« 検察のえこひいきが明るみに、二階氏側不起訴は不当 | トップページ | 検察の「天の声」は選挙妨害ではないか »

2009/06/19

臓器移植法A案が衆議院を通過したが。。。

あまり複雑すぎて素人的感想をしか出てこない。

この臓器移植法改正は、何時間も審議されたのだろうか。
私的には、唐突に法案が出てきてすぐさま、A案が可決された
ような、不思議な感じがする。
映像で映し出せれる、衆議院本会議場での傍聴者の人、人、人
祈る人あり、涙を流す人ありで、一種独特の雰囲気だ。

A案、B案、C案、D案と、4つの案があったけども、最初のA案が
賛成多数で可決されたために、残る案は採決されなかった。

国内で移植提供がなかなか進まない現状では、海外に移植を求
めざるを得ない家族に取って、今回の改正は待ちに待った一歩だ
とは分かる。
だからこそ、傍聴している人の中に涙を流す人が多数いたのだろ
う。
これで死なずに済む命もあると。

患者や家族に取ってはさぞや、嬉しい出来事だろうと思っていた
ら、この法案に反対する人も紹介されていた。
脳死=人の死。は、受け入れられないと。
どうしても温かい体を死とは考えられないと。

エイッ 愛の一押し happy01

脳の状態は元に戻らないし、いずれは心停止に行くとは言うが、
赤の他人でも、手も足も体も、温かい状態の人を死んでいるとは
思えないのに、家族や身内に取ってはなおさら受け入れる事が
出来ない人も、それは沢山いるだろう。
これほど、賛否両論、両極端の考えが存在するとは。

ひいては、日本人の死生観にまで行き着くのだろうが、欧米のよ
うに、脳死=人の死。とはっきり割り切る事が出来るのか。
死生観の議論の無い所での、今回の衆議院通過は、改めて私
達に、命の重みを突きつけた。

移植を切望している人たちに取っては、一刻も早く法律になって
救える命を救って欲しいだろうし、それでも温かい体を持っている
人の脳死状態を人の死とは受け入れられない人もいるだろうし。

本当はどの法案がベストなんだろう・・・・・・
それともベターを選ぶか。

WHOでは、日本人が海外に移植を求めるのをいさめているとも
聞くし、自国で賄えるものは、賄うようにとか。
そう言われればそう言うような気もするし、脳死状態になってもま
だ生きていると必死に思う家族の気持ちも分かるし、なんだかと
ても、切ない・・・・・・


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


              愛の一押し

を切にお願いしますm(__)m  苦戦してます^_^;

にほんブログ村 ニュースブログへ  ← クリックしてね(^^)



☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪




|

« 検察のえこひいきが明るみに、二階氏側不起訴は不当 | トップページ | 検察の「天の声」は選挙妨害ではないか »

コメント

まるこ姫さん、皆さん、こんばんは

臓器移植法は3年後見直す予定でしたが、12年間も放置しました。
移植数は80件ほどで、非常に少なかったのですが、国会議員はサボタージュしました。
国会議員の責任、特に法議決に圧倒的に有利な政権与党の責任は大きいです。

移植手術のハードルが最も低いA案を賛成したのは、自民党議員が77%、民主党議員16%、公明党議員は5%と、自民党議員だけで決まったようなものです。
自民党議員では67%、民主党議員では39%、公明党議員でも39%が賛成し、自民党議員が突出しています。

きっこのブログによると、自民党は採決の前に臓器移植法案の勉強会が開かれましたが、衆参含めて40人だけが出席し、90%が欠席したそうです。
欠席議員に聞くと、選挙対策の方が忙しいくて、勉強会どころではないそうです。
こういう不熱心、不勉強の自民党議員によって、賛同された臓器移植法案は、国民の総意といのには、大いに問題ありと言えます。
おまけに、法案の衆院での議論は3、4時間だけと言います。

脳死は人の死というのは受け入れられません。
脳死は人の死に至る途中段階です。
脳死という概念は移植医療が生まれてから存在するものです。
しかし、移植する側の善意を否定するものではありません。

参院では民主党が多数派なので、衆院議員と同じ賛成比率ならば、A案は過半数に届かず、A案に決まる可能性は低いでしょう。

ドナー数が伸びないのは、法律の所為ではなく、日本人の心の問題です。
ドナーとレシピエントの交流とか、良いことだというアピールが必要のように思います。

投稿: 愛てんぐ | 2009/06/19 22:08

臓器移植を待ちわびてる人たちのことを考えると、とても微妙な問題なのですが・・・・、やはり人の死は、呼吸停止、心臓停止、が条件じゃないでしょうか・・・
古来、「息を引き取る」といいますしね。
人工呼吸器をつけたまま脳死判定され、まだ体温も暖かく、呼吸をしてる状態の人体から臓器を取り出すのですか?
私的にはちょっと考えられないです。
もし、A案の方向で進んで行くにしても、今の日本の無秩序な世の中では、臓器売買のブローカーが暗躍するのじゃないかと、心配します。
議員さんも、自分の選挙ばかり気になってまったく勉強してないようだし・・・

投稿: 路傍の石 | 2009/06/19 22:53

こんにちは。
僕は東洋的(仏教の輪廻転生)な死生観を持っているので、西洋的な死生観に違和感があって、脳死=人の死は受け入れることが出来ません。
WHOでは日本の臓器移植法が厳しすぎるという批判があるみたいですが、おせっかいじゃないですか?(移植を求めている患者さんには申し訳ないけど)
正直なところ臓器移植法が衆議院で、しかも1本目で賛成多数になるとは全然思っていませんでした。(全部廃案になるかと思っていたので、予想外でした。)
世の中、臓器移植を待ち望んでいる人達が多数いるのも事実で(僕とは正反対の価値観ですが)、難しい問題ですね。

