかなければならんと決意を新たにした」と
強調した。
>第一声は、自らの手で衆院選を解散し、自民党の勝利に向け
全力を尽くす決意を表明した。

第一声は”自ら手ので、衆議院を解散し”と言っているようだが、
又いつもの”風呂敷”が出たか。。。。。(笑)
どれだけ”解散権は俺にある”とか、”自らの手で解散をする”
か言っても、決断力も、リーダーシップも無いような、首相が自ら
の手で何かをする事も無かったし、これからも無いだろう。
それほど、この麻生首相と言う人間は決断力のかけらも首相と
しての資質にもかけるように見える。

郵政人事も、西川社長だけが残り、結局は鳩山弟は辞任をして
しまった。
この一連の騒動も、首相の出番はいくらでもあった。
が、最後の最後まで動けなかったのか、動く気がなかったのか、
動くことは無かった。

エイッ 愛の一押し

そして、この決断力皆無の首相は、半年で4回も予算編成をした
ことが手柄だと思っているのか。アホらしい。。。。。。
私は、政策の失敗を補う為に予算編成はあるのだと思っていた。
その伝から行けば、4回も補正をすることは、自分たちの政策は
失敗だったという発表しているようなものではないか。
それを、国民を騙すような事を平然と言い、いかにも自民党の政
策が素晴らしいとの演説は、騙される聴衆もいるのだろうが、4度
の予算編成は、決して褒められることではない。

いくら頑張ると言っても、官僚に乗せられたような官僚本意の政
策ばかりで、何をがんばると言うのだろう。
結局は、頑張れば頑張ると言うほど、国民の民意とはかけ離れ
た方向へ進んでいっているような気がするのだ。

日本世論調査会が、6~7日に実施した、「政治意識」に関する
調査では、

>今の政治で何が問題かでは、税金の無駄遣いが多いが63パ
ーセントでトップで、政治、行政を担う政治家と官僚を信用してい
ないとの回答が、76パーセント、78パーセントに達し、政治不信
に加え、官僚に対する信頼も大きく揺らいでいる。

としている。
国民は、今の政治にも官僚にも信用性を置けないのだ。
だからこそ、もうそろそろ官僚の手の平で泳がされている自民党
政治から脱却したいと考えている人も多いのではないだろうか。
決断力の無い麻生首相でも、今の政権を維持しようと思っている
のだろうけど、これだけ問題が噴出していては、どう考えても政権
は末期症状になっている。
この首相は、今の自民党を取り巻く世の情勢が分からないのだろ
うか?
分からないとしたら、本当にアホだ。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


              愛の一押し

を切にお願いしますm(__)m  苦戦してます^_^;

にほんブログ村 ニュースブログへ  ← クリックしてね(^^)



☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪



| | | コメント (12) | トラックバック (0)

2009.06.12

喧嘩両成敗とも言われていたが、結局は鳩山辞任

郵政人事が、ぐっちゃぐちゃに・・・・・

一時は、喧嘩両成敗とも言われていたが、なんで喧嘩両成敗な
の?。
鳩山弟は西川辞めろと言い、西川社長は自ら辞任する意思なし
と言っていたが、結局は、鳩山弟が辞任してしまった。
この顛末も?????何がなんだかさっぱり分からない。

これで、郵政民営化も ”臭いものに蓋” をして決着をするのだ
ろうか。

>山邦夫総務相は12日午後、首相官邸で麻生太郎首相に会い
、日本郵政の西川善文社長の続投に反対している問題にけじめ
をつける形で辞表を提出し、首相はこれを受理した。事実上の首
相による更迭だ。

事実上の更迭と言っても、麻生首相はいつも、どんな時も自ら決
断を下した事はない。
中川の時も、鴻池の時も、相手が辞表を持ってくるまで、のらりく
らりとかわしているだけだ。
私は、小泉さんは支持している訳ではないが、小泉さんはかつて
小泉内閣のためにならないと田中真紀子を更迭した。
その時は小泉内閣の生みの親に、なんて非情なと思ったものだ
が、内閣内で不協和音が生じる場合は、トップがリーダーシップ
を発揮して、苦渋の決断をしなければいけない時もある。
悪者になっても決断をしなければいけない時はする。
更迭の中身や是非は置くとしても、首相ともなれば決断力は、必
ず必要となるのではと思う。

エイッ 愛の一押し

麻生首相の場合は、まったく決断力とは縁がないように思ったり
もするのだ。
選挙管理内閣として発足したはずの麻生内閣は、”100年に一
度の経済危機”
 を言い訳にして、いつまでもずるずると、居座っ
ているような印象ばかりが残る。
閣僚の不祥事にしても、相手を外堀から埋めて辞任せざるを得
ないように仕向けているのか、自らの表立っての動きはない。

鳩山弟辞任で、首相の求心力が低下するとのは避けられないと
の声もあるが、これは中川の時も、鴻池の時も言われた事だ。
一般的に言っても、普通に学習能力があれば、中川の時に散々
言われたら、次には更迭とか罷免とかすると思うのだけど。
それが鴻池も、鳩山弟にも、中川と同じような対応は、麻生首相
には、リーダーシップも決断力もまったく備わっていないという事
にならないか?

