« なんだぁ、知事職は国政への踏み台だったんじゃん | トップページ | 何でもありの自民党はなりふり構わず作戦に »

2009/06/26

「自民党をぶっ壊す」から「自民党は変わった!」起死回生のシナリオ

どうも、昨今の東国原氏の発言、言動を見ていると、小泉的手
法を用いての、自民党アピールなのかと思えてきた。。。。

いきなり、総裁選を持ち出し、地方分権を持ち出し、国民の度肝
を抜いたり、自民党議員の発言を引き出したりしたのは、連日の
テレビジャックをするのが狙いだったのかと。
これで、視聴率至上主義のメディアは4年前のように、毎日毎日
この話題で賑わうだろう。
民主党の話題なんかは、何も報道しなくなる。

それを見越しての、古賀氏と東国原氏の今回の仕掛けだとした
ら、こんな茶番に乗っていたら又、郵政選挙の二の舞になるの
では、なかろうか。

小泉は、”自民党をぶっ壊す”と声高に叫び、自分の意見に反対
の物は、党から去っていけとばかりに、選挙区にまったく、ど素
人の候補者を立ててまで、抵抗勢力を作りだした。
古い自民党をぶっ壊す、イメージ戦力が見事に効を奏した。
が、選挙が終わってほとぼりが醒めた頃に、抵抗勢力とされた
人達は、密かに自民党に帰っている。
実は、自民党はぶっ壊れるどころか、ほとぼりが冷めるのを待っ
ていただけで、何も変わっていない。

まったく国民騙しの、イメージ戦略の上手い事は!
それによって、すっかり国民は騙されてしまった。

自民党をぶっ壊すどころか、延命に手を貸して日本沈没に拍車
をかけてしまったのだ。

エイッ 愛の一押し happy01

私は、今回の東国原ショックも、そういったイメージ戦略の一環で
はないだろうかと疑いを持っている。
改革派と称して ”宮崎県をどげんかせんといかん” と当選した
宮崎県知事の知名度、人気度を利用しない手は無いからだ。
政策の実績はともかく、人気度、露出度から言えば、どんな議員
もこの人にはかなわない。

自民党は誰が見ても今は末期症状だろう。
その危機感はいかばかりか。

去年から、古賀は東国原と何度も接触を持っているとも言われて
いるのを考えると、練りに練ったシナリオどおり事が進んでいると
思えてくる。

自民党内に抵抗勢力を作り、改革派と称した東国原の話題で
党内を変革するという構図にもって行けば、自分の頭で考えない
国民は、「自民党は変わった!」と思うのではないだろうか。
それには、東国原が適任だと。
それが狙いだとしたら、どんな汚い手を使ってでも政権維持に持
って行く自民党は、やはり一筋縄ではいかない腐っても鯛の政党
と言うのが良く分かる。

私達は、騙されてはいけない!
自民党の自民党による、自民党のためのシナリオに引っかかる
のは、一回だけで充分だ。
ちゃんと自分の目で本質を見て、自分たちの頭で考える事をして
私達の生活を守ろう!
茶番に引っかかっている場合ではないのだから。。。。。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


              愛の一押し

を切にお願いしますm(__)m  苦戦してます^_^;

にほんブログ村 ニュースブログへ  ← クリックしてね(^^)



☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪




|

« なんだぁ、知事職は国政への踏み台だったんじゃん | トップページ | 何でもありの自民党はなりふり構わず作戦に »

コメント

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
どう自民党が転ぶか、東国原がどう転ぶか、ゆっくり見させてもらいましょう。
比例区に立候補なら、客寄せパンダでしかありません。自民党はウソ付くのが上手ですから。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2009/06/26 19:39

こんばんは、くまさん

本当に自民党は、嘘をつくのが上手いですよね。
これから、自民党がどう出るのか、そのまんまの発言がどう変わるか、よく見ていたいですね。

そうなんですよね。
比例区でがっぽり票を稼ごうとする魂胆なんでしょうね。
本当に改革を唱えるなら、自民党では出来るわけが在りません。
できるものなら、とっくの昔に出来ていましたから。
そのまんまも、宮崎県はどうでも良いのでしょうね。

