« 民主党よ勝って兜の緒を締めよ、おごる事なかれ | トップページ | 新政権が誕生したのに、野田が発足式をやる不思議 »

2009/09/01

大量落選で派閥も衰え、まさに自民党ぶっ壊れた

8月30日、私はこれほど民主党が圧勝するとは思わなかった。

>衆院選での歴史的敗北を受け、自民党各派閥の勢力はそろ
って激減した。
今回は派閥領袖7人のうち、山崎氏のほか、町村信孝・前官房
長官、伊吹文明・元幹事長が小選挙区で敗北した。

山拓は完全に落選してしまったが、町村や伊吹なども小選挙区
制では、敗北した。
小池百合子や、野田聖子も小選挙区制で敗北したので、やった
ーと思っていたら、何のことはない比例で復活していた。
選挙区で落としたと思っていても、比例で復活しているのを見る
につけ、この制度は本当におかしい。
民意が反映されていないではないか。

派閥の領袖クラスでも、町村や伊吹は小選挙区制で敗北した。
比例で救われたとしても、これでは権威も威厳も何もあったもの
ではない。
ようやく、かろうじて返り咲いただけだ。

>最大派閥町村派は、公示前の約3分の1まで減じ、衆参合計
では第1派閥を維持したが、衆院では第2派閥に後退した。衆院
第1派閥となったのは古賀派だが、同派も51人から25人に半減
した。

にほんブログ村 ニュースブログへ

この総選挙で、各派閥の内容は非常に厳しくなった。
顕著なのは二階派で、衆議院では会長の二階俊博だけであと
は参院議員で二人のたったの三人だけになってしまった。
これで派閥と言えるのかどうか。
派閥の中身も、変わってくる。
自民党議員の新人候補で当選はわずか五人、一方派閥の領袖
クラスはちゃっかり比例で当選とあってはますます高齢化一直線。
小泉チルドレンと言われた連中がことごとく落選とあっては、若手
がいなくなり、活気が急速に衰える。

今回の選挙は自民党に取ってはピンチだったかも知れないが、こ
れをチャンスに変えるには、派閥の領袖クラスが当選してはいけな
かった。
首相経験者や、領袖クラスや、重鎮と言われてきた人たちが相
も変わらず幅を利かせるようでは、いつもと同じ自民党の風景だ。
今回は生き延びたと思っている議員達もいるかも知れないが、
結果的には、古い体質が依然として残る。
自民党も民主党を追い落とし政権奪取を真剣に考えるなら、今
のままの自民党では、イメージ的にも非常に良くない。

衆議院では、300議席からたったの119人になり。
>森法相、全閣僚当選に「不幸中の幸い、閣僚は全員戻ってき
た」。。。。

自分達はたとえ選挙区で落選しても比例で上位の方にあり、戻
るのは容易だろうに。

やはりどう考えても、与謝野や町村、伊吹あたりは小選挙区で
は落選したのだから、後進に道を譲るべきだった。
古いタイプのいつもの議員が国会で居眠りしているのを、テレビ
に映し出されて茶化されない事を祈るばかりだ。

比例で復活なんて茶番も茶番、民意に沿っていない。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


             
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)



☆ーココログランキングー☆ クリックしてね(^^)♪




|

« 民主党よ勝って兜の緒を締めよ、おごる事なかれ | トップページ | 新政権が誕生したのに、野田が発足式をやる不思議 »

コメント

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
まあ、ゾンビ制度は自民党のためにあったようなものですね。老人ばっかりでは魅力はもうありません。阿呆太郎が落選しないというのが本当に不思議です。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2009/09/01 18:41

こんばんは、くまさん

本当にね。
じみん党議員の長老や、首相経験者、重鎮と呼ばれた人の為の制度だったですね。
選挙区で落ちて、ちゃっかり返り咲き?
落としたと思っている人は????ッて感じですよね。
自民党は老人ばかりになっちゃいますよ。
これでは巻き返しもかなり厳しくなりませんか?

日本沈没の戦犯、安倍、福田、麻生、ついでに森も消えて欲しかった(笑)

投稿: まるこ姫 | 2009/09/01 19:39

いつも読ませて貰っているブログに『夏のホラーか? 夜中の間にゾロゾロ甦る自民党落選議員の怪!?』という題名の記事があり思わず笑ってしまったのですが、ゾンビ老害自民党議員の復活は、そのまま自民党再生の後退に繋がります。自民党崩壊も秒読みですね。

投稿: よんじゃる | 2009/09/01 19:56

まるこ姫さん、こんばんわ!(^-^)ノ

自民党の「戦犯」たちの比例復活当選は、納得いきませんよね(笑)。だけど、あわてて制度を変えるというのは、僕はちょっと反対なんです。どういう制度にも、それぞれ欠点があるので、慎重に考えたほうがいいと思ってるんですよ。なぜなら、次の選挙では、民主党に逆風が吹くかもしれません。そのとき、比例復活がなかったら、大変なことになる可能性があるんですよ。
http://blog.livedoor.jp/signor_1/archives/1171562.html

それに、どう制度を変えたって、有権者がバカだったら、バカな政治家が当選しちゃいます(笑)。今回の、自滅党の大物の復活当選については、「比例代表並立制」という制度そのものが悪いというよりも、彼らが「小選挙区で善戦してしまった」ことが一番の問題ではないでしょうか。小選挙区で彼らに投票するバカな有権者がいなかったら、比例復活もなかったんですから。

投稿: しにょ~る | 2009/09/01 20:25

★ーーこんばんは、よんじゃるさん

やはり、落としたと思った議員が比例の方で救われると言うのは、ちょっと納得がいないのですよね。
それも、自民党に取ってガンのような議員達が、そろいも揃って復活しています。
何のための選挙だったんだろうとう思ったりして。
自民党に取っても長い目で見たら、良くない事だと思います。
これでは若い議員達の成長の妨げになりませんか?
本当に優秀なら、老人だろうと若い人だろうと関係はないと思いますが、あの森とか、町村とかの復活はねぇ・・・・


★ーーこんばんは、しにょ~るさん

あわてて、制度を変えろというつもりはありませんが、弊害もあるのかと思うのです。
もちろん、どの選挙制度をとっても一長一短があるのは分かります。
が、この落選させて喜んでいたら一夜明けて新聞を見たときの驚きを考えて見てくださいよ。
あれ?この人落選したよねぇ・・・・どうして復活しているの?
って感じです。
ペイペイの議員とは違って党の重鎮は初めからすごい、ハンディをもらっているような気さえしてしまいます。
どうせ、小選挙区制で勝つか負けるかと言うオセロゲームのような制度なら、重複をやめるのも一考かと思います。
どちらか一本に登録すると。
その証拠に、公明党のあの太田代表は一本に絞り落選しました。
本人に取っては背水の陣かも知れませんが、そのほうが良く分かるし、潔いような気がします。
しかし、この小選挙区制度と言うのは、小さい党は大きな二大政党の影に隠れて埋没してしまいますね。
私は、右か左かも必要ですが、その中間や、または少数意見も聞く必要もあると思います。

まだまだ、国政に対しての国民の意識の低さにも問題があるとは思いますけどね。
国政選挙とは、わが町を潤す利益誘導型ではないはずですから。

投稿: まるこ姫 | 2009/09/01 21:35

こんばんわ!
比例の復活当選。ほんとうに怒りますね。でも、今回は
この制度の良さも実感しました。
それは、石川2区の田中美絵子さん、と愛媛1区の永江孝子さんです。他にも居るとは思うのですが、特にこの2人が
復活でも当選したのは嬉しかったです。
新人が古参の大物に対抗するのは並大抵ではないですね。そういう面から新人候補者には復活当選も認められて
いいのではないかと思います。
現職議員とかましてや閣僚経験者などが復活当選などとは、許し難い制度です。プライドもった人間だったら重複立候補など希望するべきではないです。まあその部分だけは麻生も評価できるかも・・・

それにしても、長崎の福田衣里子さんがみごと久間退治を
やってのけたのには、溜飲が下がりました。


投稿: 路傍の石 | 2009/09/01 21:47

まるこ姫さん、皆さん、こんばんは

自民党が志を高く、建設的野党になるといっていますが、ネガティブキャンペーンの選挙手法、嫌がらせのような消費者庁の前倒しの開設などだけでなく、与党時代の17回もの強行採決からみて、そんなことはあり得ず、けんか腰の野党になるのではないでしょうか。

自民党は自分党、政官業の癒着で、利益誘導の口利きができていたから、存在価値はありましたが、下野して、さらに政治献金は激減し、企業団体献金の禁止となれば、結びつけている力は弱まるばかりです。
結びつけているのは、唯一、小選挙区の二大政党制です。
国民が老いた実力者を選び、若い人を選ばなかったので(国民は自民党の再生を望んでいないといえます)、自民党の活力は損なわれ、総裁選びもごたごたし、コイズミカイカクの総括、敗戦の総括すらできません。
コイズミカイカクの改革派、族議員の保守派、右翼のタカ派の3つの主導権争いになるでしょう。
自民党の政官業の次に来るモデルをなかなか描けないでしょう。
来年の参院選を与党が乗り切れば、自民党の浮上の目は無くなるでしょう。

投稿: 愛てんぐ | 2009/09/01 21:57

★ーーこんばんは、路傍の石さん

比例の復活当選って、やはり変な精度と思います。
落としたはずが、復活。
それも、自民党の場合、古いタイプの議員達はおしなべて
復活しています。

そうなんですよね。
新人の場合知名度もないし、メディアが取り上げてくれるだけが救いで、それさえもなかったら、ものすごいハンディがあると思います。
だから、新人の場合重複もあるかとは思いますが、有名どころが全部重複ではねぇ。
なんだかすごい不公平な気がします。

小選挙区制度自体が、勝つか負けるか、オセロゲームのような制度ですから、閣僚経験者、首相経験者や党の重鎮と言える人はどちらか一本に絞っていただきたいです。
新人の当選の邪魔をしている気さえしてしまいます。
これでは若手は育たないでしょう。
自民党は自分党ですから育てる気もないでしょうが。

福田さんは、どなたも褒め讃えますよ。
あんな使命感を持った人もいないし、気高い感じもします。
民主党は是非とも、彼女のような有能な新人を育てて言って欲しいですね。
女性パワーを侮るなかれですよhappy01


★ーーこんばんは、愛てんぐさん

自民党は、今まで政権与党にもかかわらず、右翼のような三流週刊誌のような、色んな悪辣な攻撃を仕掛けてきました。
そんな党が、すぐさま建設的な党になるでしょうか。
言うは易し、行うは難しですよ。
中々、本質的な物は変わらないでしょうから、これからは嫌がらせや、色んな妨害を屁とも思わずやるでしょう。
分かりすぎるくらい、分かりますよ。

野党になった自民党には、政党助成金も少なくなり、企業献金も激減すると言われていましたね。
今までの民主党の悲哀を味わうでしょう。
与党と野党では、月とすっぽん。ですから。

この小選挙区制度と言うのは、勝つか負けるかですが
地方へ行くと、私達から見れば悪名高い自民党でも、利益を誘導してくれるからか、自民党が良いと言います。
結果的には、古いタイプの政治家が生き残ってしまいます。
今の自民党は、若手が伸びない制度になっているようです。
これでは現時点では良いかも知れませんが、党としての機能が働かなくなります。
長い目で見れば、余計に自民党凋落に繋がるのだと思います。
未来に繋がる組織にはならないでしょうね。

中山さんと言う若手の議員が落選しましたが、やはり同じような感想を言っていました。
当選してはいけない人が当選したと。
若い議員の芽をつんでいると。

老害といえるような人達が多くなればなるほど、自民党の未来はなくなりますね。
新鮮味はまったくありません。

投稿: まるこ姫 | 2009/09/01 22:39

まるこ姫様、こんばんは。

自民党の大物議員といわれる者達は、比例で復活した。
本当の大物なら、比例重複立候補はせずに堂々と自民党さんがお好きな「責任」と「政局より政策」を訴えて勝負するのが本当の大物ではないのか?と思う。
まるこ姫さんが仰られるように、大田、冬柴、北側の方がよっぽど潔かったですね。
とくに、冬柴の負けた時のコメントは、皆さんはどう思われるのかわかりませんが、私は、清々しさを感じました。
それに引き換え自民党の大物といわれる議員は、選挙で危ういとなると、自分さえ良ければいいという考えで、これからの時代を支えていくであろう、有能な若手議員を差し置き、自らが比例上位。
この失政の責任は若手議員には余りないと思います。
選挙の洗礼を受けて自民大敗の責任を取るのは、本来、大物と言われる議員だと私は思いますが・・・
森、安部、福田、中川、古賀、麻生、与謝野 その他大勢
特に、森、安部は絶対に落ちて欲しい議員でした。
戦前の日本に戻そうと画策する議員は本当に退場して欲しい。安部は、小泉マジックにかかった国民が誤った選択をした結果で得た2/3で、何をやったかと言えば、憲法改悪の布石を打ち、そして強制的な愛国心の教育改悪。
これだけとってみても、本当に落選して欲しかった。

投稿: ジーコ | 2009/09/02 21:31

こんばんは、ジーコさん

>自民党の大物議員といわれる者達は、比例で復活した。

ほとんど、復活しましたね。
選挙区で落とされて溜飲を下げていた所、当選しましたと言われて、我々は腑に落ちませんよね。
そういう制度なんでしょうが、今日の日本の凋落振りは、その大物と言われてきた議員たちが直接関係しているわけですから、矜持としてもどちらか一本で戦って欲しかったですね。
若手が当選できないやり方では、党の再生は覚束ないのではと思います。
自分達は当選して大喜びでしょうが、その割を食うのは若手、新人です。
新人を育てておかないと、後が怖いですよ。

公明党は、有名人3人が落選しましたが、それもある意味潔いと言えると思うのです。

>この失政の責任は若手議員には余りないと思います。

そうなんですよね。
ほとんど、重鎮、閣僚、派閥の領袖達が決定してきた事を従うだけですから、大物と言われている人たちの責任はとても大きい物がると思います。
それでも、自分さえ生き残ればよいのか、閣僚の中でよく戻ってきたとお互いに労っていましたが。

>森、安部、福田、中川、古賀、麻生、与謝野 その他大勢

この人たちが政治の場から引退したら、自民党は本当に再生したと言えると思うのです。
昔の名前で出ています。的な議員ばかりでは、党としては相当疲弊してしまうのではないでしょうか。

そういえば、安倍は小泉政権の割を食ったように言う人もいますが、この人も相当がちがちの右よりの人ですね。
国民投票法、美しい国日本、なんだか時代が逆行していくような危惧を覚えます。
安倍は、山口では英雄扱いなんでしょうか?

投稿: まるこ姫 | 2009/09/02 22:08

まるこ姫さん。今晩は。
1993年に自民党を離党し、細川護熙政権で首相特別補佐を務めた田中秀征福山大客員教授は2日の講演で、自民党再生の可能性について痛烈に言い放っております。「(自民党は)再生しない。政党に必須の優れた指導者と理念のどちらもない、〝かさぶた″だけ残った。解党するしかない」。全くその通りですね。選挙後は、きっこさんのblogによれば、買収容疑で次から次に関係者が逮捕されております。また、公示中に汚らしいトンデモ謀略ビラを配って有権者の顰蹙をかっておるのに謝罪もしておりません。医師会、農協、郵政・・・といった支持基盤も瓦解し、再生どころではありません。二大政党制なんて、もう絵に描いた餅同然です。

投稿: hamham | 2009/09/03 20:40

こんばんは、hamhamさん

今の自民党を見ていると、田中秀征さんの講演での発言も頷ける物がありますよ。
優れた指導者もいないし、行き当たりばったりの政策。
比例では老害といわれるようない人ばかりが復活しました。
小泉チルドレンと言われた人たちの中にも優秀な人はいたはずですが、古い政治家ばかりが名簿上位に位置していては若い目を摘むに充分です。
これでは、自民党再生どころか、沈没の方向へ行くのだと思っています。

今回の選挙では、愛知で大村議員の後援会の一人が買収容疑で逮捕されました。
全国では相当数いると思っています。
危機感を持った自民党は、金に任せて色んな手を使ったでしょうから。

ネガキャンを張ったあたりから、ますます自民党は泥沼の道へと突き進んで言ったと感じました。
ネガキャンは、日本人の感性には合いませんよ。
再生どころか、自民党の体質は何も変わっていないし、これからも変わる事はないと思っています。
なぜなら、選挙に当選した議員は、押しなべて昔のタイプの議員ばかりだからです。

投稿: まるこ姫 | 2009/09/03 21:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/46089782

この記事へのトラックバック一覧です: 大量落選で派閥も衰え、まさに自民党ぶっ壊れた:

« 民主党よ勝って兜の緒を締めよ、おごる事なかれ | トップページ | 新政権が誕生したのに、野田が発足式をやる不思議 »