求心力低下も自ら招いている事で

>麻生内閣での閣僚の辞任は、首相の盟友で知られる中川昭一
財務・金融担当相に次いで3人目。
鳩山氏は、首相を支える国会議員による「太郎会」の会長を務め、
過去3回の総裁選で首相を支持する中心人物の1人だった。

首相を支える中心人物4人が、内閣から去っていった。。。。。
麻生首相は、やはり裸の王様か?


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


              愛の一押し

を切にお願いしますm(__)m  苦戦してます^_^;

にほんブログ村 ニュースブログへ  ← クリックしてね(^^)



☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪



| | | コメント (11) | トラックバック (0)

2009.06.11

静岡空港、開港1週間で早くも70パーセント割れ

すったもんだで開港した静岡空港

>静岡空港は10日、開港から1週間を迎えた。同空港に就航し
ている国内・国際便で唯一、搭乗率が70%を下回った場合、県
が支援金を支払う「搭乗率保証」の対象である日本航空福岡便
は9日までの6日間で67%にとどまった。


まだ一週間が過ぎたばかりの静岡空港。
搭乗率が70パーセントを切った場合、県が搭乗率保障を払う約
束は、早くも履行する事になるのだろうか。
普通、どんなお店でも開店したばかりの時はご祝儀で、客足も延
びると思うが、

>土日を含む7日までの搭乗率は68・5%で、平日の8、9両日
も低迷した。
来年3月末までに70%を下回った場合、県はJALに1%につき
約3800万円を支払う計算で、仮にマイナス3%になれば1億円
超を県税で補てんすることになる。

あららら・・・・土日が入っても70パーセント割れ。
いつも役人が作った試算はほとんど現実的ではないが、開港一
週間で早くも現実の厳しさが分かったのではないだろうか。

エイッ 愛の一押し

大体が、これだけ新幹線が発達をして、高速道も整備されていて
何で、一県に一空港が必要なのか、まったくわからない。
空港も、市街地では住民の反対にあって建設できないのは常識
で、新たに海上に作るか、めちゃめちゃ辺鄙な山の中と相場は決
まっている。
そこまで行くのには、時間も大幅にかかる。
それに飛行機の場合、出発時間よりも相当早く着いて搭乗を待っ
ていなければならないのも、苦行だ。

日帰り出張などの場合、時間に追われて、便利さになれた現代
人が、わざわざ早起きして、何時間も前に空港まで行って、搭乗
するのかも疑問だ。時は金なりということもある。
私なら、新幹線で行く。

住民の反対にもかかわらず、空港を開設したのだから、黒字にな
って当たり前で、赤字になった場合、またまた税金で補填しなけ
ればいけないとは。。。。。

マイナス3パーセントで、一億円超の税金が、どぶに消える。
余ほど、企業努力や、戦略を考えなければ、すぐに厄介な箱物に
なるのは目に見えている。
採算性は度外視して、やたらと箱物を造るのが好きなこの国の体
質は、本当に困ったものだ。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


              愛の一押し

を切にお願いしますm(__)m  苦戦してます^_^;

にほんブログ村 ニュースブログへ  ← クリックしてね(^^)



☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪



| | | コメント (9) | トラックバック (1)

2009.06.10

骨太の方針、収支黒字化10年先延ばしは消費増税の伏線

骨太の方針と言っても、結局は消費税増税ありきだ。

>11年度までの実現を目指してきた借金に頼らず財政運営で
きる状態を示すプライマリーバランスの黒字化は、「今後、10年
以内」の達成に先送りされ、財政再建への道はさらに伸びた。
>財政健全化の「一里塚」と位置付けられてきた11年度までの
基礎的財政収支の黒字化目標は、景気悪化に伴う税収不足や
相次ぐ経済対策による国債発行が積み重なったため、断念。

小泉首相時代、11年度までに黒字化といって財政再建計画は
は、またまた10年後に先送りだと。。。。。
先延ばしになった格好の材料は、”100年に一度の経済危機”
多分、100年に一度の経済危機があっても無くても、政府与党
には、財政再建に本気で取り組もうとする気はないのだろう。

今までだって、根本的に対策をするでもなく、財政が苦しくなると
国債発行が錦の御旗のようにして使われてきた。
今回も、補正予算が4度も行われ、それがことごとく官僚の案を
丸呑みにして予算をつけている。
これではいくらお金があってもたりるわけが無い。

