« 新政権が誕生したのに、野田が発足式をやる不思議 | トップページ | 「小沢幹事長」でなんで悪い »

2009/09/03

経団連に挨拶回りの麻生首相、派閥会長続投の山拓

麻生首相は、切っても切れない仲の経団連を訪れ御手洗と会
談をしたそうだ。
>自民党の衆院選惨敗について、首相は「期待に応えることが
できず申し訳ない」とした上で、「参院選に向け党内を立て直す
ので引き続き支援を願いたい」と要請した。

自民党は組織票がために奔走していたようだが、昔ならいざ
知らず、もう組織が個人を押さえつける時代ではない。
自民党の大敗の理由をまだ分かっていないようだが、これでは
自民党復活の道も険しいのだろうと思ったりもして。

今までは経団連から多額の献金がなされ、それによって大企
業よりの政策がなされてきた自民党だが、ようやく政権の座か
ら引いた。
選挙前から、ものすごい支援をして貰った経団連に謝意を表わ
すのは当然だろうが、この先経団連が、権力にいない党にそれ
ほど支援をするだろうか。

今まで、ビックリするような多額の献金をして、陰になり日向に
なり応援してきたのは、自民党がただ単に政権の座にいたが
為だけで”政権の切れ目が縁の切れ目” 何の旨みもない自民
党に秋波を送るとは思えない。
それほど権力と言うものは大きく、自民党はこれから相当野党
の悲哀を味わうのではないだろうか。
多分、それは見事なまでの違いようだろう。

にほんブログ村 ニュースブログへ

まず第一に、政党助成金がまったく違う。
民主173億に対して自民104億。

>このほかにも野党に転落することで、20年には28億円あった
寄付金・献金や、10億1000万円あった党費収入の目減りも予
想される。

野党に転落すると、今までの与党時代の潤沢にあった台所とは
大きく違ってくる。
まさに、月とすっぽん。本当に肌で味わうんだろう(笑)

衆議院選挙で見事に落選した、党の重鎮と言われる山崎拓。
引き続き山崎派の会長を務めることになったという。
私はてっきり、落選したらただの人だとばかり思っていた。
まだ、会長職を続行するなんて不思議な世界だ。
ある意味国民が落選の審判を下した人間が、自民党への影響
力があるようでは、党としての機能さえも疑わしくなる。

麻生首相は麻生首相で、昨日のぶら下がり会見を見ても、最近
鳴りを潜めていた上から目線が、自民党惨敗で堰を切ったかの
ように、でるわでるわ・・・・・
これがこの人の本質なんだろうが、国民が自民党を選択しない
で、本当に良かった。
しかし、メディアの自民党総裁選の取り上げ方は尋常ではない。
一野党になった自民党の総裁選がそれほど重要だとは思えな
いのに、あの人だとかこのひとだとか。。。。
メディアも、まだ前与党ボケしているのだろうか。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


             
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)



☆ーココログランキングー☆ クリックしてね(^^)♪




|

« 新政権が誕生したのに、野田が発足式をやる不思議 | トップページ | 「小沢幹事長」でなんで悪い »

コメント

メディアも戦犯の一役を担っていた訳ですから、同病相哀れむの図式ですかね‥happy02
経団連も国民の審判を同時に受けた当事者ですから下手に自民党と関わる事を裂けるでしょう。crying
>”政権の切れ目が縁の切れ目”<
民主党がチョンボをしない限り、しばらくは民主党政権が続くと思います。happy01

投稿: よんじゃる | 2009/09/03 18:43

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
権力の座に少しでもいたいから、落選しても派閥の長に固執するのでしょうね。
もう、ただの人以下なのに、それすら判らない議員たち。
 下野したことが未だに判っていないのかもしれませんね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2009/09/03 19:00

★ーーこんばんは、よんじゃるさん

メディアも財界も、自民党べったりでした。
一方的な情報ばかりが流されて、これでは国民が不幸ですよ。
経団連も、ブーイングものだし。
いかにも献金効果を期待して、持ちつ持たれつ。
これからは、自民党に擦り寄っていっても何のメリットも
ないわけだし。
政権と言う権力の座は、私達が考える以上に議員に取っても財界に取っても官僚に取っても大きいのでしょうね。
だからこそ、権力欲に取り付かれる人も多いので沿うが。

民主党には、日本の国を立て直す道筋をしっかりと作って欲しいと思っています。
だから、あまり性急に結果を求めるのは戒めるべきだと思います。


★ーーこんばんは、くまさん

落選したらただの人だとばかり思っていましたが、まだ権力の座に固執するのですね。
あの山拓が、派閥の長だって。
いつまでのさばる気なんでしょう。

麻生太郎以下、下野した事の実感がないのかもしれません。
未だに、夢の中?
だから、いつまでも偉そうにぶら下がりをやっているのでしょうか。

投稿: まるこ姫 | 2009/09/03 20:18

まるこ姫さん、皆さん、こんばんは

自民党は政権にあってこそ、利益誘導ができてこそ、存在理由があったので、下野した自民党に、存在理由はありません。
理念で残るとしても、保守、新自由主義だけでは、自分党の人達は分解するかも知れません。
利益誘導できない自民党に献金は集まりません。
弱体化は一気に進むでしょう。

事務次官が偉そうに、民主党の政策に云々と言っているのは、不愉快そのものです。
選挙で選ばれていない官僚が政治をするのは民主主義の否定です。
官僚は手足であって、頭ではありません。
手足が記者会見で自分の意見を述べる、そんなふざけたことを許してきたマスコミもマスコミです。

政権交代で、価値観が180度転換したのが理解していないようです。
政治主導、国民主権政治の意味が分かっていません。
自民党がやってきた官僚政治、業者への補助金政治が否定されているのです。

マスコミ、メディアも分かっていません。
長期自民党政権の思考で、考え行動しています。

八ツ場ダムなど、補助事業は止めて、困っている個人そのものに支援する政策に転換したのです。
特定の人達だけが、補助事業などで潤う、そんな利権政治は終わりです。
地方は公共事業に依存するのではなく、自ら地方分権に則り、自立しなくてはいけません。

物の考え方そのものを、180度考え直さなくてはいけません。
高速道路だって、金を持つ人が有利な制度で、無料化は誰でも使える物にするという考え方です。
序列が自民党官僚政治ではお上、企業、供給側のルールを、民主党連立政権下では、国民全体、個人に均等へというルールの大転換をしたのです。
そのことを、みんな分かってないようです。

投稿: 愛てんぐ | 2009/09/03 22:31

まるこ姫さん、こんばんわ。自民党はますます醜態をさらしてますね。でも、マスコミが自民党の総裁選挙ばかり取り上げるのは、自民党の味方をしてるわけじゃないですよ。もともとマスコミは弱い者いじめが大好きなんです。そして今、自民党は弱っています。だから、自民党の醜態をしつこく取り上げるんですよ。まあ自民党が叩かれるのは自業自得・自己責任ですが。

ところで、「自民党に比べれば、公明党の大物は潔い」という話がありましたが、皆さん、騙されてはいけません。あそこは支持母体の強力なバックアップがありますから、落選しても生活には困らないんですよ。「浄財」で活動なさってますから(笑)。それに、信者の人たちの間では、選挙前から、「もう自民党とは手を切ったほうがいい」という声が上がっていたので、ちょうどよい潮時だったんです。自公政権を進めてきた太田代表が落選したおかげで、かえって「自民党と組んでいたイメージが払拭できる」と喜んでいるフシもあります。あの人たちを信じちゃ駄目です。(^^;

投稿: しにょ~る | 2009/09/04 03:15

★ーーこんばんは、愛てんぐさん

自民党はまだまだ、現実が見えていないのかもしれませんね。
下野した自民党に何の魅力があるというのでしょうか。
ただ、政権の座にいたから擦り寄る団体や企業がいたと言うだけの話で、これからは企業献金も激減するでしょうね。
今までの民主党が良い例ではありませんか。

菅直人がイギリスの政治を勉強に行きましたが、あくまでも官僚は政治家の下と言う、位置づけでしたね。
日本のように官僚が政治家を、差しおいて発言するのはもってのほかで、日本の政治家が以下に官僚に使われているか、馬鹿にされているかが良く分かりました。

>政権交代で、価値観が180度転換したのが理解していないようです。

実感できないのでしょうね。
60年も自民党が与党であり続けたツケが来ているのかもしれません。
未だに、自分達が政治の実権を握っているとでも思っているのでしょうか。
マスゴミも、記者クラブ廃止となったら、今までの古い体質は通用しませんよね。
民主党へのネガキャンも、未だにやまず。

しかし、八ツ場ダムは、存続も、廃止も、難しい選択になりそうです。
あまりに長く工事を続けすぎました。
住民も振り回されてどうして良いか分かっていないように思います。
政治の犠牲になってしまいましたから。
地方分権と一概に言っても、首長次第だと思います。
有能な首長だと、アイデアも出し有意義な使い方が出来るでしょうが、無能な首長にかかったら、かえって地方は疲弊してしまうかも知れません。
地方分権も、おいしいだけではないのかも知れませんね。

民主党政権になって、議員が色々言っていますが、私達も古い今までの構造の元での発想を変える時かもしれません。
民主党の主張の、枠組みを変えるというのが、ようやく少し分かりかけました。
国民の理解度は、まだまだ低いのだと思います。
発想の転換をしないと、中々理解できないと思います。


★ーーこんばんは、しにょ~るさん

もちろん、弱い物いじめは大好きなメディアですが、まだまだ自民党に対しての幻想があるのだと思います。
マスゴミも、頭の転換ができていないのではと。
腐っても鯛、自民党には放送価値があると思っているのではありませんか?
何十年も自民党が仕切ってきた日本ですから。

公明党は落選しても生活の心配はないでしょうね。
しかし、政権与党にいた時は、相当自民党と一緒になって、いや、それ以上に民主党ネガキャンに精を出していました。
あれを見たら、自民党同様、信者ではない公明党支持者も引くのではないでしょうか。
信者達は、自民党と手を切ったほうが良いとは思っていても、公明党幹部は、政権の座にいたかったのだと思います。
残念ながら、今回は潮時、時代の変わり目で、太田、冬柴、北側と落選しましたから、政権の切れ目が縁の切れ目になってしまいましたが。

投稿: まるこ姫 | 2009/09/04 20:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/46110718

この記事へのトラックバック一覧です: 経団連に挨拶回りの麻生首相、派閥会長続投の山拓:

« 新政権が誕生したのに、野田が発足式をやる不思議 | トップページ | 「小沢幹事長」でなんで悪い »