投稿: まるこ姫 | 2009/06/26 20:11

まるこ姫さん、皆さん、こんばんは

郵政だけを問う小泉劇場で、自民党は風船のように膨らみました。
さらに、小泉後には、郵政反対者も戻ってきて、自民党を壊すどころか、それに出戻りが帰ってきて、焼け太りました。

首長の乱は同床異夢、全くの未成熟で、中味がない、枝葉末節の動きに過ぎません。
地方分権は民主党が練ってきたテーマであり、成り立ての首長さんのような地方分権単独テーマとして捉えていません。
政官業の癒着、天下り、企業団体献金、既得権益などを含む政権交代の総合的なシステムの変更です。
特に大事なのが新自由主義ではなく、中間層以下を大事にする政策です。
東国原や橋下の昨日今日の勉強ではなく、民主党の若手は遥かに勉強しています。
地方は中央の奴隷、そんなことは橋下知事が言うより前に誰もが知っていることです。
地方では変えられないことが分かっていて知事になっているくせに何を今更という気がします。
知事を途中で辞めて出るのでしょうが県民無視も甚だしく、1期も終えていない、成果すら出していない者にまともな評価はあり得ません。

東国原も橋下も、自民党の回し者と言えます。
中央集権を変えてこなかったのは自民党であり、それを変えるのは民主党といっています。
どう考えても、政党を応援すると仮定した場合、選択するのは民主党であって、自民党の選択肢はあり得ません。
新自由主義への態度を明確にしないと聞く耳は持ちません。
徴兵制などと言っている輩は信用おけませんね。
1期も終えない首長ががつがつする姿は見るに堪えません。
マスコミもこんな雑魚たちに時間を割くのは辞めて貰いたいです。

地方分権で新党、政党が政治団体、ふざけています。
首長は地方分権でも温度差があり、それ以外の政策ではもっと差があるでしょう。
それを一つに束ねるなんてあり得ません。

1期を終えてから、中央政界に打って出たいなら、新党を作るのが常道です。
或いは、完全に政党に入って、頭角を現すかです。
既成政党を利用して飛び級しようとする魂胆では、国民の支持を得る政治家にはなり得ません。

投稿: 愛てんぐ | 2009/06/26 21:06

こんばんは、愛てんぐさん

あの4年前の郵政選挙のときは、小泉さんの書くシナリオに、国民はすっかり騙されました。
自民党をぶっ壊すと言ったはずが、何のことは無い、ほとぼりが冷めた後には元に戻っていましたね。
上手い戦略に乗せられた物です。

今、橋下や、そのまんま、中田がいかにも、地方分権を推進していくヒーローのような構を作り上げていますが、民主党が元々案を出していましたよね。
既成政党では駄目なようなイメージ作りをしていますが、国政は自民党か、民主党かと言う所まで来ています。
自民党が変われるなら、とっくの昔に変わっています。
だからこそ、民主党が自民党に無い案を出していると言うのに、そのまんまは自民党がこれから変わるような演出に持って行きたいようです。
見え透いていますよね。

そのまんまは自民党に入りたいのでしょうが、宮崎県政を任期半ばで放り投げるような人を誰が信じると言うのでしょうか。
お国のためと大義名分をつけていますが、自分のためではありませんか。
それに、自民党に入ってたとえ総裁になったとしても、そのまんま一人では、何も変える事はできないでしょう。
改革をするなら、自民党では出来ません。
が、あんな節操の無い人には民主党には入らないでいただきたいです。
それに、メディアのあの持ち上げ方は異常です。
今、松本サリン事件のドラマをやっていますが、警察とメディアの暴走だったんですね。
今も、15年前もなんら変わっていないと思うと恐ろしくなります。
警察もメディアも、何も学習をしていません。
これが悪いとなると徹底的に落とす、良いとなると天にも昇るように持ち上げる。
白か黒か、どっちかのメディアの報道は今も昔も、変わりがないと言うことですね。