エイッ 愛の一押し

大体が経済諮問会議のメンバー自体が、大手企業の経営者だ
ったり、政府の御用学者だったりすれば、行き着くところは消費
税になるのは、当然の事で、会議をしなくても結果は分かりすぎ
るくらい、分かっていると言えないだろうか。

>同日の諮問会議では、23年度の期間までに、基礎的財政収
支の黒字化を実現できるかを調べた試算を内閣府が提示した。

いつも思うのは、政府の試算というものが、いかに政府に都合の
良い試算か、増税ありきの試算と言うのがミエミエで嫌になる。
消費税12パーセントで財政黒字化の目標達成と言うが、たとえ
消費税を上げたとしても、この国の財政は本当に健全化するの
だろうか。
前の消費税を3パーセントから5パーセントに上げる時も、福祉目
的税にするとか言っていたと思うが、どうもなし崩しに使われてい
るらしい。
結局は、官僚達の天下りや、無駄遣いの方に使われてしまって
本当に財政健全化を、するとは思えないのだ。
そして、その時には又、先延ばしと言えばよい。
今の10年後先延ばしだって、世襲制度を次の次からとか言うの
も、誰も未来に対して責任を持たない、持てないという事ではな
いか。
自民党お得意の伝家の宝刀、”都合が悪くなると先延ばし”(笑)

そうやって、どんどん国が沈没していくのだろう・・・・・
自民党は、選挙の前になると、いつもバラマキバラマキで、財政
大赤字にした責任を、本当に感じているのだろうか。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


              愛の一押し

を切にお願いしますm(__)m  苦戦してます^_^;

にほんブログ村 ニュースブログへ  ← クリックしてね(^^)



☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪



| | | コメント (5) | トラックバック (0)

2009.06.09

全盲日本人ピアニスト、国際コンクール優勝、本当に嬉しいニュース

もう、北朝鮮情報は良いよ。。。。
キム正日の後継が、次男だとか三男だとか。
何時間もかけて報道する話?
しかも、三男の写真が小学生当時の丸ぽちゃ一枚しかない(笑)

どうでも良い話は置いといて。。。。。。
昨日は、本当に感動的なニュースが流れてきた。

>アメリカ・テキサス州で7日に開かれた「ヴァン・クライバーン
国際ピアノ・コンクール」で、全盲のピアニスト・辻井伸行さんが
優勝した。日本人では初めての快挙となった。

辻井さんの快挙は、日本人としてとても嬉しい感動的なニュー
スだったし、久々に私達の気持ちも晴れやかになった。
目が見えていても、中々国際的なコンクールで優勝する事は至
難の技だろうに、目が見えない人が譜面を見ることも無く、丸々
暗譜をし演奏している。
ただ、演奏するだけではなく、技術も内面も評価されたからこそ
優勝したのだろうが、何度見ても、素人から見たら天才としか思
えない存在感だった。
それも、若干20歳の、まだ少年と言っても良い様な初々しさも
見え隠れする。
私は、ただただ、感動の波に浸ってしまった。

エイッ 愛の一押し

しかし、冷静にかえって考えたら、芸術面で秀でようと思えばや
はり、先立つものは金銭ではないかと思っていたら、裕福なご両
親の元、稀有な才能が開花したと分かった。
才能と、それを導く土壌が相まって、世界へと飛び立てると。
いくら天才的な才能があっても、貧乏な家では学ばせる事も大
変だろうし、資金が続かない。

辻井さんは障害があっても、本当に良い環境の中で育ったのが
良く分かる。
これからも、演奏が楽しく苦行にならなければ、どんなに良いか。
世界を唸らせる、感動の渦に巻き込んでください。
本当におめでとう、私達も心から喜んでいます。

最後に、調べていくうちに、優勝したのは辻井さんだけではない
という事が分かった。

>第1位:辻井伸行(日本)・Haochen Zhang(中国)
>第2位:Yeol Eum Son(韓国)

3人で写る写真を見ていて、私はてっきり周りの二人は、二位と
3位だとばかり思っていた。
日本のメディアは辻井さんの優勝ばかりをクローズアップするが
優勝は二人だという事も、ちゃんと正確に報道するべきだ。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


              愛の一押し

を切にお願いしますm(__)m  苦戦してます^_^;

にほんブログ村 ニュースブログへ  ← クリックしてね(^^)



☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪




| | | コメント (5) | トラックバック (0)

2009.06.08

「対北、戦うべき時は覚悟を」と麻生首相、本当にそれで良いの?

