« 重要文化財を宗教法人が約10億円で落札 | トップページ | 細田幹事長が鳩山代表に公開質問状 »

2009/06/01

阿久根市長選、“ブログ市長”竹原氏が再選

なんだかなぁ。。。。。。
不信任決議を受けた前市長の竹原氏。

>市長失職に伴う鹿児島県阿久根市長選は31日、投開票され
前市長の竹原信一氏(50)が、反竹原派の市議らが擁立した
元国交省職員の田中勇一氏(56)を破り、再選を果たした。
投票率は82・59%(前回75・50%)。

結局、市民の信任を得たのは前市長の竹原氏ではないか。
この竹原氏は在職中に、市職員の給与を公開したり、働かない
議員は誰?見たいな一覧も公表していた。
当然、議会や、市職員からは、猛反発を受けていたのだろう。
議会からは二度も不信任決議を受けていた。

今回の出直し選挙では、あれだけ猛反発を受けていたのだから
再任はないのだろうかと思っていたら、何のことはない、市民の
信任は想像以上に厚かったという事になる。
投票率はものすごく、前回でもすごいと思っていたのに、80パー
セント以上もあるなんで、国政では考えられない事だ。
本当は、国政選挙でこの位の数字が欲しい所だ。
議会や、市職員が反発するのは、市長が従来の既得権益を壊す
存在で、目障りで仕方ないのだろうけど、もう、親方日の丸では
通用しない時代になったという事だろう。
頭を柔軟にして、なんでも反対ではなく、市長の提案も受け入れ
る事もして貰わないと、税金を納める市民側にしては、納得が行
かないだろう。

エイッ 愛の一押し happy01

これからは、議会や、市職員は何でも反対と言う訳にはいかな
い。
なんと言っても、市民の信任を得た市長は強い。

>市民こそが主権者なのに議員や市職員は自分たちのために
仕事をしている。

と主張している市長だが、この発想は名古屋市の河村市長にも
通じる所がある。
河村市長も、いつも市民目線で市政を考えると言っている。
今の日本は、主権者である国民、県民、市民が不当にないがし
ろにされていると感じる事が度々だ。
市役所に行っても、本来なら、公僕である公務員が、私達よりも
上に立っていると感じる事はよくある。
相当意識改革されたといわれるけれども、民間のサービス業との
差はまだまだあるのではないだろうか。

今回敗れた対立候補は
>「ビジョンなき改革は単なる破壊」と、議会と対立し続けた竹原
氏の手法を批判。
市議会多数派や各業界からの支援を受けて「協調による市政運
営」を前面に出したが

市民目線と、市議会や、業界団体目線の違いが選挙に反映され
た今回の市長選だが、これは国政にも通じる。
今の政権は、国民の信任を得ず三代も首相を変えてきた。
そして、いつも企業、業界目線は、言うまでもない。
やはり、竹原市民のように、国民も賢く投票したいものだ。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


              愛の一押し

を切にお願いしますm(__)m  苦戦してます^_^;

にほんブログ村 ニュースブログへ  ← クリックしてね(^^)



☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪




|

« 重要文化財を宗教法人が約10億円で落札 | トップページ | 細田幹事長が鳩山代表に公開質問状 »

コメント

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
ここの町はどうなっているのでしょうか?詳細は知らないのですが、議会の議員は反市長派が多いのでしょうか。そして、この市長が当選したということだったら、この町の人たちは何を考えているのかということになります。議員は反市長派が多く、当選し、市長が当選したら、議会運営はまた止まります。なんだか、矛盾した町なのでしょうか?
 くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2009/06/01 18:34

こんばんは、くまさん

この現象は、改革しようとする市長とそれに反対する議会と言う、日本中にある縮図ですよ。
議会は反市長派ですから、市長は二度も不信任を受けました。
だけど、市民は前の市長を信任したわけですから、議会もこれからはむやみに反対は出来ないでしょう。
都道府県、どこに行っても、改革をしようとすると既得権益をもっている人たちの反対にあって大変です。
市職員や議員は、今までどおりのお手盛りはやめるべきでしょうし、時代も変わっていると言う事も認識するべきでしょうね

