« 事業仕分け第二ラウンド始まる! | トップページ | 自民党党名変更か?ハア? »

2009/11/25

政府開発援助JICA、雲の上の援助が明るみに

政府開発援助ODAは、恵まれない国、貧困な国への救済をす
る良い制度だと思っていたら、とんでもない実体が明るみに。

昨日の事業仕分けによって、ODA予算の実体が!
これだけ見ても、事業仕分けの成果はあるのだと思うくらいに、
浮世離れした内部事情が、次から次へと出てきた。。。。。

JICAのあるビルは一等地にあり、以前借りていたビルに比べ
て年間で7億円も増えていると言う。
そして、一坪45200円で、東京でも一番高い賃料だと。
JICAまた理事達の年収はすべて1000万以上だ
確か2000万以上の人もいたような。。。。

少し分かっただけでも
>職員の給与水準は独立行政法人トップで、一般国家公務員
の約三割増。出張の75%がビジネス利用
>事業効果が見えにくい国際協力分野が「事業仕分け」の対象
になることについて、外務省内には以前から強い懸念の声があ
った。

外務省の懸念?それはそうだ。
事業仕分けによって今までまったく分からなかった、ODA,JICA
の実体が垣間見えたのだから。
事業仕分けが無かったら、今までも、これからもやりたい放題だ
ろう。

にほんブログ村 ニュースブログへ

勿論、ODAの趣旨は尊重するし、目先の効果や収益だけを考え
ているわけでもないし、開発援助は無くてはならないと思う。
後進国に対して、手は差し伸べなくてはいけないとは思う。
が、それにしては、なんでそれを運営しているほうが、一般国家
公務員よりも3割も高い給与水準で、出張と言えば、ビジネス
クラスになるのだろう。
自分達はちゃっかり雲の上にいて、私達の血税をめぐんでやっ
ているとでも思っているのだろうか。
恵まれない国、人々に対して、あまりに傲慢ではないか。
これでは、JICAの崇高な理念が生かされないし、現地で一生懸
命に命を張っている人に失礼だろう。

>外務省所管の政府開発援助(ODA)の無償資金協力援助は、
予算縮減などの見直しを行うと判定され、鳩山由紀夫首相が9
月の国連総会でODA増額を約束したばかりだけに、今後の外
交に及ぼす影響が懸念されそうだ。

この記事もおかしな記事だ。またしても産経新聞だが。。。。
ODAを増額を約束したと言うなら、増額はするのだろう。
が、まずはJICAの組織、意識を根本から変える事をしないと、せ
っかくのODAが、非難の的になってしまう。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


             
にほんブログ村 ニュースブログへ うんうんと思ったら クリックしてね(^^)



☆ーココログランキングー☆ クリックしてね(^^)♪




|

« 事業仕分け第二ラウンド始まる! | トップページ | 自民党党名変更か?ハア? »

コメント

まるこ姫さん、こんばんは∈^0^∋
事業仕分けいいですね。知らない部分が白日の下にさらされて、無駄がどこにあるかがほんの少しでも判ります。
出来れば国の全部をやってほしいものです。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2009/11/25 18:33

まるこ姫さんこんばんわ~happy01

つい最近、障害者福祉を悪用し私服を肥やしてた団体が挙げられましたが、福祉の精神を踏み躙る悪党には重い鉄槌が下されるような法整備が、是非とも早急に必要であると思います。

『泥棒』 にもいろんな種類がありますが、人の善意を食い物にする様な不埒な輩は、まさに “人間のクズ” そのものです。
『燃えるゴミの日』 にでも回収してもらいましょうかねpout

投稿: いっすんぼうし | 2009/11/25 20:25

ODAは必要な事業でも、それに蛭の如くぶら下がり血税を貪り吸い上げる無駄で害悪な組織や人間は必要ではありません。
これまでの出鱈目振りから事業推進の改善は絶対に必要ですし不必要な援助は相手方にも迷惑以外の何ものでもない事を認識すると共に無駄な天下り法人と天下り官僚の排除も絶対に必要なものです。
族議員と企業と結託して外務省天下り官僚達が、国内海外で遣りたい放題出来る時代は政権交代で消え失せた事を肝に銘じ一日も早く辞職する事を望みます。