>麻生首相は7日、東京都議選の応援で訪れた武蔵野市のJ
R吉祥寺駅前で街頭演説し、弾道ミサイルの発射準備を進める
北朝鮮に関し、「戦うべき時は戦わねばならない。その覚悟を
持たなければ、国の安全なんて守れるはずがない」と述べ、制
裁強化などで圧力を強める姿勢を強調した。

最近の麻生首相は、メディアと政府与党とのタッグにより、小沢
追い落とし成功に気を良くしたのか、又問題発言が目立つよう
になった来た。

戦うべき時は覚悟を持たなければ・・・などと言っている。
ネットなどでは、麻生発言に対して礼賛しているブログなども多
数見かける。

>一国の首相としては、 当然過ぎる対応
>戦争を賛美するわけではないけれど、強い日本であること
>言っていることは正しいと思うし、よくぞ言ってくれたと思う

等々・・・・・

エイッ 愛の一押し

麻生首相は、最悪の場合戦争も辞さないと言っているという事と
認識しての感想なんだろうか。
そして、戦争に借り出されるのは自衛隊の人間ばかりではない
し、ブログを書いているその本人が当事者になる場合もあると分
かっているのだろうか。

私は、戦いたくなんか無い。覚悟もしたくない。

少し前に、北朝鮮がミサイル発射のニュースが流れた時には、
自民党の議員達は浮き足立って敵基地への、”先制攻撃” も
ありうるなど発言をしていたが、麻生首相も敵基地への先制攻
撃は法的には可能だと発言していたそうだ。
吉祥寺での演説の根底には、麻生首相に、目には目を、核に
は核と言う発想があるのかも知れない。
 
”敵地への先制攻撃” をすれば、後はどうなるか火を見るより
明らかで、嫌が負うもなく、日本は戦争へと駆り立てられるのだ。
そうなった場合、麻生首相も、自民党議員も、第一線に立って真
っ先に戦う覚悟があっての発言なんだろうか。
そして、北朝鮮への制裁を強めるべきだと、政府も言い、国民
の声も高まっているようだけども、本当に制裁を強めれば効果が
上がるのだろうか。
今まで日本政府は強めるだけ強めてきたが、北朝鮮側の対応は
硬化するばかりだ。
失うものの無い北朝鮮に制裁ばかりを強めて、本当に効果が上
がるのか知りたい。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


              愛の一押し

を切にお願いしますm(__)m  苦戦してます^_^;

にほんブログ村 ニュースブログへ  ← クリックしてね(^^)



☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪



| | | コメント (12) | トラックバック (0)

2009.06.07

衆議院選挙に向けて迷える小泉チルドレン

>2005年衆院選で小泉首相(当時)が巻き起こした旋風に乗り
初当選した自民党の「小泉チルドレン」が次期衆院選に向け、苦
境に立たされている。

郵政民営化に賛成か反対かで、当時、小泉首相が強権を発動
して、自民党議員でも踏み絵を踏まされた議員は沢山いた。
小泉劇場と称して、落下傘部隊が郵政民営化に反対する議員
の地元へ降り立ち、メディアはそれを連日面白おかしく流し続け
結局は、衆議院選挙は自民党の大勝利で終わったのだ。
その、大勝利に貢献したのは、”小泉チルドレン” と称される議
員達だった。

ピンク色の服を着たおじさんのようなオバサンや、まったく政治と
は縁のないような杉村太蔵クンや、スーパーマーケットの親父、
その他マドンナ議員と言われる女性議員も、改革の花のように
言われ、やれ刺客だ、やれ改革だと・・・・・・
異常なほどのメディアの持ち上げ方だった。

国民は、”郵政民営化” に改革を期待したのか、落ちかけてい
た小泉さんの人気がこれで一気に上昇した。
当時の、小泉もチルドレンも、ものすごい人気ぶりだったのを
覚えているが、本当にこれでよかったのだろうか。
今もあまり変わっていないが、メディアの一方的な報道にすっか
リ、思考力を無くすか、思考力停止に陥ってしまう国民。
表面的な報道に、すっかり惑わされる人たちのなんと多い事か。
そして、一方が良いとなるとそちらの方へ、また悪いとなると多
数で叩く。
冷静に物事の本質を見ようとしないのはなぜなんだろう。

エイッ 愛の一押し

それを小泉さんに見抜かれて戦略を立てられたのだろうけど、日
本と言う国民性は、昔も今も変わらないという事なんだろうか。

次の衆議院選挙に向けて、”小泉チルドレン”達が苦境に立たさ
れていると言う。
それはそうだろう、自民党の数の中の一員に扱われただけで政
策とか、理念が優れていたから選出されたわけではないのだか
ら。
選挙に圧勝したお陰で、その後何度、強行採決をテレビで見て
きた事か。
野党の大反対にもかかわらず、後期高齢者医療制度を強行採
決した自民党議員が、その制度の施行時に、あまりの欠陥に、
国民の反発にあったら、その言い訳が”中身を知らなかった”と。
それを見聞きした時には、心のそこから失望したものだ。

