« 東京都議選投票日、敗北でも辞任せぬ意向の麻生首相 | トップページ | 自民党の内部崩壊が始まった。。。。 »

2009.07.13

東京都議選自民党惨敗で、ようやく解散風が。。。

昨日の都議選の開票結果は、久々に痛快そのもの。
民主の圧勝だった。

自民党が若干票を減らすとは思っていた物の、ここまで民主が
伸び、自民党惨敗状態になるとは・・・・・・
都議選の陰に隠れてはいたものの、奈良市長選も民主の勝利。
やはり、都民もそうだけど、国民全体が今の自民党政治にNOを
突きつけているのではと思う。
選挙の前になると、自民党はこう変わるとか、自民党をぶっ壊す
とか言いながら、長年国民を騙し政権を維持してきた。
今となっては、自民党をぶっ壊すどころか、国民生活の方がぶっ
壊れてしまい、人々の怒りは投票と言う形になって表れた。

都議選の投票も、当初言われていたように、投票率が伸びるか
と思っていたら、、途中伸び悩んだような感じだったから、都民は
あまり選挙には関心が無いのかとがっかりもした。
ところが今日の朝、54パーセントと言う投票率を知り、投票率が
伸びたからこそ、民主党に風が吹いたのだと思った。
54パーセントも決して高い数字ではないが、今までの選挙の投
票率に比べれば上出来だ。
なんといっても国民の権利である投票には行かなくっちゃぁ。
一人一人が意思表示をすれば、必ず政治は変わる。
傲慢な党へ、しっぺ返しが出来るのだ。

エイッ 愛の一押し

それにしても、公明党の組織票は、投票率なんかまったく関係が
ないらしい・・・・・・必ず議席確保は驚異的だ。
しかし、民主党もこれからが正念場だ。
都議選は、民主党が圧勝したけれども、これがゴールではない。
新しい政治の新たなるスタートとして、民主議員が責任ある都政
を実行しなければ、この反動もすさまじくなるのではと危惧もする。

当初、麻生首相は都議選と国政は関係ないなどといっていたが
これだけ自民党惨敗では、関係ないとも言っていられないと思っ
たのか、ようやく解散を決意したと言う。

>連休明けの21日にも衆院解散に踏み切り、衆院選の日程を8
月18日公示-同30日投開票」とすることで合意した

7月21日に解散をし、8月18日公示という事で、その間相当日数
がある。
追い込まれた自民党議員の事だ、麻生では選挙に戦えないと
またぞろ、表紙を変えて総選挙に臨んだりしないのだろうか。
それとも、またまたアッと驚く人気者を擁立して、目くらまし作戦
を画策していないのだろうか。それが心配だ。
しかし、都議選と国政とは関係無いと、どの自民党議員も言って
いたが、それなら何で首相初め大物議員が何度も応援演説に行
ったのだろう。不思議だ。

最後に、石原都知事は、自民党議員の惨敗について、国政のツ
ケを払わされたと言っているようだが、石原都政への批判票も随
分あるのではないだろうか。
やはり、いつもこの人の発言は傲慢だ・・・・・・・


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


              愛の一押し

を切にお願いしますm(__)m  苦戦してます^_^;

にほんブログ村 ニュースブログへ  ← クリックしてね(^^)



☆ーココログランキングー☆ ← クリックしてね(^^)♪



|

« 東京都議選投票日、敗北でも辞任せぬ意向の麻生首相 | トップページ | 自民党の内部崩壊が始まった。。。。 »

コメント

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
地方選挙と国政を同じにしたくないだけです。
勝った時には逆の理由付けをするくせに本当に都合がいい。
 自民党をなんとか下野させたいですね。
 バカな阿呆太郎です。意地でも解散権使いたいだけですね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2009.07.13 19時20分

こんばんは、くまさん

まったく勝った時と負けた時の言い分が180度違う党も
珍しいですね。

麻生さんは、都議選に負けたから解散をするのかと聞かれたら、まったく違うと言い切りました。
人は、プライドと負け惜しみの塊だと思いましたよ。
少しでも長く首相にいたいだけだと思います。

早く自民党政治を終焉に導きたいです。
そのためには国民が投票に行く事ですよね。
是非とも一票を行使しましょう。

投稿: まるこ姫 | 2009.07.13 21時25分

臨時コメで、こんばんわ。
いや~、昨日は、見事な「自民党大敗」でした。
これだけ、国民が批判すれば、当然の結果でしたね。
・「解散(今月21日)」と「8月30日(日)の投票日」について。
「やっと」と言うより、ようやく、「麻生総理」も、重い腰を上げましたね。
けど、あまりにも、遅すぎますね。
それにしても、良くここまで、「意地でも降りたくない麻生総理&自民党幹部」でしたね。

投稿: H.K | 2009.07.13 22時20分

まるこ姫さん、皆さん、こんばんは

衆院に不信任案、参院に問責決議案を提出し、国会はストップしました。
鳩山代表を国会で追い込むことも不可能になりました。
マスコミ頼りとなります。

麻生首相を下ろすか下ろさないかに移ってきました。
総裁選の前倒し、やればやるほど、逆効果、国民離れが進むのも分からずに。
麻生で解散は、自殺行為、自爆テロ、何と利己的なんでしょう。
自分たちの生き残りしか考えない、国民は愛想づかししているのを気付いていません。
麻生はリリーフピッチャーで先発が必要とは何と身勝手な論理、中継ぎもリリーフも国民は信任していません。

東京都知事選は投票率が60%ほどでしたが、総選挙はもっと高くなるでしょう。
一票で変わるということが国民は認識しました。
もっと、雪崩を打って、逆郵政選挙のようになるかも知れません。

石原都政も、自公が少数与党となり、力に任せた傲慢な都政は無理になり、もうボロボロとなり、我慢できずにやめるのではないでしょうか。
新銀行東京が破綻していることが顕在化するでしょう。
オリンピックも勝てない、石原知事もお仕舞いですね。

投稿: 愛てんぐ | 2009.07.13 22時26分

住民票の移動に充分配慮した日程で、衆議院の選挙が実施されるようですね。
創価学会会員の住民票移動に最低限必要な1ヶ月は確保した日程を強要されている感じですね。
東京都議会議員選挙では、中選挙区制を狙った公明党&創価学会の組織力と選挙戦略を見せ付けられましたね。
しかし、それを許して本当に民意と言えるのかは疑問ですね?
噂される住民票の移動作戦を使えば、相当数の候補者を確実に当選させる事が出来るのが、東京都議会議員選挙なんだと思いました。
東京都の予算規模は国家並ですし、公明党創価学会にとっては、絶対に勝てる、美味しい選挙なのでしょう。
この1ヶ月で住民票の移動はどうなるのか?
実態をよく調査する必要性がありますね。
偽装区民、偽装市民では、その地区の方にとっては困った現象です。
それにしても、自民党の敗北は予想以上でしたね。
麻生首相が応援に行けなかった島部だけが勝利し、
麻生首相が応援して回った自民党の1人区は全敗でした。
これが致命傷で過半数割れになってしまいました。
そして、先送りしていた解散総選挙も、最悪のタイミングになってしまっています。
本当に何も考えていないの麻生さん?と驚くばかりの野党有利の状況での選挙戦になりそうです。
民主党候補でも強欲主義の手先の様な人も何人かいますから、それぞれの選挙区でよく判断して投票しましょう。
小選挙区では鳩山さんを支持する民主党候補、
比例区では社民党が正しい選択の様にも思います。
これから50日の選挙戦の結果で、日本の未来が大きく変わります。
自分で考え抜いた人に、命の1票を投票しましょう。
投票率を上げる事が、生活を守る第一歩です。
麻生首相は、生活を守る政党はどこか?の選択選挙だと述べましたが、それなら小沢党首時代から、「国民の生活が第一」と言っている民主党に投票してくださいと言っているのと同じだと、私には思えますが・・・
テレビは、自民党のマニフェストVS民主党のマニフェストだと大合唱になるのでしょうが、与党の判断にはこの4年間に実施した政策を加味することも絶対に忘れてはいけません。
コイズミ郵政民営化で全てが良くなるとした前回の自民党のマニフェストの結果も加味しなければいけません。
簡単な判断基準なら、あなたの暮らしが良くなったのか?   悪くなったのか?それだけでも判断できますよね。