投稿: よんじゃる | 2009/11/25 21:34

事業仕分けの功績は第一には公開したことですが、他にも事業仕分けにより無駄な迂回ルートの排除で、援助そのものや事業の運営の実質的な費用は増える可能性さえあります。
もちろん突然完全な仕事が出来るわけも無く、事業仕分けの方法や仕組みも改良改善する必要はでてくるでしょう。
それでも何もやらないよりは何万倍も良いことに変わりないでしょう。
テレビや新聞も学者も官僚も批判のための批判は止めたほうがいいです。
今や国民はネット以前ほどには愚か者ではありません。
真実は何処にあるのか、みんな真剣に考えています。
そうしないと誰も生きていけない社会になっているからです。
事業仕分けは3000あるうちの450程度が対象だそうですが、それだけでも1兆円以上の削除がすでに内定しています。全部に及べばその数字は凄い数字になりそうです。
全部税金の使い道です。
テレビは来年度予算の当初予算の縮減目標3億円をこの450程度の事業仕分けでの目標であるかのように嘘の報道をしていますが、テレビで放送するなら正確な報道をして欲しいものです。
おかゆをすすっていると揶揄されている一般会計でさえこのような状態であるのですから、酒池肉林と称される特別会計の闇ではどれほどの状態であるのか・・・
民主党はこの闇にこそ切り込まなくてはいけません。
特別会計こそが本丸でしょう。
それと民主党は国民の生活が第一と公言するのであれば、雇用の問題こそが国民の生活第一の代表です。
新卒者が社会人として生活を始める第一歩は就職です。
新卒者が100%就職できる社会の実現がとっても大切です。
経団連と連携し、新卒者が100%就職できる社会の向けて努力と知恵と愛情が必要です。
鳩山首相の友愛政治、博愛主義、利他主義こそが、21世紀の世界を救う思想です。

投稿: scotti | 2009/11/25 22:17

ODAは、開発援助の名のもとに、相手国に不必要なものを作り、自分達の懐を温める所があったように記憶しています。
また、末端の国民のためではなく、相手国の一部人達の利益のためのような場合もあったと記憶しています。
相手国の本当に必要な人達に必要なものが届くのであれば価値のあることと思いますが、ODA利権にまみれた現状では、事業仕分けをして、無駄の排除は不可欠と思います。
また、ここのところノーベル賞受賞者からスーパーコンピューター開発などの事業仕分けについて反論が出ていますが、今まで本当に必要な額のお金だけが使われたのでしょうか。
未来展望や進め方など検証されながら続けられたのでしょうか、これらは疑問です。
日本の未来に技術開発は重要でしょう。
しかし、反論者には、独立行政う法人の理事長なども含まれており、結局は、技術開発という名のもとに、税金をバラマキ不必要に使っているという疑念は残ります。
事業仕分けの結果がそのまま予算に反映されるわけではありませんが、これらが国民の関心のもとに行われるようになった事は価値があると思いますので、今後も是非続けて欲しいと考えています。

投稿: サクラ日記 | 2009/11/26 10:06

まるこ姫さん、皆さん、こんばんは

特別会計、独立行政法人など、国民の目の行き届かないところで、役人が天下って高い給料を取ったり、必要性のと低い事業や非効率な事業をやっています。
政府開発援助JICAも、貧しい国への援助といえば、誰も文句を言わないことを良いことに、税金を貪っています。
箱ものを作っても、管理できないとか、箱ものの受注を日本企業が目的だったりとか、相手国の役人にお金が流れ、必要なところに必要なことがなされないとか、相手の国民に対して、何が最も為になるかを考えて支援すべきです。
アフガンに5000億円アフガン政府に支援しても中抜けされるかも知れないので、十分に方法を検討しなければならないと思います。

恐らく聖域と言われるところにこそ、無駄や非効率、高コストの事業がいっぱいあるのは確実です。

仕分けられた人達、利権を減らされる人達が、反対の声を上げています。
ノーベル賞受賞者たちもその一団と見なされます。
もの凄い赤字財政の中で、ただ必要と理念だけ言われても仕方ないので、国家財政との絡みで、どうあるべきと言わなければ、ただ利権を要求する人達と一緒に見えます。

事業仕分けは、事業をカットするのが目的で、彼らの指摘する問題点や課題はもっともだと思います。
仕分けた結果は絶対的なものではなく、政治が判断するでしょうが、少なくとも、彼らの指摘する問題点や課題に応えなければいけないと思います。
一般国民の指摘として、謙虚に耳を傾け、改めるべきは改めなければいけないと思います。