結局、”小泉チルドレン”と言う、小泉シンパは法案を通す時の数
の力、その中の一人にしか過ぎないという事だろう。
せめて法案を強行的に採決する時ぐらい、法案の中身を知ってい
て貰いたいものだ。

その親でもある小泉氏は、さっさと自分は引退するが地盤は息子
に譲ると宣言をした。
小泉チルドレン達には、”荒波にもまれるのも政治の内だ” とか
冷たいお言葉(笑)

所詮、3分の2超の議席を持つ道具としての、存在感にしか過ぎ
ないことを、実感するしかない、小泉チルドレン達だ。

落日の日は近い。。。。。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


              愛の一押し

を切にお願いしますm(__)m  苦戦してます^_^;

にほんブログ村 ニュースブログへ  ← クリックしてね(^^)



☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪



| | | コメント (10) | トラックバック (0)

2009.06.06

林野庁、緑のオーナーで損害を受けた出資者が集団提訴

麻生首相は、選挙やるやる詐欺?
林野庁の緑のオーナー制度は、どんな詐欺?

>国有林の育成に出資し、伐採時の販売収益から配分金を受
け取る林野庁の「緑のオーナー」制度を巡り、出資者75人が
5日、「違法な勧誘行為で損害を受けた」などとして、国を相手
に、遅延損害金を含め総額約3億8800万円の国家賠償を求
める集団訴訟を大阪地裁に起こした。
>1人平均の出資額は約170万円だが受取額は約10万円だ
った。

170万円も出資して、受取額はたったの10万円?
これはひどいしすごいし、怒るわ。
どんな投資話にも、リスクは伴うものだと思うけど、誰しも国が
かかわっていればある程度安心と思う気持ちを利用していない
か?
どうも、募集パンフレットにはおいしい話ばかりで、リスクの方は
説明してなかったようだ。
これでは民間の詐欺師集団とまったく変わらない。
金を集めるのは良いが、運用能力があるのだろうか。
今まで、こういう事ばかりやってきて、国民の財産もなし崩しに
なくしてきたのだろうなぁ。。。。。

エイッ 愛の一押し

>訴状によると、木材価格は制度開始時には下落傾向で、「国
は元本割れの可能性を予見できたのに説明しなかった」と主張
している。

ここにも、国の見通しの甘さばかりが際立つ。
いつまで殿様商売をやっているのだろう。
道路の通行量や、年金の試算でも今の時代ありえないような、
官僚に取っては、大甘な試算をやって、平気で発表する神経。
いつの時代の試算をしているのか、ことごとく役人に都合の良い
話ばかりで、信用性に欠けているのも分かってきた。

官僚は頭が良いかも知れないが、こんなに時代に適応できなくて
真の頭の良さと言えるのだろうか。
我田引水の試算ばかり。

しかし、裁判は長く続くし費用もかかる。
例え賠償命令が出ても、その元は税金だ。
結局、私達の貴重な税金が、回りまわっているという事になる。
官僚が国民生活の安全安心を奪っておいて、誰も責任を取る事
無く、退職後ものうのうと、やれ天下り、やれ渡りだと。。。。。
本当に、なんだかなあ。。。。。。だ。

自公政権は、わが党こそ政権担当能力があると自画自賛をする
が、これで本当に政権担当能力があると言えるのだろうか。
官僚にいいように操られているだけではないか。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


              愛の一押し

を切にお願いしますm(__)m  苦戦してます^_^;

にほんブログ村 ニュースブログへ  ← クリックしてね(^^)



☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪




| | | コメント (10) | トラックバック (0)

2009.06.05

郵政社長人事、政府内は泥沼化、譲らぬ鳩山

>日本郵政の西川善文社長の続投をめぐる政府・与党内の暗
闘が泥沼化してきた。

西川日本郵政社長VS、鳩山総務相VS、麻生首相。
今の時点では、鳩山総務相の発言ばかりがクローズアップされ
て、麻生首相の意向はどうなんだろう。
最終責任者は麻生首相だと思うが、麻生首相の判断が少しも
分からない。

>鳩山邦夫総務相は政府が西川善文日本郵政社長の続投を
容認した場合の自身の進退について問われ、「辞任しない。
認可権限を持っている。政府が不正義に走るとは思わない。自
民党や今の内閣を信じており、そんなことは想像していない」と
強調した。

と言っているように、鳩山さんは西川社長の続投は正義の為に
ありえないと言っていて、6月29日に株主総会で西川氏が再
任されても認可しないとも言っている。
何が、鳩山総務相を、こんなにまで駆り立ているのか。。

