« 麻生VS鳩山、二回目の党首討論、軍配はどちらに? | トップページ | 臓器移植法A案が衆議院を通過したが。。。 »

2009/06/18

検察のえこひいきが明るみに、二階氏側不起訴は不当

やはり、検察の捜査は自民党有利になっていた。

先だって、漆間官房副長官が西松問題真っ最中の時に”自民党
議員には捜査は及ばない”
とオフレコ発言をした事が、事の発端
だった。

虚偽記載で逮捕された小沢秘書と同じような構図の、自民党議
員はわんさかいるにもかかわらず、官房副長官の発言は、著しく
国民の政治不信を増大してしまった。

案の定、東京地検は二階の政治団体

>「新しい波」が04~06年、西松建設からダミーの2団体名義
で計838万円のパーティー券代を受領していた問題で、当時の
会計責任者らを不起訴とした。

同じ構図でも、一方では任意の事情聴取をすっ飛ばして、
いきなりの逮捕。
一方では、お咎めなし。

誰が考えても、あのウルマの意向が検察に浸透していると考え
るのが常識的だろう。
二階陣営を不起訴とした東京地検の処分を不服とした、政治資金
オンブズマンは、東京検察審査会に審査を申し立てた。

>東京第3検察審査会は前社長の国沢幹雄被告を起訴猶予とし
た東京地検特捜部の処分を「起訴相当」と議決した。議決は16
日付。当時の会計責任者で元国家公安委員長、泉信也参院議
員や担当者らの不起訴処分については「不起訴不当」とした。

エイッ 愛の一押し happy01

しかしながら検察審査会には、正義があった。
誰が考えても、小沢秘書と同じ構図なら、小沢秘書だけ逮捕、二
階陣営だけ不起訴では、納得が出来ないだろう。

東京第3検察審査会の議決書によると

>政治にかかわる問題だけに、すべてを公の法廷で説明した方
が国民全体が納得する」とした。一方、泉議員ら二階氏側につい
ては「捜査が尽くされているとは到底言えない。現在の日本に強
い政治不信が見られるという政治状況を踏まえると、さらに踏み
込んだ捜査が期待される

この議決書が、私達国民の思いを充分に語っている。
それでなくても、政治不信が充満している今の日本に、いかにも
片手落ちと思えるような捜査がなされていては、ますます政治不
信に拍車がかかると言うものだ。
こんな事がまかり通るようでは、与党に取って都合の悪い人間は
いつでも検察の手によって、拘束されかねない恐ろしい社会にな
ってしまう。

それが、この大々的なニュースをメディアは流さない。
ネットで注意深く見ていないと分からないのだ。
西松事件の時は、嘘が本当か分からない検察リークを延々と流
し続けていたメディアが、国民に取ってこんなに大事なニュース
を報道しないとは。。。。。

やはり忘れやすい国民性を利用して、よりインパクトの強い逮捕
をぶち上げて、後は尻切れとんぼか、うやむやと言う作戦に出た
のだろうか。
という事は、小沢秘書逮捕報道の裏ではメディアも、官僚も、政
府与党も一枚も二枚も噛んでいたという事にならないだろうか。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


              愛の一押し

を切にお願いしますm(__)m  苦戦してます^_^;

にほんブログ村 ニュースブログへ  ← クリックしてね(^^)



☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪




|

« 麻生VS鳩山、二回目の党首討論、軍配はどちらに? | トップページ | 臓器移植法A案が衆議院を通過したが。。。 »

コメント

まるこ姫さん、皆さん、こんばんは

検察審査会は国民の中から11人が選ばれ、
不起訴相当は5人以下
不起訴不当は6人か7人
起訴相当は8人以上
の賛成で決まります。

二階大臣の会計責任者であった元国家公安委員長、泉信也参院議
員などは不起訴不当という審査です。
改正検察審査会法では、2度、起訴相当の議決をしなければ、強制的に起訴となりません。
1回目が不起訴不当、検察は再捜査しても起訴しないでしょう。
そうすれば、それでお仕舞いです。