投稿: まるこ姫 | 2009/06/01 18:53

まるこ姫さんこんばんわ~happy01

私の住む市の前回の市長選の投票率は、44.67%でしたbearing
我が市も阿久根市同様、改革派市長と自公系多数派市議会のねじれ構造になってます。。。

二階疑惑に一部結論が出ましたね。国策捜査に対する怒りを胸に、必ず政権交代を成し遂げなくてはなりませんね!catrock

投稿: いっすんぼうし | 2009/06/01 21:40

こんばんは、いっすんぼうしさん

やはり、都会は投票率が低いでしょう?
名古屋市でも、投票率が上がってその程度でしたよ。
田舎へ行けば、相当高いと思いますが、80パーセント以上と言うのは、見上げたものですね。
とにかく、どこの議会、議員も、程度が低いです。
自分達に有利なようにお手盛りは自由自在なんですから。
意識改革が必要だと思います。

二階になんか行くわけありませんよ。
ツーと言えばカーなんですから(笑)
まったく、政権与党に甘い検察です。
話になりませんよ。

私達は国策捜査と思っていますが、ほとんどの国民は小沢はやはり汚いと思っているのではないでしょうか。
イメージ、ムードに流され、煽られる国民性ですもの。

投稿: まるこ姫 | 2009/06/01 22:22

まるこ姫さん こんばんは
びっくりですね、ところかわればでしょうか?
でも、この結果から学ぶべきことが多いのかもしれません。
今後の議会、市長の動向興味ありますね。

投稿: ゲン | 2009/06/01 22:54

まるこ姫さん、皆さん、おはようございます。

竹原市長は去年8月末に初当選、今年3月に市会議員16名が当選、今度、竹原市が再度、接戦を制しました。
任期がどちらも4年で、あと4年こういう状態が続きます。
阿久根市民が市長を選び、市議会議員を選びました。
問題意識のある人が市議会選挙に出なかったのも、問題ですが、両者を選んだ市民にも大いに問題があります。
長野県の田中前知事と同じような、捻れ現象です。
投票率が極めて、高いので、政治的意識が高いと思いますが、議員のなり手=政治への直接参加に関する意識は極めて低いです。
市長が勝ちましたが、僅差で民意も割れています。
竹原市長は、議会解散して、議員を交代させる必要があると思います。
そういうようになるよう、市民への政治参加意識を高める工夫が必要です。
職員供与の公開など、情報公開はもっと進めるだけではなく、意志決定の段階に直接、市民が参加できる制度など、どんどん市民に公開と参加を拡げるべきです。

日本の地方議員はお飾りで、名誉職、行政と馴れ合っています。
欧米先進国の地方議会議員は、ボランティア的色彩が極めて濃いです。
日本のようにお上ではありません。
議員報酬は100万円以下で、無報酬の国もあります。
矢祭町は日当で、年間90万円、妥当な線です。
普通の人が議員になれるよう、選挙制度、議会運営等、全ての仕組みを見直すべきです。

投稿: 愛てんぐ | 2009/06/02 07:01

まるこ姫さん、こんにちは。
阿久根市長選挙のニュースを見ていたら、落選した候補がビックリするようなコメントをしていました。

「阿久根市民の良識を疑う」

自分を選ばないからといって市民をバカ呼ばわりする人間に、市長など任せられるでしょうか。

結果として、こんな人間を選ばなかった阿久根市民は、良識があったということですね。

我々市民は、市長を自分達で選んだのだから、役人が市長に背くということは、そのまま我々市民に対する態度だということです。
勘違い役人どもが多すぎる。

それを変えていくのは、まさに我々の投票ですね。

投稿: 愛のねこぱんち | 2009/06/02 16:27

★ーーこんにちは、ゲンさん

岐阜市でも、こういうい事が起きました。
>細江市長は市立岐阜商業高校を廃止し、学校法人立命館(京都市)の中高一貫校の誘致を進めてきたが、11日の市議会でこれが否決されたため、同日議長に今月31日付の辞職願を提出するとともに、「市長選を通じて民意を問いたい」と再立候補を表明した

結果、その細江氏が再任されました。
議会では否決されたわけですが、対立候補が出ず、無投票で再任されました。
岐阜市民は、この高校を私立にしたかったのか、市立のまま存続したかったのか、良く分かりません。