この人がこれほど激怒していても、政府自民党内には、”西川
氏に辞任の意思がない限り、交代させるべきではない”
とか
”政治が民間に介入するべきではない”とかの冷ややかな意
見がほとんどだと言うから、どうも周囲から浮いていると言うか
孤立しているのかとも見えてくる。

>麻生太郎首相は河村建夫官房長官らに鳩山氏の説得を指
示し、事態収拾に乗り出したが、調整は難航している。

エイッ 愛の一押し

やっぱり、麻生首相は西川続投という事か。。。。
それなら、何も側近に説得をしてもらわなくても、首相自ら自分
の意見を言えば良いのに、誰に遠慮をしているのだろう。
こんな回りくどいやり方をしていたら、事態収拾どころか事が複
雑深刻化するだけではないか。
麻生首相に、リーダーシップはあるのか。

自民党がなんで鳩山総務相に批判的、冷ややかなんだろうと
思っていたら、財界との関係だそうだ。
>元三井住友銀行頭取で全銀協会長を務めた西川氏を3年前
に「三顧の礼」で日本郵政社長に迎えながら、本人の意思に反
し無理にクビをすげ替えれば、財界に総スカンを食らいかねない

財界と自民党は切っても切れない仲で、企業献金も多岐に渡り
莫大に貰っているだろうし、西川社長を切ればその蜜月関係に
もヒビが入りかねないと言うところだろうか。

あちらを立てれば、こちらがたたず。。。。。。 (笑)

自民党に取っては、西川社長の進退問題は、郵政民営化の是
非まで発展する恐れもありで、寝た子を起こす事になったら大変
という事で、臭いものに蓋をしたいのに、鳩山総務相は、その場
の空気を読めない人なんだろう。

なんだか、ドンキホーテのような人間にも見えてくる。
パンドラの箱を開けてしまったのだろうか。

小泉さんも、当時はヒーローのように持てはやされていたが、今
となっては、自民党に大きなガンを残してしまったのではないだ
ろうか。

よって、政府与党は、てんやわんや、泥沼化の様相になってしま
った。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


              愛の一押し

を切にお願いしますm(__)m  苦戦してます^_^;

にほんブログ村 ニュースブログへ  ← クリックしてね(^^)



☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪




| | | コメント (12) | トラックバック (1)

2009.06.04

足利事件、DNA鑑定により菅家さんついに釈放

こういう事もあるんだ。。。。。

足利事件とは、大まかに言えば1990年5月、栃木県足利市で
女児が行方不明になり、遺体で発見された事から始まる。

>アダルトビデオを多数所有していることと、聞き込みの刑事に
対して話した職場の経営者の「そういえば子供を見る目つきが
怪しかった」などという、心無い言葉により、犯人として目星をつ
けられ、以後一年間毎日尾行されることになります。

捜査は、真っ白の所から始まるかと思っていたら、どうも警察は
初めに犯人ありきで、先入観の固まりになっていたように感じる。
どうして、こうも簡単に一方の方向へ流れて言ったのだろう。

>1991年12月、「被害者の下着に付いていた精液とDNA型が
一致した」という理由で足利署に連行された上、刑事たちの言葉
の暴力や暴行などによって、その日の深夜、自白させられた。

一審、無期懲役
高裁、控訴棄却
最高裁、上告棄却

(亀山継夫裁判長以下、5人の裁判官の全員一致で上告棄却を
決定)

という事は、無期懲役が確定したという事になる。
だから、この菅家さんと言う人は逮捕から17年も塀の中にいた
のか。。。。。

エイッ 愛の一押し

今回は、再審請求で
>DNA再鑑定で「菅家さんのDNAと被害者の下着に付着してい
た犯人のものと思われるDNAの型が一致しなかった

格段に発達した科学の前には、いかに検察の頭が固くても、逆ら
えなかったという事になるのだろう。
権力を握っている方が、初めに犯人ありきと言う構図で捜査した
場合、一私人が無罪を立証するのは至難の業のように感じる。
今回は、強力な支援者がいて、粘り強く再審請求を重ねて、犯人
ではないと言う立証をしたから長い時間はかかったものの、救わ
れたが、目だたない事件の場合、個人で、警察、検察と戦うと言
う事は、最初からあきらめてしまうのではと思ったりもする。
権力が一方的に行使されたら、名もない市井の人を飲み込むな
んて、簡単な事だ。
結構、隠れ冤罪は沢山あるのではなかろうか。
裁判員制度は導入されたが、このような難しい裁判で、素人裁判
員が、ちゃんとした役割を果たせるのだろうか。