仮に起訴相当が2回続いて、自動的に起訴になっても、検察がやる気がなければ、結局、無罪になるかも知れません。
裁判員制度は悪法ですが、検察が独占する起訴する権利を国民も有するという改正検察審査会法は、まともな法律です。
しかし、国民の意思が働かないようにしていて、ハードルがまだ高いように思います。
起訴すべきと検察審査会に申し立てられているのに、不起訴不当というのは答えになっていません。
起訴相当か不起訴相当のどちらかです。
議決の半数の6人以上とすべきです。
二回連続も、国民意志を軽くみすぎ、1回の起訴相当で強制的に起訴すべきです。

高知白バイ衝突死事故で、スクールバス運転手が冤罪で訴えており、検察審査会で不起訴不当の議決を得ました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/高知白バイ衝突死事故

投稿: 愛てんぐ | 2009/06/18 18:56

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
お久しぶりです。16日早朝から今まで、九州にお見舞いと仕事で出かけておりました。
検察審査会の審査は的を射ていますね。
今後どう動くかが楽しみです。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2009/06/18 19:47

★ーーこんばんは、愛てんぐさん

>改正検察審査会法では、2度、起訴相当の議決をしなければ、強制的に起訴となりません

なんなんですか。
計3回も議決を行わなければ、起訴とならないですって?
これでは、茶番もいいところではないですか。
ポーズだけの審査会ですね。
結局は、再審請求と同じで、とてもハードルが高いのですね。
やはり、今の検察は権力よりで、弱いものの味方にはなりえないという事なのでしょうか。

裁判員制度よりも、この検察審査会に国民を参加させてほしいですね。
本当に冤罪で困っている人たちや、警察に嵌められた人たちの味方になってほしいです。
そして、何回も審査会を開かなくても一回で決定したものは強制的にでも検察に圧力をかけるべきです。
でなければ、検察のやりたい放題になってしまいます。

>高知白バイ衝突死事故で

これもひどい事例ですよね。
誰が見ても冤罪だと分かリますが収監されました。
検察、裁判所の横暴です。一体どこを見ての判決なんでしょう。


★ーーこんばんは、くまさん

あら、くまさん、お帰りなさい。
お留守だったんですね。
しかし、遠方なのに強行軍ですね。

検察審査会の審査は的を射ていますが、愛てんぐさんが
仰るように、なにかすごいカラクリが隠されていました。
なんだか、がっかりです。

投稿: まるこ姫 | 2009/06/18 20:29

まるこ姫さん、皆さん、こんばんは

西松建設の裁判の東京地検は、民主党の選挙妨害をしています。
欠席裁判も良いところです。
天の声も何もかも、西松側からの一方的な憶測ばかりで、何ら証拠もありません。
西松建設の虚偽記載の判決に、不要なものばかり、本件とは直接関係のないものばかり、民主党のネガティブキャンペーンそのものです。
天の声を論拠に使うなら、競争入札妨害等で起訴すべきで、それができないなら、証拠に使えるはずもなく、まさしくネガティブキャンペーンです。

投稿: 愛てんぐ | 2009/06/19 19:16

こんばんは、愛てんぐさん

マスゴミは、またまた西松の裁判で、検察の一方的な論調を、あたかもそれが真実のように流しています。
ひどいですね。
検察が正義とは言えないこの裁判を、検察は正義のような報道の仕方は、見る人を誘導しています。
そして、小沢=民主党は悪という、展開に持ち込みたいのでしょうが、公平中立の精神から著しく外れた報道は、共産圏の国かと思えるほどです。

選挙妨害もはなはだしいですね。
麻生内閣が風前の灯だから、色んな機関がサポートをしています。
サポートが無かったら、とっくの昔に麻生内閣は崩壊していたのに、色んな利権グループが、あの手この手で、汚い手を使って民主党攻撃に徹しています。
これからも、続くのでしょうが、余ほど政権交代されたくないのでしょうね。

投稿: まるこ姫 | 2009/06/19 19:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/45378822

この記事へのトラックバック一覧です: 検察のえこひいきが明るみに、二階氏側不起訴は不当:

« 麻生VS鳩山、二回目の党首討論、軍配はどちらに? | トップページ | 臓器移植法A案が衆議院を通過したが。。。 »