阿久根市では、市長が再任されましたが、議会はどうでるのでしょうね。
すごい興味がありますね。


★ーーこんにちは、愛てんぐさん

地方の場合、議員を選ぶ視点は、情実がほとんどだと思います。
市長選は市長の考えや政策を重点に投票しますが、議員の場合は信念とか政策は二の次で、地元の人間であれば良いと、地元に利益誘導してもらうことが一番だと考えます。
やはり、日本の民主主義はレベルが低いのだと考えます。
だから、当然、そこにはねじれ現象が出てくるのではないでしょうか。
議員も、まだまだ名誉職と考えている節がありますし。
これはどこの地方都市でも同じだと思います。

>竹原市長は、議会解散して、議員を交代させる必要があると思います。

これは良い事ですね。
もう一度、民意を問う事も必要でしょうね。
しかし、市民の意識が本当に変わらない限り、又もとのねじれに戻る恐れもありますね。

せっかく、竹原市長はブログと言う武器を持ったのですから、反対にあってもめげずに、色んな情報公開をして欲しいですね。
公務員の意識は古すぎます。
税金から給料が賄われているのですから、あの程度の情報公開は当然だと思います。
公務員なんですから、あの程度のプライバシーを拒否する
権利はないのではないでしょうか。

>矢祭町は日当で、年間90万円、妥当な線です。

矢祭町や、他の改革をした町、市を見習って欲しいですね。
日本中の議会、議員、公務員の意識改革が必要だと痛感する毎日です。
お手盛りや、お飾り議員は、もう要らないです。


★ーーこんにちは、愛のねこぱんちさん。

>阿久根市民の良識を疑う

相当意識が古いんですね。
そして、自分が落選した事を認めていない、すべて相手が悪いと思う、そういう人こそ問題でしょう。
こんな人が市長にならなくて、本当に良かったです。
この人は、業界よりだと言いますから、既得権益は盛大に守ったでしょうから。
又、前のように公務員、議員は惰眠をむさぼる事になったでしょう。

民意は前の市長にあったのですから、議員や、役人も、そうそう市長にたてつく事は出来ないでしょうね。
市民を敵に回しますよ。
役人はえらいと思ったら大間違いなんですから。

だからこそ、どんなに虚しくても投票行動はしなくてはいけないと思います。
そのうちには報われますよ。そう信じたいですね。

投稿: まるこ姫 | 2009/06/02 16:55

凄いブログ。内容もそうだけど中身もすごい。
これからも、訪問させてください。
 
でも、政治の話は程々に。息子との議論の結末は不快な思いだけしか残らない。この国の政治意識は語るより語らせるほうが、面白いのかも。それでは駄目なのだけれど。

だから政治の話は、アメリカでは日常の会話にしてはいけないと言われる事も強ち(あながち)嘘ではないのかも?

投稿: クーチャン | 2009/06/06 01:36

こんばんは、クーチャンさん

そうですね。
政治の話は身内であればあるほど、容赦がありませんよね。
他人だと遠慮をするような場合でも、身内だと徹底的に意見をぶつけ合います。
私も、自民党大好きな夫とは、話が合いません。
下手に話をすると、最後には言い合いになってしまいます。

私は、日常的に政治の話をしたいです。
が、女性ほど政治に対しての意識が低い人が、多いと
感じますが、どうなんでしょう。

投稿: まるこ姫 | 2009/06/06 19:27

丁寧にコメントいただいて、恐縮です。偶然、コメント拝見して、更に恐縮です。別に忙しくも無い日常に振り回されながら、正直、歳を重ねるとどうでも良いと思う気持ちも、少なくありません。若い時(今でも若いつもり…気持ちだけ)、政治の改革を真剣に口にした事が、懐かしくもあり哀しみでもあります。でもあなたの気持は嬉しくもあります。

今度の選挙で政権の交代がなされても、余り期待はありません。あまり勉強していませんが、今、一番の興味と関心は明治維新です。真剣に国家の改革と維新を唱えた人たちが、どれだけ幸せになったのでしょう?