話を戻して、菅家さんのご両親は無罪を見届ける事無く、お亡くな
りになったと言うから、本当にお気の毒だ。
出来る事なら、逮捕される前に時間を戻したい位歯がゆい思いで
一杯だろうし、警察・検察に対しては煮えくりかえる思いだろう。
一方、被害者の家族身内も、今までは菅家さん憎しで固まった心
をどのように、なだめていくのだろうか。
菅家さんも、被害者のご家族も、失われた時間、年数は戻って来
ないし、やり場のない憤りをどこに、ぶつけるのだろう。
せめて、国が、検察が、組織の断罪をし、菅家さんに誠意を尽くし
謝罪をすると言うのが、これからに向けての第一歩になるのかと
思う。

☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


              愛の一押し

を切にお願いしますm(__)m  苦戦してます^_^;

にほんブログ村 ニュースブログへ  ← クリックしてね(^^)



☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪




| | | コメント (19) | トラックバック (0)

2009.06.03

世襲制限見送り、倒閣運動、自民はただ今迷走中

選挙前に口当たりの良い事ばかり言い出すのは、自民党のお
家芸中のお家芸だが、その中でも口当たりの良い”世襲制限”
は、当初は次からやると言っていたのが、結局は次の次から
だそうだ。

”ハア?次の次から? それってやる気がないって事ですよね”
普通に考えても、やる気があるならすぐにでもやる。
明日から。とか、今度ね。とかでやったためしがないのは世の
常で、内閣の中でもほとんどの人が世襲って事は、既得権益に
がんじがらめに縛られている。
自民党は、よほどの性根を据えない限り世襲制限は無理だろう。
お坊ちゃま、お嬢ちゃまの勢ぞろいする自民党には、本当に腹を
くくリ、庶民感覚で政治を実行する議員が何人もいいるとは思え
ないし・・・・・

私は、初めから無理だと思っていた。
案の定、掛け声倒れに終わってしまった。。。。。

しかし、なんだか虚しくなってくる。
権力の座に長年いれば、既得権はものすごいものがあるだろう。
権力を握ると、握らないでは、官僚からの待遇も”月とすっぽん”
だと言う。
現に、民主党が年金の現状を調べるに当たり、官僚に資料を出
せと言っても、難癖をつけて出し渋ったと言うし、長妻議員などは
自力で調査したと言うから、権力にいない党には官僚の協力は
まったくないといっても良い。

エイッ 愛の一押し

自民党は調査しようと思えば、いくらでも官僚の協力を得られる
立場にもかかわらず、調査のちの字もして来なかった。
やはり、自民党は、長年官僚に操られてきたのが、良く分かるし
既得権益は、なんとしても死守したいのだろう。

そんなところに、
>総裁選前倒しへ署名集め
町村派の山本拓衆院議員は2日、麻生太郎総裁(首相)の任期
切れに伴う9月の総裁選を、次期衆院選に先立ち実施するよう求
める署名集めを始めた。

と言うニュースが飛び込んできた。
もう、いい加減にしろと言いたい。
いつまで国民を馬鹿にして、民意を無視したら気が済むのか。
民意をえない、安倍首相は途中で病気(?)になり政権を投げ
出し、福田首相は公明党が口出ししすぎに嫌気がさし政権を放
り投げ、三代目の麻生首相は、箸にも棒にもかからない、どうし
ようもない決断力、指導力のなさを露呈し、次はまたまた自民党
の論理だけで4代目を選出しようというのか。

補正予算成立後も、会期延長している国会も運営費に1日3億
円もかかると言う。
これも今選挙をやると、自民党に不利に働くという自民党の論理
だけで、議員自ら、巨額な無駄遣いをしようとしている。
それだけのお金があったら、どれだけの人が助かる事か。。。。
開店休業状態の国会運営中に、自民党総裁選? ハア?

これじゃあ、やってらんないよ、。。。。。
どいつもこいつも、本当にいい加減にしろよ~!!


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


              愛の一押し

を切にお願いしますm(__)m  苦戦してます^_^;

にほんブログ村 ニュースブログへ  ← クリックしてね(^^)



☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪



| | | コメント (8) | トラックバック (0)

2009.06.02

細田幹事長が鳩山代表に公開質問状

またまた出た!

最近の自民党は、、政権の座を滑り落ちるのは時間の問題だと
思っているのか、民主党追い落としに躍起になっている。

去年の麻生首相就任時の、所信表明演説が、今を象徴している
のではないだろうか。
その時の演説は、”所信表明演説”と言う位だから、首相の抱負、
これからの国のありかたとか、中長期にどのように国にするのか
ビジョンを示すのかと思っていたら、それにはまったく触れず、民
主党攻撃に終始していた。
その時にも、民主党に対して政策を実現するための財源を示せと
しきりに、言っていた。
ほとんどが民主党への質問状だったのには、どちらが与党か野
党か、分からない演説だった。
それが民主党攻撃の第一歩だったのか。。。。。。
それからというもの、自民党は事あるごとに、財源を示せと。
そして、民主党には政権担当能力がないと言う。
自民党の財源は、赤字国債発行ですか?(笑) 