97兆円の概算要求に対して、税収は36兆円の見込みで、税収で予算を組むとしたら、科学技術費だって今の4割しか出せないというのが、今の日本の力です。
科学技術だって、満額回答という訳にはいかないでしょう。
無駄の排除は当然、選択と集中が必要なのだろうと思います。

国家戦略室が、科学技術予算はGNPの何%、教育予算は、防衛予算は、医療費は、・・・などと、先進国の例を見ながら、大枠を決めた方が良いと思います。
いきなり、目標値までの到達は困難なので、10年で到達させるなど、年次計画を定める、併せて、租税のことも検討していけば良いと思います。
いずれにせよ、無駄事業を切り捨てて贅肉をとってから、税負担を見直し、福祉国家に向けて、増税して行かなければならないと思います。
10年先、20年先のビジョンを作って欲しいものです。

投稿: 愛てんぐ | 2009/11/26 18:09

★ーーこんばんは、くまさん

事業仕分けは、今までの政権の負の部分を見せるためにも、良い作業ですね。
誰も税金の使われ方は、まったく知らなかったわけですから。
色んな外野の声もありますが、今後も続けて欲しいですね。
民主党政権になっても、続けるべきだと思います。
国民の目に晒す事ですね
民主党が絶対正しいとは限りませんから。


★ーーこんばんは、いっすんぼうしさん
コメント伺えなくて申し訳ありません(泣)

そうなんですよね。
福祉と言えば、誰もが何も言えないと思っているのが、食い物にする輩が多すぎますね。
かえって、福祉をうたう団体は、怪しいと思ったほうが良いかも知れません。
そして、福祉が抜け道にならないような法整備は必要でしょうね。

人の善意を食い物にする奴が、日本の省庁の天下り団体ですから、恥ずかしいことですよね。
まったく、どういう神経をしているのか。
この人たちの辞書には、恥ずかしいと言う言葉はないのでしょう。
本当に、ゴミ回収をしてもらいたいくらい、私は怒っていますよ(怒)


★ーーこんばんは、よんじゃるさん

まさに、ODAは必要な事業なんですがねぇ。
それを食い物にする天下り団体が問題であって、崇高な精神が汚されてしまったようで、情けないです。
どうも、勝手に援助を作り出してきたような所も見え隠れしますね。
そこに利権が群がるのでしょうし。
本当にその国のためになる援助と言う物を考える必要がありそうです。
前に、民主党の議院が言っていましたが、”大きなお世話”的なものも随分あるのかと疑ってしまいます。

事業仕分けの一部分で、これだけ憤慨するような事業があったわけですから、これからは特別会計に切り込んで欲しいですね。
天下りの実体を、つぶさに見せて欲しいです。

しかし、外務省と言う所もひどい組織ですね。
外交官の特別待遇には、今更ながらビックリしています。
税金を湯水のように使って、何の痛痒感も感じないとは。。

投稿: まるこ姫 | 2009/11/26 19:14

★ーーこんばんは、 scotti さん

事業仕分けには、色んな非難も、批判もありますが、それでも公開したことは、大きな実績になります。
色んな反省点は、これからに活かせば良いのだと思います。

>テレビや新聞も学者も官僚も批判のための批判は止めたほうがいいです。

すごいですよね。
学者達が非難し始めたら、今度は各省庁までが追随してきました。
それなら、仕分けは必要ないと言うことなんでしょうか。
今までどおり、大盤振る舞いで予算を付けろと言う事なんでしょうか。
国に金が無い事は分かっているのに。。。。。

報道は、本当に都合のよい部分だけ切り取って放送します。
仕分け作業の負の部分ばかり強調します。
まだ、過程でしかない作業を決定したかのような報道です。
学者達の怒り心頭の場面ばかりを報道して仕分け人が悪者状態です。
私は、仕分けは是非とも必要な作業だと思います。
これからは、特別会計の大きな闇を暴くほどの作業が見たいですね。
特別会計の動く額は、桁が違うと言いますから、ここに切り込めば、相当なお金が見えてくるのではと思います。

今は、無駄に切り込んでいますが、これからは雇用対策ですね。
去年のツケが、回りまわってくるわけですから、今年はもっとひどいでしょうし、デフレで、お金の価値も下がっています。
国の方向性を示して欲しいですね。
鳩山首相は、故人献金を重箱の隅を突くように攻め立てられていますから余裕が無いのでしょうが、雇用の方向性を打ち出す必要がありますね。
しかし、自民党は個人的なものばかりに固執していますが、悲しいくらいに政策って無いんですね。