投稿: くーちゃん | 2009/06/17 14:42

こんにちは、くーちゃんさん

再度のコメント、ありがとうございます。
私達の生活jは悪くなるばかりで、政治が機能していないように感じています。
一人ひとりの力は弱小でも、声を上げ続ける事によって大きな力にもなりうると信じて、自己満足かもしれませんが自分の思いを記事にしています。
民主党が、官僚改革をするといっていますから、ここは改革に賭けてみたいです。

政権交代をしても、夢のようなものは無いとは思いますが、今の自民党政治の、私達の税金が官僚の為に使われている現実が少しでも良くなるのではないかと思っています。

しかし、官僚の抵抗はすさまじいです。
これからも、事あるごとに抵抗をするでしょうから、民主党も
大変だと思います。
明治維新のような大改革をしなければ、この国は滅んで当然でしょうから。
私たちに取っても、今度の選挙は正念場でしょうね。

投稿: まるこ姫 | 2009/06/17 18:05

まるこ。(呼び捨てでごめんなさい)。今度の選挙は親父の予測では自公の惨敗です。前回の選挙の反動と政権たらいまわしの代償です。でも叱られると思いますが、この国は何も変わりません。変われないと言った方が良いのかもしれません。それ程にこの国の社会構造は複雑怪奇です。

経済の力さえ否定する人がいますが、それは間違いです。
好むと好まざるとにかかわらず、生きて行く事は豊かさであり、満足感の共有でしょう。この世知辛い世の中で政治を語れる生活に、今年の暑さは一服の清涼感、有りかも。

投稿: くーちゃん  | 2009/06/19 23:07

こんにちは、くーちゃんさん

自公政権は凋落が著しいですね。
今までの膿が、次から次へと噴出していて止まりませんね。

>前回の選挙の反動と政権たらいまわしの代償です。

言えてますね。
なんといっても、民意を無視して三度も総裁を変えたのは
国民を馬鹿にしていますよね。
政権を交代しても、この国は変わらないと言う人は多いですね。
私は、変わらないかもしれませんが、いつでも政権交代可能な国が健全な社会だと思いますし、少し変わって欲しい。
今の自公政権よりは、ましだと思いたい。
このまま、自公政権下でドロ舟に乗り沈没するのだけは嫌です。

>この世知辛い世の中で

だからこそ、みなが政治に目覚めて欲しいです。
国民が惰眠をむさぼっていたからこそ、今の社会になったのだと思います。
政治と生活は直結しています。
それを実感する、色んな不祥事です。、
今度の総選挙は是非とも投票して欲しいですね。

投稿: まるこ姫 | 2009/06/20 18:02

まるこ、コメント楽しみにしてました。
うーん でも確かにまるこの様に政治を変えたいと思う人は少なくないでしょう。でも政権が変わっても利権は変わらないし、腐敗の種も根絶は難しい。

どんなに綺麗事を言っても、烏合の衆の集まりではまとまって問題の改善が出来るとは思いません。これからのこの国の課題を考える時、公務員の削減と民営化は必至でも
抵抗勢力の力は、政権の力を越えるでしょう。

その時、問われる事は本当の民意の反映です。親父も今度の選挙の投票率に関心はありますが、旦那さん、息子達の様に関心の無い人も少なくありません。
それで良いのだと思います。しかし、孤高の人には為らないで少しでも、何かが変われば良いのでしょう。

投稿: くーちゃん | 2009/06/20 20:19

こんばんは、くーちゃんさん

政権が替わっても、古い利権が新しい利権へと移行するのでしょうが、そこには幸いと言うか、まだ腐敗は膿は生まれていません。
民主党が長く政権を取っていれば新たな利権の構図になりますが、国民がいつでも政権を可能なんだぞと、意思表示をすればそんなに無茶はやらないのではと思います。
何十年も、自民党政治でやってきた結果が今の、どうにもならない矛盾だらけの仕組みになっているのです。
民主党が、今のシステムの組み換えをすれば、少しは希望が持てる国になるのではと、はかない希望を抱く毎日です。

日本は政治に関心の無い層が多すぎます。
まずは、若者の政治参加ですね。
若者が投票しやすいように、あの手この手で考えて欲しいです。
例えば、投票すれば何かが当たるとか、欲に訴えるのも手ではないかと思ったりもします。
政治に失望しないで、”たかが一票、されど一票”と考えて欲しいですね。