去年の党首討論でも、自民党の方が与党だか野党だか分から
ない、逆質問ばかりで、なんだか相当焦っているのが分かる。

エイッ 愛の一押し

今度は、またあの細田氏が鳩山代表に公開質問状
>鳩山氏が5月7日の党首討論で「4500の天下り団体に2万5
000人が天下り、国の予算が12兆1000億円流されている」な
どと政府・与党を批判したことへの反論として「公開質問状」を提
出した。

細田氏いわく、予算のほとんどは、官庁OBの給与ではなく政策
目的の支出だ。と言う。
政策ねぇ。。私達にはほとんどがOBの給与にしか思えないけど。

今回も、細田幹事長は
>貴殿の発言はあまりに常軌を逸している。貴党の調査の中身
の数字をご存じなのか。よく知らずに暴言を吐くなら財政に対す
る無知をさらけ出すもので、政権担当能力なし、と言わざるを得
ない」などと糾弾した。

はぁ・・・政権担当能力無しですか。。。。
官僚に操られている自民党はどうなのだろう。

官僚に任せてきた結果、シロアリに食い尽くされるごとく、国民の
公的財産は食い潰されて、今ではすっかり未来が見えなくなって
いる。
官僚に操られて官僚の思うような政策を実行する方が、ある意味
楽といえば楽なのではないか。
それでいて、郷土に帰れば大臣何回当選と威張る事もできる。

これで、政権担当能力があると錯覚しているとしたら、これこそお
笑いだ。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


              愛の一押し

を切にお願いしますm(__)m  苦戦してます^_^;

にほんブログ村 ニュースブログへ  ← クリックしてね(^^)



☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪



| | | コメント (7) | トラックバック (0)

2009.06.01

阿久根市長選、“ブログ市長”竹原氏が再選

なんだかなぁ。。。。。。
不信任決議を受けた前市長の竹原氏。

>市長失職に伴う鹿児島県阿久根市長選は31日、投開票され
前市長の竹原信一氏(50)が、反竹原派の市議らが擁立した
元国交省職員の田中勇一氏(56)を破り、再選を果たした。
投票率は82・59%(前回75・50%)。

結局、市民の信任を得たのは前市長の竹原氏ではないか。
この竹原氏は在職中に、市職員の給与を公開したり、働かない
議員は誰?見たいな一覧も公表していた。
当然、議会や、市職員からは、猛反発を受けていたのだろう。
議会からは二度も不信任決議を受けていた。

今回の出直し選挙では、あれだけ猛反発を受けていたのだから
再任はないのだろうかと思っていたら、何のことはない、市民の
信任は想像以上に厚かったという事になる。
投票率はものすごく、前回でもすごいと思っていたのに、80パー
セント以上もあるなんで、国政では考えられない事だ。
本当は、国政選挙でこの位の数字が欲しい所だ。
議会や、市職員が反発するのは、市長が従来の既得権益を壊す
存在で、目障りで仕方ないのだろうけど、もう、親方日の丸では
通用しない時代になったという事だろう。
頭を柔軟にして、なんでも反対ではなく、市長の提案も受け入れ
る事もして貰わないと、税金を納める市民側にしては、納得が行
かないだろう。

エイッ 愛の一押し

これからは、議会や、市職員は何でも反対と言う訳にはいかな
い。
なんと言っても、市民の信任を得た市長は強い。

>市民こそが主権者なのに議員や市職員は自分たちのために
仕事をしている。

と主張している市長だが、この発想は名古屋市の河村市長にも
通じる所がある。
河村市長も、いつも市民目線で市政を考えると言っている。
今の日本は、主権者である国民、県民、市民が不当にないがし
ろにされていると感じる事が度々だ。
市役所に行っても、本来なら、公僕である公務員が、私達よりも
上に立っていると感じる事はよくある。
相当意識改革されたといわれるけれども、民間のサービス業との
差はまだまだあるのではないだろうか。

今回敗れた対立候補は
>「ビジョンなき改革は単なる破壊」と、議会と対立し続けた竹原
氏の手法を批判。
市議会多数派や各業界からの支援を受けて「協調による市政運
営」を前面に出したが

市民目線と、市議会や、業界団体目線の違いが選挙に反映され
た今回の市長選だが、これは国政にも通じる。
今の政権は、国民の信任を得ず三代も首相を変えてきた。
そして、いつも企業、業界目線は、言うまでもない。
やはり、竹原市民のように、国民も賢く投票したいものだ。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


              愛の一押し

を切にお願いしますm(__)m  苦戦してます^_^;

にほんブログ村 ニュースブログへ  ← クリックしてね(^^)



☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪




| | | コメント (28) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »