« 二党だけでの党首討論は不公平ではないのか | トップページ | 党首討論後の麻生首相、握手無視かよ。。。(笑) »

2009/08/14

落選運動は選挙運動に当たらない公職選挙法の不思議

公職選挙法って、面白い。

>公職選挙法の規定では、落選運動は選挙運動に当たらない
ため、公示後の活動も可能。
日本での影響力はまだ小さいが、ネットの普及が早かった韓国
では2000年の総選挙で候補者の疑惑を暴き立てる落選運動
が盛り上がり、実際に保守派や古参議員の多くが落選に追い
込まれている。

前の参議院選挙時に、ニフティでのお遊びで、どの党に投票する
かと言うのを円グラフ上に示すものがあった。
公示後もそれを継続していたら、ニフティから公職選挙法に抵触
するからと削除されてしまった方がいた。
そんなお遊びまがいの物が、公職選挙法に抵触するか?
お遊びに参加していたものとしては、そこまで厳しくしなくても良
いのにと憤慨した事を思い出した。

そのやけに厳しいと思っていた公職選挙法が、落選運動は選挙
運動に当たらないというのは、目からうろこだ。
普通に考えて、それが事実だとしても相手の悪口まがいを声を
大にして言うのは、選挙妨害のような気がしていた。
それが妨害には当たらないと?

にほんブログ村 ニュースブログへ

今はネットという、新聞やテレビに無い、瞬時にして世界を駆け
回る便利なものが登場した。
一般人でもネットから、自分を主張できるようにもなった。
例えばブログにしても、既存の記者よりも、よほど物事の本質を
見ていたり、核心を突く記事を書くブロガーは多い。
お金を出して購読する新聞よりも勉強になる事も多い。
ネットも、悪い面ばかりではなく、良い面も多いと思う今日この
頃だ。
他の動物に無い、人間にだけある理性を持つという事が前提だ
が。それさえ自分に律する事ができたらネットを使う利便性は
果てしない。

自分の主張と言えば、ネットでの主張は日本より韓国の方が進
んでいるのではないか。
芸能人がネットでの書き込みが原因で自殺をしてしまうと言うニ
ュースは、よく見聞きする。
その韓国で、落選運動が盛り上がり、保守派や、古参議員が落
選の憂き目にあっていたという事は、これからの日本でも当ては
まる事ではないのだろうか。
今までの日本人気質がだんだん変質している今、ネットで落選
運動を展開されたら、韓国のように落選したりする候補者もいた
りするのではないだろうか。
日本の今まで重鎮だと言われてきた人間や、二世三世議員な
ども、ネットでの落選運動を展開されたら、どんな大物でも、そし
てその息子や娘でも安泰とは行かないだろう。
公示後でも可能なら
日本でも、落選運動が流行るかも知れないなぁ。。。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


             
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)



☆ーココログランキングー☆ クリックしてね(^^)♪




|

« 二党だけでの党首討論は不公平ではないのか | トップページ | 党首討論後の麻生首相、握手無視かよ。。。(笑) »

コメント

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
今度は落選で円グラフで投票させてみましょうか?でも、また、お小言を食らうのは勘弁ですが、この法律の条文は知りませんでした。
でも、このほうが選挙妨害になりそうな気がします。変ですね。
この国の公職選挙法は。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2009/08/14 19:03

こんばんは、くまさん

くまさんでしたよね、円グラフを作った人は。
あれはすごい面白かったですよ。
それがニフティから削除されちゃいましたよね。
がっかりでした。

落選運動は可能だそうですから、今度はどの人間を落選させるか円グラフにしたらどうでしょう(笑)
一杯いますよね、あの人も、この人も。。。(笑)

しかし、この方が選挙妨害のような気がしますが。
公職選挙法って、本当に変ですね。

投稿: まるこ姫 | 2009/08/14 20:11

まるこ姫さん。今晩は。

>他の動物に無い、人間にだけある理性

これ、これでないでしょうか。人間にとってのかけがえのない財産は。人間の営みで親しい人の間では、たまにはハメをはずすことはあってもいいでしょうが、総じて豊かな感性に裏打ちされた理性が無いと、お互いが不幸になってしまいます。

特に歴史を形成したり、政治を進める場合には大切な人間の財産ではないでしょうか。過去を振り返っても豊かな感性に裏打ちされた理性の無い政治家、国民は、国内的にも、国際的にも、失脚しておりますね。

投稿: hamham | 2009/08/14 21:10

まるこ姫さん、皆さん、こんばんは

落選させたい自民党議員はいっぱいいます。
政権を投げ出した安部、福田、政界のドンの森、これら首相経験者は議員卒業が世界の常識です。
特に、政権を無責任に放り出した安部、福田は許せませんね。
世界に大恥をかいた中川も。
小泉構造改革を進め、貧困社会を招いた面々たち。
小泉次男は絶対に落とさなければいけません。
小泉内閣の人達、麻生をはじめ、もう一人の中川、小池、谷垣、二階、町村、尾辻、中山、細田、島村、尾身、武部、柳沢、石原兄、中谷、石破など、自民党の幹部がずらりです。
飯塚冤罪事件の死刑を執行した森法務大臣も加えたいですね。

投稿: 愛てんぐ | 2009/08/14 22:56

★ーーおはようございます、hamhamさん

理性は人間が持つ特性だと思います。
仲間内では許されても、それが公の場になればなるほど、理性で抑えなければならない事は、幾らでもあります。
ネットでは特にそうですよね。
匿名性がかなりの幅を利かせているわけですから、幾らでも悪い事は出来ますが、それを理性で補う事は可能です。

落選運動が出来ると言う事なら、理性を持って落選させたい政治家は沢山いますよね。
落選運動をされたら大変な政治家は多いのではないでしょうか。


★ーーおはようございます、愛てんぐさん

沢山いますね、特に自民党議員は。
安倍も福田も、森も、未だに政界にのさばっています。
安倍は麻生首相に色んな進言をしているのを見ても、どの面下げてと思いますもん。
森も、政界のフィクサー?笑っちゃいます。

自民党で辞めさせたい議員は、ゴマンといます。
大物と言える人がほとんどですが、この人たちの罪は
大きいですね。
日本をどのような国にしたいのかまったく分からないし、小泉改革の総括をし反省をしたのか。
ただただ、政権の座にいたいだけ、そして自分が甘い汁を吸いたいだけのように見えます。
戦争であれば、全員戦犯に値しますね。。
しかもA級戦犯です。

どの議員を見ても、庶民の同じ感覚とは思えません。
特権階級の人間だと感じます。
選挙の時だけ、国民の味方?
選挙が済めば元の木阿弥、国民はいい加減目覚めるべきです。
心から、落選運動をしたいと思う今日この頃です。

投稿: まるこ姫 | 2009/08/15 09:10

。まるこ姫様、こんにちは。  本当に変で、わかりませんね、が、自民党幹部の悪行三昧も、地元では支援されていたりで逆効果になる可能性もあります、落選運動しようにも、掴みどころの無い政治活動しかしていない議員ばかりで、過去の失言集の発行ぐらいしか思い浮かびませんね、又日本人の気質で悪口は控えます。  先日記事の党首討論、仰るとおり、この時期に中途半端にするくらいなら、最初からしないほうがいいですね、希望として国会で円卓形式で討論して欲しいです、熱い戦いが観れるでしょうかね?。。。

投稿: 赤いとら | 2009/08/15 12:18

まるこ姫さんこんにちは~happy01

ザル法として有名な公職選挙法も、このザル法の存続に力を及ぼし続け甘い汁を吸い続けてきた自民党が沈没して民主党に政権が移れば、随分とマシな法律に改定されることでしょう。

投稿: いっすんぼうし | 2009/08/15 16:12

★ーーこんばんは、赤いとらさん

そうなんですよね。
地元に利益誘導をしてくれる議員が良い議員なのですから、地元では英雄扱いなんでしょうね。
国政なんですから、地元にと言うよりも、日本がどのような国になるかを考えるべきなのでしょうが、今の日本政治は地元にどれだけ利益を持って来れるかなのですから、政治が矮小化されていると感じます。

落選運動が許されているなら、族議員などはどうでしょうか。
道路族はその筆頭でしょう。
古賀や、二階。
安倍や福田は政権投げ出し。
愛てんぐさんのリストのようにまだまだいるとは思いますが。

しかし、日本人は韓国人と違って、そこまで激情的ではないから、落選運動までは発展しないでしょうが。

今の時期の党首討論は、二党だけではなく色んな党の意見を聞いてみたいですね。
公平中立を意識して、国会でも良いでしょうし。
民放では時間的制約が多すぎて、そしてスポンサーとの絡みもあって、大変です。


★ーーこんばんは、いっすんぼうしさん

公職選挙法もザル法なら、政治資金規正法もザル法(笑)
自民党の通す法案はザル法が多いですね。
どこか抜け道を作るのが、大得意な党なんですね。

やはり、パンドラの箱を開けて今までの膿を洗いざらい出しつくす。
そこからが新たな日本の出発点なのでしょうね。

投稿: まるこ姫 | 2009/08/15 21:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/45925605

この記事へのトラックバック一覧です: 落選運動は選挙運動に当たらない公職選挙法の不思議:

« 二党だけでの党首討論は不公平ではないのか | トップページ | 党首討論後の麻生首相、握手無視かよ。。。(笑) »