投稿: まるこ姫 | 2009/06/20 20:52

コメント、ありがとうございます。
今日は暑い一日でした。
来週は梅雨空になりそうですが、政局は眼が離せない。

若者の政治離れは何もこの国だけの問題ではない。
若者も年寄りも政治の力を過少評価している。
無関心のツケが大きくなっているが、案ずる事は無い。

それだけこの国が自由な国だから。叱られるかもしれないが、歳を重ねるとそんな思いで自分を納得させている。
まるこは若いから、これから多くの事にぶち当たれ。

そうすると喜びも哀しみも他人事ではなくなる。

投稿: くーちゃん | 2009/06/20 23:20

こんにちは、くーちゃんさん

今日も暑かったです。
これからの数ヶ月は、本当に政治から目が離せませんね。

人々が、他人事ではなく自分の生活が苦しくなって
ようやく政治と生活は密着していると気付き始めたと思います。
本当は今の政治は、一番若者にしわ寄せが来ているのですから、若者が政治に関心を持って欲しいのですが。
結婚しないとムリなんでしょうかね。

くーちゃんさん。
私の記事は拙いでしょうけど、私は古いです(笑)
決して若くありませんから。
という事で、、お開きに出来たらと思います。

投稿: まるこ姫 | 2009/06/21 18:30

コメントありがとうございます。そのうち親父のブログ紹介します。親父も長い間、そして今でもこの国の行き末を、熱く語り息子から冷ややかに見られても、何も変わりません。

イヤイヤ、ボログのポテンシャル高いと思います。正直に言えば政治の関心と興味が低いのは、国民性でしょう。
自分の政治に対する意見を言わない事を、美徳と勘違いしているのではなく、関心すらないのでしょう。

今度の選挙の投票率も60を越えれば上出来でしょう。
それでもまること多くの話が出来れば、充分です。
青春とは人生のある期間を言うのではなく、心の様相を言う。(サミュエルソン) そうありたいと思います。

投稿: くーちゃん | 2009/06/22 00:32

こんにちは、くーちゃんさん

ブログ期待をしていますhappy01
誰にも評価されなくても、けなされても、おかしいと思った事は言い続けて行きたいです。
熱く語っていきたいです。

>政治の関心と興味が低いのは、国民性でしょう。

だからこそ、何十年も一党独裁で来たのだと思います。
一つの党が何十年も権力の座にいれば、そこには良い事は生まれません。
腐敗と膿が生じるのは世界の常識です。
美徳でなくても、権力には常に監視の目を向けているのが国民の義務と権利だと考えています。
監視を向けられていては、中々悪い事は出来ないでしょうから。

投票率が上がると良いですね。
若い層が選挙に関心を示すことが、明日へ繋がると信じて。

青春とは年ではないのでしょうね。
熱い心をいつまでも持ち続けている事は、体にも心にも良い事なのだと思います。

投稿: まるこ姫 | 2009/06/22 17:12

バラの写真、親父のブログにもありますが、比べ物にならない。何と綺麗でしょう。バラの花は綺麗でも棘があると言われますが、それは人の思い違いでしょう。まるこの撮り溜めたスナップを見ていると、その思いを強くします。

バラの花には棘は無く、それを見る人の心にそれがあるのでしょう。感嘆の思いを呑み込みながら、見ていました。

政治の世界も一寸先は闇と言われるが、骨太の方針とか郵政公社西川社長の続投とか、政権末期の有様はある意味、哀れさえ感じる。自業自得と言うには余りにひどい。
ブログアドレス http://gogatunotoki.cocolog-nifty.com/blog/ です。無料ブログで学習中です。

投稿: くーちゃん | 2009/06/22 23:18

こんにちは、くーちゃんさん

薔薇の写真は近くの県の公園、世界一のバラ園で撮ったものです。
シーズンには広大な敷地にものすごい数のバラが咲き誇っています。
心和みますよ。

政権末期の様相になってきましたね。
議員がてんでバラバラの方向へ動き出しています。
ご本人達に取っては自業自得なんでしょうが、国民は
嫌がおうもなく巻き込まれますから、本当に不幸なのは国民ですよね。
私利私欲、打算ばかりが表に出てきて、嫌になりますね。

ブログはこれからもお互いに細く長く続けていけたらよいですねhappy01


投稿: まるこ姫 | 2009/06/23 15:59

まるこ、コメントありがとうございます。梅雨の半ばと言うのに暑い毎日です。暑い暑いと言っている内に本当の暑さを痛感するのでしょう。親父は暑さにも寒さにも余り左右されず、ゴーイング、マイ、ウエイです。可愛くないとも言われる

前回の小泉郵政選挙で大勝した自民が、今度の選挙で大敗すれば何がどう変わるのか?よく分からない。それでも政権末期の状況は更に続くでしょう。

政権交代の重みは親父の支持した革新政党が瓦解した。
今回はどうだろう?民主の大幅躍進が実現した時、まるこが言うように本当にこの国がよくなるのだろうか?