投稿: scotti | 2009.07.14 10時04分

★ーーこんにちは、H・Kさん

本当に大敗しましたね。
まさかこれほど、大敗するとは思いませんでした。
流れはあったんですけどね。

やっとと言う感じですが、任期満了と変わりがありませんよね。
あまりに遅すぎます。
選挙運動も大変でしょうし、もっと早く解散していたらこうも
党がぐちゃぐちゃにならなくて、すんだでしょうに。
やはり、決断が遅すぎましたね。

麻生さんは、麻生さんで、ものすごいプライドがあったのでしょうね。
私達には、まったく分かりませんが。


★ーーこんにちは、愛てんぐさん

>衆院に不信任案、参院に問責決議案を提出し、

今日、やってましたね。
あれだけ、騒いでいた小泉チルドレンがらみの議員は、衆議院で信任しました。
なんなんでしょうね。
そんなに不満なら、新党でも立ち上げればよいのに。

自民党内で、自分たちだけの論理で、総裁前倒しとか行っていますが、そんな勝手な理屈が通るわけも泣く、醜聞ばかりがテレビに出ます。
自分たちの党を貶めているだけではありませんか。
国を憂う議員はひとりもなく、ただただ自分たちのエゴだけで発言をしています。
こんな人たちが、国を代表する人たちですよ。
恥を知れといいたいです。

リリーフだとか、中継ぎだとか、先発だとか。
本当によく言うよと思います。
問題外ですね。

やはり、投票率が高くなったからこそ、歴史が変わりました。
私達は、生活を嘆く前に、まず自分の貴重な一票を行使する事だと、つくづく感じました。
今、民主党の方へ風が吹いていますが、これからが正念場です。
自民党にはNOを突きつけましたが、さりとて民主党を全面的に良しとは、していないと思います。
今こそ、民主党も政策、マニフェストで勝負する時です。
勝っておごる事無く、今度は国政へ人々の関心を集めて欲しいと思います。

石原さんも偉そうに言っていますが、今までの都政にN0を言っている人も少なからずいます。
新東京銀行への融資も、莫大な物です。
これからは、あまり唯我独尊では、誰もついていかないでしょう。
都議会も楽しみになってきました。


★ーーこんにちは、scotさん

いろんな人のブログで分かりましたが、どうも創価学会は不正もどきの、投票をしていたみたいですね。
だからこそ、今までの議席を維持して、増やしました。
どうも変だと思っていました。
何で、公明党だけ逆風が吹かないのだろうと。
住民票を東京都に移すだけで、投票が出来るとなると
組織票は強いという事になりますよね。
それも、こんなのインチキではありませんか。
そうまでして議席確保は、宗教に恥じないのですかね。
宗教はインチキしてでも、議席確保と教示しているのでしょうか。
本当に怖い物があります。
政教分離などは、絵に描いた餅ですね。
ここまで宗教が政治に介入してよい物か。
公明党恐るべし出すね。
民主党が政権を取ったら、こういったところへもメスを入れて欲しい物ですね。

元々麻生さんは、”惜敗を期して”と予言していました(笑)
惨敗でしたが、負ける事は分かっていた?(笑)
麻生さんが行かなかった所は勝利ですか。
なんとも皮肉な物ですね。

ここまで追い詰められて、最悪の解散劇です。
やはり決断力が無い首相は、最悪のシナリオが待っていましたね。
今私達に言えることは、どんな事があっても投票する事です。
投票率を上げる事が、生活者重視の政策になるでしょうから。
今までが、無関心すぎました。
今度は政権選択選挙です。

それにしても未だにマニフェストも出さない自民党。
どうなっているのでしょうか。末期症状ですね。

>与党の判断にはこの4年間に実施した政策を加味することも絶対に忘れてはいけません

私も、まったくそう思います。
新しいマニフェストを出すと同時に前の4年間のマニフェスト政策達成度を検証して、それも発表しなければいけません。
なし崩し的に、選挙に突入する事だけは反対です。
ちゃんと検証し、総括するべきです。

とにかく投票率を上げるために、事あるごとに記事にし、いろんな人に呼び掛けたいと思います。
投票あるのみ。です。

投稿: まるこ姫 | 2009.07.14 16時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京都議選自民党惨敗で、ようやく解散風が。。。:

« 東京都議選投票日、敗北でも辞任せぬ意向の麻生首相 | トップページ | 自民党の内部崩壊が始まった。。。。 »