それに気に入らないのが、橋下は自民、民主を天秤にかけているところです。
政策についても、恫喝しているような感じもしますし、そんなところも傲慢に思います。
なんとも、嫌な感じがします。

投稿: まるこ姫 | 2009/06/26 22:36

そのまんま東は宮崎県知事選で当選できるとは本人も思っていなかった。ところが、自民党知事の汚職が酷く、県民の怒り爆発、当時、政党色のないそのまんま東が受け皿となり当選してしまった。そのまんま東の思いは、宮崎県知事選立候補は次期参議院の国政選挙で立候補するための売名が目的だった。
ところが以外にも当選してしまった。
これが、彼の国政転進したい原点でしょうね。
そもそも、宮崎をどげんとせんといかんは、キャッチコピーに過ぎなかったのが本音ではないでしょうか?
自民党の利権を失うと困る勢力は、当選直後から、そのまんま東知事に接触しています。自民党の中川秀氏です。
恐らく、自民党に協力的立場を堅持してくれるなら、マスコミを動かし、テレビも好意的に報道させて、人気者に仕立てる、そういう密約は、その時点からあったと思います。
彼の本来の目的が国政にあり、地方に住み続けるのも嫌だし、知事としての実績が問われるまでいることは賞味期限切れが露呈する気配でもあり、今が、自民党とそのまんま東にとって、潮時なのでしょう。
でも、気がついたのですが、そのまんま東も橋下知事も横浜の中田市長も権力欲志向の強い個性派揃い、まとまって何か出来る人物ではありません。
新党立ち上げても直ぐに行き詰るのは目に見えています。
心配なのは、再びテレビに騙されて、多くの国民が誤った判断をしない事だけです。
国政選挙を、郵政民営化や地方分権などという、シングルイシューで問う事は、根本的に間違っています。
彼らが、本当は、国民の為には働かないことを隠すためのシングルイシューです。

投稿: scotti | 2009/06/27 05:43

こんばんは、scotti さん

そのまんま東には失望しました。
もう少し、気骨のある人間かと思っていましたが、どうも
買い被りをしすぎたようです。
それは宮崎県民も同じだと思います。
やはり、売名だったのかと思います。

>宮崎をどげんとせんといかんは

勿論キャッチコピーでしょうが、そこには切羽詰った
郷土愛のような物が感じられましたから、すっかり信用していました、国政への踏み台だったんですね。
自民党の回し者だという事なのでしょうか。
だから、いつも言葉の端々に自民党への愛着がにじんでいたのですね。
自民党もそのまんまも、本当に乗せるのが上手いです。

今日も中田市長が出ていましたが、確かにこの人物も権力志向の強い傾向があります。
三者とも、個性の強い人たちですね。
各々が、一方向へなびく事はないでしょう。
お互いに、われもわれもとなってしまうのは目に見えています。
協調性がなさそうですもんね。

メディアは話題性が強ければ飛びつきますが、地道に活動していても取り上げません。
不公平ですよね。
それによって騙される国民も多いですから困った物ですけど。
今度の選挙は総合的なものをつき合わせて、私達は選択をしなければならないと思います。
地方分権とか、郵政とか、単一の政策を声高に叫んで国民を誘導するのは間違っていると思います。
そのまんまは、まさに地方分権だけを、政策としていますが、その中身はまだわかっていませんから、まやかしですね。

投稿: まるこ姫 | 2009/06/27 20:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/45458984

この記事へのトラックバック一覧です: 「自民党をぶっ壊す」から「自民党は変わった!」起死回生のシナリオ:

« なんだぁ、知事職は国政への踏み台だったんじゃん | トップページ | 何でもありの自民党はなりふり構わず作戦に »