悲観的と言われるが多くは望まない。希望は唯一つ、効率で無駄のないスリムな行政。でもどうだろう?叱られるな。

投稿: くーちゃん | 2009/06/24 00:05

こんにちは、くーちゃんさん

今日は雨も上がり、とても暑かったです。
湿度が異常に高かったというか。。。
私は、暑さにも寒さにも弱いです、残念ながら。

今度の選挙は大敗すれば、民主党に取ってもやりやすいでしょうが、惜敗程度だと政界再編が行われるかも知れませんんね。
いずれにしても、自民党政治は行き詰っていると感じます。

政権交代は、真の民主主義の第一歩だと考えます。
先進国の中で、唯一政権交代がなされていない国は日本だけです。
長らく同じ党が政権を維持してくれば、色んな膿やしがらみが生まれるのはどこの世界も同じです。
民主党が政権を取ってもバラ色の社会にはならないとは思いますが、既得権益や既得システムも多少は変わるでしょうから、そこに期待をしています。

霞ヶ関を変えないことには、この国は変わらないし、霞ヶ関改革を出来るかどうかにかかっているとも思っています。
民主党には、最初の一歩を望んでいますよ。

投稿: まるこ姫 | 2009/06/24 16:12

今日も暑い一日。明日はもっと暑いとか。暑さに強くならないと熱中症になりますね。雨も降るべき時に降らないと。
でもそれもこれも人間の浅はかな思いかも。天の声にも色々あると、言われた昔の総理の言葉を思い出す。

今度の選挙の審判は常識的には民主の圧勝です。でも政治の世界も現実の世界も、一寸先は分からない。分からないから多くの思いが重なるのでしょう。

それにしても宮崎知事の思いには、自民の幹部も苦々しい思いでしょう。ある意味正論、しかし、甘い。それでも支持されると信じているのでしょう。ある意味、民主も問われている。勿論有権者も同じでしょう。

投稿: くーちゃん | 2009/06/24 23:53

こんにちは、くーちゃんさん

日、一日と暑くなって行きます。
思ってもいなかった、あのそのまんまの国政出馬発言。
宮崎県をどげんかせんといかん。はどうなったのでしょう。

そのまんまの発言は、ある意味正論かも知れませんが、自分自身の野望がミエミエで、あまりいい気はしません。
たとえ天地がひっくり返って、総裁になったとしても自分の一存では何も変わりません。
独裁政治ではないのですから。
おばかな、国民がこの電波ジャックに踊らされなければ良いのですが。
有名人ばかりが得票するようでは、一般人は選挙にもでられません。
それこそ、世襲か有名人ばかりの政治の世界になってしまうのはないかと思います。

投稿: まるこ姫 | 2009/06/25 16:01

地方分権。この問題も政権交代で少しは変わらないのだろうか?選挙が近付くと色々在るけれど、これからもっとイレギュラーな事が、在りそう。でも国民は意外に賢い選択をするでしょう。

宮崎や大阪の知事のパフォーマンスは、全国レベルでは受け入れられないでしょう。よく分からないけれど・・・

小泉改革の二の舞をするほど、この国には余力は無いと思うけれど・・・。まあ、どうだろう?よく分からない。

投稿: くーちゃん | 2009/06/25 23:25

こんにちは、くーちゃんさん

民主党は政権交代をしたら、地方分権を推し進めると言っているのですから、少なくとも今までの自民党よりは変わるでしょうね。

この国の国民は、自分の頭で考えない人が多いです。
あのパフォーマンスに踊らされている人も多いです。
もちろん、苦々しく思っている人も多いでしょうが。

国民が目先のパフォーマンスに踊らされること無く、本質を見なければ、自民党はいつまでも目先を変えては生きぬくでしょうね。
所詮は、国民の程度が議員の程度だと考えます。

投稿: まるこ姫 | 2009/06/26 16:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/45203687

この記事へのトラックバック一覧です: 阿久根市長選、“ブログ市長”竹原氏が再選:

« 重要文化財を宗教法人が約10億円で落札 | トップページ | 細田幹事長が鳩山代表に公開質問状 »