★ーーこんばんは、サクラ日記さん

後進国への開発援助といえば、誰も口を挟まないのをいいことに、やりたい放題だったんですね。
相手国に、本当に必要な物ではなく、自分達の私服を肥やす事ができる援助なんでしょうね。
まったく、甘い蜜に群がる蟻かハチのようです。
結局、援助とは名ばかりで、本当に必要とする末端の人たちは、享受できないのではと思います。

崇高なODAが、こんな実体では、大幅な削減もやむをえないでしょうね。
本当に困っているところへ回すにはどうしたらよいでしょう。
中抜きされているような現実では、どれだけ援助しても、虚しいだけです。

スパコンも、自民党はノーベル賞学者を呼んで、メディア戦略で大いに宣伝しています。
なんだか、学者がメディアや自民党に利用されていると思えるのですが。

>日本の未来に技術開発は重要でしょう。

勿論、誰もがそう思いますが、仕分けの際の官僚達のせいつめ意下手も言わなければ、不公平ですよね。
本当に必要と思えば、あの時に情熱をこめて説明するべきでした。
熱情が無いから、仕分け人に切られた訳でしょ?
後になっての、非難や批判はフェアではないと感じました。

事業仕分けは、今後も是非とも続けて欲しいですね。
こういうことが表に出るようになれば、国民の意識も必ず変わると思います。
政治への関心を高めるためにも、永続して欲しいですね。
次年度は今までの反省点を踏まえたら、もっと良い仕分けが出来ると思いますから。


★ーーこんばんは、愛てんぐさん

>特別会計、独立行政法人

すごいですよね。
その人たちの年収は、民間より高い公務員の給料の3割アップなんですから、もう雲の上の人です。
本当に、貧しい国へ援助するとなると、私達は仕方が無いかと思います。
それを良い事に、運営する団体に、私達の血税が食い物にされていたとは。
こういった大盤振る舞いが、日常茶飯事になって、運営しているほうは何の疑問も、痛痒感も無いのでしょうが、税金を使うと言う観点が抜け落ちているように感じます。
”聖域”と言われている所ほど、ずさんになっているのでしょうね。
そして、ハイエナ状態。
日本人は、勤勉で真面目な人種だと思っていましたが、金に汚いのも、良く分かりました。

事業仕分けの批判が続出していますが、国民目線で仕分けていて、とても納得できます。
スパコンのように、未来への投資と考えるなら、官僚の説明下手も問題でしょう。
仕分け人を説得できなかったのは官僚です。
官僚の力量が無かっただけの話ではありませんか。
それを、ノーベル賞学者まで引っ張り出して、怒り心頭の顔を放送し続ける。
なんだか、フェアではないと感じます。
そして、仕分け作業は過程なんですから、結果が出たかのような大仰な報道はいかがな物でしょうか。
本当に必要となれば、行政刷新会議で判定しますよ。

>税収は36兆円の見込みで

ハァ。。。。。38兆くらいになるのではと聞きましたが、36兆ですか?
どん底ですね。
それなのに、各省庁は無駄を廃止しようとすると公開処刑と言って揶揄していますが、財源がないと言う認識があるのでしょうか。
どこの省庁も、大幅カットはやむなしでしょうね。
総論賛成、各論反対と言っている場合ではありませんよ。

識者と呼ばれている人たちは、長期のビジョンを示せと押しなべて言いますが、あれも、これも、と短時間の内にできると思っているのでしょうか。
あまりに要求が高いのでビックリします。
そして、厳しいのとで。

投稿: まるこ姫 | 2009/11/26 19:58

こんにちは。

こんなのがありました。

http://www.nikaidou.com/2009/11/jica.php

http://www.j-cia.com/article.php?a=5610

内側を知る人から見ると凄い寄生虫ですね。

今回、ある程度実態が世間に知らされて良かったですよね。

投稿: taira | 2009/12/04 17:09

こんばんは、taraさん

ほとんど、寄生虫の世界ですね。
税金をむさぼって生きてきたのでしょうが。
こういったことも、まるで知らされてこなかったです。
今回の事業仕分けは、天下り団体の異常に高い給料、退職金や、高待遇が、あぶりだされたことが、すべてではないでしょうか。

投稿: まるこ姫 | 2009/12/04 19:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/46857169

この記事へのトラックバック一覧です: 政府開発援助JICA、雲の上の援助が明るみに:

« 事業仕分け第二ラウンド始まる! | トップページ | 自民党党名変更か?ハア? »