投稿: とらこん | 2009/06/20 05:39

まるこ姫さん、こんにちは∈^0^∋
臓器法案は良く理解できません。その場に経ってみないとどう判断することがベストなのか、本当に理解できません。
選択肢がいろいろあった方が、良いような気がしますね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2009/06/20 16:58

まるこ姫さん こんばんは
国会の議決云々でなく、私としては複雑です。
移植で助かる生命が確実にあり、これからの永い人生を歩める人ある、、、植物人間?と言われながらの人生?、、、ある人、、、。
じっくり国民的課題として全体で考え決めたいですね、、、。

投稿: ゲン | 2009/06/20 20:31

★ーーこんばんは、愛てんぐさん

>3年後見直す予定でしたが、12年間も放置しました。

そうなんですかぁ。。。
この法案は、唐突に出てきたような印象でした。
しかも、審議時間が極めて少ないとも聞きました。
日本人の死生観は、諸外国には無い感情だと思います。
その論議はしたのか、しないのか、あまりにも性急に事が
進んだような印象です。

A案は、自民党議員に突出していたのですね。
余ほど、前もってのアナウンスが生かされていたのでしょうか。
大体が、自民党議員の連中は不勉強な人間が多すぎます。
後期高齢者医療でも、強行採決をしておいて、実際に施行された時には、こんなはずではなかったと誰もが言っていました。
すべては、官僚任せというのがバレバレです。
今回も、賛成票に投じた議員の中で、本当にA案が一番ベストだと思っている人が何人いるでしょうか。

脳死=人の死。と言う定義を、国民的な議論をしてきたのでしょうか。
なんだか一部の議員だけで決まったような感が強いです。
12年の間にまずは、日本人の死生観からの議論をするべきでした。
何で、この国は、何の議論も無いまま、誰かの思惑で物事が決定するのでしょうか。
不思議な国ですね、本当に。


★ーーこんばんは、路傍の石さん

私も、臓器提供を待ちわびている人たちのことも考え、又、脳死=人の死と定義された、家族の戸惑う感情も考え、とても複雑な思いです。
私達第三者がどれだけ考えても、当事者の本当の気持ちとは乖離があるでしょうし。
その立場にならなければ分からないことも多そうです。

日本には、欧米と比べての死生観は、情緒がまったく違います。
それを、すっとばして、ドライに割り切る法律は日本人の感情とは合わないようにも思います。
もう少し、国民的議論をしてから採決をしても良かったような機がしますが。

>まだ体温も暖かく、呼吸をしてる状態の人体から臓器を取り出すのですか?

自分の家族と考えたら、本当に辛いでしょうね。
想像するのも辛いです。

これが法律になれば、闇で暗躍する業者も出るのかもしれません。
日本も、なんでもありの社会になってしまいましたから。
議員は、特に自民党の古手の議員や、チルドレンなどは
不勉強者が多いと感じます。
それでいて、威張ってる(笑)

投稿: まるこ姫 | 2009/06/20 21:11

★ーーこんばんは、とらこんさん、お久しぶりです。

日本人の多くは、脳死=人の死と受け入れられないと考えているのではと、思います。
やはり、脳は死んでいるといっても、温かい体温を感じて、それでも死んでいるとは思えないでしょうし。

日本で移植が出来れば、200万円以下で済むと言いますが、海外に行けば何千万物の大金がかかります。
それに海外でも外国人枠は限られていると言いますし。
移植を待っている患者側からすれば、今回の法案は朗報でしょうが、あちらを立てれば、こちらがたたずで、難しいですね。

これだけ、意見が分かれる法案も珍しいですね。
まさか、A案が通るとは思っていなかった議員は多いのではないでしょうか。
悪いたとえかもしれませんが、ひょうたんからこま?


★ーーこんばんは、くまさん

あまりに難しい、法案をいとも簡単に通してしまいました。
もっと、死生観なり、人間としての尊厳なり、国民的な議論をするべきでしたね。
何の議論も無いまま、通過されては、移植を待っている人には朗報でしょうが、反対の立場にある人にはショックでしょうし。

本当に難しい問題を突きつけられましたね。
どちらが良いのか、どの案が良いのか、まったく見えてきません。


★ーーこんばんは、ゲンさん

やはり、複雑ですよ。
本当にどの案が良いのか、A案でなければいけなかったのか、分からない事だらけです。
審議時間もあっという間だったと言うし、誰も知らない間に通ってしまったんですね。
不思議な展開です。

もっと、もっと、色んな立場の人間が論議する所を見てみたかった。
それによって、少しは立場、立場が分かったでしょうから。
今のままだと、両極端になってしまいます。
お互いに折れ合うような、議論が欲しかったですね。

投稿: まるこ姫 | 2009/06/20 21:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/45388497

この記事へのトラックバック一覧です: 臓器移植法A案が衆議院を通過したが。。。:

» 脳死を死とする臓器移植法改正案への違和感 [たべちゃんの旅行記「旅のメモ」]
 18日の衆議院本会議において、臓器移植法改正案が衆議院で可決されました。  改 [続きを読む]

受信: 2009/06/20 02:01

« 検察のえこひいきが明るみに、二階氏側不起訴は不当 | トップページ | 検察の「天の声」は選挙妨害ではないか »